logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2021年 8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2021年7月28日(水曜日)

タイワンルリチョウ〜台湾探鳥日記

カテゴリー: - katakura @ 16時37分29秒

台湾もコロナショックに見舞われ、
なかなか撮影に出られない日々が続いています。
もう少し、我慢しなければならないようです。


2021年7月25日(日曜日)

ヒガシオオコノハズク〜台湾探鳥日記

もう少し寝ていたいヒガシオオコノハズクのちびっ子です。

https://photohito.com/photo/10530373/
PHOTOHITO(写真でつながる場所)

ヒガシオオコノハズク,猫頭鷹,台湾探鳥日記,台湾の鳥,桃園市,片倉佳史,片倉真理,台湾探見,台湾旅人地図帳,台湾漫談

https://katakura.jimdosite.com/
台湾特捜百貨店


2021年7月6日(火曜日)

ヤイロチョウ(八色鳥)の繁殖期〜台湾探鳥日記

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=3436
ヤイロチョウ(過去記事)

https://katakura.jimdosite.com/
台湾特捜百貨店(新版)

ヤイロチョウ,八色鳥,台湾探鳥日記,探鳥,台湾野鳥,台湾の鳥,台湾探見,台湾体験,烏山頭ダム,片倉佳史,片倉真理
ヤイロチョウ(八色鳥)


2021年5月10日(月曜日)

目元が美しい竹鳥(タケドリ)に出会う〜音声配信

カテゴリー: - katakura @ 11時24分45秒

竹鳥,タケドリ,南投県,信義郷,台湾探鳥日記,台湾探鳥,台湾野鳥,台湾の鳥,台湾バード,片倉佳史,台湾体験

この鳥はまさに一目ぼれでした(笑)
台湾の鳥友(バーダーさん)から写真を見せてもらった際に
いてもたってもいられなくなり、
すぐさまスケジュールを調整。
一週間後に南投県の山奥に入って撮影を楽しみました(笑)


2021年4月23日(金曜日)

カラスバトに出会えた!

カラスバト,小野柳,野柳,台湾探鳥日記,台湾の鳥

「撮影が難しい鳥ランキング」というものがあれば、
間違いなく上位に食い込んでくると思われるカラスバト。

とにかく警戒心が旺盛で、
人に近づくことはほとんどなく、
地表にいることもありません。

光沢のある羽を表現できなかったのは残念ですが、
見ることができただけでもラッキーでした。
撮れただけでも大満足といった感じです。野柳にて。

カラスバト


2021年4月20日(火曜日)

ヒゴロモ〜台湾探鳥日記

ヒゴロモ,朱鸝,台湾探鳥日記,台湾の鳥,台湾野鳥,片倉佳史,台湾特捜,台湾探見

台北市南郊の新店で撮影をしてきました。
今日のお目当てはヒゴロモさん。
中国語では「朱鸝」と表記します。

赤と黒の組み合わせがなんともいい感じでエレガントです。
台湾の「鳥友」から情報を得て、行ってきました。
運にも恵まれ、いい撮影ができました。

ヒゴロモ,台湾探見,新店区,台湾の鳥,片倉佳史,片倉真理,台湾の自然,武蔵野大学,台湾漫遊,台湾バードウォッチング


2021年4月19日(月曜日)

陽明山でヤマムスメを撮影

カテゴリー: - katakura @ 23時59分23秒

ヤマムスメのKISS。
台湾特有種で、台湾のシンボルとも称されるヤマムスメ。
中国語では「藍鵲」と記します。

今、この時期は営巣期に入っており、
撮影が楽しい季節になっています。
訪れたのは陽明山、
ここは日本統治時代、草山(そうざん)と呼ばれていました。

台湾探鳥日記。

ヤマムスメ,藍鵲,台湾探鳥日記,台湾の鳥,前山公園,陽明山,営巣期


2021年4月18日(日曜日)

久しぶりの野柳

野柳,小野柳,台湾探鳥日記,台湾体験,台湾探見,台湾の鳥

久しぶりに野柳に来ました。
目的は野鳥撮影ですが、鳥がいるのは、岬の先っぽ。
往復5キロくらいは歩きます。
機材を担いで動くのは結構ハードです。

https://katakura.jimdosite.com/
台湾特捜百貨店(新版)


2021年4月13日(火曜日)

アオハナドリ(緑啄花)

アオハナドリ,ヤナギイチゴ,台湾探鳥日記,台湾の鳥、緑啄花,台湾野鳥,台湾の自然,台湾特捜

アオハナドリとの出会い。
台湾最小の鳥と言われ、体長はわずか8センチ!
なかなか見つけられない鳥さんです。

大好物のベリー系の実がなるこの時期、
ほぼ唯一の撮影チャンスと言われています。

https://note.com/katakuratw/n/nec39ebcf0cfb
note「台湾特捜」に記事を書いています

中国語では「緑啄花」と表記。
英語名は「Plain Flowerpecker」と言います。

アオハナドリ,柳苺,台湾探鳥,台湾賞鳥、緑啄花,野鳥観察,台湾バードウォッチング,台湾漫遊術


2021年4月10日(土曜日)

元気なスズメたちat台北

カテゴリー: - katakura @ 11時40分24秒


2021年4月8日(木曜日)

アオバトと大安森林公園〜スタエフで音声配信

カテゴリー: - katakura @ 02時19分58秒

アオバト,ミドリバト,大安森林公園,台湾の鳥,台湾特捜ラジオ,片倉佳史.台湾ラジオ,ポッドキャスト,台湾の公園

台北市の中心部にあるオアシス。
大安森林公園にアオバトが飛来していると聞き、
撮影に行って参りました。

なんとも鮮やかな色合いで、魅せられます。
どうしてこんなに美しいのか、不思議に思ってしまうほどです。

アオバト,ミドリバト,大安森林公園,台湾の鳥,台湾特捜ラジオ,片倉真理.台湾ラジオ,スタエフ,台湾散歩

なお、大安森林公園については、
スタエフで音声配信しています。
どうぞお聴きください。

https://stand.fm/channels/6058db842b49b926c82bfd40
台湾特捜ラジオ〜片倉佳史の取材メモ

https://katakura.jimdosite.com/
台湾特捜百貨店(新版)

アオバト,ミドリバト,大安森林公園,台湾の鳥,台湾特捜ラジオ,片倉夫婦.台湾ラジオ,スタエフ,台湾旅行,音声配信


2021年3月29日(月曜日)

ニイタカキクイタダキと出会う

カテゴリー: - katakura @ 08時26分21秒

キクイタダキ,ニイタカキクイタダキ,台湾探鳥日記,新高菊戴,戴菊鳥,小湾口,合歓山,松雪楼

野鳥観察のスポットとして知られている合歓山。
今回は高山地域だけに棲息する鳥に会ってきました。
メインは「ニイタカキクイタダキ(新高菊戴)」。
この鳥も海抜2000メートル以上のエリアだけで見られる鳥です。

https://note.com/katakuratw/n/n93e84635fa13
ニイタカキクイタダキに出会う(noteの記事です)

身体が9センチと小さく、
しかも常に動き回っているので、
撮影は困難を極めます。
でも、撮れてよかった!
また、会いに行きたい鳥さんです。
台湾特有種。

キクイタダキ,台湾探鳥日記,台湾の鳥,ニイタカキクイタダキ,新高菊戴,戴菊鳥,小湾口,合歓山,松雪楼


2021年3月27日(土曜日)

アリサンヒタキとの出会い〜台湾探鳥日記

アリサンビタキ,阿里山ヒタキ,阿里山ビタキ,小湾口,松雪楼,アリサンヒタキ,阿里山鶲,台湾探鳥日記

阿里山ビタキとの出会い。
エレガントな雰囲気をまとったかわいい鳥です。
台湾固有種で、しかも、海抜2000メートル以上の山岳部に行かないと出会えません。

今回は合歓山で何度となく出会うことができましたが、すぐにでも再会したくなってしまいます。
合歓山では松雪楼の裏手によく表れますが、
私は小風口で撮影を楽しみました。

アリサンビタキ,合歓山,阿里山ビタキ,小湾口,松雪楼,アリサンヒタキ,台湾の鳥,台湾特捜,台湾探鳥,台湾体験


2021年3月25日(木曜日)

ミカドキジ(帝雉)との出会い(東西横貫公路)

カテゴリー: - katakura @ 23時31分54秒

太魯閣峡谷のっ終点にあたる天祥(タビト)の先、
關原(日本時代の地名は「関ケ原」)で偶然出会ったミカドキジ(帝雉)。
道路端でミカドキジに出会ったのは初めてです。

何度見てもエレガントな雰囲気です。
撮影できたのは1分ほどでしたが、出会えてよかったです!

ミカドキジ,帝雉,台湾固有種,台湾特有種,關原,東西横貫公路,台湾探鳥,台湾の鳥


2021年3月23日(火曜日)

タカサゴマシコに出会う〜台湾探鳥日記

タカサゴマシコ,酒紅朱雀,松雪楼,合歓山,台湾探鳥日記,台湾の鳥,高砂猿子,台湾特有種

ワインレッドのタカサゴマシコ。
中国語では酒紅朱雀と言います。

これもまた、台湾の高山地域にしかいない台湾特有種。
海抜2000メートル以上のところではないと見られないのですが、
チャンスは比較的多い鳥さんです。
おすすめは合歓山の松雪楼周辺。

ちなみに私が以前使っていたIphoneはこの鳥の色に合わせていました。
今愛用しているIphone12proMaxにはこの色がなくて残念・・・。

なお、鳥の撮影はどうしてもアップでしっかりと表情を狙うことばかり考えてしまいますが、
フォルムだけでじゅうぶんに魅力的なので、下のようなカットもまた、いい感じです。

タカサゴマシコ,酒紅朱雀,松雪楼,合歓山,台湾探鳥日記,台湾の鳥,高砂猿子,台湾固有種,片倉佳史,台湾野鳥


2021年3月15日(月曜日)

タイワンルリチョウとの出会い〜台湾探鳥日記

カテゴリー: - katakura @ 21時07分37秒

いつも美しいタイワンルリチョウ。
また逢いたいな・・と思いつつ、今日も机に向かいます。

ここ数日間、PM2.5がひどい状態になっている台湾。
自称大国の隣人への怒りが膨れ上がります・・・

写真は南投県の渓頭・杉林渓の取材の際に撮ったもの。
光線具合によって色合いが変わるので、
運が重要になってきます。

台湾探鳥日記,台湾ルリチョウ,ルリチョウ,台湾探見,渓頭,杉林渓


2021年2月25日(木曜日)

タゲリ(土豆鳥)に出会う〜雲林県元長郷

タゲリ,たげり,雲林県,元長郷,渡り鳥,台湾探鳥,土豆鳥,土庫鎮,片倉佳史,台湾探鳥日記,台湾特捜,台湾漫遊,台湾の鳥

タゲリさんとの出会い。
髪型と羽の色がとてもチャーミングな渡り鳥です。
日本でも見られる鳥ですが、
日本は棲息分布が広すぎて、なかなか出会えません。

羽の色が独特で、
印象に残る風貌をしています。

タゲリ,雲林県,虎尾鎮,元長郷,土豆鳥,台湾探鳥,台湾体験,片倉真理,日升大飯店,飛虎将軍廟
髪型も独特です。

台湾には12月から2月の間だけやってくるのですが、
なぜか、雲林県元長郷に集中して飛来します。
なぜ、元長郷なのかは解明されておらず、不思議な現象となっています。

台湾では「土豆鳥」と呼ばれています。
警戒心が強い鳥なので、撮影は結構、難儀します・・・
ただ、集団でいるので、見つけるのは容易です。

タゲリ,台湾野鳥,雲林県,元長郷,渡り鳥,台湾探鳥,土豆鳥,台湾本,片倉佳史,台湾探鳥日記,台湾探見,台湾漫遊術,台湾の鳥


2021年2月9日(火曜日)

小さなフクロウ(鵂鶹)との出会い

カテゴリー: - katakura @ 22時08分22秒

ヒメフクロウ,鵂鶹,フクロウ,台湾探鳥,台湾の鳥,タロコ峡谷,布洛湾,台湾野鳥,片倉佳史

ヒメフクロウさんとの出会い。
太魯閣峡谷で探鳥活動をしてきました。
今回出会えたら嬉しいな・・・と密かに思っていたのが、
ヒメフクロウさん。中国語では「鵂鶹」と言います。

ヒメフクロウ,鵂鶹,太魯閣峡谷,台湾探鳥,台湾の鳥,タロコ,布洛湾,台湾野鳥,片倉佳史,台湾体験,台湾探見
布洛湾(ブロワン)台地。ここは鳥好きの聖地です。

このフクロウはとにかく小さく、なんと16センチ。
手のひらにのってしまうほどの大きさです。
しかも色が色だけに探すのは困難。
幸い、夜行性なので、昼間はじっとしていることが多いのですが、
なかなか見つけられず、
私も現地で知り合った「鳥友(バーダーさん)」に助けられながら、
その姿を探しました。

ヒメフクロウ,鵂鶹,花蓮県,台湾探鳥日記,台湾野鳥,タロコ,ブロワン,台湾バード,片倉佳史,もっと知りたい台湾,台湾探見,台湾旅人地図帳
いかに見つけにくいかがわかる一枚。とにかく小さいのです

この鳥の最大の特色は、
後頭部に眼のような模様があること。
これは「假眼」と呼ばれ、
遒斑秧Г燃里に、眼のように見えます。

この鳥は小さいので、ほかのフクロウのように強くはありません。
当然ながら、天敵に狙われることが多く、
樹の上で休んでいるところを後ろから狙われることがあります。
そのため、こういった眼のような模様で相手をだますということです。

ヒメフクロウ,鵂鶹,擬眼,台湾鳥,台湾野鳥,タロコ峡谷,布洛湾,台湾野鳥,片倉佳史
確かに眼に見えます

寝ているときは別ですが、
起きているときは頭をくるくる回すので、
撮影が楽しい鳥さんです。

それにしても珍しい模様です。

ヒメフクロウ,台湾の鳥,もっと知りたい台湾,台湾体験,台湾探見,片倉佳史,片倉真理
もう一枚

この鳥は台湾各地で見ることができ、
私も烏来や三貂嶺などで、何度か撮影の機会を得てきましたが、
正直なところ、運次第ですね。

ヒメフクロウ,台湾の鳥,台湾賞鳥,台湾バードウォッチング,太魯閣峡谷
もう一枚。前だか後ろだか、わかりますか?


2020年12月29日(火曜日)

台湾の野鳥カレンダー

カテゴリー: - katakura @ 01時02分56秒

野鳥カレンダー,臺灣野鳥,台湾の鳥,ヒメフクロウ,ハリオハチクイ,ミカドキジ,台湾探鳥日記


2020年12月11日(金曜日)

藍腹鷴(サンケイ)〜台湾探見動画

カテゴリー: - katakura @ 07時27分51秒

https://youtu.be/BQF_1Bro3nI
youtube「台湾探見動画」

台湾漫遊術,片倉佳史,藍腹鷴,台湾探見動画,サンケイ,台湾の鳥,台湾特有種,台湾固有種,台湾特捜百貨店,台湾賞鳥,台湾野鳥


2020年10月16日(金曜日)

阿里山でカヤノボリ(萱昇)に会う

カテゴリー: - katakura @ 20時36分46秒

阿里山取材の際、カヤノボリに会ってきました。
この鳥はベトナム北部から中国南部、
そして台湾に分布していますが、
台湾に暮らす仲間は固有亜種となっています。

それなりの頻度で見かけるのですが、
棲息地域は山間に限られます。

それと、どういうわけか、
私が出会うときにはいつも電線に止まっています。

https://note.com/katakuratw/n/n865ee889cf02
note台湾特捜の記事

カヤノボリ,萱昇,台湾の鳥,台湾野鳥,台湾探鳥,台湾バード,梨山,阿里山,武陵農場,福寿山農場,鳥探し

https://katakura.jimdosite.com/
台湾特捜百貨店(新版)


2020年10月9日(金曜日)

クロツラヘラサギ(醋免鷺)の飛来が始まる


2020年9月18日(金曜日)

ヤイロチョウ(八色鳥)

拙サイト「台湾特捜百貨店」のトップページの画像を変えました。
時期は少しずれてしまいますが、
やはりヤイロチョウ(八色鳥)のこの美しさには目を奪われますね。
台湾でもなかなか見られない鳥さんなので、出逢いに心から感謝するばかりです。

台湾でヤイロチョウが撮影できるのは5月から6月までの2週間くらいだけ。
なかなかチャンスを得られません。

八色鳥,台南の鳥,烏山頭水庫,南元農場,台湾の鳥,片倉佳史,台湾旅人地図帳,taiwan,片倉真理,台南市,六甲區,台湾漫遊


2020年8月15日(土曜日)

8月15日

カテゴリー: - katakura @ 11時25分20秒


2020年8月3日(月曜日)

ズアカエナガ(紅頭山雀)

カテゴリー: - katakura @ 23時02分54秒

ズアカエナガ,武陵農場,台湾探鳥,台湾鳥,花蓮,宜蘭,台湾賞鳥,野鳥観察,野鳥撮影,台湾山岳,紅頭山雀

ズアカエナガさんとの遭遇。
10センチほどの小さな身体ですが、
茂みの中にその姿を見つけ、
しかもこちらを向いていて目があった時は、
さすがに「神様、ありがとう!」と心の中で叫びました。

ズアカエナガ,武陵農場,台湾探鳥日記,台湾の鳥,花蓮県,宜蘭県,台湾賞鳥,野鳥観察,野鳥撮影,台湾の山,紅頭山雀


2020年8月1日(土曜日)

合歓山〜海抜3417メートルの世界


2020年7月29日(水曜日)

ツォウ族の郷でヤブドリ(藪鳥)に出会う

カテゴリー: - katakura @ 23時13分34秒


2020年7月28日(火曜日)

フクロウ探し

フクロウ,コノハズク,ヒガシオオコノハズク,チャメオオコノハズク

台湾の「鳥友」からフクロウが雛を育てているよと聞き、
急遽、桃園市まで往復してきました。

雛も可愛かったのですが、
お母さんがとても美人だったので、アップします(笑)

フクロウ,桃園市,ヒガシオオコノハズク,台湾探鳥日記,台湾の鳥,繁殖期

これはチャメオオコノハズクと呼ばれる鳥で、
中国語では「領角鴞」と記します。
台湾では低海抜地域を中心に広く棲息していますが、
頻繁に見られるわけではないので、興奮もひとしお。
ちなみに都市部に暮らしている唯一のフクロウとも言われています。

フクロウ,台湾野鳥,チャメオオコノハズク,台湾賞鳥,野鳥観察,台湾体験,台湾探見
お休み中でしたが、赤ちゃんも

それにしても、遠くにいるフクロウを見つけるのは難しいです。
色が色だけに、見分けがつきません・・・

フクロウ,臺灣野鳥,チャメオオコノハズク,台湾,ディープ台湾,台湾体験,台湾探見


2020年7月27日(月曜日)

ヤイロチョウ(八色鳥)

八色鳥,烏山頭,烏山頭ダム,南元農場,台湾の鳥,片倉佳史,台湾旅人地図帳,taiwanbird,台湾,台南市,六甲區
台湾には繁殖のため2か月だけ滞在します


2020年7月3日(金曜日)

藍腹鷴(サンケイ)の美しい姿(動画)

サンケイ。中国語では「藍腹鷴」と言います。
何度、目にしても、新鮮な美しさです。

台湾固有種(台湾特有種)で、
低海抜から中海抜地域に棲息しています。

新北市坪林にて撮影。

サンケイ,藍腹鷴,坪林,台湾野鳥,台湾探鳥,台湾の街角,台湾論,台湾好き,台湾旅行,片倉佳史,台湾本,天然記念物,台湾の生き物


2020年6月25日(木曜日)

サンコウチョウ(三光鳥)との出会い〜台湾探鳥日記

カテゴリー: - katakura @ 09時59分06秒

サンコウチョウ(三光鳥)との出会い。
きれいなだけでなく、かわいいですね(笑)

南方から飛来し、繁殖地の日本(静岡に多い)まで移動する渡り鳥。
台湾は通過点・・・というか、長距離飛行に向けて体力を養う場所。
5月にわずか1週間くらいだけ撮影可能です。

ただし、茂みの中にいることが多く、なかなか撮影できません。
3時間粘ってなんとか撮れた、思い入れの強い一枚です。

サンコウチョウ,三光鳥,紫绶带紫綬帶,台湾探鳥,台湾の鳥,台湾野鳥,台湾バードウォッチング


2020年6月24日(水曜日)

ヤイロチョウ(八色鳥)との出会い

ヤイロチョウ,八色鳥,台湾探鳥,片倉佳史,烏山頭ダム,六甲區,台南,台湾野鳥,台湾のバードウォッチング,繁殖期

ヤイロチョウ(八色鳥)との出会い。
恋焦がれていたその姿。
目にした瞬間、思わず呼吸するのを忘れてしまいました(笑)

ヤイロチョウ,八色鳥,台湾探鳥日記,片倉佳史,烏山頭,六甲区,台南市,台湾の野鳥,台湾バードウォッチング,台湾の自然

きれいな鳥はたくさんいますが、
さすがに羽が輝いている鳥というのは珍しいですね。
思わず息を呑む美しさです。

5月から6月下旬までが繁殖期で、
その時期だけ台湾で姿を見ることができます。

すべての感覚を集中させ、
そっとシャッターを切りました。

ヤイロチョウ,八色鳥,探鳥日記,片倉夫婦,烏山頭水庫,片倉真理,tainan,野鳥観察,台湾探見,台湾体験


2020年6月15日(月曜日)

ベニサンショウクイ。オオムラサキには会えず・・・

早朝出発で拉拉山に向かう。
お目当てのオオムラサキには出会えず、
意気消沈していたところ、
ベニサンショウクイの娘さんが励ましてくれました(笑)
ベニサンショウクイはオスは赤、メスは黄色できれいな鳥さんです。


ベニサンショウクイのメス。横顔がかわいい


2020年5月27日(水曜日)

追悼・木村花、そして八色鳥

カテゴリー: - katakura @ 01時19分36秒


2020年5月24日(日曜日)

コアジサシ(小燕鷗)の営巣地

小燕鷗,小アジサシ,台湾賞鳥,台湾の鳥,ウミネコ,生態保護区,台湾鳥撮,台湾探鳥

コアジサシ。
中国語では「小燕鷗」と記します。

その名の通り、通常のアジサシよりも小さいからだですが、
翼がきりっととがっていて、嘴もまっすぐ。なかなか精悍な印象です。

この鳥はオーストラリアやニュージーランドで冬を越し、
4月頃に台湾や日本に飛来、ここで営巣期を迎え、9月頃に南に去っていきます。

5月下旬のこの時期、
ちょうどコアジサシが繁殖期を迎えているので、
台湾のバーダーさんから情報を得て、撮影に行ってきました。

アジサシ,小燕鷗,小アジサシ,台湾の鳥,繁殖期,ウミネコ,生態保護区,台湾賞鳥,台湾探鳥日記
お母さんのおなかの下。わかりますか?

今回、どうしても撮りたかったのが赤ちゃんです。
一回で2−3個に卵を産み、孵化した後、
お母さんに守られながら20日ほど暮らし、飛び立っていくそうです。

この日は強風に晒され、まさに砂嵐の状態。
ちょっぴりカメラが心配です。

アジサシ,小燕鷗,小アジサシ,台湾の鳥,繁殖期,ウミネコ,生態保護区,台湾賞鳥,台湾探鳥日記
雛の姿。わかりますか?

なんとか、赤ちゃんの様子は撮影できたのですが、
砂の色と羽の色が同じ色なのでとにかくわかりにくい・・
羽の色は肌色なのですが、そこにマダラ模様が入っており、
砂地と一体化していました・・・

アジサシ,小燕鷗,竹囲漁港,台湾の鳥,繁殖期,営巣期,桃園市,台湾賞鳥,片倉佳史

アジサシ,小燕鷗,餌やり,台湾鳥,繁殖期,餌付け,桃園市,コアジサシ,台湾探鳥日記
餌付けシーン。雛の姿が砂に同化していてわかりません・・・

アジサシ,小燕鷗,小アジサシ,台湾の鳥,繁殖期,ウミネコ科,桃園市,台湾賞鳥,台湾探鳥日記
なんとかわかります・・・

正直なところ、なかなかうまく撮れませんでした。
もう一回、いえ、何度でも撮影に行きたい場所です。

なお、コアジサシは日本では絶滅危惧種にもなっていますが、
台湾でも生態保護が熱心に行なわれています。
特に、繁殖地となる場所の減少が激しく、
ここ新北市の竹囲でも保護区が整備されています。
竹垣で囲まれた砂地に集団繁殖地がありました。

アジサシ,小燕鷗,小アジサシ,台湾の鳥,繁殖期,ウミネコ,生態保護区,台湾賞鳥,台湾探鳥日記
営巣地は立ち入り禁止。柵の外から撮影します。

なお、繁殖前には、オスがメスに獲物をプレゼントする「求愛給餌」が見られます。
この日も雛を護るメスにオスが小魚を渡すシーンが見られました。

アジサシ,小燕鷗,竹囲漁港,台湾の鳥,繁殖期,営巣期,桃園市,台湾賞鳥,片倉佳史


2020年5月17日(日曜日)

サンケイ(藍腹鷴)に出会う

サンケイ,山鶏,台湾野鳥,台湾探鳥,台湾バードウォッチング,坪林,片倉佳史,台湾探見,台湾体験,台湾旅人地図帳
後ろにいるのはメスです。


2020年5月12日(火曜日)

クロエリヒタキに出会う

カテゴリー: - katakura @ 14時21分17秒


2020年5月11日(月曜日)

レンカク〜母の日

カテゴリー: - katakura @ 13時33分31秒

レンカク,勝洋農場,宜蘭県,水雉,台湾探鳥日記,台湾野鳥,台湾賞鳥,台湾の鳥

母の日。
私自身は卵から孵ったわけではありませんが、
優しく卵を温めているレンカク(水雉)を見ていたら、
「母の愛」を感じました(笑)

現状、台湾在住の私は日本に戻れませんが、
急遽、母へのお小遣いを倍額にし、
新しいレンズの購入を見送りました・・

それにしても卵の色が独特ですね。
絶滅危惧種のレンカクですが、生態保護はうまくいっているようです。

https://photohito.com/photo/10462422/
こちらもご覧ください

レンカク,勝洋農場,宜蘭自然,水雉,台湾探鳥,宜蘭野鳥,宜蘭賞鳥,鳥撮

https://katakura.jimdosite.com/
台湾特捜百貨店


2020年4月14日(火曜日)

アカハラシキチョウ(白腰鵲鴝)

カテゴリー: - katakura @ 10時20分39秒

シキチョウ,四季鳥,四喜鳥,アカハラシキチョウ,台北植物園,台湾の鳥


2020年4月8日(水曜日)

コウライウグイスの営巣〜台湾探鳥日記

悲しいお知らせ・・。
先日撮影に赴いた新店のコウライウグイスの巣にいた赤ちゃんが
ここ数日の気温低下と雨で天国に召されてしまったそう・・・

巣は非常に分かりにくく、しかも距離があり、しかも暗いという最悪の撮影環境。
いい写真が撮れなかったので、もう一回機会を狙っていたのですが・・。

ちなみにコウライウグイスは中国語では、黄鸝と言います。

コウライウグイス,高麗鴬,黄鸝,台湾の鳥,台湾野鳥


2020年4月1日(水曜日)

クロツラヘラサギ〜台湾探鳥日記


2020年3月12日(木曜日)

藍腹鷴(サンケイ)を撮る〜台湾探鳥日記

藍腹鷴,サンケイ,台湾特有種,台湾固有種,大雪山,大雪山森林遊樂區,スウィンホー,台湾探鳥,台湾の鳥,台湾野鳥

台湾が誇る美しい鳥。
サンケイは台湾の鳥の中でも際立った美しさを誇る鳥さんです。
中国語では「藍腹鷴(ランフーシュエン)」と呼ばれています。

今回、台中市の山岳部、大雪山森林遊楽區を訪ね、
数多くの鳥たちに会ってきました。
その中でもメインの位置づけがこのサンケイでした。

サンケイ,台湾特有種,固有種,大雪山林道,大雪山森林遊樂區,スウィンホー,藍腹鷴,台湾の鳥,野鳥観察

私はこれまでこの鳥を見たことがなく、
まさに憧れの存在。
一時期は絶滅危惧種にも指定されていましたが、
ここ数年で生態保護が成功し、それなりの頻度で見られるようになっています。

サンケイ,特有種,台湾固有種,大雪山野鳥,大雪山森林遊樂區,台湾鳥,台湾探鳥,台湾の鳥,台湾バードウォッチング

台北を深夜に出て、未明に大雪山の入口に到着。
23・5キロ地点でサンケイに出逢える確率が高いということで、
期待に胸をふくらませて、カメラを構えたのですが、
残念ながら早朝は見ることができず。
大雪山森林遊楽區にはたくさんの鳥がいますので、
先を急ぎました。

撮影ができたのは帰り道。
すでに日が暮れかかっており、理想的な撮影環境ではなかったのですが、
サンケイに会うことができました。
ミカドキジ(帝雉)にも感動しましたが、
やはりサンケイの美しさは息を呑むほどで、
シャッターを押す手が震えました(笑)

今回はベストな撮影ではなかったのですが、
またの機会、会いに行きたいと思います。

ここは残念ながら、交通が不便なので、
日本人旅行者が気軽に行けるという感じの場所ではないのですが、
現在の肺炎騒ぎが落ち着いたら、
ツアーなどを組んで訪れてみてもいいかな?と思っています。

藍腹鷴,サンケイ,野鳥撮影,台湾秘境,台湾体験,大雪山森林遊樂區,台湾探見,ディープ台湾,もっと知りたい台湾,野鳥観察


2020年2月24日(月曜日)

ゴシキドリ〜台湾探鳥日記

ゴシキドリ,五色鳥,烏来,烏來,台湾探鳥,台湾の鳥,野鳥観察

台湾探鳥日記。
ゴシキドリに出会いました。
その名の通り、とてもきれいな鳥で、色合いも鮮やか。
学名は「Megalaima nuchalis」、英名は「Taiwan Barbet」と言います。

ゴシキドリという名前が示すように、
五色の色合いが自慢のかわいらしい鳥です。

この鳥はキツツキ科に属し、身体全体が美しい緑色をしています。
そして、首と胸の間には赤い帯が入っており、これがアクセントとなっています。
また、額と嘴の下は黄色、目先は赤、目尻と首は青、目から後ろの眉線は黒と、五色の色合いが見られるため、
ゴシキドリという名前が付きました。

ゴシキドリ,五色鳥,南勢溪,バードウォッチング,台湾探鳥日記,賞鳥,野鳥

この鳥は体長20センチほどで、
台湾固有種となっています(仲間はアジア各地に棲息しています)。

台湾では各地で見ることができ、
低地からや丘陵帯にかけ、広い範囲でその姿を確認できます。
意外にも、かなりの頻度で見ることができます。
台北市中心部の台北植物園でも見ることができます。

鮮やかな色合いの鳥ではありますが、
木の葉に近い色合いをしている上に身体が小さく、
しかも、動きが素早いので、見つけるのはやや難儀します。
見つけられても、注意深く観察していないと、
すぐにその姿を見失ってしまいます。

台北植物園では園内に巣箱を用意し、
ゴシキドリの繁殖を手助けしています。
そのため、繁殖期であれば、比較的容易にその姿を見ることができます。
狙い目は5月から7月くらいにかけて。
この時期が営巣期となります。
餌付けの様子をカメラに収めようと、
多くの鳥好きが集まり、その様子を見守ります。

ぜひ、皆さんも森の中に注目してみてください。

ゴシキドリ,五色鳥,ウライ,バーディング,探鳥日記,賞鳥地點,野鳥


2020年2月19日(水曜日)

カササギ(喜鵲)に出会う〜台湾探鳥日記

カササギ,カチガラス,台湾探鳥日記,台湾バードウォッチング,台湾の鳥,鍋島藩,喜鵲,七夕,かささぎ
台北市内の国父史蹟紀念館(日本統治時代の梅屋敷)にて

カササギ(喜鵲)に出会う。
台湾では都市部を中心によく見かける鳥さんです。

古代中国大陸では、七夕の伝説の中、織姫と牽牛を天の川を渡って引き合わせる役割を担った存在で、
深く親しまれている存在です。
その名は大伴家持の和歌にも出てきますが、日本にはもともといない鳥。
日本にもたらされたきっかけは、豊臣秀吉の時代に遡ります。
文禄慶長の役の際、佐賀の鍋島直茂が朝鮮半島から持ち込んだと言われています。

カササギ,カチガラス,台湾探鳥,バーディング,台湾の鳥,佐賀縣,喜鵲,大伴家持

現在は佐賀県の県鳥で、天然記念物にも指定されています。
日本ではあまり見られない鳥ですが、韓国ではソウル市の市鳥にもなっています。
台湾でもどこでも見られるきわめて普通の鳥です(笑)

ちなみに羽の青い部分は光線の当たり具合で青かったり緑がかったりするので、
撮影が楽しい鳥さんでもあります。
ただ、鳴き声はお世辞にも美しいとは言えず、かなりやかましいです。

カササギ,カチガラス,台湾探鳥日記,台湾でバーディングング,台湾の鳥,片倉佳史,喜鵲,彦星,どろぼうかささぎ
最後はちょっぴり可愛く撮ってみました。


2020年2月14日(金曜日)

台南市内でカンムリオオタカに出会う〜台湾探鳥日記

冠大鷹,カンムリオオタカ,台湾探鳥,台湾バードウォッチング,台湾の鳥,バーディング,台南,tainan,片倉佳史

台湾のバードウォッチングは魅力いっぱいなのですが、
その一つに都市部でも気軽に猛禽類に出会えることが挙げられます。

今回は台南市内の公園で
カンムリオオタカ(冠大鷹)に出会うことができました。
なんとも精悍な顔つきに魅了されました!

カンムリオオタカは中国語では「鳳頭蒼鷹」と表記します。
この日は運よくオスとメスの両方に会うことができました。

冠大鷹,カンムリオオタカ,タイワンオオタカ,台南賞鳥,台湾の鳥,バーディング,育徳公園,台湾の猛禽類,老鷹


2020年2月4日(火曜日)

カンムリオオタカ。またの名をタイワンオオタカ 〜 台湾探鳥日記


2020年1月29日(水曜日)

クビワムクドリに出会う〜台湾探鳥日記

カテゴリー: - katakura @ 00時55分32秒

静かな静かな旧正月の台北。
サイクリング&バーディングを楽しみました。

クビワムクドリは黒い首輪をしたような白いムクドリ。
日本では見られない鳥さんです。

クビワムクドリ,外来種,台湾探鳥日記,台湾の鳥,バーディング,バードウォッチング,華江河濱公園,ハッカチョウ

それにしても、台湾の都市部では外来種の鳥が目立ちます・・・
クビワムクドリのほか、
都市部ではジャワハッカやインドハッカといったハッカチョウを実に頻繁に見かけます。 
生態系にも大きな影響を与えており、ハッカチョウについては在来種の数が激減しているそうです・・・

ちなみに、クビワムクドリは台湾では外来種ですが、
金門島では留鳥として普通に見られる鳥さんです。
改めて金門島と台湾島の生態差異に驚かされます。

クビワムクドリ,外来種,探鳥,台湾の鳥,台湾賞鳥,バードウォッチング,華江河濱公園,万華区


2020年1月22日(水曜日)

基隆港の黒鳶(トンビ)〜台湾探鳥日記

黒鳶,トンビ,鳶,基隆港,台湾探鳥,バーディング,台湾の鳥

こちらも合わせてご覧ください。
https://taiwanktkr.blogspot.com/2020/01/blog-post_24.html
台湾特捜ブログ

黒鳶,トンビ,鳶,基隆港,台湾探鳥,バーディング,台湾の野鳥,野鳥


2020年1月21日(火曜日)

台湾の鳥本〜台湾探鳥日記

カテゴリー: - katakura @ 01時36分07秒

今回購入したのは黄一峰さんの『鳥類不簡単!」。
手元に置いておきたい一冊です。

温州街のブックカフェ「欒樹下書房」で購入しました。

欒樹下,ブックカフェ,台北書店,黄一峰,台湾探鳥,台湾本,野鳥観察


2020年1月17日(金曜日)

ミドリカラスモドキ〜台湾探鳥日記

ミドリカラスモドキ。
高雄の中都濕地公園にて。

不気味な風貌で知られる鳥ですが、
確かに赤い鋭い眼はちょっぴり怖いかも。
緑に光るボディなので、光線具合に気を遣います。

ミドリカラスモドキ,外来種,台湾探鳥,高雄の鳥,高雄,中都湿地公園,台湾探鳥,外来種,高雄野鳥,台湾の鳥


115 queries. 0.235 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 361361361
昨日 : 583583583
総計 : 2881937288193728819372881937288193728819372881937

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店