logo
 サイト内検索

検索オプション
 カレンダー
2018年 11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
 カテゴリ一覧
 メインメニュー
 台湾美景〜片倉佳史のフォトグログ

2018年9月27日(木曜日)

台東の正気路夜市

カテゴリー: - katakura @ 10時18分26秒

南国らしい風情が感じられる台東のナイトマーケット。
正氣路夜市の最大の特色はフルーツがたくさん見られること。

食べ歩きをたっぷり楽しみたいところです。

台東夜市,正氣路夜市,台湾夜市,台東市


2018年8月10日(金曜日)

アミ族の豊年祭〜パサワリ集落

カテゴリー: - katakura @ 11時00分59秒

アミ族,アミス,豊年祭,台東縣

アミ族の豊年祭を取材。
今回訪れたのは台東県のパサワリという集落。
ここを訪れるのは三度目ですが、
衣装が華やかなのが印象的です。

同じアミ族でもここは海岸アミと呼ばれ、
パンツァーを自称する花蓮のアミ族(南勢アミ)とは
かなり雰囲気が違うのも印象的です。

アミ族,片倉佳史,冨岡港,豊年祭


都蘭の豊年祭。アミ族の祭典

カテゴリー: - katakura @ 10時55分24秒

都蘭,アミ族,アミス,イリシン,豊年祭,阿美族


2018年7月31日(火曜日)

パイワン族の収穫祭

カテゴリー: - katakura @ 20時17分09秒

パイワン族が暮らすジョモル集落を訪ねました。
日本統治時代、そして、戦後に移住を強いられた人々ですが、
現在、いくつかの集落が集まって、こういった収穫祭を行なっています。

賓茂,パイワン族,paiwan,賓茂村,収穫祭


2018年7月30日(月曜日)

都蘭の豊年祭

カテゴリー: - katakura @ 14時43分40秒

台湾の東部、都蘭という集落を訪ねました。
ここは片倉真理の著作『台湾探見 』でも紹介していますが、
海岸アミ族最大の集落となっています。

都蘭,トラン,アミ族,豊年祭,イリシン,海岸アミ族


2018年7月28日(土曜日)

南廻線で藍皮車を追う

カテゴリー: - katakura @ 00時57分04秒

今や貴重な存在となっている台湾の旧型客車。
太平洋をバックに走る姿を追ってみました。

太麻里駅附近。

藍皮車,普快車,南廻線,太麻里駅


2018年7月24日(火曜日)

アミ族の豊年祭。台東縣都蘭

カテゴリー: - katakura @ 01時10分13秒


2017年8月27日(日曜日)

パイワン族の収穫祭

カテゴリー: - katakura @ 13時22分18秒


2017年8月14日(月曜日)

高砂マシコに出会う

その独特な色合いはもちろんですが、
精悍な顔つきが良い感じですよね。

いい顔です。


2017年8月9日(水曜日)

合歓山の山頂に続く道

合歓山は3000メートル級の山岳でありながら、
気軽に登頂できる魅力的な山。
ただし、空気は薄いので、無理はしないようにしましょう!

合歓山,合歓主峰,武嶺,中央山脈


2017年4月19日(水曜日)

クヴァラン族の豊年祭

カテゴリー: - katakura @ 12時51分41秒

毎年8月に行われるクヴァラン族の豊年祭。
2011年執筆の過去記事。

クヴァラン族,カマラン族,豊年祭,片倉佳史,花蓮


2016年8月17日(水曜日)

林田神社の遺構

カテゴリー: - katakura @ 18時58分43秒

林田神社は花蓮港庁鳳林(ほうりん)庄にあった神社です。
祭神には大国魂命、大己貴命、少彦名命、北白川宮能久親王を祀り、
10月6日に例祭が行われていました。
鎮座は大正4年6月6日とされています。

数年前までは雑草に覆われ、森のようになっていましたが、
現在は遺跡公園のような雰囲気になっています。

林田神社,台湾,鳳林,神社,遺跡,遺構


2016年8月9日(火曜日)

サキラヤ族の人々

カテゴリー: - katakura @ 11時22分10秒

サキラヤ(サキザヤ)族のタスタスナン集落の頭目一家。
花蓮市内で撮影しました。

現在、集落内の人口はパンツァー(北部アミ族)の比重が高くなっている状態です。
新政権の原住民政策の中で、人口の少ない弱小民族の文化をどのように発展させていくか、注目されています。

サキラヤ,サキザヤ,台湾原住民


2016年5月31日(火曜日)

内地移民村の豊田村を訪ねる

カテゴリー: - katakura @ 02時28分05秒

豊田村,移民村,豊田神社


2015年2月14日(土曜日)

アミ族の豊年祭

カテゴリー: - katakura @ 00時44分23秒

毎年7月に開かれるアミ族の豊年祭。
現地ではイリシン、もしくはミリスィンと呼ばれています。
この時は高砂義勇隊の生き残りの方を訪ねて東河(ファブクル)に行きました。

やや薄暗い中、青年たちがひたすら踊りを続けていました。
この時は録音をメインにしていましたが、いい集音ができました。

アミ族,豊年祭,東河


45 queries. 0.077 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店