logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2011年 7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2011年7月4日(月曜日)

旧清水公学校と「誠」の石

台中市清水区にある旧清水(きよみず)公学校。
現在は清水国民小学となっています。
ここの校舎は日本統治時代に建てられたものが健在で、独特な風格を漂わせています。
校舎は1935年竣工で、現在は古蹟に指定されています。


整然とした雰囲気の玄関

ここは司馬遼太郎さんの『街道を行く・台湾紀行』で案内役をつとめる老台北こと、蔡焜燦さんの母校でもあります。

私がここを最初に訪れたのは1997年のこと。
倉庫の片隅に奉安庫が置かれ、校長室には日本統治時代からの机が使われていました。
詳しくは拙著『台湾―日本統治時代の歴史遺産を歩く』(戎光祥出版)、
中国語では『台湾日治時代遺跡』(玉山社)で紹介させていただきました。

校舎前には「誠」と刻まれた石碑が残ります。
これは昭和12年、時の川村秀徳校長が芝山厳参拝の際に持ち帰ったもので、
今も、記念撮影などはここで行なわれているそうです。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/851

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

21 queries. 0.045 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 140140140
昨日 : 953953953
総計 : 2528764252876425287642528764252876425287642528764

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店