logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2010年 11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2010年11月4日(木曜日)

台湾総督府松山療養所長官舎

行政院新聞局のご協力を得て、
台北市南港区にある日本統治時代の結核療養所所長官舎の撮影に行ってきました。

松山療養所は結核患者の隔離治療施設で、当時は台湾唯一のものでした。
1915(大正4)年3月に台北州が定員28名の錫口養生院を設立、1924年に台北州から総督府に移管され、
翌年3月に台湾総督府松山療養所と改名しています。
療養施設はすでに移転しており、現在はこの建物だけが残っています。

規模の大きい木造家屋で、驚きました。
放置されて5年以上が過ぎており、保存状態は良いとは言えません。

歴史建築として登記されているため、
木造家屋の取り壊しに熱心な台北市の魔の手がのびていないのは幸いです・・・。

取材は難しいですが、外観は道路から見られますので、
ご興味のある方、行ってみてください。
住所は南港区昆陽街164号。MRT板南線昆陽駅から昆陽街をまっすぐに進んでいくとあります。


玄関の装飾も凝っています


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/695

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

21 queries. 0.056 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 1950195019501950
昨日 : 848848848
総計 : 2995573299557329955732995573299557329955732995573

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店