※この「台湾の街角から」は掲載時の内容を保存しているもので、現在の状況とは異なる場合があります

logo
 サイト内検索

検索オプション
 メインメニュー
 台湾の街角から

台湾北部の奇観を訪ねる―石門洞

2008.5執筆記事

ここは台湾の最北端に近い場所。淡水と基隆を結ぶ沿岸道路沿いにある景勝地です。巨大な岩が波浪浸食を受けて洞窟化し、今はトンネルのようになっています。洞内の高さは約8メートル。自然石で築かれた巨大アーチのような雰囲気です。古くは日本統治時代からすでに景勝地として知られていました。現在も週末を中心に多くの人々が訪れます。外国人旅行者の数は多くありませんが、周囲には散策歩道や涼み台、展望台などが設けられています。干潮時には潮遊びも楽しめるので、子供にも人気があります。淡水や基隆からは淡水客運、基隆客運のバスを利用します。「石門洞」というバス停で下車するとすぐです。
行政院青年輔導委員会の
ウェブサイトの中にも情報がありますので、こちらもご覧ください。

 


前のページ
古都台南の媽祖廟を参拝―大天后宮
コンテンツのトップ 次のページ
旗津で港町の風情にひたる
Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店