logo
 サイト内検索

検索オプション
 カレンダー
2018年 4月
« 3月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
 カテゴリ一覧
 メインメニュー
 台湾関連の「本棚」から

2018年4月20日(金曜日)

新刊『台湾探見 Discover Taiwan〜ちょっぴりディープに台湾体験』(片倉真理著・ウェッジ)


2018年4月4日(水曜日)

新刊『台湾探見 Discover Taiwan』(片倉真理著)

4月20日刊行予定の新刊『台湾探見 Discover Taiwan―ちょっぴりディープに台湾(フォルモサ)体験』(片倉真理著・ウェッジ)。
表紙のデザインが決まりました。

すでにamazonでも予約受付が始まっているようですね。
http://amzn.asia/i9OxZjk
amazonのページ

今回は4月14日に東京、15日に大阪で刊行記念講演を予定しています。
両者とも、新刊付きの講演ですので、多くの方にお越しいただきたく思っております。
詳細は以下をご覧ください。

http://kokucheese.com/event/index/515223/
4月14日 東京(15時半から。会場は新橋ビジネスフォーラム)

http://kokucheese.com/event/index/515221/
4月15日 大阪(第1回・14時から、第2回・17時半から、会場はクレオ大阪西2階)

台湾探見,片倉佳史,片倉真理,ウェッジ,台湾体験,フォルモサ体験,新刊,ディスカバー


2018年3月29日(木曜日)

【拙著・拙稿】 新竹車站(新竹駅の歴史)


2018年3月23日(金曜日)

不為人知的日本史—追尋皇太子「臺灣行啟」之旅


2018年3月15日(木曜日)

台湾を学ぶ会(臺灣研究倶楽部)のファンサイト


2018年3月5日(月曜日)

ブヌン族の太陽伝説


2018年2月23日(金曜日)

【増刷報告】『台湾に生きている日本』(祥伝社)


2018年2月21日(水曜日)

読書案内『山口西京都的古城之美』

カテゴリー: - katakura @ 02時13分06秒


2018年2月2日(金曜日)

台湾への修学旅行がトップに!


臺灣總督府廳舍(現總統府)的建築秘話


2018年1月27日(土曜日)

今も残る軍事通信施設〜海軍鳳山無線電信所(NNA連載記事)

鳳山,無線送信所,戦跡,日本統治時代,片倉佳史,NNA


2018年1月17日(水曜日)

【拙稿】 憲兵殉難之碑(NNAの連載より)


ブヌン族の伝説「こびとの話」


2018年1月8日(月曜日)

『台中で楽しむ庶民派グルメ』〜『な〜るほどザ台湾』の連載記事

台湾で刊行されている情報誌『な〜るほどザ台湾』。
そこに「台中で楽しむ庶民派グルメ」と題して記事を書きました。
どうぞご覧ください。台中の食文化は奧が深いです。

https://naruhodo.com.tw/台中で楽しむ庶民派グルメ/
こちらからご覧になれます

阿水師,台中美食,豚足,台中市,片倉佳史,片倉真理


2018年1月6日(土曜日)

神秘的「蝴蝶大國」—世界矚目的臺灣自然生態


飛翔台湾。本年もよろしくお願いいたします。2018

新年快樂!あけましておめでとうございます!

昨年も多くの方に支えられ、無事に過ごすことができました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年はまず、片倉真理の新刊が春に出る予定です。
そして、私も長年温めてきた企画が実現しそうです(詳細は後日)。

日本は寒い日が続いているようですが、
皆さん、どうぞご自愛ください。

片倉佳史・片倉真理

飛翔台湾,年賀状,台湾便り,台北101,年越し花火


2017年12月12日(火曜日)

【拙著・拙稿】 南沙諸島の知られざる歴史


2017年11月20日(月曜日)

『不為人知的日本史——追尋皇太子「臺灣行啟」之旅』〜知られざる皇太子台湾行啓

今回は台湾総督府鉄道部の新元鹿之助部長のご遺族に提供いただいた
貴重な写真を掲載しています。ぜひ多くの方にご覧いただきたいです。


2017年11月10日(金曜日)

小日子の編集長さんをインタビュー

カテゴリー: - katakura @ 01時03分10秒


2017年11月6日(月曜日)

『台湾旅行最強ナビ』(辰巳出版)


エバー航空の機内誌に台湾鉄路の記事

カテゴリー: - katakura @ 19時08分32秒

【拙著・拙稿】
エバー航空(長榮航空)の機内誌 『enVoyage』。
2017年10月号に「魅力あふれる台湾鉄路で旅をしよう」という記事を書かせていただきました。
わずか2ページの小さな記事ですが、ご利用の方、どうぞご覧ください。

エバー航空,片倉佳史,長榮航空,台湾鉄路,片倉真理


『な〜るほどザ台湾』誌に南廻線の旅


2017年10月14日(土曜日)

【良書紹介】『台湾人の歌舞伎町―新宿、もうひとつの戦後史』(稲葉佳子・青池憲司著)


2017年10月2日(月曜日)

洪雅書房の余國信さん

カテゴリー: - katakura @ 11時38分54秒

嘉義にある郷土書店。
オーナーの余國信さんを訪ねました。
久しぶりになってしまいましたが、
お元気そうで何より。

洪雅書房は台湾に関するあらゆる書籍やグッズ、
写真集などが揃っています。
台湾好きは必見のスポットです。

https://hungya.tian.yam.com/posts
洪雅書房のオフィシャルブログ

訪問の際はゆっくり時間をとって訪問するのがおすすめです。
ぜひ、足を運んでみてください。

洪雅書房,余國信,余国信,嘉義市,長栄街


2017年9月18日(月曜日)

金針花畑を訪ねる


2017年8月31日(木曜日)

良書紹介 『信仰的開花:日本祭典導覽〜魂と美の再発見: 日本の祭』林承緯

カテゴリー: - katakura @ 08時17分52秒


2017年8月18日(金曜日)

玉里の羊羹


2017年8月4日(金曜日)

『な〜るほどザ台湾』に「台湾に生きた12名の日本人」


2017年8月2日(水曜日)

【過去記事から】 片倉佳史の台湾歴史紀行・基隆

カテゴリー: - katakura @ 09時05分47秒


2017年7月20日(木曜日)

『封印された日本軍の功績』 (別冊宝島 2606)


2017年7月6日(木曜日)

エバー航空機内誌に「アオウミガメ」の記事

カテゴリー: - katakura @ 17時21分11秒

澎湖の離島・望安島でアオウミガメに出会ってきました。
エバー航空(長榮航空)の機内誌に寄稿した記事です。

アオウミガメの赤ちゃんはなんとも言えないかわいらしさでした。


2017年6月24日(土曜日)

『な〜るほどザ台湾』にマンゴーの記事

台湾現地発信の情報誌『な〜るほどザ台湾』。
今月号は旬を迎えた台湾のマンゴーについて片倉真理が記事を書いています。
どうぞご覧ください。


2017年6月22日(木曜日)

週刊スパ! 八田與一技師の銅像事件

カテゴリー: - katakura @ 12時01分19秒


2017年6月17日(土曜日)

河原功さんの新著


2017年6月15日(木曜日)

日本から本を持ち帰る

カテゴリー: - katakura @ 17時42分20秒


2017年5月31日(水曜日)

京都精華大学の講演

カテゴリー: - katakura @ 11時29分06秒


2017年5月21日(日曜日)

植松材木店の記録

カテゴリー: - katakura @ 11時07分59秒


2017年5月16日(火曜日)

増刷報告・『旅の指さし会話帳・台湾』(情報センター出版局)


2017年5月10日(水曜日)

ネット時代


2017年5月9日(火曜日)

台中の庶民派グルメ特集


2017年5月5日(金曜日)

増刷報告『旅の指さし会話帳・台湾』


2017年4月29日(土曜日)

拓殖大学、講演録


2017年4月21日(金曜日)

台湾読書案内 『民進党三十年と蔡英文政権』、『一八九五‐一九四五日本統治下の台湾』

カテゴリー: - katakura @ 09時05分18秒


『な〜るほどザ台湾』が三〇周年を迎えたそうです


2017年4月19日(水曜日)

ルリマダラについて書いています(『な〜るほどザ台湾』の連菜)

台湾で発行されている情報誌『な〜るほどザ台湾』の連載記事です。
台湾南部で集団越冬するルリマダラという蝶について書いています。

どうぞよろしくお願いいたします。


2017年4月14日(金曜日)

『音鉄-耳で楽しむ鉄道の世界』(ワニブックス)


2017年4月9日(日曜日)

ananで台湾特集があります

カテゴリー: - katakura @ 23時25分21秒


2017年3月29日(水曜日)

『台湾に生きている日本』(祥伝社)電子書籍版


2017年3月24日(金曜日)

『台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ』(JTBパブリッシング)の目次

カテゴリー: - katakura @ 01時31分44秒

『台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ』(JTBパブリッシング)目次

○台北発
《九份》―一度は見たい絶景を求めて坂の町へ
《十分》―渓谷路線に乗ってランタンの里へ
《基隆》―台湾の門戸と称された夜市を楽しむ港町へ
《猫空》―ロープウェーで山の上の茶芸館へ
《北埔》―東方美人茶の郷へ 客家文化と「擂茶」を体験

○高鐵(新幹線)で大きな街へ!
《台中》―駅周辺の今どき最新グルメ!
《台南》―レトロな町散策と夜市の味を堪能
《高雄》―国際港湾都市を丸ごと遊ぶ

○中南部の主要都市発
《台中発・彰化》―鉄道遺産・扇形車庫が残る町化へ
《台南発・安平》―ノスタルジックな老街めぐり
《台南発・玉井》―路線バスに揺られてマンゴーの郷を訪ねる

○ローカル線の魅力もたっぷり!
《海線》―海を感じながら木造駅舎めぐり
《内灣線》―山間の素朴な町と客家文化を訪ねる
《集集線》―緑まぶしい南国路線で林業の町へ

片倉佳史,JTB,台湾で日帰り旅,片倉真理


2017年3月18日(土曜日)

書評をいただきました。宮崎正弘さんのメールマガジン

カテゴリー: - katakura @ 14時06分33秒

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評(その1)しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 台湾ファン必携の奥地、辺疆ガイド。最新情報が満載
  ローカルな鉄道にのって美味しい甘味、果物を食べに行こう

  ♪
片倉佳史・真理『台湾で日帰り旅』(JTBパブリッシング)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 台湾へのツアーは年々歳々人気が上がり、一度いったら病みつきになって、台湾行きを繰り返す日本人が激増している。山奥や田舎町でも、ばったり日本人と会うことが多くなり、やはり親日国家ナンバーワン、台湾のひとびとの親切さ、そのホスピタリティに旅の満足度がいや増す。
 著者の片倉夫妻は台湾在住二十年、ありとあらゆる台湾の離島、辺疆へもでかけ、多くの旅行ガイド、グルメ案内本も上梓されているが、ローカルな鉄道の旅も、その守備範囲に入る。
 でたばかりの本書はムック形式で、写真、地図、イラストが豊富に、手際よく配置され、とくにその地方のおやつ、果物、特産の土産などが多彩に、写真を添えて紹介している。
 最新の台湾旅行のスポットは九分、金爪石、平渓線、淡水、猫空、宜蘭、タロコ、北浦、鹿港、阿里山、玉井など。大手のガイドブックではスルーするか、半べージていどの案内しかないところが多い。

 台北から一時間半の山のなかにある「猫空」はウーロン茶の名産地である。
 鹿港にある民族博物館は古き良き中華風の建物で、これは辜顕栄(貴族院議員)の住まいだった。後嗣の辜振甫氏の案内でアジアオープンフォーラムの帰りに評者も案内されたことがあるが、風情豊か。台中からバスで30分だが、近くには馬祖を祀る巨大な祠の天后宮がある。
 個人的なことを書くと、評者(宮崎)は台湾へ行くたびに片倉さんと会って、台湾の最新情報をおしえて頂きながら、新発見の珍しい食堂へ案内されて舌鼓を打つ。
過日も、台湾現地の人さえ知らない独特な食堂(大衆食堂だが、味がよかった)に連れられて、なぜ、こんなに詳しいのか、その場には門田隆将氏やら福島香織さんらもいて、一様に驚いたのだった。

 さらに個人的なことをかくと、本書で紹介された新名所のなかで、評者が未踏の土地は「玉井」である。ほかは大概行っている(というのも、過去半世紀近く、台湾への百回は渡航しているので)。
 玉井へ行くには台南からバスで一時間10分、昭和初期の建物が残る「新化」という街を通過して、山の中である。
 ここはマンゴーの産地で有名。名物は「マンゴーかき氷」、なにしろマンゴーだけで30もの種類がある。
 ほかにも玉井にはライチ、バナナ、シャカトウ、グアバ、パパイア、アボガド、レンプ、そしてドラゴンフルーツが青果市場で売られているそうな。
 こんど、台南まで遠征する機会があったら、本書を片手にバスに揺られてマンゴーを食べに行きたいと思った。
      ○◎○▽ □◎◎○ ○◎○▽ ◎○◎○


115 queries. 0.219 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 201201201
昨日 : 187187187
総計 : 2027446202744620274462027446202744620274462027446

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店