logo
 サイト内検索

検索オプション
 カレンダー
2020年 2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
 カテゴリ一覧
 メインメニュー
 台湾旅人地図帳フォローブログ

2020年2月28日(金曜日)

高雄の中都濕地公園でタイワンシロガシラ

カテゴリー: - katakura @ 01時15分55秒

シロガシラ,白頭翁,ペタコ,ぺたこ,バーディング,高雄市,中都濕地公園,台湾探鳥日記

高雄は南国の大都会。
言うまでもなく野鳥観察も存分に楽しめます。

バーディングスポットはいくつかありますが、
中都濕地公園がおすすめ。
市内にはいくつも公園があり、
どこでも日本では見られない鳥さんたちがたくさん見られます。

写真は台湾ではおなじみの白頭翁(シロガシラ)。
日本統治時代は「ペタコ」と呼ばれていました。
台湾では都市部を中心にどこでも見られる鳥さんで、
撮影チャンスには困りません。
鳴き声も美しいので、耳を傾けてほしいです。

『台湾旅人地図帳』(ウェッジ)では、
高雄の地図の上のほうに中都濕地公園が載っています。

シロガシラ,白頭翁,ペタコ,ぺたこ,タイワンシロガシラ,高雄の鳥,中都濕地公園,台湾探鳥
頭が白いのが特色です


2020年2月20日(木曜日)

羽鳥又男の胸像〜赤崁楼

カテゴリー: - katakura @ 23時01分01秒

台南散策。
赤崁楼は台南を代表する観光スポットです。
多くの方が訪れており、ガイドブックでも必ず紹介されています。

しかし、残念ながらあまり知られていないのが、
台南最後の日本人市長・羽鳥又男の胸像です。

羽鳥又男,台南市長,ICU.国際基督教大学,赤崁楼,台南市,清国統治時代,日本統治時代,許文龍

羽鳥又男は今も慕われる日本人市長で、
胸像は実業家の許文龍氏によって贈られたものです。

私が訪れた際、多くの人が説明板に見入っていました。
赤崁楼を訪れる日本人観光客にはぜひ見ていただき、
様々な切り口で台湾、そして日本統治下の台南について考えてほしいですね。

羽鳥又男,台南市,長谷川清.国際基督教大学,赤崁楼,台南市役所,千々岩助太郎,日本時代,許文龍

赤崁楼は戦時下、昭和19年に修復されていますが、
その経緯を記した石碑も残されています。
そこにも羽鳥又男が深く関わっています。
戦時下ということで、
既存の石碑の裏に碑文が書かれているという珍しい石碑です。

※なお、羽鳥又男については、
次の新刊『観光コースでない台湾・南部編』で取り上げますので、
どうぞご期待ください。

羽鳥又男,台南市,長谷川清.国際基督教大学,赤崁楼,修復記念碑,日治時期,日本時代,片倉佳史
前庭にある修復記念碑


2020年2月18日(火曜日)

左転有書x慕哲咖啡

カテゴリー: - katakura @ 14時26分47秒

左轉有書,慕哲,左転有書,獨立系書店,社會主義

シェラトンホテル・台北の裏手にある「左巻き」のブックカフェ。

今、パートナーの片倉真理は『&プレミアム」という雑誌で連載を担当しています。
「片倉真理の台北漫遊指南」という企画なのですが、
これがエリアごとに毎月11件もの取材するというハードな企画。
昨日はそのい下見というか、リサーチに付き合ってきました。

左轉有書,台湾の地ビール,左転有書,獨立系,クラフトビール

今回訪れたのは「左転有書x慕哲咖啡」というブックカフェ。
ここの最大の特色は「左巻き」の思想であること(笑)
マルクスやらエンゲルスやらスターリンやらレーニンといった名前が棚の中に目立ちます(いずれも漢字ですが)。

しかし、社会運動などをテーマにした書籍や台湾郷土史、
特に戦後の228事件や国民党が行なった白色テロの時代についての書籍が多く揃っています。
生態保護についての書籍や写真集、絵本などもあります。

左轉有書,台湾原住民,左転有書,原住民族,ブヌン族

クラフトビールや台湾産の茶葉などもあり、
ゆっくりくつろげます。

住所は台北市中正區鎮江街3-1号。
台北シェラトン(喜來登大飯店)の裏の路地にあります。
年中無休で、11時から22時まで開いています。
町歩きの途中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

台湾黒熊,石虎,台湾山猫,ヤマネコ,クロクマ,悠遊カード
こんなかわいい限定版悠遊カードもありました←即購入


2020年2月6日(木曜日)

高雄の旧市街にある書店喫茶〜一二三亭(ひふみ亭)

カテゴリー: - katakura @ 12時56分55秒


2020年2月4日(火曜日)

太魯閣(タロコ)峡谷は「蛾の聖地」?

カテゴリー: - katakura @ 01時08分17秒

台湾旅人地図帳でも紹介した太魯閣峡谷。
ここは知られざる蛾の聖地です(笑)
まだ解明されていない種類のものもいるのだとか・・・

台湾は珍しい蝶がたくさんいることで知られていますが、
蛾についても珍しいものが多く、
世界中から研究者や採集家がやってきているそうです。


25 queries. 0.027 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店