logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2012年 5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2012年5月22日(火曜日)

マンゴーかき氷の「永康15」が突如閉店

マンゴーかき氷で知られていた「永康15(旧名冰館)」がまたしても閉店!
前日までは普通に営業していたのに、突如、閉店してしまったということで、現場はかなり混乱していたようです。

5月22日朝、いきなり閉店の告知が出て、午前中には店舗(屋根やテントなど)の取り壊しが行なわれ、
午後3時頃に家内が事実確認に赴いた際には以下のような姿に!


前日までの賑わいは全くウソのような状態に!22日15時頃撮影

こういった突然の閉店劇は台湾ではよくある話なのですが、
全く事前に情報が流れず、ある日突然!ということが多いのはどうしてかな?

ちなみにこの報道を最初に行ったのはリンゴ日報でした。
この新聞はゴシップ誌というべきレベルの低い新聞で、私も以前、誤報で不愉快な目にあわされたことがあります。
しかし、こういったネタだけは、どこよりも早いですね(苦笑)


往年の賑わい。これが突然の閉店・・・

家内が近所で店を開いている知り合いに聴いてきた話によると、
今回の件、家主が無茶な家賃アップを要求してきたのが原因とのこと。
「冰館」が夫婦離縁の関係でつぶれた際、永康街の賑わいが消えるということで、
周辺の人々がオーナーにお願いして店を再開させたのが「永康15」でした。
それを考えると、オーナーは「何が何でも店を続けたい!」と思っていたわけではなかったようです。
で、今回、店舗の契約満了を機に廃業となったそうです。

以前はマンゴーかき氷といえば、「冰館(永康15)」の専売特許状態で、
私や家内もこれまで、ガイドブックや機内誌などで紹介してきました。

現在はマンゴーかき氷が食べられる店がたくさんあるので、以前ほどの価値はなくなっていました(130元と高いですし)。
これは個人的な推測ですが、オーナーは賢い方のようだったので、将来性に限界を感じていたのかもしれません(ただ、今後、東區に店舗出店の噂はあります)。

マンゴーかき氷ですが、伝統市場の周辺にあるフルーツ屋などで食べられたら、これがベストかと思います。
値段は80元程度、マンゴーの切り身がそのままのっています。
台湾の果物は「目利き」が重視されるので、プロが選んだ美味しいマンゴーだけを口にできます。

我が家の近くに二軒、おすすめがあるので、6月に入ったら、ここで紹介したいと思います。


今や台湾の名物・マンゴーかき氷(イメージカット)


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/1046

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

21 queries. 0.029 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 3131
昨日 : 232232232
総計 : 2009188200918820091882009188200918820091882009188

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店