logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2017年 6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2017年5月30日(火曜日)

有時甘杯〜台南のリノベ茶芸館


2017年5月28日(日曜日)

三浦理恵子さん in 台南


2017年5月19日(金曜日)

手艸生活 H’AND HERB Life。漢方ドリンク喫茶

椪餅,台南,片倉佳史,Hugo,手艸生活,H\'AND HERB Life

ありそうでいて、なかなか見られなかったもの。
ここの漢方ドリンクはまさにそういったものの一つです。

台南市にある個性派喫茶。
「手艸生活 H’AND HERB Life」は、
2015年にオープンした古民家リノベカフェです。

オーナーのHugoさんはご自身のお父様が漢方医師。
ドリンクはすべて創作もので、添加物もなしで無農薬。
また、砂糖ではなく、甜草を用いて甘味を出します。
かなり飲みやすいです。ホットが基本ですが、
暑い夏にはアイスがとりわけ美味しくなります。

私がおすすめなのは、
手艸薑奶(ジンジャーミルクティー)。
ジンジャーティーに黒糖とミルクをブレンドしたものです。
黒糖とミルクがショウガのクセを消しており、
びっくりするくらい飲みやすいドリンクです。
120元(アイスは130元)です。

片倉真理のおすめは川貝好漢果(160元)。
喉にいいそうです。家内はこれまでに何度か取材でお世話になっているのですが、
これがお気に入りのようです。


台南の郷土菓子「椪餅」をモチーフにした創作デザート

そして、ぜひ味わってみてほしいのが台南の郷土菓子。
「椪餅(ぽんぴや)」の創作デザート(120元)。
なんとも表現しにくいお味ですが、台北ではまず食べられない郷土菓子です。

https://www.facebook.com/pg/HandHerb/menu/?ref=page_internal
中国語ですが、メニューを見られます。

残念ながら、私と家内の最新作である
JTBの『台湾で日帰り旅』(JTBパブリッシング)では紹介ができませんでした・・・
ただ、P91の地図をご覧いただき、
無名豆花というデザート屋さんのすぐ近くです。

http://amzn.asia/2SLAYnr
『台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ』(JTBパブリッシング)

椪餅,台南,片倉佳史,Hugo,手艸生活,H\'AND HERB Life

場所はややわかりにくいのですが、それもまた、穴場的雰囲気を感じさせています。
訪ねる際には必ず事前にチェックしてから行ってみてください。
https://handherb.wordpress.com/2015/07/27/contact/

DATA
手艸生活 H’AND HERB Life
台南市裕民街72巷12号
0910-989-572
13:00〜21:00
月末にお休みをとるそうです(ご注意)
https://handherb.wordpress.com

椪餅,台南,片倉佳史,Hugo,手艸生活,H\'AND HERB Life
路地の中に少し入ったところにあります


2017年5月16日(火曜日)

杞官北極殿。日本人を祀る廟

杞官北極殿,吉原元帥,台南,新田路
ご神像は吉原元帥


台湾のレゴ好きを訪問

台南のレゴ・マニア。
鄭レンガさんを訪ねました。


漢方喫茶・手艸生活 (H’AND HERB Life)

拙著『台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ』(JTBパブリッシング)では紹介できなかったお店。
もう少し早く出会いたかった・・・

それにしても、漢方ドリンクって、ありそうでなかなか見られない存在でしたね。


2017年5月15日(月曜日)

台南の漢方ジュース


チェブラーシカ、台南、クレーンゲーム、愛知大学


2017年5月3日(水曜日)

『歴史街道』(PHP研究所)は八田與一特集


2017年4月21日(金曜日)

海ゆかばを奏でる人々

台南市の飛虎将軍廟を取材した際、
地域のコミュニティカレッジにお招きいただきました。
ちょうど合奏の練習を皆さんでしていたのですが、
その時の曲がなんと、あの曲でした!


2017年4月19日(水曜日)

頼清徳台南市長からのメッセージ

「日本の皆様へ」と題して、
頼清徳市長からのメッセージが出されました。

5月8日の墓前祭は予定通りに行われるそうです。
台北市在住の徳光さんからお知らせをいただきました。

頼清徳,台南市長,八田與一,銅像,墓前祭


2017年4月17日(月曜日)

八田與一技師銅像事件、翌日の台湾各紙

事件翌日の台湾各紙。
自由時報は一面、
聯合晩報と中華日報は一面トップの扱いでした。


中央社の配信記事


聯合晩報の一面トップ


八田技師の銅像事件

今回の八田與一技師の銅像事件は非常に心が痛むものでした・・・。
同時に、台南の人々の素早い動き、
そして心ある振る舞いに感動する部分もありました。

事件は15日深夜、16日未明に起きました。
実は私の友人が14日に参拝に行っているのですが、
当然、この時はなにもありませんでした。

16日の早朝、
6時くらいにランニングをしていた水利会の職員が銅像の惨劇を発見し、
警察に通報。朝7時には頼清徳台南市長の耳に入ったそうです。

市長はすぐに捜査班を立ち上がらせ、
同時に台南市文化局にも調査を始めさせています。

この頃にマスコミ向けに状況が発表され、
私もこの時、事件を知りました(信じられませんでしたが・・・)

午前中には特捜班が組織され、現場検証が始まりました。
指紋採取などを行ない、
現場で犯人達のものと思われるタバコの吸い殻を押さえたそうです。

こういった素早い動きのほかに、
twitterでも書いたように、頼市長は八田技師の遺族の方に
こんな事件が起きてしまったことをお詫びするメッセージを送ったり、
奇美實業の許文龍氏と修復について話し合ったりしています。

そのほか、水利会の皆さんをはじめ、
週末返上で動き回ってくれている関係者の方々にも
頭が下がりました。

5月8日の墓前祭は予定通りに行われるそうです。
引き続き、動きを見守りたいと思います。

片倉佳史


2017年4月16日(日曜日)

頼清徳市長、親族へのメッセージを送る


続報・八田技師銅像事件


【続報】 八田與一技師銅像事件


NHKニュース、八田技師銅像事件


八田技師銅像について、ある台湾人からのメッセージ

八田與一技師の銅像の件、
多くの台湾の方からメッセージをいただいています。
そういった文章を見ていると、より一層の痛ましさが身に染みいります・・・

その中の一つ、
「今回の事件は本当に残念で悔しいですが、一人一人の心の中に八田技師は生き続けています」
という某大学教授の言葉に深い意味があるように感じました。

痛ましい事件ではありますが、一刻も早く真相を究明してほしいですね。


八田與一技師銅像が・・・(2017年4月16日未明)


2017年3月24日(金曜日)

ドラゴンフルーツジュースin台南


2017年3月21日(火曜日)

【講演報告】 嘉南藥理大學観光學系の講演、終わりました

片倉佳史,嘉南藥理大學,陳信安,張乃彰

【講演報告】

嘉南藥理大学での講演。
今回は日本を鉄道で巡る魅力についてお話ししました。

観光学科の学生が対象だったので、
各地の魅力のみならず、鉄道会社の経営努力や自治体の取り組みなどについても触れてみました。
また、JR九州によりD&S列車の成功の理由、また、JR四国の取り組みなども紹介してみました。

陳信安,信安桑,片倉佳史,臺南
陳信安老師の研究室は宝物がいっぱい!

張乃彰,成功大学
笑顔がチャーミングな張乃彰老師

学生さんたちの熱いまなざしが嬉しかったです。
陳信安老師、張乃彰老師、ありがとうございました!

片倉佳史,陳信安,講演,嘉南薬理大学


2017年2月27日(月曜日)

『悠遊台湾』の電子書籍版、好評発売中です


2017年2月14日(火曜日)

飛虎将軍廟の記事がBLOGOS週間ランキング二位になりました


2017年2月3日(金曜日)

門田隆将さん、講演のお知らせ

【お知らせ】

二二八事件70周年講演会。
ノンフィクション作家・門田隆将さんからご連絡をいただきました。

今回は台北と台南と二箇所、
「二二八事件と湯徳章〜現代の台湾人と日本人に『湯徳章』は何を残したのか〜」というテーマでお話しをされるそうです。

門田さんは二二八事件で非業の死を遂げた坂井徳章弁護士(台湾名・湯徳章)」の生涯を描いた『汝、ふたつの故国に殉ず』を
2016年末に日本と台湾で同時出版されましたが、その刊行記念講演になります。

当日は金美齢さんや石平さん、福島香織さんもお越しになられるそうです。
二二八事件から70年、台湾について、そして日本について、改めて考えてみたいものですね。

●台北
2017年2月27日 
AM10時〜11時半
『市長官邸沙龍─表演廳』
台北市中正區徐州路46號
http://www.mayorsalon.tw/Places
入場無料

●台南
2017年2月28日 
PM2時〜3時半
『台湾文学館 国際会議庁』
台南市中西區中正路1號
http://www.nmtl.gov.tw/
入場無料

問い合わせ先
玉山社出版公司 editor05@tipi.com.tw
台南市台日友好交流協會 tainanjp@gmail.com
門田隆将事務所 green-wind@mx10.ttcn.ne.jp

門田隆将,台南,湯徳章,講演,台北,二二八事件


2017年1月19日(木曜日)

水仙宮市場を訪ねる〜台南 (NNA連載)

水仙宮市場,國華街,NNA,片倉佳史


2017年1月8日(日曜日)

『悠遊台湾』2016-17年度の電子書籍版の発売を始めました


2016年12月10日(土曜日)

「無名豆花」という名の有名店


2016年11月12日(土曜日)

【拙稿】 「飛虎将軍」と呼ばれる日本人〜台湾から郷里に赴く

飛虎将軍廟,水戸,台南,里帰り,杉浦茂峰,片倉佳史

【お知らせ】

「飛虎将軍と呼ばれる日本人〜台湾から郷里に赴く」。

このたび、NIPPON.COMで台南市の飛虎将軍廟について、記事を書かせていただきました。
ご興味を感じていただける方、どうぞご覧ください。

http://www.nippon.com/ja/column/g00389/#.WCZl1zxtYWM.twitter
NIPPON.COMのサイト 「飛虎将軍」と呼ばれる日本人〜台湾から郷里に赴く

飛虎将軍廟,水戸,台南,里帰り,杉浦茂峰,片倉佳史

台南市郊外にある飛虎将軍廟は地域の守護神として崇められていますが、
飛虎将軍こと杉浦茂峰氏を地元の人々はどのようなまなざしで見つめてきたのか、
そして、現在、人々はどのような気持ちで飛虎将軍となった杉浦氏と接しているのか、
そのあたりに迫ってみました。

飛虎将軍廟,水戸,台南,里帰り,杉浦茂峰,片倉佳史
2016年9月22日、茨城県水戸市に里帰りを果たした飛虎将軍

これまで多くの証言者や信徒の方にお話を聞いてきましたが、
ようやく記事にできました。

単なる親日感情などというものではなく、
もっともっと奥深い台湾の人々の気質や優しさ、生き様について、
読者の皆さんに触れていただければ幸いです。

飛虎将軍廟,水戸,台南,里帰り,杉浦茂峰,片倉佳史
移動中には随時休憩を取り、ご神像にタバコを供えていました

9月に行われた茨城県水戸市への里帰りの様子や、
その途中で起こった小さな「奇跡」についても触れています。
このエピソードはたぶん初公開になると思います。

それではよろしくお願いいたします。
ちなみに、11月14、15、16日は飛虎将軍廟で祭典が開かれています。
台南へお越しの方、どうぞ足を運んでみてください。

飛虎将軍廟,水戸,台南,里帰り,杉浦茂峰,片倉佳史
御神輿に載せられ、水戸市内を練り歩く飛虎将軍


2016年11月5日(土曜日)

飛虎将軍廟生誕祭のお知らせ

【お知らせ】

11月14日から16日まで、
台南の飛虎将軍の生誕祭が開かれます。

この時期に台湾旅行をお考えの皆さん、
ぜひ台南を訪れ、飛虎将軍廟にご参拝下さい。

飛虎将軍廟,郭秋燕,日升大飯店

宿泊は信徒の郭さん(日本語OK)が経営する日升大飯店にぜひ!
飛虎将軍廟について、ディープにお話しが聴けると思います。

http://www.sunrise-hotel.com.tw/test/japan/index-japan.htm
オフィシャルサイト(日本語)

なお、ここでは「台南街角案内人」こと楊岱宗さんによるミニツアーのスタイルで廟の訪問が可能です。
また、烏山頭ダムなどを含むディープな台南一日ツアーもありますので、こちらもぜひ。

コースは日升大飯店→飛虎将軍廟→朝皇廟(医学の神・保生大帝を祀る名刹)→日升大飯店で、
出発地・最終地点については台鉄台南駅や市内の各スポットに変更可能です。

所要3時間程度。料金は2名まで1000元、4名まで2000元(車は5人乗り)。
お申込みは日升大飯店のカウンターにて。

どうぞよろしくお願いいたします!
飛虎将軍廟で会いましょう!


【取材メモ】 若き飛行兵と台南・・・


2016年10月24日(月曜日)

【新刊のお知らせ】 昭文社の新しいシリーズ


2016年10月21日(金曜日)

台南神社の狛犬

台南神社の遺構。
狛犬が忠烈祠に移されています。
奧にはブロンズ製の狛犬も一対、置かれています。

台南神社,狛犬,忠烈祠


2016年9月27日(火曜日)

9月27日、羽鳥慎一のモーニングショーで飛虎将軍廟が!


2016年9月23日(金曜日)

飛虎将軍・杉浦茂峰氏の慰霊祭

飛虎将軍,水戸,里帰り,護国神社,杉浦茂峰

台南市安南区にある飛虎将軍廟。
ここには日本人飛行士・杉浦茂峰氏が祀られています。

2016年9月22日、その慰霊祭が水戸の護国神社にて催されました。
戦時中、自らの命を犠牲にし、集落を守ったことを台湾の人々は感謝し、御霊を祀ってきました。

飛虎将軍,水戸,里帰り,護国神社,杉浦茂峰

そして、杉浦氏(人々は飛虎将軍と呼びます)をなんとか里帰りさせてあげたいという思いから、
今回の企画が生まれ、そして、水戸在住の藤田和久さんのご尽力でそれが実現しました。

飛虎将軍,水戸,里帰り,護国神社,杉浦茂峰

水戸市長をはじめ、多くの方に歓迎いただき、
ここにまた一つ、日台の強い絆が生まれたような気がしました。
改めて、今も生き続ける日台の絆を感じました。

飛虎将軍廟一行はこれから大阪まで移動し、
27日に台南へ戻る予定になっています。

飛虎将軍,水戸,里帰り,護国神社,杉浦茂峰


2016年9月22日(木曜日)

飛虎将軍・杉浦茂峰氏の慰霊祭(水戸の護国神社)


2016年9月20日(火曜日)

飛虎将軍廟の里帰り。飛虎将軍のご神像が水戸に赴きます

飛虎将軍廟,水戸,台南,里帰り,杉浦茂峰

【お知らせ・飛虎将軍が水戸へ里帰り】

9月21日、鎮安堂飛虎将軍廟(台南市)に祀られている飛虎将軍こと杉浦茂峰氏が信徒とともに郷里の水戸市を訪ねます。
この企画は水戸市在住の藤田和久さんの尽力によるもので、
一行は9月22日の朝9時に水戸護国神社で慰霊祭を行ない、その後、偕楽園等を回る予定です。

14時からは水戸芸術館から護国神社のお神輿にご神像を乗せ、
杉浦氏の生家があった場所まで進むそうです。

飛虎将軍廟,水戸,台南,里帰り,杉浦茂峰

どなたでも自由に参加できますので、お時間の宜しい方、水戸でお会いしましょう!
私は8時半頃に水戸駅に着くようにしたいと思っています。
お気軽にお声掛けください。

なお、コースほか、詳細のお問い合わせは
info@310sakura.name
までお願いいたします。

郭秋燕,飛虎将軍廟,台南,安南區
信徒の郭秋燕さん(日升大飯店のオーナー)も同行します。


2016年9月2日(金曜日)

【拙著・拙稿】 台湾特集をまとめた一冊・『アンアン特別編集・休日台湾』


2016年8月20日(土曜日)

【ご報告】 台湾日本学生会議主催台南講演

片倉佳史,片倉,台湾,台南,講演,成功大学

【ご報告】 

8月20日(土)の台南講演。
おかげさまで無事に終わりました。

今回は「取材者の目で見た台南〜考えてみたい台湾と日本の歴史」というテーマでしたが、
学生さんが多かったので、歴史に限らず、いろいろと幅を持たせてみました。

おかげさまで、100名を超える方々にお越しいただき、嬉しく思いました。
少し息苦しいような感じもしましたが、無事に終わってよかったです。

TwitterやFBのほうにもたくさんメッセージをいただいています。
ありがとうございました!

台南,片倉佳史,講演,成功大学


2016年8月14日(日曜日)

2016年8月20日、台南で講演をします

総督府,総統府,片倉佳史,講演,台南

【講演のお知らせ】

8月20日、台南の国立成功大学で講演をします。

台湾日本学生会議さんのお招きで、8月20日(土)13時30分から講演をします。
テーマは「取材者の目で見た台南〜考えてみたい台湾と日本の歴史」。

すでに100名近い申込者がいるそうなので、お早めにお越しください。
場所は国立成功大学成杏キャンパスの醫工系館5734教室です。入場は無料です。

お問い合わせ・お申し込みは以下、担当の呉さんまでお願いします。
tjscncku.2016@gmail.com

チェブラーシカ,ちぇぶ,チェブ,cheb


2016年8月9日(火曜日)

【拙著・拙稿】 『歴史通』の巻頭特集

【拙著・拙稿】 

現在発売中の雑誌『歴史通』(ワック出版)。
巻頭カラーで日本統治時代の台湾の姿を18ページで紹介しています。
拙著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)はおかげさまで順調に増刷を重ねていますが、
その中でも意義のあるカットを選び、同時に、前著では掲載しなかった古写真を多めに入れてみました。

また、数々の台湾本を手がけておられる翻訳家・天野健太郎さんとの対談記事があります。
こちらではちょっぴり深い台湾の魅力と、その意味合いについて語り合っています。

http://web-wac.co.jp/magazine/rekishi/
公式ウェブサイトはこちら

ご興味を感じていただける方、どうぞお手にとっていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

歴史通,ワック,片倉佳史,天野健太郎,台北,古写真,絵はがき


2016年7月28日(木曜日)

別冊正論に「台湾教育に命掛けた芝山巌の六士」の記事

別冊正論,片倉佳史,芝山巌,伊沢修二,獅頭山,日本統治時代,台湾,教育,伊藤博文,建成会

現在発売中の『別冊正論』に
「台湾教育に命掛けた芝山巌の六士」と題して記事を寄せています。

今回は芝山巌事件のみならず、
日本統治時代の教育や現在の台湾に今も息づく遺構などを13ページにわたって書いています。

片倉佳史,正論,台湾,歴史,六士先生,後藤新平

旧清水公学校の誠石や台北第一高等女学校の校訓碑、
三義の建中小学の奉安殿、台南の立人国民小学(旧寶公学校)、
金瓜石に残る台湾製の二宮尊徳像なども紹介しています。

機会のある方、どうぞお手に取ってみてください。
よろしくお願いいたします。

http://www.fujisan.co.jp/product/1281683701/new/
オフィシャルサイトはもちら

蛍の光,仰げば尊し,伊沢修二,台湾,歌詞,日本精神


2016年7月4日(月曜日)

雑誌ブルータスの台湾記事


2016年5月5日(木曜日)

八田與一技師が目指した「心」(NNA連載記事)

嘉南大圳の父、台湾南部を沃野に変えた八田與一技師。
その貴重なスピーチの記録です。
台北ロータリークラブに入会直後の食事会でおこなったものです。

NNAの連載「片倉佳史の台湾雑感」の第218回目の記事です。
2016年5月29日掲載の記事に加筆修正しています。

林士珍さん、李博信さん、ありがとうございました。

八田與一,嘉南大圳,烏山頭ダム,珊瑚潭,ロータリークラブ


2016年5月4日(水曜日)

訃報・黄天横さん

【訃報】

台南の生き字引。黄天横さんの訃報を聞きました。
黄さんは台南出身で郷土史研究家として、そして、文献収集家としても知られていました。

黄天横,台南,府城人

私にとっては台湾に暮らし始めた当初に出会い、
20年近くおつきあいをいただいてきました。
何度もご自宅におじゃまし、いろいろなものを見せていただきましたが、
ご自身が採集されたという蝶の標本が特に印象的でした。

黄天横,台南,青田街

そして、拙著『台湾風景印〜駅スタンプと風景印の旅』(玉山社)は黄さんのコレクションからヒントを得て生まれた一冊です。
青年時代の思い出がぎっしり詰まった手製のスタンプ帳をめくる黄さんの姿が忘れられません。

最後にお会いしたのは他界される一ヶ月前。
もうお会いできないのかと思うと胸が詰まります。

心から尊敬できる先輩でした。
これからは天国から台湾をお守りください。

合掌。さようなら・・・

黄天横,台南,青田街


2016年4月28日(木曜日)

台湾沖航空戦の証言者


2016年3月8日(火曜日)

サアロア(ラアルワ)族の祭典(NNA連載記事より)

【拙著・拙稿】

NNA連載「片倉佳史の台湾雑感」。
今回はサアロア族の祭典「ミヤトゥグス」を紹介しました。
こびとから授かった聖なる貝を祀る祭事です。
貴重な機会でした。

サアロア,ラアルア,原住民,聖


2016年3月2日(水曜日)

台南郊外の神社遺跡。三崁店神社


2015年6月26日(金曜日)

本将軍前大士殿を参拝

戦時中、予科練の航空訓練中に起きた事故。
昭和20年2月10日に米軍によって墜落させられた3機の搭乗者を祀る祠です。

この地で絶命した17才の少年たちの霊魂が
地元の人々によって護られています。

亡くなったのは谷山利之、大原泰雄、繁田稔の三氏。
今回のツアーではぜひとも参拝したかった場所です。


115 queries. 0.265 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 127127127
昨日 : 303303303
総計 : 1958171195817119581711958171195817119581711958171

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店