logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2018年 9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2018年7月27日(金曜日)

寧夏路夜市、方家鶏肉飯


2018年7月23日(月曜日)

羅東の和平豆花

宜蘭県の羅東。
ガイドブックではあまり紹介されない都市ですが、
その分、観光地ズレしていなくて魅力的です。

地元の人々に愛される豆花屋さんを訪問しました。


2018年7月7日(土曜日)

水蓮菜(野蓮菜)

片倉真理の著作『台湾探見 Discover Taiwan〜ちょっぴりディープに台湾体験』でも紹介していますが、
高雄市美濃区のご当地野菜です。

ぜひ味わっていただきたい野菜です。
その収穫風景です。

水蓮菜,野蓮菜,美濃,ご当地野菜,美濃區,台湾街角,片倉佳史,片倉真理


馬祖美食「継光餅」

継光餅,馬祖美食


2018年6月23日(土曜日)

エバー航空の機内誌に片倉真理が記事を寄せています


2018年6月8日(金曜日)

訃報・鄭罕池さん(台湾マンゴーの父)


2018年2月1日(木曜日)

葉公館〜台北美食メモ

台北美食メモ

「葉公館」を取材しました。
ここは「本来の中国の味を後世に伝え残したい」と努力を続ける葉文龍さんの店です。

台湾には数多くのレストランがありますが、
やはりいろいろな形で進化をしていくので、
本来の美味しさが保たれているとは限りません。
ここはそんな潮流の中、丁寧に味わいを創りあげることにこだわり、
研究を続けているお店です。

葉文龍,上海料理,四川料理,葉公館,安和路,台北美食

料理は上海料理と四川料理がメインになります。
葉さんはラー油一つにしても自家製にこだわっており、
絶妙な風味を創りあげています。

特に麻婆豆腐は見のがせない一品でした。
私がこれまで食した中で、
最も凝った味わいなのではないかと思っています。

二種類の山椒を絡め合わせ、
その味わいを丁寧に創りあげていくのがポイントだそうです。

葉公館,台北美食,麻婆豆腐,中国料理,山椒,安和路
絶品の麻婆豆腐。これを食べるだけでその味わい深さがわかるはず

お店はスタイリッシュでモダンな感じですが、
料理はしっかりと伝統を尊重している感じです。
お値段も手頃なので、会食などにも気軽に使えそうです。

葉公館,台北美食,麻婆豆腐,中国料理,山椒,安和路,葉文龍

私がこれまで取材をしてきた中で、
指折りの美味しさを誇る店です。
ぜひ多くの方に味わっていただきたい料理です。

葉公館
台北市大安区安和路2段118号
02-2736-1999
(遠東国際大飯店の近くです)


2018年1月27日(土曜日)

嘉義美食メモ〜東門鶏肉飯


今日蜜麻花〜台中銘菓

知る人ぞ知る台中の名物。
台中の人は誰でも知っているのに、
台中以外の人はほとんど知らないという不思議な存在です。


潮州の青草茶

潮州,青草茶,三国王廟


2018年1月23日(火曜日)

【動画】 民主火鶏肉飯


2018年1月22日(月曜日)

嘉義美食 和平火鶏肉飯(動画)


2018年1月18日(木曜日)

嘉義美食 三禾火鶏肉飯(動画)


2017年12月1日(金曜日)

台湾高鉄グリーン車でもらえるポップコーン


石精臼〜台南の朝ご飯


2017年11月19日(日曜日)

迪化街のティーハウス「ASW」

ASW Tea House
台北市迪化街1段34号2階
02-2555-9913
9時〜18時 無休

ASW,迪化街,ワトソン,リノベカフェ


2017年11月6日(月曜日)

行きつけの「地瓜球(サツマイモボール)」

台北の行天宮近くにある地瓜球(サツマイモボール)の屋台。
おじさんとのお付き合いも早10年です。


2017年10月26日(木曜日)

食感がパリパリの「オアチェン」with有川真由美さん


2017年10月3日(火曜日)

嘉義東門火鶏肉飯

嘉義,東門火鶏肉飯,鶏肉飯,火鶏肉飯,洪雅書房,余國信,あひる家,嘉義美食

嘉義美食探検。

嘉義名物と言えば火鶏肉飯。
シンプルながらも奧の深い庶民派料理です。

嘉義市内には100軒もの火鶏肉飯の店があると言われています。
私が訪れたのは25軒程度に過ぎませんが、
ここ東門火鶏肉飯はベスト3に入るのではないかと思える美味しさでした。

嘉義,東門火鶏肉飯,鶏肉飯,火鶏肉飯,洪雅書房,余國信,あひる家,嘉義美食

嘉義の郷土書店「洪雅書房」のオーナー・余國信さんに教えていただきました。
拙著『台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ』(JTBパブリッシング)ではこのお店を紹介できなかったのが残念です・・・

東門火鶏肉飯
嘉義市光彩街198號
05 228 2678
営業時間 10:30〜20:00

嘉義,東門火鶏肉飯,鶏肉飯,火鶏肉飯,洪雅書房,余國信,あひる家,嘉義美食


2017年10月1日(日曜日)

社頭真姐(パイナップルスムージーの美味しい店)

彰化県社頭にあるデザート屋さん。
台鐵社頭駅前にあります。
名物のパイナップルスムージーのほか、手作りプリンも逸品です。

なお、ここでは無料の自転車が用意してあるので、
これを利用して福井食堂までいくことが可能です。


2017年9月29日(金曜日)

ピンクのドラゴンフルーツ


2017年9月12日(火曜日)

ライチ蜜をかけるトロピカルソフト


2017年8月4日(金曜日)

白、赤、そして、ピンクのドラゴンフルーツ(火龍果)


2017年7月30日(日曜日)

ピンクのドラゴンフルーツ

新しく登場したピンクのドラゴンフルーツ。
後ろの白と赤があります。


2017年7月6日(木曜日)

台湾タケノコライフ

台湾北部、新北市三峡の山岳部。
タケノコ農家を取材してきました。

採れたてのタケノコをそのまま食べる!
意外な美味しさに驚きました。


2017年6月25日(日曜日)

【台湾美食メモ】 パリパリの「おあちぇん」


2017年6月19日(月曜日)

【台湾美食メモ】 宜蘭県の名物「鴨賞」の工場見学

鴨賞,アヒル肉,ダック,羅東,五結,博士鴨

【宜蘭美食】

宜蘭の名物、そしてご当地グルメと言えば、
「鴨賞」というアヒル肉の燻製を挙げなければなりません。
適度な塩味と歯ごたえで、お酒のおつまみにもぴったりですし、
ご飯とともにいただいても飽きの来ない逸品です。

鴨賞,アヒル肉,ダック,羅東,五結,博士鴨
アヒル肉尽くし。なかなかの迫力でした

今回、宜蘭県政府(県庁)のご手配で、
このアヒル肉の工場を見学させていただきました。

食べるのは簡単ですが、その製法などについても知っておくと、
より美味しさも深みが増すので、前々からぜひ一度、取材をしたいと思っていました。
アヒル肉は鉄分やビタミンが豊富な上に、
良質な脂肪と言われる「不飽和脂肪酸」を含んでいます。
牛肉や豚肉などよりもヘルシーと言われています。

鴨賞,アヒル肉,ダック,羅東,五結,博士鴨

残念ながら、肉の加工品なので、通関の関係上、
日本に持って帰ることはできませんが、
宜蘭や羅東の市内にあるレストランなどではどこでも食べられます。

今回、お世話になったのは宜蘭県五結郷にある「博士鴨」という観光工場。
ここでも色々なアヒル肉料理が楽しめます。
工場見学は事前申込みをすれば一般の方でも受け付けてくれるそうです。

博士鴨観光工場
宜蘭五結郷福興村新五路1-1号
03-960-6051

http://duck.diy.org.tw/
公式ウェブサイトはこちら

鴨賞,アヒル肉,ダック,羅東,五結,博士鴨


2017年6月16日(金曜日)

【宜蘭県の魅力】 温泉水で栽培されたトマトを食す

宜蘭県の魅力。
NNAの隔週連載「片倉佳史の台湾雑感」より

礁渓,片倉佳史,NNA,台湾雑感,礁渓温泉,トマト,桃太郎
※記事は2008年に執筆したものです


2017年5月28日(日曜日)

【宜蘭県の魅力】 宜蘭の金棗「橘之郷」を取材

蜜餞,金棗,橘之郷,宜蘭,Yilan,キンカン

宜蘭と言えば「蜜餞」!
今回取材した「橘之郷」ではキンカン(金棗)を用いた軽食とデザートを味わいました。
ワッフルに金棗をのせて食べたり、ピザに金棗と葱(こちらもまた宜蘭名物)をのせていただいたりと、
さりげなく風味を添えることで味わい深さを演出していました。

中でもキンカンジュースが格別な美味しさで、やみつきになりそう・・・
おかわりするべきだったとちょっぴり後悔しています(笑)

ちなみにこの金棗の90%が宜蘭県で収穫されています。
名実ともに宜蘭の特産品です。

橘之鄉蜜餞形象館
宜蘭市梅洲二路33号
03-928-5758
8:30〜18:00
宜蘭駅からタクシーで10分ほど(詳しくは下のウェブサイトをご覧ください)

http://www.agrioz.com.tw/
公式ウェブサイトはこちら

橘之郷,キンカン,蜜餞,宜蘭美食,観光工場,金棗
ショッピングも楽しめます


台湾を代表するバーテンダー、ニック・ウー氏


三浦理恵子さん in 台南


2017年5月27日(土曜日)

【宜蘭県の魅力】 台湾美食メモ。宜蘭のレトロレストラン「駿」

宜蘭,yilanfood,駿,蘭陽,羅東,台湾美食,宜蘭美食

宜蘭の個性派レストラン。
広めの店内にはレトログッズがずらりと並んでいます。
こういったお店は台湾には結構あるのですが、
ここがおすすめなのは、宜蘭地方の郷土料理が味わえること。
得に、アヒル肉を用いた「鴨賞」、宜蘭風お雑煮とも言うべき「西魯肉」、
そして、金柑を用いたデザートなど、オススメのものがいくつもあります。

残念ながら、
3月に出したJTBの『台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ』(JTBパブリッシング)では
紹介ができませんでした・・・

http://www.eland-chun.com.tw/
公式ウェブサイトはこちら

宜蘭駅を背にして左手に徒歩10分くらいです。
訪れる際は事前にチェックしてから赴いてみてください。
羅東にも分店があります。


2017年5月26日(金曜日)

【宜蘭県の魅力】 羅東で味わう博多ラーメン「一心拉麺」

一心拉麺,羅東美食,羅東駅前,博多ラーメン

台湾美食メモ。
宜蘭取材の最終日、日本食が恋しくなったので、
地元で評判の博多ラーメンを味わってきました。

羅東駅の裏出口(バスターミナル側)からすぐですので、
ぜひ、足を運んでみてください。
駅前通りをまっすぐに進んで、一つめの交差点を右折してすぐです。

※「日本人です」と伝えると、麺を少し固めに茹でてもらえます。


2017年5月23日(火曜日)

【台湾美食メモ】  基隆・正興酥餅店

基隆駅に近い正興酥餅店。
地元ッ子に愛される「焼餅」の店です。


2017年5月22日(月曜日)

台湾のタケノコ・NNA連載「片倉佳史の台湾雑感」より

片倉佳史,タケノコ,NNA,台湾雑感


2017年5月16日(火曜日)

漢方喫茶・手艸生活 (H’AND HERB Life)

拙著『台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ』(JTBパブリッシング)では紹介できなかったお店。
もう少し早く出会いたかった・・・

それにしても、漢方ドリンクって、ありそうでなかなか見られない存在でしたね。


2017年5月6日(土曜日)

ベジタリアンふりかけ(徠園農場)


2017年4月25日(火曜日)

台湾美食メモ 台北で牡蠣尽くし

カテゴリー: - katakura @ 19時15分40秒


2017年4月14日(金曜日)

萬華でいただくカキ入り台湾ソウメン(カタクラマリ)


2017年3月30日(木曜日)

今年初めてのマンゴーかき氷


2017年3月25日(土曜日)

『悠遊台湾』2017-18年度版、発売開始となりました!

悠遊台湾,生活情報誌,台北,台湾,片倉佳史,片倉真理,高砂電子出版

新刊のお知らせです。
台湾生活情報誌『悠遊台湾』(2017-18年度版)が刊行になり、
発売開始となりました。

本書は台湾で暮らす日本人のための生活便利帳です。
台湾の基礎事情に始まって、子育て事情や医療情報や家探しなどの生活情報、
同好会・サークル活動やグルメガイドまで、盛りだくさんの内容となっています。

『悠遊台湾』,片倉佳史,片倉真理,金門,原住民,馬祖
グルメはたっぷり60ページとっています

今年度版は台中、高雄、台南の情報を大幅にボリュームアップ。
現地在住者からの情報提供をいただき、暮らしに役立つ情報を盛り込みました。

悠遊台湾,生活情報誌,台北,台湾,片倉佳史,片倉真理,高砂電子出版,鉄道,環島,台湾鐵路
巻頭特集は台湾一周・車窓ガイドです

また、巻頭特集は「台湾一周・鉄道の旅」、
離島は馬祖列島を特集しています。

『悠遊台湾』,片倉佳史,片倉真理,金門,原住民,馬祖
秘境探索・馬祖の旅も4ページ割いています

悠遊台湾,台湾生活情報誌,片倉真理,片倉佳史

本誌の執筆は片倉真理で、撮影・構成を片倉佳史が担当しました。
オールカラーで280ページ。ちょっぴり分厚い1冊です。

定価は台湾では380元。
日本販売価格は送料込みで1700円となります。
メール便廃止でお安くできなくなってしまいました(もうしわけございません)。

お求めは以下にメールにて送付先をご指示ください。
到着後に口座をお教えします(ネットバンクのご利用もできます)。
nwotaiwan@hotmail.com

なお、台湾では紀伊国屋書店などで販売されていますが、
日本国内での販売店舗がないため、ウェブ上でご注文をいただき、
高砂電子出版から発送するというスタイルを取らせていただきます。

また、私が講演などを行なう際には会場でも販売させていただく予定です。

どうぞよろしくお願いいたします!

片倉佳史・真理(かたくらドットねっと)

『悠遊台湾』,片倉佳史,片倉真理,金門,原住民,馬祖


2017年2月23日(木曜日)

講演・「台湾グルメを200%楽しむ〜取材秘話あれこれ」

台北日本人会婦人部会にお招きいただき、
本日2月23日10時から講演をさせていただきます。
演題は「台湾グルメを200%楽しむ〜取材秘話あれこれ」。

より多くの方と台湾の食文化の魅力をわかちあいたいと思っています。

片倉佳史,スピーチ,食文化,台湾,台北,講演


2017年1月8日(日曜日)

『悠遊台湾』2016-17年度の電子書籍版の発売を始めました


2016年12月14日(水曜日)

プユマ号のお弁当

プユマ号を模したかわいらしいお弁当。

アイデアはなかなかなのですが、
お味のほうはまだ研究の余地がありそうです(笑)

頑張ってほしいですね!

台鐵,駅弁,プユマ号,便當,台鉄弁当


2016年12月11日(日曜日)

高雄の絶品かき氷・Q陳古早味黒砂糖剉冰

Q陳古早味黒砂糖剉冰,かき氷,高雄,五福路

絶品の誉れ高いかき氷。
私がこれまでに味わってきた数々のかき氷の中でも指折りの美味しさです。
先週、現在執筆中の新刊の関係で、取材させていただきました。

このお店はゲストハウスあひる家のオーナー・佐々木さんに教えてもらったお店ですが、
すっかりファンになってしまって早10年の歳月が過ぎました・・。

台湾南部では黒砂糖かき氷がメインになりますが、
ここの場合、濃度にこだわった特製シロップを用います。
今回はその秘密を聞くことができました。

ほのかにキャラメルの風味が美味しさを添えてくれます。
トッピングも自家製で、5種類をチョイス。

手作りプリンをのせるのが私と家内のお気に入りです。

数年前に某ガイドブックでも紹介されてしまい、
結構有名になってしまいましたが、
いつまでもその美味しさを保っていってほしいですね!

Q陳古早味黒砂糖剉冰
高雄市苓雅区五福一路147号
07-226-2986  
12:00〜22:00
月曜休み

黒砂糖,黒砂糖かき氷,高雄,五福路


2016年12月9日(金曜日)

高雄でかき氷三昧・・・


2016年10月30日(日曜日)

よみうりカルチャーセンター講演のご報告

【講演のご報告】

2016年10月30日、読売カルチャーセンター(錦糸町)で講演をさせていただきました。
今回は台湾の食文化と歴史、取材秘話をメインに、食文化の中にみられる日本との繋がりについてもお話しました。

今回は定員が100名だったのですが、
おかげさまで満席となってしまい、少々息苦しかったかもしれません。

また機会を改めて、皆さんとお会いできればと思っています。
取り急ぎ、ご報告とお礼のみ申し上げます。感謝!

片倉佳史.講演,よみうり,カルチャーセンター,講座


2016年10月20日(木曜日)

【台湾美食メモ】 上海極品軒

台湾美食メモ。
228公園に近い「極品軒」は上海料理の名門。
私も来客や接待などの時によく使わせてもらっているお店です。

ここはオーナーシェフである陳力榮さんご自身が腕をふるっているというところがポイントで、
オーナー自身が調理場に立つ有名店というのは多くありません。
陳さん自身、誇り高き料理人という感じの方です。

東坡肉,極品軒
文人・蘇東坡が考案したという東坡肉。上海料理の定番とされる一品です

おすすめはいくつもあるのですが、
やはり東坡肉(トンポーロ-)や紅焼獅子頭(大きな肉団子)、
雪菜白頁(高菜と湯葉の炒めもの)、
あとはちょっぴり独特な葱開煨麵もおすすめです。

極品軒,上海料理,陳力榮

上海極品軒
台北市衡陽路18号
02-2388-5880
※衡陽路と重慶南路の交差点近く

極品軒,上海料理,陳力榮


2016年9月5日(月曜日)

【宜蘭県の魅力 南澳で「月見冰」を味わう


115 queries. 0.181 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 245245245
昨日 : 393393393
総計 : 2063217206321720632172063217206321720632172063217

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店