logo
 サイト内検索

検索オプション
 カレンダー
2013年 12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
 カテゴリ一覧
 メインメニュー
 台湾関連の「本棚」から

2013年12月14日(土曜日)

李久惟(ジョー・リー)著 『本当は語学が得意な日本人』

カテゴリー: - katakura @ 09時56分51秒

15カ国語をマスターしているという李久惟(ジョー・リー)さんの新刊。
『本当は語学が得意な日本人』 (フォレスト2545新書)を読ませていただきました。

語学本ではあるものの、いわゆる学習書ではなく、
語学習得理論や李さん自身の 生い立ち・体験が語られていて楽しく読める一冊です。
確かに、日本人は勝手に「自分たちは語学下手な民族」と考えていますが、
ジョー・リーさんの言うように、蘭学に関わった人々や、下関条約によって日本の新領土となったばかりの頃の台湾に関わった人々を考えると、
必ずしも語学音痴とは言えないでしょう。

ジョー・リーさんは台湾南部の高雄市出身。
日本統治時代に生まれ育ち、日本語を常用していたお祖父様の思い出や、
ジョー・リーさんが敬愛してやまない八田與一や後藤新平のエピソードなども出てきます。

フォレスト出版のオフィシャルブログ

また、「音素」に注目して世界言語をとらえていくという発想はとても興味深かったです。
「音素」とは、たとえばアルファベットの子音、母音の1つ1つを指し、
これ以上分けることができない、音の最小単位。
そこを凝視していくと、世界の各言語を跨ぐような共通性が見られ、そのいくつかの事例を本書で挙げています。

この部分、語学にかかわりをもっている方なら、特に引き込まれると思います。

なお、語学習得にとって大事なポイントは以下の通りだそうです。
詳しくは本を手にとって読んでみてください。

1.障害除去(学習環境の整備と改善)
2.目的意識(目標設定や理想のイメージ・計画)
3.強い意志をもつ
4.学ぶコツ・方法をしっかり見極める
5.継続と反覆
6.実践(経験の蓄積)
7.何よりも、楽しむこと

新書サイズということもあり、ハンディですし、
文章のタッチも軽妙で気軽に読むことができる一冊です。
ぜひご一読をおすすめします。

本当は語学が得意な日本人-フォレスト2545新書-李久惟(amazonのページ)

img src=


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

21 queries. 0.035 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 7979
昨日 : 167167167
総計 : 3539045353904535390453539045353904535390453539045

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店