logo
 サイト内検索

検索オプション
 カレンダー
2017年 3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
 カテゴリ一覧
 メインメニュー
 台湾レトロ写真館 最新記事

2017年1月2日(月曜日)

新年のご挨拶 2017

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

多くの方に支えられ、私も台湾生活が20年目に入りました。
謹んで多くのことを学びたいと思っています。

片倉佳史

片倉佳史,片倉真理,台北,台湾,臺灣,新年,2017


2016年8月28日(日曜日)

紅頭嶼。チヌリクラン

カテゴリー: - katakura @ 13時09分00秒

蘭嶼。日本統治時代は紅頭嶼と呼ばれた島。
タオ族の人々が暮らしています。
この大きな船はチヌリクランと呼ばれるもの。
幾何学的な模様が印象的です。

紅頭嶼,蘭嶼,ヤミ族,タオ族


2015年9月21日(月曜日)

友愛会のスピーチ

今月も友愛会でスピーチをさせていただきました。
日本統治時代に発行された古写真を用い、往年の台湾風景を皆さんと楽しむという企画です。

友愛会は毎月第三土曜日のお昼から開かれている日本語学習会。
日本統治時代生まれのお年寄りで組織されています。

写真はsekiguchiさん撮影。

友愛会,片倉佳史,台湾,台北


2015年8月13日(木曜日)

講演のお知らせ 2015年9月13日

片倉佳史,講演,祥伝社,台湾

【9月13日、講演のお知らせ】 

9月13日(日曜日)の11時30分から、
東京都杉並区のまるごと台湾フェアで講演をさせていただきます。
タイトルは「特別講演・古写真でたどる日本統治時代の台湾」。

私の講演に続いて映画『KANO』の上映会もあります。
あわせてお楽しみください。

http://suginami-kouryu.org/contents/code/eve150913
詳細はこちらから。

片倉佳史,祥伝社,古写真,台湾


2015年4月13日(月曜日)

新刊のお知らせ

四月下旬に刊行になる新刊の表紙デザインです。

書名は『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』。
日本統治時代の台湾を誌面で再現するという試みの一冊です。
祥伝社から刊行になります。

どうぞよろしくお願いいたします。

片倉佳史,祥伝社,日本統治時代,台湾,台北,古写真,高雄,台中,台南,嘉義,彰化


2015年4月7日(火曜日)

吉田橋

カテゴリー: - katakura @ 20時51分57秒

吉田橋。
台湾東部、馬武窟渓の河口に架けられていた橋。

馬武窟渓の下流一帯は渓谷美で知られ、
第五代台湾総督佐久間左馬太によって「台東耶馬溪」と命名されました。

吉田橋,台東,アミ族


2015年3月20日(金曜日)

蘭嶼点景

カテゴリー: - katakura @ 19時59分38秒

トビウオ漁に出かけるタオ族(ヤミ族)の男達の様子。

蘭嶼,紅頭,野銀,イワギヌ,タオ族


2014年4月26日(土曜日)

タオ族、紅頭嶼

カテゴリー: - katakura @ 17時48分35秒

紅頭嶼は現在、蘭嶼と呼ばれています。
日本統治時代に撮影されたタオ族の男女。

『日本地理風俗大系』より複写。

tao,タオ族,ヤミ族,yami,蘭嶼,紅頭嶼


2014年1月28日(火曜日)

蘭嶼点景

カテゴリー: - katakura @ 10時48分56秒

蘭嶼,タオ族,タタラ,チヌリクラン


2013年2月27日(水曜日)

往年の太魯閣峡谷と理番道路

カテゴリー: - katakura @ 09時46分12秒

日本統治時代に撮影された太魯閣峡谷のカット。

当時は理蕃道路と呼ばれていた山越えの道は現在の横貫公路よりもはるか上を走っていました。
天祥(旧名タビト)に近い緑水歩道がかつての理蕃道路の一部です。

もともとはタロコ族の居住するエリアでしたが、
ここの歴史もまた、移住政策によって全容を掴むことが難しくなっています。
そのあたりの背景は拙著『観光コースでない台湾』(高文研)で紹介させていただきました。

太魯閣,日治,観光コースでない台湾


2013年2月6日(水曜日)

水牛のいる風景

カテゴリー: - katakura @ 22時52分07秒

水牛にのる高砂族の農夫。
服装から判断するとパイワン族と推測されます。
厳密には南パイワン族ではないかと思います。


2012年11月1日(木曜日)

紅頭嶼の様子・タタラ舟

カテゴリー: - katakura @ 00時06分21秒

蘭嶼点景。
日本統治時代に撮影された古写真より。
タタラ舟。


2012年5月23日(水曜日)

アミ族の豊年祭の様子

カテゴリー: - katakura @ 03時59分18秒

アミ族の豊年祭。ミリシンの様子。
日本統治時代に発行された絵はがき。花蓮港(現花蓮)付近のパンツァーと呼ばれる人々。


2012年4月13日(金曜日)

タロコ峡谷

カテゴリー: - katakura @ 11時52分45秒

日本統治時代に発行された太魯閣峡谷の絵はがき。
昭和10年前後、かなり盛んにこの景観が宣伝されました。
意外にもカットのバリエーションが豊富です。


2011年12月4日(日曜日)

アミ族の豊年祭(ミリスィン)

カテゴリー: - katakura @ 10時00分45秒

アミ族の豊年祭。
現地ではミリスィンと呼ばれます。
この写真の撮影地・集落名は不明です。
服装から判断すると海岸アミ族と思われrます。


2011年11月29日(火曜日)

魚池郵便局(日本統治時代)の風景印

日本統治時代におかれていた風景印。
台湾中部・日月潭に近い魚池郵便局。
サオ族の人々をモチーフにしています。


2011年11月5日(土曜日)

霧社の桜

カテゴリー: - katakura @ 18時16分51秒

映画「セデック・バレ」で一躍話題となった霧社ですが、
ここは桜の名所としても知られていました。

撮影時期不明。
日本統治時代の絵はがきより。


2010年3月16日(火曜日)

吊橋を渡る

カテゴリー: - katakura @ 01時14分57秒

山岳地帯を中心に各地で見られた吊橋。
この写真は太魯閣峡谷付近のものとされているが、
高さが全くわからないカットになっている。


2010年2月7日(日曜日)

タッキリ橋、太魯閣峡谷

カテゴリー: - katakura @ 10時40分01秒

太魯閣峡谷の入口に位置するこの橋。
タッキリ渓を渡っており、現在も同じ場所に架橋されている。
現在は漢字で「立霧渓」と表記されている。

花蓮側にはブセガン、蘇澳側にはタッキリという集落があった。
前者は現名「富世」、後者は「崇徳」となっている。


53 queries. 0.099 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 6262
昨日 : 257257257
総計 : 1936305193630519363051936305193630519363051936305

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店