2018/03/02 23:36:06
  • 片倉佳史の台湾便り  2018.3.2発行 第117号 発行部数2026部


★配信の登録・変更・解除はこちらから → http://katakura.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
片倉佳史の台湾便り  2018.3.2発行 第117号 発行部数2026部
                        http://katakura.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

+‥目次‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
1.新しいメールマガジンを刊行しました
2.台湾を学ぶ会in東京 2018年3月18日
3.訃報・喜久四郎さん
4.日台交流・台湾小話
5.1月31日、片倉真理が講演をしました

■拙著・拙稿から■
●今後の講演予定●
○あれこれ○

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


一月から二月中旬にかけて、かなりの寒さに見舞われていた台北ですが、旧正月を杉、寒さも和らいだ印象です。台湾の家屋はいわゆる夏仕様なので、家の中でもかなり厳しい状況です。しかも、喫茶店なども暖房が入っているとは限りません。
玉山や太平山では雪景色も見られ、私も撮影に出たかったのですが、執筆が詰まってしまい、ここ1ヶ月ほど、ほとんど家を出られない状況でした。スケジュールの管理は本当に難しいものです・・・・


1.新しいメールマガジンを刊行しました 

このたび、新しいメールマガジンを発行することにしました。名前は「台湾特捜通信」。台湾事情やイベント、私と片倉真理が手がけてきた過去記事、取材秘話、こぼれ話、地方事情、メルマガ連載などをアップしていきたいと思います。ご興味を感じていただける方、どうぞご登録ください。どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001681991.html


2.台湾を学ぶ会in東京 2018年3月18日

「台湾を学ぶ会(臺灣研究倶楽部)」の第七回は、3月18日(日曜日)、14時30分より、内幸町(新橋)で行ないます。今回のゲストは台湾総督府鉄道部長・新元鹿之助のお孫さんで、明治製菓で商品開発を手広く行なっておられた新元久(にいもとひさし)さんです。テーマはとても豊富なので、以下に列記しておきます。

台北市幸町の思い出
台北のスーパーエリート小学校
台湾総督府鉄道部長・新元鹿之助
縦貫鉄道建設秘話
新元記念館(北投)
秘蔵写真で見る皇太子台湾行啓
学徒動員
明治製糖株式会社
戦時下の嘉義
きのこの山
http://kokucheese.com/event/index/510528/
お申し込みはこちらです↑

新元さんには2017年7月の台北勉強会にもお話をうかがいましたが、とても好評だったので、今回、東京でもお願いしました。なお、今回は新元さんが所蔵する皇太子台湾行啓にまつわる貴重な古写真も用い、皆さんと台湾について考えたいと思います。
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=2749
講演後は少しゆっくりできるように会場を押さえています。
また、懇親会も企画しています。

【台湾を学ぶ会(臺灣研究倶楽部)】
ふるさと台湾を語る〜縦貫鉄道、皇太子台湾行啓の記録、戦争体験、戦後と今

ゲスト 新元久氏
聞き手・進行 片倉佳史(台湾を学ぶ会代表)
日時 2018年3月18日 14時30分〜17時(講演後は交流会、懇親会があります)
場所 新橋ビジネスフォーラム
東京都港区新橋1-18-21第一日比谷ビル8階
都営地下鉄三田線内幸町A2出口からすぐ。JR新橋駅から徒歩4分
※2階にレストラン「フォルクス」が入っているビルの二軒隣りです。

会費 2000円(学生1000円)
定員 120名
主宰・台湾を学ぶ会(臺灣研究倶楽部)
協力・協賛 フォルモサレール倶楽部、日本から台湾の世界遺産登録を応援する会、台湾漫遊倶楽部


3.訃報・喜久四郎さん

2018年1月20日、東京台湾の会の喜久四郎(きくしろう)名誉会長が天国に旅立たれました。享年92。喜久さんは台北州ビヤハウ(現称・宜蘭縣南澳郷碧候村)の生まれ。その後、太平山に移り、台北の師範学校を卒業後、花蓮吉野村の吉野国民学校に赴任しました。何度かお話をうかがったことがあるのですが、「近いうちにまた・・」という約束を果たせず、この日を迎えてしまいました。謹んでお悔やみ申し上げます。以下、生前の講演を記録した動画がありますので、ぜひご覧ください。貴重な証言だと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=tXerfBCG1HQ&t=4411s
台湾日本ファンクラブさんが企画・製作した動画


4.日台交流・台湾小話

名古屋で日台交流の活動を手がけている加藤秀彦さんがオフィシャルサイトを開いたそうです。ちょっぴりディープに台湾を知りたい方におすすめの記事が満載です。
http://kato-hidehiko.asia
日台交流・台湾小話
なお、メールマガジンも刊行されているので、こちらもチェックしてみてください。メルマガ限定情報もあるそうです。
http://kato-hidehiko.asia/melmaga/


5.ご報告 1月31日、片倉真理が講演をしました

講演のご報告です。片倉真理が1月31日、台北日本人会で講演をさせていただきました。台北日本人会婦人部会にお招きいただいたもので、テーマは「台湾のご当地デザートを巡る」。
台湾各地のデザートやフルーツなどについてお話をしました。今回は「試食付き」という試みをしました。おかげさまでこれも好評だったようです。
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=2723
考えてみると、台湾は「ご当地もの」が多く、興味が尽きません。私も傍から見ていて、台北だけを見て台湾を判断してしまうことの怖さを改めて感じました。


■拙著・拙稿から■

★nippon.com掲載の記事。台湾の蝶について書いています。
https://www.nippon.com/hk/column/g00438/
(日本語) 知られざる「チョウ大国」〜世界が注目する台湾の自然生態
https://www.nippon.com/ja/column/g00438/
(中国語) 神秘的「蝴蝶大國」〜世界矚目的臺灣自然生態

★日本台湾交流協会の機関誌『交流』。その連載「片倉佳史の台湾歴史紀行」に「高雄6-南部横貫公路とルカイ族下三社族群の集落」を書きました。ルカイ族の下三社族群について書いたのはこれが初めてになります。この時期に集団越冬するルリマダラについても書いています。
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=2586

★台湾の皆さんに九州の魅力を伝えるフリーペーパー『美好九州』。今回は九州でのショッピング特集です。私の連載ではくま川鉄道の湯前駅について書いています。また、今や風前のともしびの特急「有明」についても書いています。
https://www.facebook.com/meihaojapan.com.tw/

★経済誌NNAの隔週連載「片倉佳史の台湾雑感」。残念ながら、購読者限定記事なのですが、一部の過去記事を拙サイト内で公開しています。
「今も残る軍事通信施設〜海軍鳳山無線電信所」
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress4/index.php?p=274
「名刹・指南宮を訪ねる」
「天母と天母教の歴史」
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=2717

★『な〜るほどザ台湾』誌で片倉真理と担当させていただいている観光記事の連載ですが、以下を書かせていただきました。片倉真理が文章を担当、私が写真を担当しています。
2017年10月号 
大自然とアミ族の文化を体感〜台東・都蘭への旅
2017年9月号
オレンジ色に輝く金針花と神社の遺跡〜花蓮・玉里への旅


●今後の講演予定●

3月15日(木曜日)18時半〜 高雄講演
3月18日(日曜日)14時半〜 台湾を学ぶ会in東京
3月24日(土曜日)18時半〜 台湾を学ぶ会in大阪
3月 青田七六講演(台北・予定)
5月 九州講演(予定)
5月 都内講演(予定)
※詳細は随時、TwitterやFacebookでアップしていきます。


○あれこれ○

千葉県の高校から講演のオファーをいただく。地元ということで、いつもとは少し違った緊張感が・・・ ☆ 芝山巌事件で絶命した六名の学務官僚。その中の井原順之助の墓地を参拝。かなりわかりにくい場所だった ☆ 新しく使い始めたコンデジ。パナソニックのLX-9はライカのレンズを搭載。4K動画からの切り出しが面白い ☆ 李登輝友の会さんからリンゴをいただく。改めてその美味しさに感動する ☆ コアラのマーチの台湾限定版はなんとマンゴー味。それなりに美味しく、おすすめできそう ☆ 嘉義のご当地グルメ。涼麺に自家製マヨネーズをかけるのが嘉義スタイル。どんなに長く暮らしても常に発見がある台湾の地方グルメ ☆ CS日テレの『鉄道発見伝』はおかげさまで好評とのこと。台湾での再放送が楽しみ ☆ 片倉真理の新刊は4月刊行予定。そして自著も追い込みに入る。まだまだ詰まった日々は続きそう・・・ ★

////////////////////////////////////////////////////////////////////
★配信の解除はこちらから
{DELURL}

※このメールマガジンは名刺交換をさせて頂いた方々にも送信する場合が
 あります。ご不要の方はお手数ですが削除措置をご利用下さい。
※配信エラーとなりましたメールアドレスにつきましては、サーバーへの
 負荷軽減の為、登録を随時解除しております。解除されていなくても配
 信されない場合には、再登録をお願いします。
※本メールに直接返信されますと、管理人によるセキュリティ等のチェッ
 クを経た上で、数日以内に筆者に転送されます。
※記事の無断転載を禁止させていただきます。
 発行:台湾特捜百貨店 Copyright(C)2018 katakura.net
////////////////////////////////////////////////////////////////////