logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2021年 12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2021年11月26日(金曜日)

萬華・青山宮の祭典〜台湾探見動画

カテゴリー: - katakura @ 18時23分08秒

台北市萬華の青山宮。
たくさんの人で賑わっていますが、
今年はコロナの影響で規模を縮小したとのことでした。

https://youtu.be/HOmCHc59iY4
台湾探見動画

それでもかなりの賑わいで、圧倒されました。
台湾と日本のご加護をお願いしてきました。


2021年11月25日(木曜日)

青山宮の祭典(台北市萬華)〜台湾探見動画

青山宮,萬華區,万華,直興市場,万華遊郭

台北市萬華の青山宮。その祭典を撮影に行きました。
たくさんの人で賑わっていますが、ほぼ全員がマスク着用でした。

https://www.youtube.com/watch?v=HOmCHc59iY4
台湾探見動画

この時期を迎えると、
どうしてもその空気に触れたくなります。

青山宮,華西街,万華駅,台湾特捜百貨店,台湾漫遊術,台北漫遊指南


2021年11月24日(水曜日)

ヒメフクロウ(鵂鶹)さんの後頭部にある模様

カテゴリー: - katakura @ 12時34分06秒

台湾探鳥日記。
手のひらサイズの小さなフクロウさんです。
太魯閣峡谷のブロワンという河岸段丘上にある公園で撮影しました。

ちなみにこれは顔の正面ではなく、後頭部です。
眼をつぶっているわけではありません。
顔は後ろ側にあります。

ヒメフクロウ,鵂鶹,フクロウ,台湾探鳥,台湾の鳥,タロコ峡谷,布洛湾,台湾野鳥,片倉佳史
正面の顔はこんな感じ


チェブラーシカのスリッパ

カテゴリー: - katakura @ 12時21分36秒


2021年11月23日(火曜日)

台湾の大学別学生数上位10校


パイワン族の古老・華阿財さん

パイワン族の言語の中に溶け込んだ日本語。

戦前生まれの古老・華阿財さん(故人)にお話をうかがった時の様子です。
あくまでも台湾南部の地域限定表現になりますが、
「サイグー」という言葉があります。

これは西郷隆盛の実弟・従道(つぐみち)に由来し、
統率力があるとか、難題をクリヤーするという意味があります。

所どころ、地名や独特な言い回しがありますが、
貴重な音源だと思います。
本来はオンラインサロン「片倉佳史の台湾漫遊術」のメンバー向けに公開したのですが、
こちらにもアップしておきます(2007年の取材)。


2021年11月22日(月曜日)

珠寶盒法式點心坊


2021年11月20日(土曜日)

錦源興〜CREAウェブの連載(片倉真理)


2021年11月15日(月曜日)

台湾美食イベント「伝承臺菜餐廳」

台湾美食イベント「伝承臺菜餐廳」

10月21日に開催された食のイベント「伝承臺菜餐廳」。
経済部(財務省に相当)が主催するイベントで、
今年(2021年)は「伝承」をテーマとし、優良な台湾料理店が選出されました。

今回、私たちもお招きいただき、式典を取材したのですが、
なかなか壮大な式典でした。

今回応募があったのは117軒。
その中から72軒が選出され、
さらに審査員が全台湾を巡り、
最終的に12軒に絞り込まれたとのこと。

日本人にもお馴染みの「欣葉鐘菜」や「青葉台灣料理」、「儂來餐廳」から、
ミシュランにも選ばれた「米香台菜餐廳」、
さらに台南の「錦霞樓」や花蓮の「山海宴旬料理」など、
かなり豪華なラインナップでした。


王経済部長のスピーチ

そのほか、「丰禾台式小館」や「兄弟食堂」、
「新天地國際實業股份有限公司-梧棲創始店」、「大眾餐廳」、
「府城食府正宗台南料理」、「佳珍海產餐廳」などもあり、
どこも訪れてみたい店ばかりでした。

台湾料理,宴席料理,経済部,台湾の街角,台湾漫遊術
表彰式が続きます

傳承臺菜餐廳,台湾美食メモ,片倉夫婦,台湾特捜百貨店,片倉佳史,片倉真理
名シェフたちがパネルで紹介されています。

今回のイベントはシェフたちへの表彰式がメインでしたが、
それだけでなく、「辦桌」と呼ばれる台湾の宴席料理も振舞われました。

これは結婚式や寺廟の祭典に出てくる料理で、
この料理を担当するシェフは「總鋪師」と呼ばれています。

ヒット映画「總舖師(祝宴!シェフ)」をご覧になった方もいるかと思いますが、
總舖師は台湾料理界の中でも一目置かれる存在。
この日はこの映画の料理監修を担当した施建發氏のほか、
映画「飲食男女」で料理を監修した黄徳興氏や、
欣葉レストランの総料理長を務めている陳渭南氏、
頂廚國宴のシェフである黄徳忠氏など
レジェンド級の總鋪師たちが勢揃いしていました。

料理はいずれも手が込んだもので、
テーブルに運ばれてくるたびに嬉しい溜息が漏れたほどです。

台湾料理メニュー,片倉佳史,片倉真理,台湾美食
メニューも凝ったつくりでした

中でも感動したのが、具だくさんのスープ「佛跳牆」。
これは黄徳興氏と施建發氏が手がけたもので、
一般的には具材のタロイモが煮崩れし、
スープが濁っていることが多いのですが、
こちらはすっきりと澄んでいるのが特徴。
これは手羽先の中にタロイモを入れて煮込むという秘策があります。
魚の骨と鶏ガラでダシを取ったスープは滋味深く、
かつ素材の旨味が際立っているように感じられました。

佛跳牆,仏跳牆,台湾美食メモ,台北漫遊指南

陳渭南氏と「兄弟餐廳」の郭宏徹氏が手がけた「大明蝦」も特筆ものでした。
これはクワイや板油(豚の腹部の厚い板状の脂肪)の上にエビをのせ、
しっかりと蒸したもの。
食感も味も重層的で、記憶にしっかりと残る味わいでした。

大明蝦,台湾美食メモ,台湾探見,台湾旅人地図帳

シェフたちの真心と気合が込められた料理たち。
その味わいは感動の連続で、
最後まで飽きることなくいただきました。

こういった伝統料理は手間暇がかかるため、
敬遠されてしまうことが多く、
継承者も減ってしまっているという話を聴いたことがあります。

今回改めてその奥深さを知るとともに、
シェフたちの伝統料理に向ける熱いまなざしに触れることができました。
こういった料理の技を次世代に伝わってほしいと強く思いました。


蓮の実やタロイモ団子の入ったあったかデザート


皆さん、気合の入った表情をしています

美食イベント,台湾探見,片倉佳史,片倉真理,台湾漫遊術
経済部では毎年こういった企画を実施しているとのこと


2021年11月14日(日曜日)

台湾カステラ←チーズ入りで

台湾カステラは日本でも大人気の様子。
ただ、すごい勢いで進化していますね。

日本と切り離されてもうすぐ2年、全く想像がつきません(笑)
次回の日本訪問がとても楽しみです。

今回、片倉真理が購入してきたのはチーズ入り。
昔懐かしいチーズドックを思わせる美味しさでした。


2021年11月13日(土曜日)

【動画】鉄道ホテル(鉄道旅館)〜民視の特番

【鉄道ホテルの歴史】

民視電視台の特番です。
「台灣鐵道旅館」という番組で 2021年11月7日に放映されたもの。
かなり力の入った作りです。

中国語ですが、興味深い内容だと思います。
私もコメントしています。

鉄道ホテル,鉄道旅館,台北駅前,松ヶ崎萬長,福島篤,野村一郎,民視,民視電視台,表町


台湾の街角から〜台湾探見動画

台湾の街角風景を並べてみました。
どうぞよろしくお願いいたします。


2021年11月2日(火曜日)

300万ヒット達成〜台湾特捜百貨店

【ご報告】

拙サイト・台湾特捜百貨店が300万ヒットを達成しました。
10月31日のことでしたが、少し報告が遅れてしまいました。

実はシステムの問題で、拙サイトはグーグル検索に上がりにくいという悲しい現状があります。
そんな中、300万ヒットというのはそれなりにすごい数字なのかもしれません。

http://katakura.net/
台湾特捜百貨店

この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

片倉佳史・真理

台湾特捜百貨店,片倉佳史,片倉真理,台湾情報,台湾探見,台湾旅人地図帳,台湾漫談,台湾特捜ラジオ


2021年10月30日(土曜日)

ご報告・台湾特捜散歩(2021年10月24日)

台北市内のエリアを選び、片倉が徒歩でご案内する「台湾特捜散歩」。
今回、初めての試みということでしたが、おかげさまで第一回は無事に終わりました。
今回はオンラインサロンのメンバーの皆さんと、
過去に私が主宰する「台湾を学ぶ会」にご参加いただいた皆さんを中心に、
20名の方とご一緒しました(早く満員になってしまい、申し訳ございません)。

今回は国立台湾博物館から台北228公園をご案内しました。
次回にもご期待いただければ幸いです。

毎月一度の開催を想定しています。

今後もオンラインサロン「片倉佳史の台湾漫遊術」のメンバーは無料でご招待していくつもりです。
こちらにもご興味を感じていただければ幸いです。

http://www.katakura.net/salon/
オンラインサロン・ご案内のページ


2021年10月28日(木曜日)

台湾海峡危機(天下雑誌より)


2021年10月25日(月曜日)

名探偵コナンとコラボしているセブンイレブン

カテゴリー: - katakura @ 13時53分30秒

名探偵コナン,台湾体験,台北漫遊指南


2021年10月23日(土曜日)

菊元百貨店の修復工事。調査に立ち会いました

台北のシンボルとされた菊元百貨店。
その修復工事がついに始まります。

完成まではまだ時間がかかりそうですが、
改めて状況を報告していきたいと思います。

https://amzn.to/2W7UtdY
『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)
Amazonのページ

日本統治時代の様子もアップしておきます。

菊元百貨店,菊元商行


台湾黒熊とサンケイ(藍腹鷴)

国立台湾博物館のギフトショップで売られているノート。
台湾黒熊とサンケイ(藍腹鷴)がいい感じです。

愛用しています。


2021年10月21日(木曜日)

客家住民比率の高い県・市〜台湾特捜


動画。台南を楽しむ〜オンラインサロン講演

私が運営するオンラインサロン「片倉佳史の台湾漫遊術」。
現在は60名の方と台湾の魅力を分かち合っていますが、
ここでは毎週日曜日を基本とし、60分から90分のサロン講演を行なっています。

2021年10月17日は台南について語りました。
ご興味を感じていただける方、以下にアドレスを公開しておきますので、
どうぞご覧ください。


作家の陳柔縉さんが旅立つ・・・

カテゴリー: - katakura @ 19時34分28秒

作家の陳柔縉さんの訃報を聞きました。
数日前に事故に遭ったと聞き、
快復を祈っていましたが、残念ながら、天国に旅立たれたそうです。

最後にお会いしたのは青田七六の前。
あの時も自転車で颯爽と走り去っていく姿を見送りました。

どうぞ安らかにお休みください。
改めて著作を読み返したいと思います。

陳柔縉,訃報,交通事故


台湾の客家文化を語る〜台北旭日ロータリークラブの卓話


台湾政府経済部主催。台湾料理の宴

カテゴリー: - katakura @ 19時01分46秒


2021年9月30日(木曜日)

岸田新総裁と基隆〜岸田呉服店

自民党新総裁となった岸田文雄氏ですが、
実は岸田家は台湾とも深い関わりがあります。

岸田氏の曽祖父に当たる岸田幾太郎(いくたろう)は日本統治時代が始まってから間もなく、
広島から台湾の基隆(きいるん)に移り、材木商や呉服店を経営していました。
その名も「岸田呉服店」と「岸田材木店」。

日本統治時代の基隆は台湾の門戸として栄えていましたが、
まさにその基隆の目抜き通りに店を構えていました。

岸田呉服店,岸田幾太郎,岸田首相,基隆市,義重町,義重町通り,岸田材木店
「キ」と記された屋号が目立ちますね(日本統治時代に発行された絵葉書)

残念ながら拙著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)では
岸田呉服店のカットは掲載していないのですが、
基隆は少し多めに写真を掲載しているので、もしよろしければ、以下をご覧ください。

https://amzn.to/2W7UtdY
『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)

なお、以下の地図は昭和10年頃に編纂された基隆市の住宅地図です。
岸田呉服店の近くには基隆市役所(現・基隆市政府)があり、
また、基隆神社の跡地にも狛犬や石灯籠が残っています。

岸田呉服店,岸田勲,岸田幾太郎,義重橋通り,久恒病院,南サンゴ,山本金物,松本かまぼこ,基隆神社

岸田家と基隆、日本ではあまり知られていませんが、
台湾では早くもニュースになっていますね。

なお、岸田呉服店は隣りに食堂と喫茶部を設けており、
こちらもよく知られていたそうです。

ちなみに、日本統治時代の住所は基隆市義重町2丁目18番地。
残念ながら、幾太郎自身は5年あまりで台湾を離れていますが、
その後、岸田呉服店は基隆を代表する商店となっていきました。

現在も建物は残っており、その姿を留めています。
残念ながら、正面上部の屋号は残っていませんが、
機会があれば、ぜひ訪ねてみていただきたいスポットです。

岸田呉服店,岸田幾太郎,岸田文雄,岸田食堂,義重町,基隆散歩
現在の様子(2021年9月撮影)


【動画】錦地嶼の玄武岩地形


2021年9月26日(日曜日)

澎湖でひばりを撮影する

日本でもなじみの深いひばりですが、
ここ澎湖のひばり(雲雀)は台湾固亜種で日本にいるものとは少し違います。
台湾本島ではあまりひばりを見ないので、結構新鮮でした。

ちなみにこのひばりは「澎湖小雲雀」と呼ばれ、
平地に多くいます。
この日は5時半に起きて探しに行きました。

小雲雀,澎湖賞鳥,澎湖ひばり,湖西郷,台湾旅人地図帳,台湾探見,澎湖県鳥

かわいい姿を見せてくれましたが、
結構、警戒心が強く、攝影は難しかったです。


2021年9月18日(土曜日)

中正紀念堂〜のどかな台北の夕刻

カテゴリー: - katakura @ 19時52分31秒


飛機巷で撮影〜insta360oneX2

台北松山空港,立栄航空,insta360onex2,台湾探見

360度カメラを購入しました。
insta360oneX2です。
まだ不慣れで、練習から始めなければなりませんが、
あいにく、仕事が詰まっており、時間が捻出できません・・・

台北松山空港,立栄航空,insta360onex2,台湾探見

先日、少し時間ができたので、
台北松山空港の脇にある通称「飛機巷」に行ってきました。
あいにく、コロナ禍で便数が大幅に減っており、
撮影チャンスはかなり限られましたが、夕陽が良い感じになってくれました。

insta360oneX2、なかなか面白そうです。
しっかり使い込んでみたいと思います。

台北漫遊指南,台湾体験,台湾探見,片倉佳史,飛機巷


2021年9月14日(火曜日)

タイワンカラスアゲハ〜福山植物園

カテゴリー: - katakura @ 19時50分28秒


2021年8月28日(土曜日)

携帯電話用ポシェット(一帆布包)

一帆布包,台中市大甲,大甲区,台湾探見,Ponkoi

取材先での動きやすさを考え、
台中市大甲の「一帆布包」の製品を購入しました。

私はIphone12ProMAXという大きくて重い携帯電話を愛用しているので、
作りがしっかりしているものが必要でした。
台湾産コットン使用で台湾製造。

https://jp.pinkoi.com/store/ifft?ref=i-9zBfWtY6_e-ss_p-0_v-1
Pinkoiのサイト

下の写真は片倉真理の携帯「Iphone12Pro」です。
この商品はPonkoi経由で日本でも購入可能です。

一帆布包,台中市大甲,大甲区,片倉真理,Ponkoi


2021年8月27日(金曜日)

台湾詳細年表・1910年(明治43年)

カテゴリー: - katakura @ 01時13分34秒

台湾詳細年表・1910年(明治43年)

https://note.com/katakuratw/n/n0834294ed66c

台湾詳細年表,台湾の歴史,片倉佳史,台湾探見


2021年8月26日(木曜日)

吉村剛史「記者の目線、そして台湾」〜武蔵野大学台湾講座特別講義

武蔵野大学の台湾講座。
現在は1年生を対象に「台湾入門〜台湾を楽しみ、台湾を学ぶ」という授業をしています。

現在、約50名の学生と台湾について学んでいますが、
8月19日に特別講師として、
元産経新聞台北支局長で、現在は作家活動に勤しんでおられる吉村剛史先生をお招きしました。

2時間以上のロングランでしたが、
わかりやすく、ぐっと引き込まれる熱いトークでした。
学生たちも多くの刺激を得たようで、
たくさんのメッセージがとどきました。

吉村先生、ありがとうございました。

ご本人の許可をいただき、動画を公開いたします。より多くの方にご覧いただければと思っています。

https://youtu.be/KTlT6CfZrtQ
吉村剛史「記者の目線、そして台湾」

吉村剛史,台湾講座,武蔵野大学,片倉佳史,台湾入門,台湾探見,巨漢記者


2021年8月21日(土曜日)

【李登輝先生、旅立ちから一年】〜台湾漫談トーク

【李登輝先生、旅立ちから一年】

Youtubeのライブ配信「片倉佳史の漫談トーク」の第五回。
今回は李登輝事務所早川友久秘書をお招きしてお話をうかがいました。

李登輝先生が旅立たれてからの一年、
そして、現在静かに進行している新しいプロジェクト。
貴重なお話をたっぷりうかがいたいました。
2時間半のロングランなので、どうぞごゆっくり、お楽しみください。

https://youtu.be/Bk8kB37vTUc
【動画】李登輝先生、旅立ちから一年

李登輝,早川友久,片倉佳史

早川 友久HAYAKAWA TOMOHISA
1977年栃木県足利市生まれ。早稲田大学人間科学部卒。
2003年から金美齢氏(評論家、元台湾総統府国策顧問)の秘書を務め、
2007年台湾留学。国立台湾大学法律系在学中、スタッフとして三度の李登輝訪日に携わる。
2012年から李登輝の日本人秘書として対日窓口を担い、
晩年のライフワークだった日台関係の推進を支えた。
現在、財団法人李登輝基金会顧問として李登輝が遺した膨大な資料を整理する日々を送るほか、
李登輝の理念を伝えるべく寄稿や講演を行う。
著書に『李登輝 いま本当に伝えたいこと』(ビジネス社)、
『総統とわたし−「アジアの哲人」李登輝の一番近くにいた日本人秘書の8年間』(ウェッジ)、
『オードリー・タン 日本人のためのデジタル未来学』(ビジネス社)、
共著書に『台湾有事 どうする日本 2027年までに中国の台湾侵奪はあるか』(方丈社)ほか、
訳書に『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』(プレジデント社)がある。

https://amzn.to/2HkhY02
総統とわたしー「アジアの哲人」李登輝の一番近くにいた日本人秘書の8年間

https://amzn.to/3kOtajk
『日台の「心と心の絆」~素晴らしき日本人へ』(李登輝著)


2021年8月20日(金曜日)

中国語ゼロからでも台湾の大学へ進学したい!? - (ツチヤマユミ)

カテゴリー: - katakura @ 00時04分59秒

https://katakura.jimdosite.com/


2021年8月19日(木曜日)

「台湾と日本 知られざる日台野球秘話」(加藤秀彦)

Youtubeのライブ配信「片倉佳史の台湾漫談トーク」。
今回はゲストに名古屋在住の加藤秀彦さんをお招きしました。
テーマは「台湾と日本 知られざる日台野球秘話」。
映画『KANO』に始まり、現代に繋がった野球交流秘話とその仕掛け人。
以下からご覧ください。

https://youtu.be/AClxrmOqE4g
片倉佳史の台湾漫遊トーク第六回 ゲスト加藤秀彦さん

加藤秀彦,片倉佳史,台湾漫談,吉田正男,台湾探見

https://www.nippon.com/ja/japan-topics/g01143/
甲子園の伝説・吉田正男と台湾――死闘がつないだ日台の友情物語(加藤秀彦)

https://katakura.jimdosite.com/
台湾特捜百貨店(新版)


2021年8月16日(月曜日)

久しぶりの鳥撮影〜フクロウとの出会い

カテゴリー: - katakura @ 21時05分48秒

5月中旬以来、コロナショックで厳しい状況が続いていた台湾ですが、
国民が一つになって頑張ったこともあり、ようやく落ち着いてきました。

まだまだ油断してはならない状況ですが、
久しぶりに鳥の撮影に行ってきました。

今回の狙いはフクロウさん。
台北郊外に足を伸ばして会ってきました。

猫頭鷹,台湾探鳥日記,チャメオオコノハズク,片倉佳史,台湾バード
小さいので見つけるのがたいへんでした・・・

猫頭鷹,台湾探鳥日記,チャメオオコノハズク,片倉佳史,台湾バードウォッチング,台湾賞鳥

https://katakura.jimdosite.com/
台湾特捜百貨店(新版)


2021年8月14日(土曜日)

台湾詳細年表・2012年

私が原稿執筆用に編纂している台湾詳細年表。
リクエストがあったので、一部を公開してみました。

こうやって一年ごとにまとめて眺めてみると、
日頃気付かなかったことを見つけられて、興味深いですね。

https://note.com/katakuratw/n/n3eefbe85e92c
2012年の台湾年表

2012年は総統選挙のあった年ですが、
同時に、馬英九率いる台湾政府との間で尖閣諸島問題に揺れた一年でした。

どうぞお楽しみください。

台湾年表,台湾史,大正島,魚釣島,張栄発,片倉佳史


2021年8月2日(月曜日)

台湾の鉄道をちょっぴりディープに語る夜〜片倉佳史の台湾漫談トーク

【片倉佳史の台湾漫談トーク04】

おかげさまで好評をいただいているyoutubeのライブ配信。
毎週土曜日の夜に開いています。

第4回目は「台湾の鉄道をちょっぴりディープに語る夜」と称し、
北海道在住の峰雪剛さんをお招きしました。

コンセプトは「台湾の鉄道を好きなように語る」。
台湾にはいろいろな楽しみ方がありますが、
鉄道好きの切り口で台湾の魅力に迫りました。

アーカイブを残しておきますので、
お時間のよろしい時にご覧ください。

https://youtu.be/OlCcu2by5hk
台湾漫談トーク〜台湾の鉄道を語る

どうぞよろしくお願いいたします。

片倉佳史,台湾漫遊術,台湾の鉄道,台鉄,福井食堂,陳朝強,社頭駅,片倉真理,台湾探見,台湾サロン,台中港線


2021年7月30日(金曜日)

NHKカルチャーセンター講座「台湾散歩〜日本が遺した建築遺産を歩く」2021/09/12(日)

【NHKカルチャーセンター講座・大阪】

お知らせです。
NHKカルチャーセンターの梅田教室にて、
台湾の建築物と歴史をご紹介するオンライン講座が開かれます。
9月12日の日曜日、「台湾散歩〜日本が遺した建築遺産を歩く」と題し、
お話しを致します。

オンラインなので、全国どこからでも参加可能です。
詳しくは以下をご覧ください。

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1233738.html

今回は台北だけでなく、台湾各地に残る建築遺産、
そして、日台の関わりについてお話ししたいと思います。
また、せっかくの機会なので、
少し、スペシャルな話題とネタも取り上げる予定です(現在折衝中)。
どうぞご期待ください。


プユマ族の文化に溶け込んだ「相撲」

https://katakura.jimdosite.com/


2021年7月28日(水曜日)

タイワンルリチョウ〜台湾探鳥日記

カテゴリー: - katakura @ 16時37分29秒

台湾もコロナショックに見舞われ、
なかなか撮影に出られない日々が続いています。
もう少し、我慢しなければならないようです。


2021年7月25日(日曜日)

【動画】蕭錦文さんを語る〜台湾漫談トーク

【台湾漫談トーク】

毎週土曜日の夜に行なっているyoutubeのライブ配信。
今回は蕭錦文さんについて語ります。
ゲストは台湾学び系Youtuberこと、権田猛資さん。

https://www.youtube.com/watch?v=wtdTiG6U9rA
台湾漫談トーク 蕭錦文さんを語る

蕭錦文(しょう・きんぶん)さんプロフィール
1926年、日本統治時代の台湾・苗栗に生まれる。
数え年17歳の時に新聞広告の募集を見つけ、軍属に志願。
1942年、シンガポールにて軍事訓練を受け、
その後、ビルマ(ミャンマー)へ。ビルマ方面軍司令部に配属される。
「無謀な作戦」とも評され、餓死や疫病などで多くの戦死者を出したインパール作戦に従軍。
ビルマ撤退時にはマラリアと赤痢に罹り、バンコク経由でカンボジアに向かう。
プノンペンの兵団病院で治療を受けた後、同地で日本の敗戦を迎えた。
戦後、台湾に帰還後、新聞記者として二二八事件を目撃した。
自らも無実の罪で拘束され、
受難者となり、死刑場まで運ばれそうになるが、九死に一生を得た。
1990年代は総統府と台北二二八紀念館にて長く日本語ボランティアガイドを務めた。
現在も修学旅行で台湾を訪れる日本人中高生などに自身の経験を語り継ぐなど、
歴史の語り部として精力的に活動している。

蕭錦文,片倉佳史,権田猛資,台湾漫談,台湾探見,台湾旅人地図帳,台湾に生きている日本,台湾体験,台湾動画


楊勇緯選手、柔道銀メダル、おめでとうございます。

カテゴリー: - katakura @ 15時33分39秒

台湾柔道界初のメダル。
台湾の楊勇緯選手がオリンピック初出場で銀メダル獲得とのこと(金は日本の高藤選手)。

とにかく層の厚い柔道界ですので、
まさに快挙ですね!

ちなみに、楊選手はパイワン族の方です。
台湾の原住民族の星になりそうですね!


ヒガシオオコノハズク〜台湾探鳥日記

もう少し寝ていたいヒガシオオコノハズクのちびっ子です。

https://photohito.com/photo/10530373/
PHOTOHITO(写真でつながる場所)

ヒガシオオコノハズク,猫頭鷹,台湾探鳥日記,台湾の鳥,桃園市,片倉佳史,片倉真理,台湾探見,台湾旅人地図帳,台湾漫談

https://katakura.jimdosite.com/
台湾特捜百貨店


2021年7月18日(日曜日)

【動画】ちょっぴり懐かしい台湾を語る〜片倉佳史の台湾漫談

ライブ配信「片倉佳史の台湾漫談〜ちょっぴり懐かしい台湾を語る」、無事に終わりました。
ご視聴いただいた皆さん、ありがとうございました!

この企画はyoutubeを利用したライブ配信です。
前回に続き、ゲストは「日本と台湾を考える集い」の副代表・杉中学さん。
1979年から台湾に留学し、40年にわたって台湾を見つめ続けてきた方です。
私自身もとてもお世話になっている先輩です。

今回のお題は「ちょっぴり懐かしい台湾を語る」。
今の台湾はもちろん魅力的なのですが、
通り過ぎてきてしまった過去の日々を振り返りつつ、
少し異なった角度から台湾を見つめてみるという企画でした。
特に30年前の台湾というのは、
知ろうとしてもなかなかその実態がつかめないので、
ちょっとした「盲点」になっている時代です。
そういった意味もあり、貴重なお話だったと思います。
少し長いのですが、以下にアクセスください。

https://youtu.be/fOcOd9MrlV0
台湾漫談〜ちょっぴり懐かしい台湾を語る

片倉佳史,台湾漫遊術,台湾建築,建築散歩,台北建築,日本統治時代,帝冠様式,片倉真理,台湾穴場,台湾サロン

なお、今回の話題をいくつか、以下に挙げておきます。

・映画館にて国家演奏
・当時の台湾鉄路と切符購入
・台北駅の旧駅舎
・中華商場の思い出
・西門町を歩く
・圓環(まる公園)を懐かしむ
・西瓜汁(スイカジュース)と木瓜牛奶(パパイヤミルク)
・阿里山鉄道の旅(1980年代)
・霧社事件とセデック・バレを考える
・憲兵隊と私服警官
・懐かしい当時の市内バス
・街角のワカメちゃん
・追悼・蔡焜燦先生

片倉佳史,台湾漫遊術,台湾漫談,ライブ配信,杉中学,台湾本,ガイドブック,戒厳令,台湾史,阿里山森林鉄道,中華商場,圓環夜市,圓公園

機会を改めますが、当時出ていた旅行本やガイドブックもしっかり取り上げたいと思っています。
今後にご期待ください。
ちなみにJTB自遊自在の台湾編は私が手がけた最初のガイドブックです。


2021年7月14日(水曜日)

先日の京都精華大学の講演


2021年7月13日(火曜日)

プユマ族の相撲大会(オンラインサロン台湾漫遊術のコラム)


2021年7月11日(日曜日)

台湾漫談トーク〜youtubeライブの試み

2021年7月10日、
初めてのyoutubeライブをやってみました。
題して「台湾漫談トーク」。
台湾について、様々な話題を皆さんと分かち合う企画です。

初めてということもあり、
不慣れな部分はあったのですが、無事に終わってほっとしています。

片倉佳史,台湾動画,台湾漫談,オンラインサロン,片倉真理,塩月桃甫,片さん,日本と台湾を考える集い,杉中学,台湾サロン

今回はゲストに関西で活動する「日本と台湾を考える集い」の副代表・杉中学さんをお招きし、
「30年前の台湾を語る」というテーマでお話ししました。

話題は多岐にわたり、中正国際空港から当時のバス事情、
市場の話、夜市で食べるステーキの話、そして酒井法子まで、かなり幅広くなりました(笑)
あまり書いたり、講演で触れたりできない話題が多く、私自身、楽しめました。

https://www.youtube.com/watch?v=4vici59wd4E

私自身は台湾に暮らして25年ほどなのですが、
視聴者の方々にもたくさんの情報をいただきました。
気づいてみれば2時間を超えるロングトークになってしまいました(笑)
アーカイブを残しておきます。お時間のよろしい時にご覧ください。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

https://katakura.jimdosite.com/
台湾特捜百貨店


2021年7月7日(水曜日)

台湾の発展を支えた縦貫鉄道と劉銘傳〜ニッポンドットコム

清国統治時代,日本統治時代,清朝時代,劉銘傳,劉銘伝,児玉源太郎,長谷川謹介,李鴻章,曽国藩,日清戦争,澎湖島,縦貫鉄道

【拙著・拙稿】 台湾の発展を支えた縦貫鉄道と劉銘傳(上)

知られざる日台鉄道史話。
nippon.comに「台湾の発展を支えた縦貫鉄道と劉銘傳」という題で記事を寄せました。
日本統治時代に整備された縦貫鉄道ですが、その端緒は清国時代に開かれました。

https://www.nippon.com/ja/japan-topics/c10003/?cx_recs_click=true
台湾の発展を支えた縦貫鉄道と劉銘傳(上)

今回は清国統治時代台湾の鉄道状況について書きました。
台湾巡撫(知事に相当)の劉銘傳がなぜ台湾に鉄道を敷こうとしたのか、
そして、そもそも、どうして劉銘傳は台湾にやってきたのか?
いずれも、台湾の歴史を学ぶ上で非常に重要なことだと思います。

清国統治時代,日本統治時代,清国時代,劉銘傳,劉銘伝,児玉源太郎,長谷川謹介,李鴻章,曽国藩,日清戦争,片倉佳史,縦貫鉄道,台北駅,片倉真理
清国統治時代の台北駅

今回は清国の洋務派官僚の動き、地政学から見た台湾の重要性、
欧米列強と日本が取り囲んだ国際情勢など、
さまざまな要素の中で台湾の鉄道を見つめてみました。

ご興味を感じていただける方、
どうぞご覧ください。

https://www.nippon.com/hk/japan-topics/c10003/?cx_recs_click=true
推動臺灣發展的縱貫鐵路與劉銘傳(上):劉銘傳

https://www.nippon.com/hk/japan-topics/c10004/?cx_recs_click=true
推動臺灣發展的縱貫鐵道與劉銘傳(下):日本的承繼

https://www.nippon.com/hk/japan-topics/g00977/
一曲歌唱寶島風情的「臺灣周遊唱歌」  

片倉佳史,台湾漫遊術,台湾情報,オンラインサロン,片倉真理,台湾コミュニティ,片さん,きょんまり,台湾縦貫鉄道,台湾サロン,台湾鉄路,台湾の鉄道


台湾ラジオ〜美味しいちまき(肉粽)を味わう

不定期で音声配信をしているポッドキャスト。
「台湾探見ラジオ」では台湾の情報を現地発信にこだわってお伝えしています。

毎年旧暦5月5日は端午節。
台湾ではこの日にちまきを食べるのが習慣となっているのですが、
今回、FMくしろの番組でこの「肉粽(ちまき)」についてお話ししました。

巨大なちまきやちまき作りの様子など、
台湾らしさが感じられる風物詩となっています。

https://anchor.fm/katakura-nwo/episodes/ep-e1421jg
台湾のちまきをいただく(音声配信)

肉粽,再發號,再発号,肉ちまき,片倉佳史,台湾ラジオ,台湾ポッドキャスト,台湾探見,台湾体験


115 queries. 0.213 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 148148148
昨日 : 708708708
総計 : 3033235303323530332353033235303323530332353033235

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店