logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2012年 3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2012年3月31日(土曜日)

観光局長・鰰酊舛気鵑料別会

3月30日、交通部観光局の頼瑟珍局長のお別れパーティーにお招きいただきました。

頼局長はこれまで5年間にわたって観光局のトップとして、動いてこられた人物です。
明るい人柄と誠実な仕事ぶりで親しまれていた方でした。
「媽祖婆」というニックネームが付けられていることからもその慕われぶりがわかります(笑)

このたび、その頼局長が4月2日をもって勇退するということで、茶話会が開かれました。
観光局主催で、内輪のものだったためか、外国人関係者の姿はなく、
その分、改めて多くの方に慕われていたんだなということが伝わってきました。

会場には前局長や各地の国家風景区管理処の方々などが集まり、ぎっしりという感じでした。
特にスタッフの方々は別れが本当に辛かったようで、泣いている人もいたほどでした。

私もテレビ番組の製作や雑誌の取材などでお世話になることがあり、
また、家内の片倉真理も昨年、 『在臺灣,遇見一百分的感動〜片倉真理 旅の手記』を刊行した際、
推薦文をお寄せいただいたりしました。お忙しいところ、本当に嬉しく思いました。


埔里の名物レストラン「金都餐廳」のオーナー夫妻もこのために台北に来ていました

来年から観光局は観光署という機関に変わります。
今後は謝謂君現副局長が局長の地位を受け継ぐそうです。


2012年3月30日(金曜日)

3月10日、ハローワーク講演の様子

3月10日にお呼びいただいたスピーチ。
日本語授業校に通っている生徒さんたちを相手に、自分のしている仕事をお話しするというものでした。

伝えたいことはたくさんあったのですが、時間のかぎりがあり、なかなか難しかったです。
また、話題に取り上げたネタが難しすぎたかなという反省もしています・・・

でも、みんな、熱心に耳を傾けてくれて嬉しかったです。スタッフの皆さん、ありがとうございました。


2012年3月29日(木曜日)

鹿児島-桃園線、就航記念パーティー

3月28日に催された中華航空による鹿児島ー桃園線就航の記念パーティー。
会場はぎっしりという状態で、大きく賑わっていました。

王金平立法院長のスピーチ。
宜蘭廳長をつとめた西郷菊次郎や台湾生まれで台湾との繋がりが強かった山中貞則などにも触れ、
ちょっぴり奥深い内容のスピーチでした。


来賓の記念撮影

この路線は週三便となりますが、時間帯が手頃なので、台湾からの旅行者が多く利用すると思われます。
すでに、3月25日から飛行機そのものは飛んでいます。今後の発展が期待されますね。

http://www.china-airlines.co.jp/news/1203/120325.html
中華航空のウェブサイト(時刻表もあります)

使用機材はボーイング737−800型機で、ビジネスクラスが8席、エコノミークラスが150席での運航。
今後、状況次第だとは思いますが、増便も予定されているそうです。

最後にお土産をいただきましたが、こういったコンパクトなグッズやお菓子が充実しているのは強みですね。
個人的には白熊かき氷やぼんたん飴などは台湾でもかなりウケるのではないかと思っています。

今後、より多くの台湾の方々に南九州の魅力を感じ取ってもらいたいですね。


いただいたおみやげ。中華航空の模型も嬉しかった!


2012年3月26日(月曜日)

大甲媽祖の巡礼

台湾の人々に篤い信仰を受ける海の女神・媽祖。

台湾が世界に誇る宗教行事「大甲媽祖の巡礼」が始まりました。
私も講演があるたびにこの媽祖巡礼を推して来ましたが、やはり、媽祖を知らずして台湾を語るなかれ・・・というのは、本当だと思います。


ご神体に跨いでいただくという儀式

残念ながら、日本ではあまり知られていませんが、どこまでも奥深く、どこまでも興味深い宗教イベントであることは確か。
おすすめ度は限りなく高いと言えます。
大甲から新港まで練り歩き戻ってくる9日間の巡礼。

http://www.dajiamazu.org.tw/active2012/03time/day.asp
スケジュールと行程はここに載っています

私は残念ながら大量の原稿に苛まれており、家を一歩も出られない状況にあります。
今は家内が巡礼の取材に行っています。報告を受けるたびに悔しい気持ちになります・・・
原稿が片付き次第、すべてを投げ出してでも行きたいと思っています(涙)


2012年3月25日(日曜日)

中山堂(旧台北公会堂)の夜景

日本統治時代に台北公会堂を名乗っていた建物。
戦後、中華民国政府に接収され、中山堂と改名しています。

現在もホールとしては現役で、運が良ければ館内の参観も可能です。
建物については、拙著『台湾・日本統治時代の歴史遺産を歩く』(戎光祥出版)をご参照ください。


2012年3月22日(木曜日)

訃報・欧陽文先生

カテゴリー: - katakura @ 10時19分09秒

嘉義在住の欧陽文先生の訃報を聞く。

一昨年、火焼島(緑島)でお会いし、2時間ほどお話しをうかがいました。
白色テロや言論統制の実態、当時の嘉義市内の様子についてお聞かせいただきました。
また、母校早稲田について語り合ったことを思い出します。現在の早稲田や高田馬場の町並みに、深く興味を持たれていました。

その後、再会を約束していただいたものの、
私は煩雑な日常に追われ、ご無沙汰の失礼を重ねてしまいました。
嘉義訪問も叶わず、お会いすることができませんでした。

今、お写真と録音データだけが残るのみとなってしまいました。

激動の人生を歩んでこられた先輩ですが、絵画を心より愛し、とても穏やかな方でした。

どうぞ安らかにお休みください。
合掌。天佑台湾。


2012年3月21日(水曜日)

日本工商会金融財務部会の講演を終えました

3月20日。
日本工商会金融財務部会にお招きいただき、スピーチをさせていただきました。
今回のお題は「知ってそうで知らない台湾の基礎知識」というものでした。

おかげさまで、なんとかお役目を果たすことが出来ました。
ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。


写真は日本人会事務局の方にご提供いただきました


2012年3月19日(月曜日)

【講演報告】 片倉佳史のもっと台湾トークライブ(3月17日)

講演のご報告です。
3月17日、無事、講演を終えることができました。
題して「片倉佳史のもっと台湾トークライブ・vol1」。
日本と台湾の交流を目的とする台湾漫遊倶楽部さんの主催で行われました。

当日はあいにくの雨でしたが、100名を超える方々にお越しいただきました。
会場が満員状態になってしまい、少々息苦しかったかもしれません。また、イスが足りなくなってしまったようで、もうしわけございません。

              

今回は新しい試みとして、ちょっぴりディープで新しいネタを「現地発信」という切り口でご紹介しました。
内容は以下のようにしてみました。

第一部 最新の台湾事情から

片倉佳史の取材メモから   「知られざる台湾のスタンプ・ブーム」
最近の台湾ニュースから   「日台ハーフタレントのタクシー運転手暴行事件、現地では?」
ちょっぴりディープな探索スポット   「台北賓館(旧台湾総督官邸)をじっくり見学」
台湾トラベル・トレンド   「増え続ける中国人旅行者と渡航者数の動き」

第二部 ワンテーマ講演

★震災復興支援とこの一年を振りかえる
 東日本大震災・復興支援〜義捐金とその背景
 見落とされがちな台湾からの支援秘話
 台湾からの復興支援は今も続いている
 指名献花問題について、現地の動き

★台湾最大の宗教イベント・媽祖巡礼を体験する
 無形文化財にもなっている媽祖巡礼。大甲から新港までを練り歩く一大宗教イベント
 走行距離は345キロ。参加者数は30万人。のべ100万人が参加
 2012年は3月23日にスタート。4月1日に戻ってくる
 人々に愛される媽祖様、奪い合いもある? 本当の悩み事は媽祖様に打ちあける?

            

今回は台湾のメディアの方から取材も受け、新聞やラジオ、テレビでも放映されました。
今後もより多くの皆さんと、台湾の魅力を共有できればと思います。

http://www.taiwanembassy.org/ct.asp?xItem=263342&ctNode=3591&mp=202
台湾週報でご紹介いただいた記事

講演を終えた後、多くの方からメッセージをいただいております。
御返事が少し遅れてしまいますが、今暫くお待ちください。

おかげさまで、今回が好評だったことを受け、別件のトークイベントのオファーもいただきました。
どうぞ、ご期待ください。

http://www.junglegym.co.jp/taiwanmanyu/
台湾漫遊倶楽部さんのウェブサイト


2012年3月16日(金曜日)

本日17日・片倉佳史のもっと台湾トークライブ

【講演のお知らせ】 

3月17日開催のトークイベント。
台湾漫遊倶楽部さん主催の「片倉佳史のもっと台湾トークライブ」。
最新事情や地方ネタ、一歩踏み入った現地事情をお話ししたいと思っています。

http://www.junglegym.co.jp/taiwanmanyu/index.html
詳細はこちら(台湾漫遊倶楽部さんのサイト)

開始は18時。場所は都営地下鉄三田駅すぐ上、港区勤労福祉会館です。


2012年3月13日(火曜日)

太平山の森林鉄道

台湾東北部に位置する太平山は日本統治時代最後期に開発された林場。
ここにも森林鉄道と索道が設けられていました。
現在、その一部が観光列車として整備されています。
かつてモヘン線と呼ばれていたこの路線。観光列車の終点よりも先に廃線跡が続いています。
廃線跡をたどりながら森林浴ができます。

太平山の森林鉄道については『台湾に残る日本鉄道遺産』(交通新聞社新書)をご覧いただければと思います。
また、JTBキャンブックスの『台湾 鉄道の旅』でも紹介しています。


2012年3月10日(土曜日)

【増刷報告】『旅の指さし会話帳・台北』

増刷の報告です。

このたび、拙著『旅の指さし会話帳MINI・台北』が7回目の増刷を迎えました。
今回は5000部の増刷とのことです。

この場を借りてお礼申し上げます。
ご愛顧、ありがとうございました!

               


2012年3月6日(火曜日)

八田與一氏のミニ・アイテム

台湾南部を沃野に変えた功績で知られる八田與一技師。
現在もなお、台湾の人々に慕われている偉人です。

このたび、西拉雅(シラヤ)国家風景区のご案内で、撮影に行ってきましたが、
その際、すごいものを発見!

なんと八田與一技師のミニ座像です。
良くできており、表情などもしっかりしています。
烏山頭水庫の敷地内にある記念室で販売されています。
一体200元。


結構かわいいので思わず車内で撮影してしまった・・・

ただし、残念なことも・・・
なんと中国製なのです。別に中国製が悪いというわけではなく、
中国とのおつきあいもやりたい人が勝手にやればいいのですが、
時空を超えて日台を結びつける功労者の座像なのに、どうして台湾製にしないのか、残念でなりません。
少しくらい高くなってもいいのに・・・


こちらが本物の座像です


2012年3月2日(金曜日)

3月17日、「片倉佳史のもっと台湾トークライブ」

3月17日、台湾漫遊倶楽部さんのお招きで、講演をさせていただくことになりました。
「片倉佳史のもっと台湾トークライブ」という企画です。
この講演は従来とは異なり、
ガイドブックや雑誌、書籍などでは語られてこなかった台湾情報をトークショーのスタイルでご紹介します。

http://www.junglegym.co.jp/taiwanmanyu/
台湾漫遊倶楽部のサイトはこちら

講演は前半と後半に分け、前半は「片倉佳史の取材メモから」と称して台湾の最新情報をお話しします。
休憩後は「ワンテーマ講演」と題して少し掘り下げた台湾事情をお話しするつもりです。
講演後には皆さんと歓談できるよう、会場を押さえてもらっていますので、お友達作りを楽しんでください。
拙著もお持ちする予定です。
比較的ゆっくり皆さんとお話ができると思いますので、旅の相談などにもお応えしたいと思っています。

http://www.junglegym.co.jp/taiwanmanyu/event/index.html
イベントの詳細とお申し込みはこちら

それでは皆さんのお越しをお待ちしております。

「特別企画!片倉佳史の台湾トークライブ」詳細
★日時
2012年3月17日(土曜日) 18時から
★会場
港区勤労福祉会館第一洋室集会室(都営地下鉄三田駅から徒歩1分)
http://www.city.minato.tokyo.jp/sisetu/syoko/kinro/index.html
★会費(資料代) 2000円
★主催 台湾漫遊倶楽部
★お問い合わせは以下のサイトから
http://www.junglegym.co.jp/taiwanmanyu/info.html

★進行(予定)
17時45分 開場
18時 開会
第一部 取材メモから(45分程度)
休憩10分
第二部 ワンテーマ講演(1時間程度)
講演後、同会場でフリータイム(自由に歓談・書籍へのサインなど)
21時30分終了

◆第一部「片倉佳史の取材メモから」について
ここでは私の取材ノートから最新のネタを選び、各テーマ10分程度、4本をお話しします。
最新情報を中心に、ちょっぴりマニアックなネタや現地事情をお話ししたいと思います。

テーマの候補) 
台湾における東日本大震災、日本人タレントのタクシー運転手暴行事件について、冬に味わいたい台湾のホットなデザート、
築80年の家屋に泊まる金門の旅、日本軍人を祀る廟の祭典レポート、絶品の広東ダック、美味しさの秘訣を調理人に聞く、
日本統治時代の木造駅舎の現況  など
※こういったテーマから4つのネタをチョイスします。

◆第二部「ワンテーマ講演」について
ここではテーマを絞り、従来の講演では取り上げることができなかったトピックスをお話ししたいと思います。
今回は2つのネタを選びたいと思います。
第一部と同様、何を取り上げるかは当日のお楽しみということで、どうぞお楽しみに!
テーマの候補)
台湾総督府(現総統府)の徹底探訪、パイワン族に残る日本語を調査する、アップルマンゴーの誕生秘話、
東沙諸島訪問報告、プユマ族に伝わる日本語歌曲、知られざる澎湖のグルメ、年間渡航者数から見る日台の交流、
台湾人鉄道ファンに聞く日本の魅力、澎湖に残る幻の戦跡を調査、外省人一世が評価する中国料理レストラン   など


2012年3月1日(木曜日)

おおのきよみさん、泉大悟さんに会う

気鋭のイラストレーターおおのきよみさんと写真家の泉大悟さんと久しぶりの再会。
四川料理を楽しみつつ、いろいろなお話しをしました。

言うまでもありませんが、おおのきよみさんは『旅の指さし会話帳・台湾』(情報センター出版局)のイラストを手がけてくれた方。
もう10年来のおつきあいになります。

http://asiancafe.petit.cc/
↑おおのさんのウェブサイトはこちら

http://dawu.blog51.fc2.com/
写真家・泉大悟さんのブログ

今回は台湾を旅しながらスケッチに明け暮れるそうです。
7月9日からは銀座・月光荘で個展が開かれるそうで、こちらも楽しみです。


宇都宮大学の皆さんを前にお話しをしました

3月1日、台湾研修中の宇都宮大学の学生さんたちを前にスピーチをさせていただきました。
同学国際学部の松金公正先生にお声をかけていただいたものです。
テーマは台湾事情ということで、歴史や言語事情、民俗、地方事情など、幅広くお話しするように努めました。

宇都宮大学の学生さんを前にスピーチをするのは3度目になるのですが、今回も皆さん、とても熱心に耳を傾けてくれました。
私自身も楽しい時間を過ごすことができ、嬉しく思いました。

これからも、より充実した台湾滞在を楽しんでもらいたいと思います。


45 queries. 0.112 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 521521521
昨日 : 708708708
総計 : 3033608303360830336083033608303360830336083033608

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店