logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2019年 9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2019年9月19日(木曜日)

11/9(土)の15時-16時。講演「台北・歴史建築散歩」(誠品生活日本橋)

【お知らせ】
9月27日にオープンする誠品生活日本橋のトークイベント第二段です。
11/9(土)の15時-16時。今回は「台北・歴史建築散歩」というお題でお話しします。
今回は通常は入れないところや未公開の建築物件を盛り込んでお話しします。

入場無料です。すでに座席は満席になっており、
立ち見になりますが、ご興味を感じていただける方、どうぞお越しください。
皆さんにお会いできることを楽しみにしております。


2019年9月18日(水曜日)

貢寮にケタガラン族の祠を訪ねる〜山西祠

新北市貢寮にあるケタガラン族(凱達格蘭族)の祠を訪ねました。
奥に置かれている「山西」という文字ですが、
本来は「山仔西」と記し、サナサイ(部族発祥の地)を意味しています。
この祠は清国統治時代末期、ケタガラン族の人々が漢人に同化しつつあった時期に建てられました。

久しぶりの訪問でしたが、
台湾北部で平埔族の文化遺跡が残っていることは少なく、
貴重な存在です。

平埔族,ケタガラン族,貢寮,山西祠,山仔西,サナサイ,ディープ台湾,もっと知りたい台湾,片倉夫婦,片倉佳史


2019年9月17日(火曜日)

台湾を学ぶ会「台湾少年工・東俊賢さんが語る戦争体験」

【お知らせ・台湾を学ぶ会・9月21日18時半〜】

次回の台湾を学ぶ会は台北でひらきます。
テーマは「台湾少年工・東俊賢さんが語る戦争体験」。
9月21日(土)18時30分より、台北市松江路にて
、戦時中に台湾少年工として日本に渡った東俊賢さんをゲストにお招きします。

特攻兵器「桜花」、そして、ロケット兵器「秋水」、さらに航空母艦「信濃」、
東京大空襲翌日の様子などのほか、戦時下、何を思い、何を考えて生きていたのかをうかがい、
皆さんとともにいろいろなことを考えたいと思います。

片倉も解説・補足をお手伝いします。
申し込みとお問い合わせは以下をご覧ください。

https://taiwanktkr.blogspot.com/2019/09/blog-post_14.html


2019年9月14日(土曜日)

金門大学を訪問しました

先日の金門取材。
野鳥の撮影ばかりしていたわけではありません(笑)

国立金門大学の陳建民校長を表敬訪問しました。
元外交官である陳さんは日本の大学との交流を望んでいるそうです。

ユーラシアカワウソ,金門島,台湾固有種,保育動物,金門大學,金門大学,陳建民
ユーラシアカワウソのオブジェがあります

金門は福建南部の文化のみならず、
華僑文化、建築、戦地遺跡、自然生態など、様々な特質を有している土地なので、
研究対象にしたら面白いのではないかと思います。

次は11月か12月の再訪を考えています(次回は「渡り鳥」狙いです)。

金門,風獅爺,金門島,金城鎮,台湾探見,国立金門大学,もっと知りたい台湾,台湾体験,片倉真理,片倉夫婦,台湾取材
金門大学のオブジェ


2019年9月7日(土曜日)

望安島の中社古厝

望安島,中社,中社古厝,歴史建築,澎湖,もっと知りたい台湾,片倉佳史,台湾体験,ディープ台湾,マジョリカタイル


2019年9月6日(金曜日)

安平樹屋

安平(あんぴん)の知られざる歴史建築。

亜熱帯の樹木と廃墟。
鬱蒼と生い茂るその様子は独特な空気を感じます。

安平樹屋,台北駐日経済文化代表處,台湾の街角から,片倉佳史,台湾探見,安平,台湾体験,もっと知りたい台湾,台南散策


2019年9月5日(木曜日)

義愛公〜廟に祀られる日本人巡査

過去記事から。
2015年に執筆の記事。
NNA隔週連載「片倉佳史の台湾雑感」より。

義愛公,東石,朴子,副瀬村,森川清次郎,日本人巡査,片倉佳史,台湾体験,富安宮


2019年9月3日(火曜日)

武蔵野大学の台湾研修団

武蔵野大学の学生たちを率いて台湾を案内しました。
この台湾研修は二班に分かれ、総勢100名という大所帯。

武蔵野大学,台湾研修,片倉佳史,客員教授,張文芳,友愛グループ,もっと知りたい台湾
友愛グループの張文芳さんの講演

日本語世代の老人に講演をしてもらったり、
台北市内の歴史建築を案内したり、
台湾で活躍する日本人の生きざまに触れてもらったり、
台湾の言語事情の講義を入れたりするなど、盛りだくさんにしてみました。

武蔵野大学,台湾ツアー,片倉佳史,客員教授,張文芳,友愛会,台湾体験

私は春から武蔵野大学の客員教授を拝命していますが、
なんとか無事に終わってほっとしています。
台湾の地でなにかを感じ、なにかを考えてくれればうれしいです。


2019年9月1日(日曜日)

8月が終わる・・・

カテゴリー: - katakura @ 23時29分22秒

今年の夏は新刊の準備に追われ、
また、春より客員教授を拝命した武蔵野大学の授業と台湾研修で
あっという間におわってしまいました。
本当は取材や撮影をしたかったのですが、なかなかうまくいきません・・・・

写真は台北・萬華の新富市場にて。


2019年8月16日(金曜日)

風獅爺を巡ります〜金門取材

金門の守り神とされる風獅爺。
沖縄のシーサーの兄弟的存在とされていますが、
吹き付ける風から集落を守る意味合いで設けられたものとされています。

金門,風獅爺,金門島,金城鎮,古寧頭,シーサー,安岐,台湾体験,片倉真理,片倉佳史

金門島全域に点在し、集落ごとにあるのですが、
興味深いのはすべてのデザインが異なること。

10年ほど前に訪れた際、風獅爺は70尊程度あると言われましたが、
新に発掘されたり、作られたりするものもあり、現在は100尊近く存在しています。
そのユニークな風貌は印象に深く刻まれます。
同時に、村人たちの思いが感じられ、見飽きることがありません。

金門,風獅爺,金門島,金湖鎮,台湾歴史,シーサー,台湾文化,台湾体験,片倉真理,片倉佳史

今回の取材でもいくつか、回ることができました。
現在、私と家内はこれまで60尊くらい回りましたが、
まだまだ金門通いは続きそうです。

金門,風獅爺,金門島,金寧鎮,台湾史,シーサー,もっと知りたい台湾,台湾体験,片倉マリ,片倉夫婦,台湾取材


金門の朝ごはん・廣東粥

金門島のグルメは朝にあり。
お粥は廣東粥がおすすめ。
米粒の形がなく、スープ状になっているのが特色です。

金城の中心部にある「傳記」というお店で味わいました。

金城鎮,金門島,廣東粥,傳記,金門美食,お粥,広東粥


台湾生活情報誌『悠遊台湾』の国内通信販売のお知らせ


風獅爺にご挨拶。湖下

カテゴリー: - katakura @ 00時12分17秒

金門島を取材中。
集落の守り神・風獅爺を巡っています。
まずは湖下集落を訪れました。
道中の安全を祈ります。


2019年8月10日(土曜日)

九曲堂のパイナップル博物館

九曲堂を取材で訪ねました。
ここは台湾最大のパイナップル栽培地です。

九曲堂,鳳梨,缶詰工場,高雄州,飯田豊二,台湾探見,ディープ台湾

日本統治時代の缶詰会社の建物が博物館になっています。
ここで一通りレクチャーをいただいた後、パイナップル尽くしのカキ氷を賞味。
思い残すことなくいただきました。高雄の夏は魅力的です。

九曲堂,鳳梨,缶詰工場,高雄州,飯田豊二,台湾探見,ディープ台湾,パイナップルかき氷,鳳梨冰


葉文龍シェフにうかがう中国料理史


2019年8月8日(木曜日)

8月8日の午前5時28分頃、地震がありました

カテゴリー: - katakura @ 09時46分45秒

8月8日の午前5時28分頃、
台湾東部の海域を震源とする地震がありました。
震源地は宜蘭県南澳郷の武塔付近だそうです(タイヤル語の地名はブター)。
北東部では震度6だったそうで、台北でも震度4、拙宅でもかなり揺れを感じました。

拙宅は本が数十冊落ちてきたのと鉄道模型のディスプレイに被害が出たほかは問題はありません。
多くの方からメッセージをいただき、ありがとうございました。

片倉佳史・真理


2019年8月3日(土曜日)

蓬莱公学校校歌

カテゴリー: - katakura @ 16時57分56秒

台北市蓬莱公学校校歌

加藤春城 作詞
小関正男 作曲
 
(一)
大台北の 西北に
島の望(のぞみ)と 蓬莱の
清きその名を負いもてる
我が学舎(まなびや)の ともがきよ
いざもろともに 励まなん
 
(二)
仰げば高き 剣潭の
宮居拝み 朝夕に
国の御栄(みさかえ) 祈りつつ
うちに抱ける 和魂
いざもろともに みがかなん
 
(三)
大御教(おおみおしえ)を  かしこみて
水の器に そうごとく
女の道に したがいて
日々の務めを 怠らず
いざもろともに いそしまん
 


2019年7月30日(火曜日)

新しい冷蔵庫を買う

カテゴリー: - katakura @ 01時47分02秒


バン(紅冠水鶏)を台北植物園に追う

カテゴリー: - katakura @ 01時43分20秒


クロヒヨドリを台北植物園で撮影

カテゴリー: - katakura @ 01時38分52秒


2019年7月25日(木曜日)

台中発のチョコレートブラン『chochoco』


もっと台湾トークライブin錦糸町、ありがとうございました

「片倉佳史のもっと台湾トークライブin錦糸町」、ご来場ありがとうございました。

今回は「夏の台湾」についてお話ししました。
台湾の果物や「旬」へのこだわり、海水浴と台湾人、
澎湖のサボテン秘話、歩いて登る3417mの山、馬祖の珍鳥、
原住民族の豊年祭、ライチ農家訪問、海亀の話などをお話ししました。

たくさんの方にお集まりいただき、ありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


2019年7月18日(木曜日)

朝の帯広駅に並ぶキハ40

朝の帯広駅。
7月も中旬ですが、気温は13度でした。


2019年12月14日、東京で講演をします


『BRUSH&GREEN』のオリジナルグラス


2019年7月12日(金曜日)

お知らせ。岩国講演(2019年11月4日)


書泉グランデで交通新聞社新書の10周年フェア

お知らせです。
「書泉グランデ・書泉ブックタワー」で交通新聞社新書の10周年フェアが開かれています。
拙著『台湾鉄路と日本人』と『台湾に残る日本鉄道遺産』も面陳で展開していただいています。
しかもいい場所に置いていただき、嬉しく思っています。

この二冊はおかげさまで、静かに売れ続けています(笑)
どうぞよろしくお願いいたします。


2019年、バシー海峡戦没者慰霊祭のお知らせ


2019年7月5日(金曜日)

武蔵野大学の講義

カテゴリー: - katakura @ 09時01分54秒

武蔵野大学では夏に台湾研修を行います
そのコーディネートと引率をすることになりました。


2019年7月4日(木曜日)

武蔵野大学の初講義

カテゴリー: - katakura @ 09時00分05秒

2019年春から武蔵野大学の客員教授に就任しました。

この日は初講義ということで、心地よい緊張感がありました。
より多くの方に台湾について考えるきっかけを提供できればと思います。

学生さんたちのやる気に期待します。


2019年7月1日(月曜日)

五色鳥(ゴシキドリ)を追って・・・

台北植物園は野鳥の宝庫。
ゴシキドリ(五色鳥)を撮影してきました。

親鳥を待つゴシキドリの子供の撮影ができたのは本当にラッキーでした。
もう数日したら巣から旅立っていくようですが、
その顔はあどけなさもあり、同時に精悍でもありました。

暑さを忘れてしまう感動がありました。


昭和冰室

昭和冰室の名物かき氷を味わいました。
ウイスキーを含むとかき氷の風味は一変しますね。
また、ここのプリンはなかなかの美味しさで、
プリンだけをオーダーしたくなります。


2019年6月30日(日曜日)

Les Piccola 〜取材メモから


2019年6月29日(土曜日)

埔里で蝶たちに出会う

カテゴリー: - katakura @ 21時59分10秒

埔里に蝶の撮影に行ってきました。
台湾に暮らしているとはいえ、なかなか蝶の撮影に行くことができず、
悔しい思いを続けてきました。

今回も常宿のゲストハウス・プリにお世話になり、
オーナーの渡部さんからいくつもの情報をいただいての撮影でした(ありがとうございます!)

今回は鯉魚潭近くで蝶たちに出会えました。
動画をご覧ください。


2019年6月25日(火曜日)

アミ族のミリシン(豊年祭)〜片倉佳史の台湾雑感より

クヴァラン族,片倉佳史,,台湾原住民,パンツァー,カマラン,花蓮県,ミリシン,豊年祭,サキラヤ族


絶品の台湾ライチ(NNA・片倉佳史の台湾雑感)

NNA,片倉佳史,ライチ,台湾フルーツ


2019年6月23日(日曜日)

『台北歴史建築探訪』の常備店リスト(2019年6月20日現在)


2019年6月22日(土曜日)

台北歴史建築探訪マップ

拙著『台北・歴史建築探訪〜日本が遺した建築遺産を歩く』(ウェッジ)。
おかげ様で順調な出足となっています。
このたび、友人の香月俊裕さんが歴史散策用にスポットを落としてくださいました。
どうぞご参考ください。

http://bit.ly/taipei_historicalsite


2019年6月21日(金曜日)

木村泰治の子孫を訪ねる

カテゴリー: - katakura @ 01時09分36秒


2019年6月15日、台湾を学ぶ会in神戸、無事に終わりました

台湾を学ぶ会in神戸。
おかげさまで無事に終わりました。
「日本時代の女学生」という切り口は確かに新鮮だったかもしれません。
お二人がどんどん若返っていくのが印象的でした。
いつまでもお元気でいてください。


2019年6月14日(金曜日)

平井数馬氏の墓地参拝

カテゴリー: - katakura @ 08時50分05秒


エバー航空の機内誌に片倉真理が小琉球のウミガメ記事


陽明山(草山)でヤマムスメに出会う


2019年6月5日(水曜日)

日本経済新聞の記事(2019年5月17日掲載)


2019年6月4日(火曜日)

台湾を学ぶ会通信 2019年6月4日号

皆さん、こんちには!
ここ数日の台北はとても暑く、早くも夏の陽気です。
ただ、スコールの前後はちょっとだけ涼しく、
台湾らしさを肌で感じることができるシーズンでもあります。
本日から私は帰国なのですが、日本は暑そうですね・・・

今回は東京で行なわれる2つの講演のお知らせです。

1) 講演「李登輝総統取材秘話〜その側面から学ぶもの」 

2019年6月8日、今年も李登輝友の会千葉県支部から
講演のオファーをいただきました。毎年定番の錦糸町講演です。
今回は「李登輝総統取材秘話〜その側面から学ぶもの」
というテーマでお話し致します。
私はこれまで3回ほど、
李登輝先生をインタビューする機会をいただきましたが、
その体験をもとに様々なエピソードをお話しします。

今回は「学びとは何か」というものを軸に据え、
李登輝先生の思想や人格形成、戦争体験、政治家への転換、
そして、後藤新平、八田與一などを絡めてお話しを致します。

李登輝先生の評論や政治の分析は
ほかにもできる方がいますので、
今回は「人間・李登輝」というものに着目し、
私の取材体験や印象をお話し、
その人柄や思想をたどってみたいと思います。

https://taiwanktkr.blogspot.com/2019/06/201968.html

2012年に私が手掛けた『日台心と心の絆』(李登輝著・宝島社)を
お読みいただいた方もおられるかと思いますが、
この本には書けなかったエピソードをたっぷり盛り込みたいと思います。

https://honto.jp/netstore/pd-book_03515052.html

この講演は以前からぜひ一度やりたいと思っていたテーマでした。
現在も講演に向けていろいろな確認作業とチェックをしています。
取材者として見た人物像をお話しするだけでなく、
皆さんとともに考え、学びたいと思います。

哲学についての話題が多くなると思いますが、
分かりやすくお話ししたいと思います。

お申込みは以下にお願いいたします。
https://kokucheese.com/event/index/568025/

日 時:令和元年6月8日(土)
18時30分〜20時30分(受付18時15分頃)
会 場:すみだ産業会館(丸井ビル)9階 第1・2会議室
東京都墨田区江東橋3丁目9−10号 墨田区・丸井共同開発ビル
参加費:2,000円 (学生1,000円)
お問い合わせ・お申し込み:yk-plan@ocn.ne.jp FAX:03-3868-2045
(定員80人に到達した時点で締切ります)
主 催:日本李登輝友の会千葉県支部

2)台湾を学ぶ会「呉正男さんが語るソ連抑留経験、そして台湾」

2019年6月9日の18時から、「台湾を学ぶ会in錦糸町」を開催します。
今回は呉正男さんをお招きし、
戦争体験と台湾人の誇り、そして日本への想いをうかがいます。

台湾中部斗六出身の呉さんは
日本に単身で渡り、昭和19年、陸軍特別幹部候補生に志願。
水戸航空通信学校長岡教育隊に入学後、機上通信兵士養成中隊に入り、
西筑波飛行場の滑空飛行第一戦隊に配属。
その後、昭和20年、朝鮮半島で終戦を迎え、
山中を彷徨うものの、ソ連兵に捕まってしまいます。
そして、中央アジアの収容所に入れられ、強制労働を強いられました。
その後、故郷台湾に戻ることなく、横浜に定住。
現在にいたります。

http://kakutokuhatsu.katakura.net/go.html

そういった経験をもつ呉さんが今、
何を思い、何を考えるのか、皆さんとともに考えたいと思います。
とても貴重な機会だと思いますので、
ぜひ、お越しください。
席数は80を予定しています。

https://kokucheese.com/event/index/568456/

日 時:令和元年6月9日(日)
18時00分〜20時00分(受付開始17時40分頃)
会 場:すみだ産業会館(丸井ビル)9階 第1・2会議室
東京都墨田区江東橋3丁目9−10号 墨田区・丸井共同開発ビル
定員:80名
参加費:2,000円
主 催:台湾を学ぶ会、日台学びのイベント「台湾探見・探索日本」

https://kokucheese.com/event/index/568025/

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

片倉佳史


2019年6月3日(月曜日)

台湾を学ぶ会・呉正男さんをお招きして(2019年6月9日)


台北昭和町会


2019年6月2日(日曜日)

洪祖培先生にお会いしました


車城のマンゴーがどっさりのったかき氷

屏東産のマンゴーを用いたかき氷。
このどっさり感はすごいですね。

詳しくは片倉真理が連載「台北漫遊指南」で書きます。
雑誌「&premium」をご覧ください。


台湾固有種〜台湾の野鳥を描いたノート


116 queries. 0.138 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 219219219
昨日 : 470470470
総計 : 2242778224277822427782242778224277822427782242778

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店