logo
 サイト内検索

検索オプション
 カレンダー
2017年 6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
 カテゴリ一覧
 メインメニュー
 台湾美景〜片倉佳史のフォトグログ

2017年5月30日(火曜日)

台湾の街角から

カテゴリー: - katakura @ 08時42分38秒

台北市南部の街角から。


2017年4月24日(月曜日)

台湾総督府博物館

カテゴリー: - katakura @ 19時07分14秒

台湾総督府博物館。
詳しくは拙著『台湾に生きている日本』(祥伝社)をご覧いただければ幸いです。


2017年4月19日(水曜日)

林田桶店

カテゴリー: - katakura @ 11時53分08秒

林田桶店。
店主の林相林さんは天国に旅立たれてしまいましたが、
今もなお、風格漂う店舗は健在です。

林田桶店


2017年2月28日(火曜日)

日本統治時代の市場が公共空間に!新富市場

カテゴリー: - katakura @ 21時35分16秒


2017年2月12日(日曜日)

ランタン飛ばし。平渓天燈節

カテゴリー: - katakura @ 18時18分43秒

元宵節の夜空を彩るランタン。

毎年恒例の平渓天燈節ですが、
今年は大量の原稿に押しつぶされ、行くことができませんでした。

過去に撮影したものをアップします・・・

多くの方に観に来ていただきたい一大イベントです!

平渓,天燈,ランタン,元宵節


2017年2月6日(月曜日)

青田七六

カテゴリー: - katakura @ 19時02分02秒

日本統治時代に建てられた台北帝大の教職員住宅。
現在は「青田七六」という名でカフェになっています。

私もいろいろなところでこの物件を紹介してきましたが、
磨き抜かれた色合いに、いつもながら感動してしまいます。
多くの方に訪れてほしい場所です。

青田七六,日本統治時代,建築,昭和町,台北帝大


2017年1月2日(月曜日)

台湾美景・淡水の夕焼け

カテゴリー: - katakura @ 15時46分49秒


2016年11月19日(土曜日)

猫空にて

カテゴリー: - katakura @ 02時18分06秒


2016年10月18日(火曜日)

圓山大飯店

カテゴリー: - katakura @ 09時27分26秒

圓山大飯店は旧台湾神社の跡地に建つホテル。
中国宮殿様式なるものをイメージしたとされるデザインですが、
光線具合でこんなにもきれいに見えるとは思いませんでした。

日常の中にも小さな発見・・・。

圓山大飯店,台北,台湾特捜百貨店


2016年8月24日(水曜日)

台北駅

カテゴリー: - katakura @ 03時47分04秒

台北駅の装いが新たになりました。
夜間はライトアップが施されます。

台北駅


2016年6月24日(金曜日)

オートバイの波・・・

カテゴリー: - katakura @ 10時26分14秒

これぞ「猛烈通勤」の図。
台北市のお隣り、新北市三重区からやってくるオートバイの群れ。

それにしても圧倒されるばかりの数です・・
いろいろな台湾を楽しみましょう(笑)

台湾,通勤風景,オートバイ,三重区


2016年6月20日(月曜日)

夜の総統府

カテゴリー: - katakura @ 17時51分36秒

夕暮れを狙い総統府を撮影。
新調したパナソニックのFZ1000を使って撮影してみました。
夜景もなかなか見事ですね。
FZ1000の表現力にも魅せられました。

総統府,FZ1000,総督府,夜景,台北


2015年10月29日(木曜日)

自助餐の迫力

カテゴリー: - katakura @ 13時12分50秒

台湾の庶民料理の充実ぶりはもはや言うまでもないと思いますが、
安さ、味、そして人々の親しみ度を考えると、
やはり自助餐(セルフサービスビュッフェ)はその筆頭格にあげられる存在でしょう。

メインになる肉や魚料理におかずを三品程度チョイス。
ご飯とスープがついて、80元程度。安ければ60元くらいから。
おかずは一種類10元くらいで追加可能です。

写真は台北市城中市場内にあった名もなきお店。
なんだか迫力を感じますね(笑)

自助餐,城中市場


2015年10月14日(水曜日)

台北市内の街角

カテゴリー: - katakura @ 17時52分41秒

台北市政府の依頼で家内と製作している修学旅行用のハンドブック。
その撮影で市内を回りました。

ここは南京東路と敦化北路の交差点。
どこにでもありそうな風景ですが、台北らしさも感じられる風景でもありますね。

台北市のバス路線網の充実ぶりはなかなかのものだと思っています。
タクシーが安くて便利な都市ではありますが、バス旅も楽しみたいところです。

南京東路,敦化北路


2015年9月11日(金曜日)

フルーツ屋台

カテゴリー: - katakura @ 23時46分25秒

ここ数日、涼しい毎日の台北。
食事会のあと、少し夜の街を散歩して帰宅しました。
ちょっと見かけたフルーツ屋さん。

台北市晴光市場にて。

台湾,夜市


2015年4月19日(日曜日)

台湾高鉄を俯瞰する

カテゴリー: - katakura @ 08時12分13秒

台湾の新幹線こと、台湾高速鉄路。
今やなくてはならない存在になっていますが、
なかなか俯瞰できる撮影スポットというのは多くありません。

この場所は友人の王仕栄さんに連れていってもらった場所ですが、
台北郊外の樹林というところにある山の上から押さえています。

王さん、ありがとうございます!

台湾高速鉄路,台湾高速鉄道,片倉佳史,撮影,台灣高鐵


2015年4月16日(木曜日)

迪化街で屋台料理

カテゴリー: - katakura @ 12時56分13秒

永楽市場の南側にはいくつかの食堂がありますが、
ここは南部から台北にやってきた移住者が開いたお店が多く、
当然ながら、台湾南部の味覚が楽しめます。

散策の途中で、
立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

迪化街,永楽町,台湾美景


2015年4月13日(月曜日)

かき氷の季節・・

カテゴリー: - katakura @ 22時38分07秒

これからの季節、楽しみになるのがカキ氷。
「暑い暑い」と汗をぬぐいながら、カキ氷を食べます。

毎年のことですが、食べ過ぎには要注意。

台湾,カキ氷


2015年2月15日(日曜日)

路地の中に名店あり。永楽鶏捲大王

カテゴリー: - katakura @ 19時57分24秒

迪化街でささやかな食べ歩き。

「鶏捲」を食べる。
これは「鶏」という文字が入っていますが、ブタ肉を用いた小吃なので、
イスラム教徒の方々は要注意。

路地裏の中に名物店あり。
永楽鶏捲大王(延平北路二段50巷6号)はそれなりに有名店ですが、
場所のわかりにくさと路地の薄暗さが良い感じ。

鶏捲,永楽,迪化街


2015年2月8日(日曜日)

ランタン飛ばし

カテゴリー: - katakura @ 16時23分15秒

元宵節のイベント。
台湾北部の平渓で開かれるランタン飛ばしのイベント。
いっせいに夜空を彩る姿も美しいですが、
こうやって待っている様子もなかなかきれいです。

平渓,天燈,ランタン,元宵節


2015年2月2日(月曜日)

青山宮の建築美

カテゴリー: - katakura @ 10時40分03秒

台湾伝統の廟建築。
萬華にある青山宮で撮影。
こういった建築物を巡る楽しみもまた、台湾の面白さ。
もっともっと広まってほしいです。

青山宮,廟建築,萬華


2014年5月8日(木曜日)

迪化街ー歴史再生空間「民藝埕」

カテゴリー: - formosamari @ 00時55分59秒

古い町並みを残す迪化街。
最近は伝統家屋を上手に利用したステキなカフェや雑貨屋、茶芸館などが増えています。
こうしたショップを経営するのはほとんどが若い世代。

本日、その中の一軒、「民藝埕」のスタッフに話しを伺ったところ、
「20代の若者たちはこれまでの40代、50代とは違って、
自分たちの理想を大事にしている子たちが多いんです。
彼らは金儲けは二の次で、ご飯を食べられればよいという考え。
むしろ、台湾独自の文化や精神を守っていきたいという気持ちがとても強いんです」とのこと。

最近、公私ともに忙しく疲弊し切っていましたが、
このひと言で台湾の明るい未来が見えたような気がして、何だかすごく嬉しい気分に。
まあ、そんなに簡単なことでないのだろうけれど・・・。
自分もがんばらなくてはと、活を入れられた気がします(片倉真理)


民藝埕の二階は雰囲気のよい茶芸館


一階は陶器などを扱ったショップ。「台客藍」というオリジナルブランドも展開しています


2014年3月4日(火曜日)

CREA WEB【心も体も温まる冬の台湾へ】

カテゴリー: - formosamari @ 08時19分09秒

もう春もすぐそこですが、
先月「CREA WEB」で冬の台湾特集を書かせていただきました。
鍋料理やあったかスイーツ、南部の温泉郷・関仔嶺温泉など、全五回です。
来年の冬旅のご参考にでもなれば(笑)。お時間ありましたらぜひご笑覧ください(片倉真理)

http://crea.bunshun.jp/category/travel-026

大好きな杏仁しるこ。やさしい甘さです。


2014年2月22日(土曜日)

象山ハイキング

カテゴリー: - formosamari @ 18時18分57秒

台北市信義区に位置する象山。
ここは海抜181メートルほどですが、台北盆地を俯瞰でき、
台北101の撮影スポットとしても知られています。

頂上からはこんな景色がご覧になれます。

MRT信義線も開通し、アクセスがぐっと便利に。
終点の象山駅から徒歩10分ほどで登山道入口に到着します。

頂上までは往復約1時間。
急な階段を登っていくので、筋肉痛確実ですが、素晴らしい眺望を満喫できます。
今回は単純に頂上までを往復しましたが、
いろいろなルートがあるので、
次回お天気がよいときに別ルートをチャレンジしたいと思います(片倉真理)


2013年11月3日(日曜日)

饒河街夜市

カテゴリー: - formosamari @ 09時17分24秒

台湾の航空会社「復興航空」。
最近は日本方面の営業に力を入れており、地方都市への路線を拡充させています。

このたびご縁をいただき、機内誌に「饒河街夜市」について書かせてもらいました。
搭乗する機会がございましたらぜひご覧ください。

饒河街夜市は士林夜市に比べると規模は小さいですが、
その分、今でも昔ながらの雰囲気が色濃く残っています。
名物は「藥燉排骨(リブ入り薬膳スープ)」と「胡椒餅(胡椒風味の焼き肉まん)」。
そのほかにも、オレオクッキー揚げやタイ風バナナクレープなど、
個性的な新メニューが続々と登場しています。

週末は身動き取れないほどの混み具合となりますので、できれば平日に出かけるのがおすすめ。
以前、旧正月前に取材に訪れたときは日本のラッシュを思い出したほどです(片倉真理)


いつ訪れても賑わっているスペアリブ入り薬膳スープの店


イノシシソーセージにはワサビをたっぷりつけて。台湾のワサビは日本のほど辛くありません


子豚の丸焼きなんかもあったりします


2013年9月12日(木曜日)

【台北】Hotel Cozzi

カテゴリー: - formosamari @ 12時58分44秒

ここ数年、台北市内はホテルの建設ラッシュ。
しゃれたデザインでありながらもリーズナブルな中級ホテルが続々とオープンしています。

その一つが今年7月に開業したばかりの「Hotel Cozzi」。
ここは建国北路と民生東路の交差点に位置し、MRT行天宮駅からも徒歩5分という好立地にあります。
館内は白と茶色を基調としており、落ち着いた雰囲気。広々とした客室には大きな浴槽があり、のんびりと過ごせます。
しかも、特製のバスローブは驚くほどの肌触りのよさです。

2階には無料ラウンジがあり、コーヒーのほか、手作りクッキーやしぼりたてジュースを楽しめます。

客室にもクッキーが一袋置いてあり、これがなかなかの美味しさ。あっという間に胃袋の中に消えてなくなります。

さらに、ホテル1階には台湾ではめずらしいというサンドイッチ専門店もあり、
13ヶ国をイメージしたユニークなオリジナルサンドイッチが味わえます。
写真はキムチ入り韓国風サンドイッチです。

オープンしたばかりなのでガイドブックなどにはまだ紹介されていませんが、
これから人気を集めること間違いなしのホテルです。

Hotel Cozzi
104 台北市民生東路二段178號
電話 : +886(2)7706-3399
ファクス : +886(2)7706-3390
http://www.hotelcozzi.com/


2013年9月8日(日曜日)

【台北】内湖から見た夜景

カテゴリー: - formosamari @ 12時39分25秒

お天気に恵まれた週末。
夕方、友人の車に乗せてもらい、台北市近郊の内湖へ。
剣南路の山道を進んでいくと、台北市内を見わたせるスポットがあります。

撮影スポットとして知られているためか、カメラを構えた写真愛好家たちが多数。
カップルの姿もちらほら。中には男性同士のカップルもいたり。
途中では急な坂道を自転車で登ってくる強者にも遭遇しました。

香港の百万ドルの夜景には遠くおよびませんが、それでも大都会・台北を十分に実感できるスポットでした。


2013年9月3日(火曜日)

【台北】CHA CHA THE

カテゴリー: - formosamari @ 10時03分26秒

台北一賑やかな東区。その路地裏にひっそりと佇むカフェ「CHA CHA THE」。
有名な服飾ブランド「夏姿」が手がけており、店内は木目調のモダンなデザインです。

プライベート感たっぷりのカフェで
ソファー席に坐ってお茶を飲んでいると、家でくつろいでいるかのような気分になります。

アフタヌーンティーセットはお菓子とお茶のセットで520元。
小さくてかわいらしいお菓子はどれもこれも丁寧に作られており、美味。
お値段の方は決してかわいらしくないですが、
静かな空間でゆっくりおしゃべりを楽しみたいという時にはおすすめ。
特別な集まりの時などにぜひ利用したいところです。

ちなみに、店内の壁の一部はプーアル茶が一面にはめ込まれており、
ほのかにお茶の香りが漂ってきます。

【CHA CHA THE】
復興南路1段219巷23号
02-8773-1818


72 queries. 0.126 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店