logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2018年 7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2018年7月7日(土曜日)

水蓮菜(野蓮菜)

片倉真理の著作『台湾探見 Discover Taiwan〜ちょっぴりディープに台湾体験』でも紹介していますが、
高雄市美濃区のご当地野菜です。

ぜひ味わっていただきたい野菜です。
その収穫風景です。

水蓮菜,野蓮菜,美濃,ご当地野菜,美濃區,台湾街角,片倉佳史,片倉真理


2018年6月27日(水曜日)

ちびまる子ちゃん電車in高雄

高雄取材中に偶然乗った高雄MRTのちびまる子ちゃん電車。
多くの人が記念撮影していて、大好評の様子でした。

きちんと制服を着ていますね。


2018年3月15日(木曜日)

高雄の青空とLRT

南国の青空と高雄LRT。
架線のないトラムがこんなにも映えるとは!

高雄,LRT,捷運


2018年3月6日(火曜日)

高雄講演 2018年3月15日


カナカナプ族の集落を訪ねる


2018年2月13日(火曜日)

ルカイ族下三社族群、コガダヴァン(トナ)を訪ねる

ルカイ族の下三社族群(グループ)の人々。
コガダヴァン集落は中国語では多納という名が与えられています。
小学校2年で終戦を迎えたというエミコおばさんにお話をうかがいました。

写真では厳しい顔をしていますが、
笑顔がとてもかわいいおばあさんでした。


2018年2月12日(月曜日)

高雄講演を終えました!


2018年2月1日(木曜日)

講演、終わりました(片倉真理)

片倉真理,講演,日本人会,婦人部,台北日本人会

2018年1月31日。
おかげさまで、日本人会婦人部での講演、無事に終わりました!
ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!

片倉真理,講演,日本人会,婦人部,台北日本人会

今回は台湾各地のご当地デザートを実際に味わっていただきました。
こうやって見てみると、台湾は地方の特色が豊かで興味が尽きませんね。

画像は台北日本人会撮影のカットです。

片倉真理,講演,日本人会,婦人部,台北日本人会


2018年1月15日(月曜日)

【高雄で講演】2018年2月11日

【お知らせ・高雄講演】

2018年2月11日(日)に高雄市大東文化芸術中心で講演をさせていただきます。
テーマは「高雄の歴史をたどる〜建築物と都市計画からみる日本との関わり」。
主催は日本台灣交流協會高雄事務所、高雄市政府文化局、日本國際交流基金會で、
国際交流基金海外巡回展「ストラグリング・シティーズ−60年代日本の都市プロジェクトから」というイベントの特別講座として開かれます。

講演は日本語ですが、中国語の通訳が付きます。
台湾南部在住者の皆さん、お時間があればどうぞお越しください。

高雄,片倉佳史,講演,打狗

特別講座

日時:2018年2月11日(日)14:30〜16:30
場所:大東文化芸術中心「演講廰」(2階)
(高雄市鳳山区光遠路161号(MRT「大東駅」2番出口))
※申込み方法:日本台湾交流協会高雄事務所まで 
TEL:07-771-4008内線12 
Email:bunka-k1@ka.koryu.or.jp
(氏名及び人数を明記の上、お申し込みください)

テーマ1:「日本の古い建築物の特徴―高雄市と山口県を起点として―」
講師:川口智・宮本常一記念館地域交流員/室中伝・室中技研棟梁
内容:日本の古い建築の技術は、中国大陸から伝わってきました。
では、なぜ台湾に遺された日本統治時代の建築物は、中国建築と異なるのでしょうか。
高雄市や山口県などに遺された身近な建築物を手掛かりに、
日本の古い建築物の秘密に迫ります。日本の熟練大工さんの話も聞けます。
建築について学んだことがない方にもわかりやすいように、
写真をたくさん使いお話ししますので、ぜひ、ご来場ください。台日友好!
  
テーマ2:「高雄の歴史をたどる〜建築物と都市計画からみる日本との関わり」
講師:片倉佳史・台湾在住作家
台湾南部の中枢として機能する海洋都市・高雄。日本統治時代に築港され、
戦後も台湾最大の港として君臨してきた高雄港をはじめ、
先進的な都市計画に従って町並みが整備されてきました。
今回は高雄市の中心部に残る日本統治時代の歴史建築や産業遺産をいくつか取り上げ、
古地図や古写真なども用いながら、高雄という都市の歴史と成り立ち、
そして、日本との関わりについてお話ししたいと思います。

高雄,片倉佳史,講演,打狗


2018年1月7日(日曜日)

【拙著・拙稿】 南沙諸島について(片倉佳史)

【拙著・拙稿】 

知られざるスプラトリー諸島(南沙諸島)の歴史。
日本台湾交流協会機関誌『交流』に記事を書かせていただきました。

領土問題に揺れるこの海域ですが、
終戦までは日本の統治下にありました。

以下から記事を読むことができます。
https://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/15aef977a6d6761f49256de4002084ae/466e98259720a5184925811a0024804b/$FILE/rekishi.pdf

なお、拙著で恐縮ですが、
合わせて『古写真が語る台湾日本統治時代の50年』(祥伝社)もご覧いただけると幸いです。
日本統治時代に撮影された古写真を掲載しています。

http://amzn.asia/7pf0Y4F
『古写真が語る台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)

南沙諸島については、
引き続き、取材を続けたいと思います。

南沙,スプラトリー,台湾,中華民国,片倉佳史


2017年11月24日(金曜日)

『不為人知的日本史——追尋皇太子「臺灣行啟」之旅』

『不為人知的日本史——追尋皇太子「臺灣行啟」之旅』

知られざる皇太子の台湾行啓〜nippon.comの執筆記事


2017年11月2日(木曜日)

高雄と横浜


2017年10月26日(木曜日)

食感がパリパリの「オアチェン」with有川真由美さん


2017年10月25日(水曜日)

日升大飯店とゲストハウスあひる家

台南の日升大飯店と高雄のゲストハウスあひる家。
オーナーから日本の皆さんへのメッセージです。


2017年10月20日(金曜日)

高雄軽軌(ライトレール)

高雄市民の新しい足。
ライトレールの凱旋駅で撮影しました。
架線がないので、青空がとてもきれいです。


2017年9月26日(火曜日)

台湾は知られざる蝶王国〜nippon.comの記事

埔里,蝶,台湾ルリモンアゲハ,片倉佳史,獅子頭,ワタナベアゲハ

【拙著・拙稿】 

知られざる台湾の蝶の生態と日本統治時代、
そして、台湾の人々の関わりについて nippon.com に書かせていただきました。

台湾の蝶の生態はあまり報道されることがなく、
とても残念に思っていました。

今回は台湾の蝶の魅力のみならず、そこに関わる人々の姿にも触れています。
蝶の生態を守るために、高速道路を一部閉鎖するというケースは世界的にも稀だと思います。

黄蝶翠谷,美濃區,美濃区,蝶の谷,片倉佳史
高雄市美濃区の「蝶の谷」。ここには日本統治時代の関わりがあります

なお、本文は中国語に翻訳されていますが、貴重な写真を載せていますので、
どうぞご覧ください。

http://www.nippon.com/hk/column/g00438/
神秘的「蝴蝶大國」——世界矚目的臺灣自然生態

埔里,蝶,台湾ルリモンアゲハ,片倉佳史,獅子頭,ワタナベアゲハ


2017年9月5日(火曜日)

知日知台の雑誌『薫風』の編集長にあう


2017年9月4日(月曜日)

高雄のリノベカフェ。一二三亭

https://www.facebook.com/cafehifumi/
一二三亭(フェイスブックのページ)


2017年8月29日(火曜日)

【拙著・拙稿】南部横貫公路とルカイ族下三社族群

【拙著・拙稿】

日本台湾交流協会の隔月連載「片倉佳史の台湾歴史紀行」。
高雄の第六回目は南部横貫公路とルカイ族の下三社族群について書いています。

ルリマダラ,紫斑蝶,茂林,下三社,ルカイ族,萬山,多納
茂林はルリマダラの集団越冬でも知られています

記事は以下からご覧になれます。
このように一歩踏み入った内容のテーマで1万文字書けるのは本当にありがたいです。

ルカイ族の下三社族群について書く機会は非常に限られているので、
ぜひ多くの方にお読みいただきたいです。

https://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/15aef977a6d6761f49256de4002084ae/de53454675d98a864925817f00130c43/$FILE/katakura(5).pdf
南部横貫公路とルカイ族の下三社族群の集落

ルリマダラ,紫斑蝶,茂林,下三社,ルカイ族,萬山,多納
萬山(オポノホ)集落の様子


2017年7月20日(木曜日)

封印された日本軍の功績 (別冊宝島 2606)


2017年6月28日(水曜日)

台湾のライチは奥が深い!


草山月世界308高地

絶景体験。
大自然に圧倒される瞬間でした。
台湾の面積は決して大きくはありませんが、
その景観はかくもダイナミックです。


ライチ農家を訪問


2017年6月25日(日曜日)

【台湾美食メモ】 パリパリの「おあちぇん」


2017年6月24日(土曜日)

【拙著・拙稿から】 「片倉佳史の台湾歴史紀行」第五回

【拙著・拙稿から】

日本台湾交流協会の機関誌『交流』。
ここに不定期連載「片倉佳史の台湾歴史紀行」を担当させていただいています。
今回はその第五回。
高雄市山岳部に暮らすサアロア(ラアルワ)族、理蕃道路の歴史、戦時下の産業開発などについて書いてみました。

一万文字という分量で自由に書けるという場は昨今の出版不況の中、
貴重な存在だと思います。


2017年5月14日(日曜日)

サアロア(ラアルワ)族・・・


2017年2月27日(月曜日)

『悠遊台湾』の電子書籍版、好評発売中です


2017年2月26日(日曜日)

ルリマダラ(紫斑蝶)を追う


2017年2月25日(土曜日)

曹洞宗東京事務所の方々をご案内しました〜高雄保安堂


2017年2月4日(土曜日)

バナナチップス、やはり台湾のバナナは美味しい


2017年1月8日(日曜日)

『悠遊台湾』2016-17年度の電子書籍版の発売を始めました


2017年1月5日(木曜日)

台湾高速鉄路、10周年

台湾高鉄,高鉄,高鐵,陳水扁

2007年の1月5日、
台湾高速鉄路が営業を開始しました。
当時の開業区間は板橋〜左営。

陳水扁,台湾高鉄,10周年,2007年1月5日

12月27日になってようやくGOサインが出たというのも今や懐かしい思い出です(笑)
こういったレポートは鉄道ダイヤ情報に記事を書きましたが、こちらもいい思い出。

なお、写真は開業当日ではなく陳水扁総統が
乗車するために仕立てられた特別列車の様子です。

大きな事故もなく迎えられた10周年。
これからも多くの人々の足として機能していってほしいですね。

高鐵,臺灣高鐵,板橋開業,2007年,陳水扁,台湾新幹線


2016年12月13日(火曜日)

高雄講演の様子(2016年12月3日)

12月3日に高雄市で行われたリアルインサイトさんの講演。
画像をお送りいただきました。

何人かの方からお便り・メッセージをいただきましたが、
充実の台湾旅行だったようで何よりです。

また、皆さんとお会いできることを楽しみにしております。
ご参加いただいた皆さん、そしてスタッフの皆さん、ありがとうございました!

片倉佳史,講演,リアルインサイト,日台関係,絆,歴史友好


2016年12月11日(日曜日)

高雄の絶品かき氷・Q陳古早味黒砂糖剉冰

Q陳古早味黒砂糖剉冰,かき氷,高雄,五福路

絶品の誉れ高いかき氷。
私がこれまでに味わってきた数々のかき氷の中でも指折りの美味しさです。
先週、現在執筆中の新刊の関係で、取材させていただきました。

このお店はゲストハウスあひる家のオーナー・佐々木さんに教えてもらったお店ですが、
すっかりファンになってしまって早10年の歳月が過ぎました・・。

台湾南部では黒砂糖かき氷がメインになりますが、
ここの場合、濃度にこだわった特製シロップを用います。
今回はその秘密を聞くことができました。

ほのかにキャラメルの風味が美味しさを添えてくれます。
トッピングも自家製で、5種類をチョイス。

手作りプリンをのせるのが私と家内のお気に入りです。

数年前に某ガイドブックでも紹介されてしまい、
結構有名になってしまいましたが、
いつまでもその美味しさを保っていってほしいですね!

Q陳古早味黒砂糖剉冰
高雄市苓雅区五福一路147号
07-226-2986  
12:00〜22:00
月曜休み

黒砂糖,黒砂糖かき氷,高雄,五福路


2016年12月9日(金曜日)

高雄でかき氷三昧・・・


2016年11月23日(水曜日)

高雄のライトレール

高雄のライトレール(高雄軽軌)。
世界的に見ても珍しい「架線レス」のLRTです。

車両はスペインのCAF製。
架線がないと南国らしい青空が際だってきますね。

現時点では部分開通ですが、
将来は環状線になる予定です。待ち遠しいですね!

高雄LRT,軽軌,CAF,トラム,高雄市,スペイン
ちなみに横を走っているのはゲストハウスあひる家のオーナーです


2016年10月22日(土曜日)

2016年11月5日、秋田県大館市で講演をします。

【講演のお知らせ】 

秋田県大館市で講演をさせていただくことになりました。
演題は「大館と台湾の絆を探る〜台湾と木村泰治」というもの。

木村翁は台湾日日新報編集長や台北商工会議所会頭を務め、
高雄市鼓山や台北市大正町(現在の林森北路界隈)の開発のほか、
草山(陽明山)を桜の名所にしたりした功績などで知られています。

日本統治時代の台湾を知る上で欠かせないだけでなく、
戦後は国家が守らなかった引揚者の財産の補償に尽力した人物です。

2016年11月5日(土)15時〜。
大館市中央公民館視聴覚ホールにて。

入場無料です。どうぞよろしくお願いいたします。

片倉佳史,木村泰治,大館,講演


2016年10月14日(金曜日)

【過去記事から】 高雄について書きました

現在、交流協会は「日本台湾交流協会」と改称されています(2017年追記)


2016年8月26日(金曜日)

秋田県大館市の福原淳嗣市長にお会いしました

秋田県大館市の福原淳嗣市長ご一行とお会いしました。
台湾との交流を深め、より多くの方に秋田にお越しいただきたいという強い気持ちをお持ちでした。
これからいろいろとアイデアを練っていきたいとのこと。
台湾の皆さんに秋田の魅力が伝わることを祈っています。

大館と言えば、日本統治時代の台湾において屈指の実業家として知られる木村泰治の出身地。
基隆や高雄、そして台北の大正町(林森北路界隈)の開発で知られる人物です。
その貴重な自伝もいただきました。じっくりと研究したいと思っています。

もちろん、大館と言えば、秋田犬の故郷。
犬たちにも会いたいです。

秋田県,大館,福原淳嗣,小出正之,ハチ公,台湾,台北,木村泰治


2016年8月9日(火曜日)

【拙著・拙稿】 『歴史通』の巻頭特集

【拙著・拙稿】 

現在発売中の雑誌『歴史通』(ワック出版)。
巻頭カラーで日本統治時代の台湾の姿を18ページで紹介しています。
拙著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)はおかげさまで順調に増刷を重ねていますが、
その中でも意義のあるカットを選び、同時に、前著では掲載しなかった古写真を多めに入れてみました。

また、数々の台湾本を手がけておられる翻訳家・天野健太郎さんとの対談記事があります。
こちらではちょっぴり深い台湾の魅力と、その意味合いについて語り合っています。

http://web-wac.co.jp/magazine/rekishi/
公式ウェブサイトはこちら

ご興味を感じていただける方、どうぞお手にとっていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

歴史通,ワック,片倉佳史,天野健太郎,台北,古写真,絵はがき


2016年7月4日(月曜日)

雑誌ブルータスの台湾記事


2016年4月1日(金曜日)

台湾南部のご当地デザート「清冰」

台湾南部に行ったら絶対に見のがしたくないものの一つ。
「清冰(チンピン)」と呼ばれるカキ氷は昔懐かしい味わいでやみつきになります。

写真は高雄市の旗山でいただいた清冰のあずきがけ。
有名だった「枝仔冰城」で味わったもので、お店は現在もありますが、
経営者が換わってしまったようで、ちょっぴり残念・・・。

清冰,旗山,枝仔冰城


2016年3月1日(火曜日)

サアロア(ラアルア)族の祭典ミヤトゥグス

サアロア,ラアルア,原住民,聖子


2015年10月29日(木曜日)

旗山のご当地デザート・清冰

旗山,清冰,片倉佳史,NNA


2015年10月4日(日曜日)

高雄のLRTは16日から

高雄ライトレール,LRT

【鉄道ネタ】 

高雄ライトレール(LRT)のプレ開業日が16日に決まったそうです。
とりあえずは午前9時から午後7時までの運行で、30分ごとに走るそうです。
日本から鉄道ファンが押し寄せそうですね!

写真は高雄市の計らいで撮影させてもらったもの。

高雄ライトレール,LRT


2015年8月2日(日曜日)

台湾黄蝶を追って・・・

台湾黄蝶,美濃,黄蝶翠谷

今日は5時起きで台湾高鉄に乗り、
「台湾黄蝶」を追ってきました。

高雄市美濃区の黄蝶翠谷を訪ねたのですが、
暑くて暑くてたいへんでした・・・・

しかし、こういった光景に出会えると、しっかり身体が動いてしまいのが不思議です。
今日は残念ながら数は多くなかったのですが、
タイワンキチョウをはじめ、ウスキシロチョウ(薄黄白蝶)やウラナミシロチョウ(裏波白蝶)などを見ることができました。

蝶オタクの方々の気持ちが少し分かったような気がした一日でした。

明日も5時起きで今度は台湾最南端の屏東県恒春へ赴き、
バシー海峡戦没者の慰霊祭に参列します。

黄蝶翠谷,美濃


2015年5月25日(月曜日)

高雄のLRTは青空がきれい!


2015年4月24日(金曜日)

【講演報告】 高雄日本人会の講演、終わりました

高雄日本人会さんにお招きいただいての講演、
無事に終わらせることができました。

高雄の魅力、台湾南部の魅力についてお話ししてきました。
ご来場いただいた皆さん、運営委員の皆さん、ありがとうございました!

結局、原稿執筆のために高雄日帰りになってしまいました・・・・

片倉佳史,木曜会,高雄,日本人会
西川さんご提供のカット


2014年8月28日(木曜日)

高雄市ガス爆発事故・澎湖島墜落事故、「お見舞い募金」

【お知らせ】 日本李登輝友の会の高雄市ガス爆発事故・澎湖島墜落事故、「お見舞い募金」について

日本李登輝友の会がおこなっている
高雄市ガス爆発事故・澎湖島墜落事故についての「お見舞い募金」ですが、
8月31日までとなっているそうです。
ご賛同いただけるかた、以下をご覧ください。

郵便局 
加入者名:日本李登輝友の会 
口座番号:00110−4−609117

銀 行 
三菱東京UFJ銀行 本郷支店 普通:0012742
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

 *郵便振替は、通信欄に「お見舞い」「事故」などと必ずお書き添えください。
 *募金総額=302,639円(8月27日現在)


2014年5月30日(金曜日)

高雄産のパイナップルを食す

大樹,鳳梨,パイナップル,高雄

高雄産の絶品パイナップル。
今やパイナップルはトロピカルフルーツの代表選手になっていますが、台湾南部はその一大産地。
私もこの時期、美味しいパイナップルを求めて南部を旅しますが、やはり高雄のパイナップルは格別です。

大樹,鳳梨,パイナップル,高雄
高雄市大樹区のパイナップル畑

台湾産のパイナップルは味の良さだけでなく、
熱心な品種改良が繰り返されており、その種類は豊富。
いろいろな種類のパイナップルが出回っています。

植物としてのパイナップルは高さ60センチ程度の多年草。
台湾では5月頃にシーズンを迎えます。

ほんのりと甘く、さわやかな芳香があり、独特な味わいを誇ります。
ビタミンとミネラル、タンパク質の分解酵素を多く含んでいます。

大樹,鳳梨,パイナップル,高雄

高雄市からのお知らせです。仙台地区と関西で試食会も行われるそうです。
ぜひ、味わっていただき、高雄産パイナップルの魅力に触れてみてください!
同じく高雄産のライチも味わえます。

★イズミヤ 
http://www.izumiya.co.jp/
6月1日と2日に試食会
京都長岡店、西神戸店、八尾店、玉造店、京都府八幡店、カナート洛北店、枚方店、奈良広陵店、西宮ガーデンズ店

★ヨークベニマル 
http://www.yorkbeni.co.jp/
5月31日と6月1日に試食会
南吉成売り場、仙台愛子店、南光台店

大樹,玉荷包,ライチ,高雄,大樹區農會
なんだかとても健康的に見えますね(笑)


115 queries. 0.277 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 181181181
昨日 : 217217217
総計 : 2048641204864120486412048641204864120486412048641

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店