logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2019年 12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2019年12月13日(金曜日)

金門島でヤツガシラ(戴勝)に出会う〜台湾探鳥日記


2019年12月14日土曜日 11:00〜。日台ウルトラ忘年会講演「私の台湾・絶景&癒しの風景」


2019年12月12日(木曜日)

日本台湾交流協会発行の雑誌『交流』に阿里山の記事


2019年12月11日(水曜日)

よみうりカルチャー大手町講演「台湾に残る日本統治時代の歴史建築」、おかげさまで120名満席になりました


2019年12月9日(月曜日)

ハッカチョウに出会う〜台湾探鳥日記

金門の冬は寒く、鳥の多くがまん丸になっていて、
とてもかわいかったです!

ハッカチョウは多分、金門島で最も普通に見られる鳥と言っていいでしょう。


2019年12月7日(土曜日)

アオショウビンと出会う〜金門探鳥の旅

日本ではなかなか見ることのできないアオショウビン。
今回の金門島取材でも見られたのは一度だけでした。
動きが素早く、撮影は非常に難しいのですが、
「早く撮ってね!」と言わんばかりに目の前に来てくれました!

金門島北西部・慈湖付近にて撮影。


台湾を学ぶ会in錦糸町〜飛虎将軍廟(2019年12月13日)

https://www.nippon.com/ja/column/g00389/?fbclid=IwAR1aWDL3dqtNeMyoVtYnk44hjMqkxkex2IIA0D-XCXu7i-8nRqoOgPr-kSs#.Xes7086AXRU.facebook
飛虎将軍廟について


廈門(アモイ)の夜景〜金門より

カテゴリー: - katakura @ 12時12分15秒

金門取材中の1コマ。
莒光樓から撮影した廈門(アモイ)の夜景です。

本当に目と鼻の先ということが分かりますね。

廈門,アモイ,金門島,金城,小三通,アモイの夜景
もう一枚アップしておきます


2019年12月4日(水曜日)

12/8(日) 發現鹿兒島(Vol 4)〜鹿児島の魅力を台湾の皆さんと分かち合うイベント

發現鹿兒島VOL.4〜免費講座交流活動〜

親愛的臺灣朋友們、大家好!我是片倉佳史。
12月8日(日)我企劃了一場台灣與鹿兒島的講座交流活動-「發現鹿兒島」,
這次是第四場的活動。前三場的活動都已額滿,所以這次特別甓談廠曄ふ鮑濂聴瞥毒200人的場地舉辦。

這次我將一樣會從各個不同的面向切入,介紹鹿兒島縣。
希望讓台灣的朋友們能夠更認識鹿兒島的魅力。

鹿児島,講演,片倉佳史,櫻島,薩摩白波,枕崎,南九州市,鹿児島県庁,日台交流,鹿児島観光,片倉真理,カタクラ,katakura

這場演講我將以日語進行,現場安排中文翻譯。
演講內容將會介紹鹿兒島的各種不同經典推薦,包含美食、絕景、焼酎文化,鐵道旅行等。
另外,現場也會分享過去我多次到鹿兒島取材時所整理的自由行秘笈,
私藏的鐵道旅行指南、鹿兒島的鄉土文化、鹿兒島與台灣的連結等少為人知的秘話。

鹿児島,講演,片倉佳史,鹿児島イベント,日台交流,松江路,片倉真理,カタクラ,katakura

第一部 探索鹿兒島〜台湾在住作家・片倉佳史
第二部 鐡道玩鹿兒島〜日本鐡道撮影師・塩塚陽介先生
第三部 漫談・焼酎の魅力〜本坊崇先生
第四部 質疑応答&プレゼント大会
16時30分終了予定

鹿児島,台北講演,片倉佳史,鹿児島イベント,日台交流,松江路,片倉真理,鹿兒島,大隅半島

現場也準備了豪華的禮物與鹿兒島特產,敬請期待。
參加活動者,可以拿到鹿耳島觀光的最新資訊,
現場也會抽出幸運兒,有機會獲得飯店住宿招待券、梅酒、日本燒酒、知覽茶、布偶、和牛咖哩等。
歡迎大家踴躍參加!

活動全程免費,歡迎喜歡日本旅遊的朋友來參加,也期待透過此活動讓大家更想到鹿兒島旅行⋯

鹿児島,講演,片倉佳史,鹿児島イベント,日台交流,松江路,片倉真理,カタクラ,katakura

活動名稱 發現鹿児島VOL4
日時 2019年12月8日(日) 
時間 13時30分〜
場所 IEAT 會議中心1F演講廳
   台北市中山区松江路350號 一階の大会議室
   02-2581-3521
参加費 免費
參加名額 200名

https://katakura-kagoshima.peatix.com/?fbclid=IwAR1R57OCPH1Mf7rjcOXg1XM6y_9fbsOtVxDkKbb0SMQkyrlHPmdHY32ljZk

* 報名者如臨時不克前來,請務必提前聯繫主辦單位,
讓我們可以把名額轉讓給其他想參加的朋友。謝謝您的協助。

肥薩線,台湾講演,片倉佳史,鹿児島イベント,霧島市,松江路,曽於市,指宿市,katakura


2019年12月2日(月曜日)

ヒメメジロとの出会い〜台湾探鳥日記

カテゴリー: - katakura @ 07時03分45秒

台北市内でこんな様子が撮影できるなんて、
なんだか嬉しくなりますね。

台北植物園にて。

ヒメメジロ君、どこにいるか、おわかりですか?


2019年12月1日(日曜日)

雙峰草堂〜台湾発の創作どら焼き

苗栗県銅鑼郷は小さな街ですが、
日本統治時代の駅舎が残っていることで知られています。
ここに台湾ならでは・・・と言える創作どら焼きがあり、
人気を博しています。

定番のあんこはもちろんですが、
私が感動したのはレモンチーズ味。
もはや、日本のどら焼きを超えてしまった美味しさでした!
どら焼きは50-60元。7種類の味が楽しめます。

雙峰草堂
苗栗縣銅鑼鄉雙峰路86-1號
電話 037987198(中国語のみ)

銅鑼駅からタクシーで片道150元くらいです。
店は山腹にあり、豊かな自然に包まれています。
訪問の際は散策が楽しめますので、少しゆっくりしてください。

5月にはアブラギリ(油桐花)がきれいとのことで、
その頃には改めて訪問したいと思っています。

雙峰草堂,どら焼き,台湾デザート,銅鑼郷,苗栗美食,銅鑼駅,洪西國
手作りなのもすごいところ。出来たてのどら焼きが食べられます

なお、もともと、銅鑼とどら焼きには繋がりはありません。
オーナーの洪さんが町おこしの材料に何かできないかと一念発起。
じっくり修業を積んで店を開いたのだそうです。
日本のものよりも甘さが控えめなので、軽く2−3個は食べられます。

雙峰草堂,どら焼き,台湾デザート,銅鑼焼,銅鑼郷,苗栗美食,銅鑼駅,洪西國


台湾のコノハチョウ(木の葉蝶)

カテゴリー: - katakura @ 19時17分14秒

※台北市立動物園で気軽に見ることができます。


2019年11月28日(木曜日)

台湾の絶景〜井仔腳瓦盤鹽田の夕陽

塩田に沈んでいく夕陽。
台湾製南部はかつては塩田が広がっていましたが、
現在は見る影もありません。
ここ「井仔腳瓦盤鹽田」は観光用に整備された場所ですが、
なかなかの絶景です。特に夕暮れの様子がいい感じです。

新刊『台湾旅人地図帳』(ウェッジ)には掲載できず、
ちょっぴり残念です。交通がやや不便なのです。

台湾の夕陽,七股,将軍區,北門區,製塩事業,井仔脚,鹽郷,台湾の絶景,台南市


ソリハシセイタカシギ (反嘴鷸)に出会う〜台湾探鳥日記

台湾探鳥日記。

台南市西部は海鳥の宝庫として知られますが、
この時期は越冬する渡り鳥たちで、おおいに賑わいます。

今回アップしたのはソリハシセイタカシギ (反嘴鷸)。
その名も示すように、嘴が柔らかく、自在に曲がるという珍しい鳥です。
嘴を水や泥に付け、顔を左右に振りながら歩いています。


2019年11月26日(火曜日)

屏東産カカオ豆を用いたチョコブランド『福灣巧克力』


2019年11月23日(土曜日)

よみかるカルチャー講演のお知らせ(2019年12月14日)

総統府,台湾総督府,台湾建築,歴史建築,建築遺産,片倉佳史,よみかる,もっと知りたい台湾

【講演のお知らせ】

12月14日(土曜日)の14時から、
よみうりカルチャーセンター大手町にて講演を致します。

テーマは「台湾に残る日本統治時代の歴史建築」。
今回は台湾各地の歴史建築をご紹介したいと思います。
春に出した『台北・歴史建築探訪〜日本が遺した建築遺産を歩く』(ウェッジ)はおかげさまで、
好調な売れ行きを示しております(ありがとうございます!)
今回は切り口を変え、新しいネタを多めに盛り込みたいと思っています。
また、台北に限定せず、台湾各地の歴史建築を紹介したいと思います。
より多くの方にお会いできることを楽しみにしております。

https://www.ync.ne.jp/contents/2019/10/post_270.php
お申込みはこちら(よみかる)

片倉佳史,台湾探見,台湾講演,台湾歴史,片倉真理,台湾講演,台湾イベント,台湾史,読売カルチャー


2019年11月22日(金曜日)

ヤマムスメ(藍鵲)と台北市立動物園で出会う

カテゴリー: - katakura @ 11時51分24秒

ヤマムスメ。
この鳥に出会うときは、どういうわけか、
何かに呼ばれているような気がしてなりません。
そして、振り向いたその先に彼らはいます。

もちろん気のせいなのですが、
幻聴ではないような気もしていて、興味が尽きません。

このカットは台北市立動物園の敷地内で撮ったもの。
鳥のコーナー近くで、ヤマムスメに頻繁に出会えます。
ちょうど鳥園前の広場なのですが、個体数も多く、撮影が楽しめます。

ただ、私は夕方に撮ったので、
閉園時間に追われてしまい、ちょっぴり残念でした。
再訪してきたいと思います。

ヤマムスメ,臺灣藍鵲,台湾の野鳥,臺灣賞鳥,台北市立動物園,taipeizoo,野鳥観察
ヤマムスメは中国語では「藍鵲」と表記します


2019年11月20日(水曜日)

趙中秋さんを訪問〜台湾人軍属とインパール作戦

高雄市在住の台湾籍老兵を訪問しました。
趙中秋さんは軍属としてインパールに赴き、
撤退時は泰緬鉄道で移動。
タイのナコンパトムで終戦を迎えました。

短い時間ではありましたが、
インパール作戦に関する証言、
そして、凄惨な戦争体験の数々をうかがいました。

引き続き、取材を続けていきたいと思います。
権田さん、蔡さん、ありがとうございました。

趙中秋,台湾籍老兵,インパール作戦,軍属,台湾老兵,戦争体験,台湾人と戦争,台湾人軍属


2019年11月19日(火曜日)

2019年11月17日 バシー海峡戦没者慰霊祭

カテゴリー: - katakura @ 09時19分05秒

バシー海峡,戦没者,慰霊祭,潮音寺,フィリピン海峡,慰霊団,遺骨収集,片倉佳史,もっと知りたい台湾.ディープ台湾


2019年11月18日(月曜日)

ミサゴ(オスプレイ)を撮る!

カテゴリー: - katakura @ 15時29分48秒

台湾の最南端。恒春半島にある龍巒潭でミサゴの撮影に行ってきました。
龍巒潭自然中心の建物からじっくり撮影できます。
ここは12月に入ると、渡り鳥の聖地になりますが、
まだ早かったようで、ちょっぴり残念でした。

それにしても、ミサゴは精悍な顔つきで、魅力的でした。
英語では「オスプレイ」なのだそうです。


高雄・屏東取材中。ゲストハウスあひる家

カテゴリー: - katakura @ 15時28分39秒


2019年11月16日(土曜日)

カワビタキに会う

カテゴリー: - katakura @ 23時03分54秒

大安森林公園は気軽に行けるバードウォッチングスポット。
今、新しく購入したニコンのP1000というカメラに慣れるべく、時間を見ては撮影に出ています。

カワビタキ(鉛色水鶇)に台北の中心部で出会える機会は非常に少なく、驚きました。
オスはもっときれいなのですが、これは以前、烏来で撮影しました(遠いのですが)。

カワビタビ,台湾の鳥,烏来,台湾の野鳥,鉛色水鶇,臺灣賞鳥


コノハチョウと出会う

カテゴリー: - katakura @ 22時55分23秒

台北市立動物園昆虫館にて撮影 ← おすすめ


2019年11月14日(木曜日)

台湾を学ぶ会in錦糸町、無事に終わりました

2019年11月9日、台湾を学ぶ会in錦糸町、無事に終わりました。
今回は元台湾少年工の東俊賢さんをお招きし、お話をうかがいました。

多くの方にお集まりいただき、嬉しく思いました。
東さん、ありがとうございました!


寶蔵巌という名のアートスポット


2019年11月9日(土曜日)

名古屋駅できしめんをいただく


2019年11月3日(日曜日)

2019年12月14日(土) 11:00〜 日台ウルトラ忘年会で講演


来年の授業計画(武蔵野大学)


福島南高校の台湾修学旅行事前講演


実家のベランダからヒヨドリ

新調したNikonのP1000を試し撮りしています。
望遠3000ミリは世界観が変わりますね。


2019年11月2日(土曜日)

角館の紅葉は早すぎました

カテゴリー: - katakura @ 14時31分42秒

※日下部慶さん、ご案内、ありがとうございました!


2019年11月1日(金曜日)

はやてG車の車内で下品なおじさん・・・


2019年10月26日(土曜日)

2019年11月4日、山口県岩国市で講演をします。

近くて近い台湾。
その歴史は山口県、そして岩国と深いつながりを保ってきました。
1895(明治28)年から1945(昭和20)年までの半世紀、
台湾は日本の統治下に置かれていました。

そして今、台湾は世界の中でも有数の民主主義の行き届いた土地と評価されています。
今回は日本に温かいまなざしを向けてくれる隣人の素顔をご紹介いたします。
日本統治時代という半世紀がどんなものであったのか、
そして今、台湾の人々はどのような思いでその時代を見つめているのかを語ります。
歴史や文化ばかりでなく、旅の楽しさや食文化の奥深さにも触れ、
さらに、岩国と台湾を結ぶ人物なども取り上げ、
親しき隣国の素顔に迫ります。より多くの方のお越しをお待ちしております。
                     

日時 2019年11月4日(月)
時間 14時から(開場は13時30分)16時終了
講師 片倉佳史(武蔵野大学客員教授・台湾在住作家)
会費 1000円(当日会場でお支払いください)
場所 シンフォニア岩国大会議室
座席数 200席
住所 山口県岩国市三笠町1−1−1(0827−29−1600)
アクセス 岩国駅より徒歩10分 https://www.sinfonia-iwakuni.com/map/
主催・お申込み 山口県日本台湾親善協会 0827−31−4727)
※予約なしで直接会場に来られても結構ですが、
事前にご一報いただければ席を確保いたします。

岩国講演,片倉佳史,シンフォニア岩国,山口と台湾,トークライブ,錦帯橋,重田栄治,中治稔郎,天母教,菊元百貨店


2019年10月25日(金曜日)

『La Vie』誌に片倉真理が出ています

台湾で刊行されている『La Vie』というライフスタイル誌に片倉真理が出ています。
テーマは「城市単車之旅(City&Bike)」。
台北の公共シェアサイクル・Youbikeについて語っています。
本文は中国語ですが、機会のある方、どうぞお手にとってみてください。


2019年10月24日(木曜日)

リュウキュウツバメ(琉球燕)に出会う

カテゴリー: - katakura @ 10時11分56秒


2019年10月23日(水曜日)

久しぶりにA330のビジネスクラス

久しぶりのビジネスクラスはA330。
やはり新しい機材か大きな機材の時に奮発するべきだったと後悔の嵐です(笑)


2019年10月22日(火曜日)

カンムリオオタカに出会う〜台湾野鳥観察日記

カテゴリー: - katakura @ 08時40分22秒

台湾野鳥観察日記。
期待に胸を膨らませて赴いた墾丁国家公園だったのですが、
お目当てだった鷹には完全にフラれてしまいました(号泣)
アカハラダカは時期的に無理かなと思っていたのですが、サシバも見られず・・・
事前情報を集めることができない状態での撮影は本当に難しいですね。

ただ、絶対にあきらめません(笑)
鷹はベトナムやニューギニア方面で越冬した後、3月頃に台湾に帰ってきます。
その時を狙い、撮影したいと思います(撮影地は彰化県)

もう今から春先には大きな仕事は入れず、待ち構えるしかありませんね。
写真は台湾固有亜種のカンムリオオタカ(鳳頭蒼鷹)。

今回は高雄在住の蔡医師にお世話になりました。ありがとうございました!

カンムリオオタカ,老鷹,台湾野鳥観察日記,片倉佳史,恒春,社頂,野鳥撮影,台湾の鳥,ディープ台湾,台湾探見,台湾旅人地図帳


2019年10月15日(火曜日)

ヤマムスメ(臺灣藍鵲)に出会う

台湾の国鳥とも称されることがあるヤマムスメ。
目立つ色合いではあるのですが、やはり茂みの中にいると、探すのがたいへんです。
台湾では「藍鵲(ランチュエ)」と呼ばれています。

この日は烏来に「賞鳥」に行っていたのですが、
なかなか出会えず、諦めかけていました。
しかし、最後、そろそろ帰ろうかなと思ったところで出会えました。
想定外の至近距離でした。

重い機材を抱えて5キロほど歩き、
くたくたになりましたが、ヤマムスメに元気をもらいました。
体力的にも疲れましたが、集中力を持続させていると精神的にも疲れますね。

ヤマムスメ,臺灣藍鵲,台湾の野鳥,臺灣賞鳥,烏来,ウライ,野鳥観察


2019年10月8日(火曜日)

メールマガジン・台湾特捜通信(まぐまぐ)〜片倉佳史の台湾便り28号

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

私は新刊『台湾旅人地図帳』(ウェッジ)を脱稿し、
ようやく人間らしい暮らしに戻りました(笑)
睡眠時間を削りながら仕事をするのはよくないですね・・・

https://taiwanktkr.blogspot.com/2019/10/blog-post_4.html
新刊については改めますが、こちらをご覧ください。

10月15日、台湾を学ぶ会in台北を実施します。
今回は杜祖健先生をお招きします。

10月15日(火)の18時30分より、
場所は台北市松江路のIEAT會議中心です。

テーマは「杜祖健先生、台湾史を語る」という題を考えました。
杜祖健先生は毒ガス研究の世界的権威で、
松本サリン事件を解明したことで知られています。
また、サリン製造の中心人物だった中川智正死刑囚との交流もよく知られています。

https://taiwanktkr.blogspot.com/

今回は私が聞き手となり、
御尊父・杜聡明博士の思い出や林献堂一族の秘話、
ジョージ・ヘンリー・カーとのやりとりを中心にお話をうかがいます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%9C%E7%A5%96%E5%81%A5

数々の歴史的証言が飛び出す貴重な機会だと思います。
ともに台湾について考え、学んでいきましょう。

申込みは下記アドレスまでメールをお願いします。
taiwanmanabi@gmail.com (担当;日台学びのイベント事務局・権田さん)

テーマ:「杜祖健先生、台湾史を語る」
ゲスト:杜祖健先生
聞き手・進行:片倉佳史さん(台湾を学ぶ会代表・台湾在住作家)
日時:2019年10月15日(火)18時30分から
場所:IEAT會議中心(台北市中山區松江路350號)3階第二会議室
会費:300元 ※当日お支払いください。
定員:50名(会場の都合上、定員に達した時点で受付を終了させていただきます。)
お申込み方法:「杜祖健先生の講演参加希望」と件名に書き、氏名を明記の上、下記アドレスまでメールを送信してください。
申込み先:
taiwanmanabi@gmail.com (日台学びのイベント事務局・権田猛資)

★今後の講演予定(2019年10月〜12月)★
10月15日 台湾を学ぶ会in台北・杜祖健先生、台湾史を語る
https://taiwanktkr.blogspot.com/2019/10/blog-post_5.html
10月22日 台北市内ツアーご案内(非公開)
10月25日 誠品生活日本橋講演「もっとディープに台湾体験」
https://hibiki.tw/katakura02/?fbclid=IwAR2ivLB7ZsfXxnUSTadpLpbbey74wa1b4oU3hFx7wqJ08xdOWbi7qhk1Ufk
10月26日 武蔵野大学講義
10月28日 台湾修学旅行事前講演(福島)
10月30日 都内港区講演予定
10月31日 台湾修学旅行事前講演(福島)
11月4日 岩国講演
11月7日 大阪講演(予定)
11月9日午後 誠品生活日本橋講演「台北・歴史建築散歩」
https://hibiki.tw/katakura02/?fbclid=IwAR2ivLB7ZsfXxnUSTadpLpbbey74wa1b4oU3hFx7wqJ08xdOWbi7qhk1Ufk
11月9日夜 台湾を学ぶ会in錦糸町 
11月11日 台湾修学旅行講演(台北)
11月13日 致理科技大学日本語学科講演
11月13日 台湾修学旅行講演(台北)
12月4日  台湾修学旅行現地講演(台北)
12月14日 よみうりカルチャー講演(大手町)
12月21日 都内中央区講演予定

※詳細はオフィシャルサイト台湾特捜百貨店(http://katakura.net/)にアップしていきます。

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎台湾特捜通信〜片倉佳史の台湾便り
の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0001681991.html?l=gly17130bc


2019年10月15日、台湾を学ぶ会in台北 杜祖健さんをお招きします


2019年9月28日(土曜日)

菊元百貨店を取材

日本統治時代の台北銀座。
菊元百貨店は戦後長らく銀行として使用され、
建物も大きく改造されていましたが、
その構造は日本統治時代のままです。
今回、機会をいただき、内部を撮影させていただきました。

また、改めて記事にしたいと思います。


隠れ家的サロン『覓蜜』


やぶ鳥に出会う。大平山

カテゴリー: - katakura @ 23時12分48秒


茨城県笠間市で飛虎将軍展

【お知らせ】

2019年10月5日より、
茨城県笠間市の筑波海軍航空隊記念館にて、
台南の飛虎将軍廟展が開かれるそうです。

飛虎将軍こと杉浦茂峰飛曹長の紹介に始まり、
飛虎将軍廟の由来や歴史など、幅広く紹介されるそうです。

半年間にわたって開かれているので、
ぜひ多くの方に足を運んでほしいですね。

詳しくは以下のサイトをご覧ください。


史明さんの訃報を聞く

カテゴリー: - katakura @ 23時09分01秒


2019年9月19日(木曜日)

11/9(土)の15時-16時。講演「台北・歴史建築散歩」(誠品生活日本橋)

【お知らせ】
9月27日にオープンする誠品生活日本橋のトークイベント第二段です。
11/9(土)の15時-16時。今回は「台北・歴史建築散歩」というお題でお話しします。
今回は通常は入れないところや未公開の建築物件を盛り込んでお話しします。

入場無料です。すでに座席は満席になっており、
立ち見になりますが、ご興味を感じていただける方、どうぞお越しください。
皆さんにお会いできることを楽しみにしております。


2019年9月18日(水曜日)

貢寮にケタガラン族の祠を訪ねる〜山西祠

新北市貢寮にあるケタガラン族(凱達格蘭族)の祠を訪ねました。
奥に置かれている「山西」という文字ですが、
本来は「山仔西」と記し、サナサイ(部族発祥の地)を意味しています。
この祠は清国統治時代末期、ケタガラン族の人々が漢人に同化しつつあった時期に建てられました。

久しぶりの訪問でしたが、
台湾北部で平埔族の文化遺跡が残っていることは少なく、
貴重な存在です。

平埔族,ケタガラン族,貢寮,山西祠,山仔西,サナサイ,ディープ台湾,もっと知りたい台湾,片倉夫婦,片倉佳史


2019年9月17日(火曜日)

台湾を学ぶ会「台湾少年工・東俊賢さんが語る戦争体験」

【お知らせ・台湾を学ぶ会・9月21日18時半〜】

次回の台湾を学ぶ会は台北でひらきます。
テーマは「台湾少年工・東俊賢さんが語る戦争体験」。
9月21日(土)18時30分より、台北市松江路にて
、戦時中に台湾少年工として日本に渡った東俊賢さんをゲストにお招きします。

特攻兵器「桜花」、そして、ロケット兵器「秋水」、さらに航空母艦「信濃」、
東京大空襲翌日の様子などのほか、戦時下、何を思い、何を考えて生きていたのかをうかがい、
皆さんとともにいろいろなことを考えたいと思います。

片倉も解説・補足をお手伝いします。
申し込みとお問い合わせは以下をご覧ください。

https://taiwanktkr.blogspot.com/2019/09/blog-post_14.html


2019年9月14日(土曜日)

金門大学を訪問しました

先日の金門取材。
野鳥の撮影ばかりしていたわけではありません(笑)

国立金門大学の陳建民校長を表敬訪問しました。
元外交官である陳さんは日本の大学との交流を望んでいるそうです。

ユーラシアカワウソ,金門島,台湾固有種,保育動物,金門大學,金門大学,陳建民
ユーラシアカワウソのオブジェがあります

金門は福建南部の文化のみならず、
華僑文化、建築、戦地遺跡、自然生態など、様々な特質を有している土地なので、
研究対象にしたら面白いのではないかと思います。

次は11月か12月の再訪を考えています(次回は「渡り鳥」狙いです)。

金門,風獅爺,金門島,金城鎮,台湾探見,国立金門大学,もっと知りたい台湾,台湾体験,片倉真理,片倉夫婦,台湾取材
金門大学のオブジェ


2019年9月7日(土曜日)

望安島の中社古厝

望安島,中社,中社古厝,歴史建築,澎湖,もっと知りたい台湾,片倉佳史,台湾体験,ディープ台湾,マジョリカタイル


115 queries. 0.167 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 3636
昨日 : 457457457
総計 : 2291812229181222918122291812229181222918122291812

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店