logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2017年 6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2017年6月10日(土曜日)

【宜蘭県の魅力】 亀山島

台湾東北部に浮かぶ亀山島。
夏場を迎え、今が最も美しく見られる時期かもしれません。

この写真は大里付近で撮った一枚。
日本統治時代、ここは「大里簡(たいりかん)」と呼ばれ、台湾十二勝に挙げられていました。
宜蘭を代表する景観で、対岸の亀山、大里、外澳などからその姿を眺められます。

宜蘭を訪れる際は草嶺隧道の長いトンネルを越え、
この島が見えたら、そこはすでに宜蘭県です。
列車は間もなく、蘭陽平原の入口、頭城に着きます。

亀山島,宜蘭


2017年6月6日(火曜日)

三板橋共同墓地


2017年4月23日(日曜日)

4月29日、町屋講演のお知らせ

【町屋講演・4月29日】 

よみうりカルチャー町屋での講演。
今回は旅のテクニックとユースフルな最新情報をメインにお話しします。
ガイドブックではなかなか書きにくい情報やネタもお話ししたいと思います。

質問もできるだけお受けしたいと思います。
台湾旅行をご検討中の方、ぜひおこしください。

東京メトロ千代田線、京成線、都電荒川線の町屋駅前です。

よみかる,町屋講演,片倉佳史,台湾漫遊術,よみうりカルチャーセンター


2017年4月17日(月曜日)

八田技師の銅像事件

今回の八田與一技師の銅像事件は非常に心が痛むものでした・・・。
同時に、台南の人々の素早い動き、
そして心ある振る舞いに感動する部分もありました。

事件は15日深夜、16日未明に起きました。
実は私の友人が14日に参拝に行っているのですが、
当然、この時はなにもありませんでした。

16日の早朝、
6時くらいにランニングをしていた水利会の職員が銅像の惨劇を発見し、
警察に通報。朝7時には頼清徳台南市長の耳に入ったそうです。

市長はすぐに捜査班を立ち上がらせ、
同時に台南市文化局にも調査を始めさせています。

この頃にマスコミ向けに状況が発表され、
私もこの時、事件を知りました(信じられませんでしたが・・・)

午前中には特捜班が組織され、現場検証が始まりました。
指紋採取などを行ない、
現場で犯人達のものと思われるタバコの吸い殻を押さえたそうです。

こういった素早い動きのほかに、
twitterでも書いたように、頼市長は八田技師の遺族の方に
こんな事件が起きてしまったことをお詫びするメッセージを送ったり、
奇美實業の許文龍氏と修復について話し合ったりしています。

そのほか、水利会の皆さんをはじめ、
週末返上で動き回ってくれている関係者の方々にも
頭が下がりました。

5月8日の墓前祭は予定通りに行われるそうです。
引き続き、動きを見守りたいと思います。

片倉佳史


2017年4月9日(日曜日)

樺山小学校の卒業生にお話をうかがいました


2017年4月7日(金曜日)

樺山小学校の卒業生

台北市樺山小学校の卒業生の方々にお話をうかがいました。
引揚から70年という歳月が過ぎた今でもしっかりと連絡を取り合っているそうです。
今回は台北駅前で日の丸館という旅館を経営していた杉森家について、取材をしました。

樺山,湾生,日の丸館,上野政和,中野弘子


2017年4月6日(木曜日)

天母教の創始者・中治稔郎の遺族を訪問


2017年4月3日(月曜日)

宮崎県高鍋の柿原サエさんを訪問


2017年3月31日(金曜日)

植松材木店


2017年2月14日(火曜日)

【過去記事より】台北の隠れ家的な茶芸サロンを営むご夫婦。台湾茶の愛好家が集う 『趣きあふれる老アパート』(片倉真理)


飛虎将軍廟の記事がBLOGOS週間ランキング二位になりました


2017年2月12日(日曜日)

平渓天燈節。夜空を彩るランタン

平渓,天燈,ランタン,元宵節,2017

元宵節の夜空を彩るランタン。
平渓名物の天燈節(ランタンフェスティバル)が2月11日に開かれました。
私は大量の原稿に押しつぶされてしまい、行くことができませんでした・・・。

このランタン飛ばしの歴史は諸説ありますが、
三国時代、諸葛亮孔明が考案したものという説まであって興味が尽きません。

写真は過去に台湾政府のご招待で取材した時のもの。
大混雑な上に寒く、しかも雨が降ることが多いので、
結構ハードなのですが、多くの方に観に来ていただきたいものです。

平渓,天燈,ランタン,元宵節,2017


2017年2月11日(土曜日)

【台湾修学旅行がついにトップに!】

【台湾修学旅行がついにトップに!】

台湾にやってくる高校生の修学旅行数ですが、
ついに台湾がトップになりました。

公益財団法人全国修学旅行研究協会が1月17日付けで発表した統計によると、
2015年に台湾にやってきた高校生の数は3万6356名でアメリカを抜いてトップです。

ちなみに、2015年に海外修学旅行を行なった学校数は790校で
総人数は13万8097名となっています。

http://shugakuryoko.com/chosa/kaigai/2015-03-joukyou1.pdf
海外修学旅行の統計(公益財団法人全国修学旅行研究協会)

海外修学旅行で向かった先ランキング(2015年)

1位:台湾 3万6356人 224校
2位:アメリカ 3万6170人 249校
3位:シンガポール 2万0792人 147校
4位:オーストラリア 1万7527人 116校
5位:マレーシア 1万6572人 117校

周知の通り、台湾への修学旅行は2012年から急増しており、
私も事前学習や現地講話などをさせていただくことが増えています。

昨年、一昨年は15校くらいにお招きいただきましたが、
どの学校も熱心に取り組んでおられ、
台湾でお世話になっている私としても、とても嬉しく思いました。
今年もすでに9校から講演依頼をいただいています。

台湾で多くのことを感じ、そして、学んでいってほしいですね!


2016年12月28日(水曜日)

早稲田の台湾卒業生を取材

早稲田大学台湾校友会。
台湾の先輩達にお話をうかがいました。

まだ何人か、日本統治時代生まれの方がご健在なので、
こういった台湾の先輩の取材もしっかりと続けて行きたいと思います。

写真は取材時のもの。記事は以下をご覧ください。

http://www.cie-waseda.jp/win/jp/officelist/02561.html
記事はこちら

早稲田大学,台湾,校友会,稲門会,台北


2016年11月5日(土曜日)

【取材メモ】 若き飛行兵と台南・・・


2016年10月19日(水曜日)

建成小学校卒業の皆さんにお話をうかがう


2016年10月17日(月曜日)

【取材メモから】 台北市樺山小学校卒業生の皆さんを訪ねました


2016年8月27日(土曜日)

李登輝元総統と故張栄発総裁(Twitter記事より)

【台湾秘話1】 
故張栄発氏と李登輝氏。2011年と2012年に李登輝元総統を取材させていただいた際にうかがったお話。
東日本大震災の当日、その惨状を知った李登輝氏は救援隊を派遣しようと交流協会(大使館)に電話を入れたそうです。→続く
 
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress4/index.php?p=34

【台湾秘話2】 
しかし、待たされた上、外務省からの返事は「台湾の救援隊を受け入れる準備ができていない」というものでした。
災害時の人命救出のリミットは72時間と言われています。
李登輝元総統はこの時、とにかく早く救援隊を日本へ送りたいと考えたそうです。

【台湾秘話3】 
李登輝元総統はとりあえず救援隊を現地に行かせ、
あとは現場で日本の指示を仰ぐようにと救援隊の隊長に伝えたそうです。
この時、中華航空は日本政府が受け入れをまだ決めていないことを指摘し、難色を示したそうです→続く

【台湾秘話4】 
そこで李登輝元総統はエバー航空の張栄発総裁に電話を入れたそうです。
すると、張総裁は即決で受け入れてくれたとのこと。しかも、費用は一切いらないと語ったそうです。→続く

【台湾秘話5】 
最終的に隊員と救援機材は故張栄発総裁の指示下、エバー航空が無償で運びました。
この時、張総裁はポケットマネーで10億円を用意し、義捐金として日本に送ります(ウェッジの記事をご覧ください)→続く 

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7592

【台湾秘話6】 
張栄発総裁はこの時、居合わせた読売新聞の源一秀台北支局長(当時)に
「義捐金については足りなければまだ出せるから教えてほしい」と言ったそうです。
ただ、側近と友人以外にはこの義捐金について語ることがなかったため、あまり知られていません→続く 

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7592

【台湾秘話7】 
ところで、台湾の救援隊が日本に到着した時、
すでに中国や韓国からの救援隊が到着していたそうです。
李登輝元総統は「日本に何かあった時は、何が何でも台湾の救援隊が真っ先に駆けつけたかった・・」と悔しそうにおっしゃっていました。
李登輝事務所の友人によると、このことは今も時々お話しされるそうで、
それを果たせなかったのは李登輝元総統にとって「一生の痛恨事」なのだそうです(終)

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress4/index.php?p=34


2016年8月25日(木曜日)

【拙著/拙稿】 ウェッジ・張栄発氏の追悼記事(ウェブ公開されました)

【拙著・拙稿から】

雑誌『ウェッジ』に記事を寄せた張栄発さんの追悼記事。
このたび、ウェブ公開されました。無料で全文を見ることができます。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7592
こちらからご覧になれます

エバーグリーン(長栄)グループの総裁として君臨した故張栄発氏ですが、
その精神性の根源にあるものは何だったのか、そこに迫ってみました。

また、東日本大震災の際、
10億円という巨額の義捐金を日本に送ってくれた人物としても知られていますが、
その際の様子にも触れています。

雑誌のほうは東海道新幹線のグリーン車の各席に用意されていますが、
一般書店でもお求めいただけます。定価500円です。

http://wedge.ismedia.jp/category/wedge
ウェッジの公式サイト

より多くの方にご覧いただければ幸いです。

ウェッジ,張栄発,片倉佳史,長栄,義捐金,エバー航空,台湾


2016年8月21日(日曜日)

【講演のご報告】2016年7月6日・姫路講演(播磨国際協議会)

【講演のご報告・播磨国際協議会主催講演】

2016年7月6日(水曜日)、姫路の播磨国際協議会にお招きいただき、講演をして参りました。
今回のテーマは「台湾を知る、台湾を学ぶ〜親しき隣国の素顔と現地事情」。
台湾の基礎事情や現地事情、そして、最近のトピックスについてお話ししました。

平日の午後という時間ではありましたが、多くの方にお越しいただき、嬉しく思いました。
席が足りなくなってしまったようで、一部の方には申し訳なく思っております。

ご来場いただいた皆さん、そしてスタッフの皆さん、ありがとうございました。
また、お会いできる事を楽しみにしております。

姫路,片倉佳史,台湾,播磨国際協議会,台北


2016年7月7日(木曜日)

7月9日、京都精華大学で講演します


2016年5月31日(火曜日)

【動画】 湾生の里帰り・建成小学校と建成國中


2016年4月28日(木曜日)

台湾沖航空戦の証言者


2016年1月22日(金曜日)

台北捷運(MRT)松山新店線の列車到着メロディはショパンの調べ


2015年12月5日(土曜日)

【講演報告】 国立台湾大学の講演、終わりました

片倉佳史,講演,台湾大学

【講演報告】 

おかげさまで、2015年12月4日、
国立台湾大学日本文化研究中心での講演を終わらせることができました。

平日午後という難しい時間帯でしたが、多くの方にお集まりいただきました。
ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。

片倉佳史,講演

今回はいくつかのネタを用意し、それを絡め合わせながらお話ししてみました。
具体的には、
最初に施された日本語教育と外国語研究
台湾の「日式駅舎」再考
鄭成功を祀る神社の存在意義
台南銀座と若き建築家の挑戦
台北市の都市計画と後藤新平の人材育成
東日本大震災時の復興支援などをお話ししました。

お招きいただいた辻本教授、通訳をしてくれた林小姐、
スタッフの皆さん、ありがとうございました。
これで年内に予定されている私の講演はすべて終了です。

しばらくの間は新刊の執筆と取材・調査に集中できそうです。

片倉佳史,台湾大学


2015年11月24日(火曜日)

【台湾特捜通信・片倉チャンネル】 路上詩人、台湾を歩く

てんつくマン,台湾,台北,片倉佳史

動画配信ニュース「台湾特捜通信」ですが、
今回は路上詩人として親しまれているてんつくマンさん、
石田皓太さん、パパラ今井さん、宮城恵理さんを取り上げました。

今回は東日本大震災の復興支援に感謝し、
台湾を自転車で一周された叶佐枝子さんも同行し、皆さんで台北と台南を巡りました。

https://www.youtube.com/watch?v=6VP9FOIiF8I
台湾特捜通信・路上詩人が台湾にやってきた!

黒岩,片倉佳史,てんつくマン,路上詩人
叶佐枝子さん撮影。かき氷の黒岩にて

私は同行できませんでしたが、
台南では烏山頭ダムや飛虎将軍廟、嘉南薬理大学などを巡り、大いに盛り上がったそうです。

片倉佳史,片倉真理,路上詩人,てんつくマン

相手の瞳を見てインスピレーションをそのまま詩に仕立ててくれるというパフォーマンス、
私と家内もエネルギーをたっぷりいただきました。12月と来年2月にも訪台予定があるそうです。

こーた,路上詩人
島根を愛する路上詩人・こーたさんを撮影中


2015年11月23日(月曜日)

台北の下町に花開く版画アート・「MB more(岩筆模)」

【片倉真理の取材メモから】〜メールマガジン「片倉佳史の台湾便り」

台北の下町に花開く版画アート「MB more(岩筆模)」

MRT中山駅近くに位置する「赤峰街」。ここは最近、若手アーティストのショップやしゃれたカフェなどが増え、注目を集めている。
ほんの5年ほど前までは金物屋や部品工場などが集まり、機械油の匂いが充満していたが、今ではアート・エリアとして親しまれつつある。

その一角にこの店はある。窓枠が水色のペンキで塗られ、かわいらしい雰囲気。掲げられた看板には「您為什麽而活?」と記されている。
訳すと、「何のために生きているの?」という意味。ちょっぴり哲学的なひと言に思わず足を止めてしまう。

ここは台湾の版画アートを扱っている。経営するのは国立台北芸術大学で教鞭を執る版画家の林仁信さん。
店では若手アーティストたちの作品が並ぶ。
台湾特有の野生動物をモチーフにしたものや「注音符号」と呼ばれる発音表記をデザイン化したハガキやカードなどがある。
ポップで明るい色調のデザインは眺めているだけでも楽しい。
林さんはこうした版画作品を通して台湾の多様な文化を世界に発信していきたいと願っている。

林さんと話が弾む中で気になっていた標語について尋ねてみた。
「2014年3月、台湾では大規模な学生運動が起きました。これを機に台湾の社会は少しずつ変化を始めました。
これまで多くの人たちが目先の利益やお金儲けのために生きていましたが、人生はそれだけが目的ではないということに気づいたのです。
芸術は難しいものではなく、世の中を変えていく大きなパワーと影響力を持っています。
自分は版画アートを通して台湾の魅力を伝え、社会を変えていきたいと思っています」とのこと。

ここ「MB More」をはじめ、赤峰街には郷土への思いを熱く抱くオーナーが少なくない。
そうした気風を感じつつ、散策を楽しんでみてはいかが?

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=1961
http://www.pinkoi.com/product/1Gto2HcR
2016年版のカレンダーが出ています

MB more(岩筆模)
台北市大同區赤峰街32-1号
02-2558-3395


2015年11月19日(木曜日)

路上詩人が台湾にやってきた!

カテゴリー: - katakura @ 13時22分38秒

てんつくマン,台北
叶佐枝子さん撮影

台湾を巡っている路上詩人のてんつくマンさんにお会いしました。
今回は同じく路上詩人の石田皓太さん、パパラ今井さん、宮城恵理さん、
そして、東日本大震災の復興支援に感謝し、台湾を自転車で一周された叶佐枝子さんたちと台湾を巡っています。
訪台初日にお会いしましたが、昨日は台南や烏山頭ダム、飛虎将軍廟などで大いに盛り上がったようです。

http://ameblo.jp/tentsukuman-san/
てんつくマンさんのオフィシャルブログ

片倉佳史,片倉真理,てんつくマン
私と家内も書いていただきました

相手の瞳を見てインスピレーションをそのまま詩に仕立ててくれるというパフォーマンス、
私と家内もエネルギーをたっぷりいただきました。

てんつくマン,台湾,台北,ホーミーホステル
ゲストハウス・ホーミーホステル(台北市長安西路180號)でのパフォーマンス

今後、台湾でもこういった活動を続け、
日台両国の交流がより深くなっていくよう、応援したいとのことでした。

http://kotaishida.com/profile/
島根を愛する路上詩人・こーたさんのオフィシャルサイト

てんつくマン,路上詩人
こーたさんやパパラ今井さんにも熱っぽく思いを語っていただきました

https://www.facebook.com/papara.happy.smile.project/?__mref=message_bubble
パパラさんのファンサイト

パパラ,てんつくマン,こーた,台北,台湾


2015年11月11日(水曜日)

台湾籍ソ連抑留経験者・呉正男さんを訪ねました


2015年11月6日(金曜日)

八田與一技師とロータリークラブ


2015年11月1日(日曜日)

岩筆模の版画カレンダー2016年版

岩筆模,カレンダー,台湾,版画

台北・版画アートの発信基地「岩筆模Mb more」。
アートエリアとして注目を集めている赤峰街にある小さなショップです。

先日、2016年度のオリジナルカレンダーの予約受付が始まりました。
しっかりとした作りで、とてもいい感じ。
紙が分厚くて重厚感すら感じられます。

犬や猫の表情がとてもかわいらしく、
しかも、台湾らしさがしっかり感じられます。まさに見ているだけで楽しめます。

岩筆模、赤峰街,版画,カレンダー,台湾

定価は299元。プレゼントにもおすすめです。
数量限定販売とのことなので、ご興味のある方はお早めに・・・。

http://www.pinkoi.com/product/1Gto2HcR
詳しくはこちらをご覧ください

岩筆模
台北市大同区赤峰街32-1号
0225583395
営業時間は午後1時から9時までです。

赤峰街,岩筆模,版画
かわいらしいポストカードや雑貨が並んでいます

版画,台湾,赤峰街,台北


2015年10月30日(金曜日)

【取材メモ】 満州国にわたった台湾人エリートたち


[無題]


2015年10月4日(日曜日)

高雄のLRTは16日から

高雄ライトレール,LRT

【鉄道ネタ】 

高雄ライトレール(LRT)のプレ開業日が16日に決まったそうです。
とりあえずは午前9時から午後7時までの運行で、30分ごとに走るそうです。
日本から鉄道ファンが押し寄せそうですね!

写真は高雄市の計らいで撮影させてもらったもの。

高雄ライトレール,LRT


2015年9月26日(土曜日)

講演のご報告 9月26日

【講演のご報告】

台湾文化センター&読売カルチャーセンターにお招きいただいた講演が無事に終わりました。
おかげさまで、多くの方と台湾の魅力を分かち合うことができました。

今回のテーマは「台湾と日本、文化のつながりと絆を探る」というものでした。
初めてお目にかかる方が多く、私も新鮮な印象でした。

ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。
今日はゆっくり休みます・・・

片倉佳史,台湾文化センター,読売カルチャーセンター,虎ノ門


2015年9月15日(火曜日)

台湾籍シベリア抑留経験者を取材

シベリア,台湾

【取材メモ】

ご縁をいただき、本日は台湾籍シベリア抑留経験者の方を訪問し、
聞き取り調査をおこなってきました。

呉正男さんは何度かお会いしていますが、香川さんは初めてお会いする方でした。
それでも、四時間にもわたってお話しをうかがってしまいました。

重くつらいエピソードが連続しましたが、
「生き抜く」ということは何なのか、改めて考えさせられました。

引き続き、取材を続けていきたいと思います。
現在、台湾籍でシベリア抑留経験をした方は3名がご健在です。

呉正男,台湾,シベリア


2015年8月14日(金曜日)

微笑萌ポストが大人気

台北,ポスト,萌郵筒

先週の台風で看板が飛び、それを受けて傾いてしまった台北市龍江路のポスト。
その風貌がかわいいということで、連日大人気の撮影スポットになっています。

「微笑萌郵筒」という名前まで付けられており、まさに人気者。
「萌」はすっかり台湾に定着した日本語と言えそうです。

ポスト,台風,台北,龍江路
魚眼レンズを使ってみました。手前の赤いシャツの女の子、ポンタTシャツですね

本来は移設される予定でしたが、「せっかくだからこの場所で残そう」という意見が多く、
中華郵政もその意見を聞いて保存を決定。確かに表情があってかわいいですね。

ポスト,台北

それにしても、ここまで行列ができるとは!
かぎりなく平和な台北の街角!
台湾の人々のノリの良さを改めて思い知りました。

場所は南京東路と龍江路の交差点近くのセブンイレブン前。
中華航空本社ビルの脇です。
それにしてもなぜ、ローソンのキャラであるポンタがいるんでしょうか?

珍景,ポスト,台北,風景印
特別に用意された記念風景印もあります。笑っているように見えますね(笑)


2015年7月27日(月曜日)

やんcafe、岡山市にある台湾好きの聖地

【やんcafe・岡山市の台湾好き聖地】 

岡山県で台湾世界に浸れる魅惑のスポットをご紹介します。
「やんcafe」さんは安井千恵さんと櫻さんの美人母娘が切り盛りするお店。
店内にはこだわりの台湾雑貨がぎっしり並んでいて壮観です。

やんcafe,安井千恵,台湾雑貨,岡山

売られている商品はいずれもオーナー自身が定期的に台湾を訪れ、
自身の目で厳選したものです。
品数が多いだけでなく、値段もリーズナブルなのが嬉しいですね。
あれこれほしくなってしまうものばかりです。

http://www.okishinden.com/spot/%E3%82%84%E3%82%93cafe.html
沖新田.comさんの紹介記事。詳しい紹介があります

安井千恵,安井櫻,やんcafe,岡山市,台湾
ドアをあけた瞬間からそこはまさしく「台湾世界」という感じ

ショッピングはもちろんですが、台湾茶やスイーツをゆっくり楽しめる空間でもあります。
心地よい台湾の音楽が流れていて、いつ訪れても台湾好きが集まっています。
オーナーの安井千恵さんは台湾歴30年という方なので、旅の相談にものってくれますし、
ホットで気の利いた情報も提供してくれると思います。

なお、グッズはネットショッピングでも購入できるそうなので、
岡山県在住でなくてもOKです。
台湾好きの方への贈答品など、ここで選んでみてはいかがでしょう。

http://cafeyang.shop-pro.jp/
ネットショップも展開中「台湾百貨店」

やんcafe,安井千恵,台湾雑貨,岡山

やんcafe
住所・岡山市中区藤崎131-11
電話・08029102008
営業時間 火〜金 13:00〜18:00(土は〜17:00)
定休日 日曜、月曜
アクセス情報については以下のサイトをご覧ください。
駐車場有り
http://moon.ap.teacup.com/yang_cafe/
オフィシャルブログはこちら

安井千恵,やんcafe,岡山市,台湾雑貨
岡山在住の方以外でも足を運ぶ価値アリのお店です


2015年7月25日(土曜日)

台湾映画『共犯』(張永吉作)

カテゴリー: - katakura @ 10時43分56秒


2015年5月15日(金曜日)

【湾生訪問】 終戦直後の引揚事業に関する調査

取材メモから。

前台湾協会理事長の斉藤毅さんをお訪ねしました。
終戦後、台湾からの引揚事業についてお話をうかがいました。
斎藤さんのお父さまは戦後、外務省文書を調査・収集しており、膨大な量の資料をまとめていました。
このジャンルはおそらく、台湾史の中でも最も調査・研究が遅れている分野かと思います。
私も知らないことばかりで、勉強不足を恥ずかしく思いました・・・

また、貴重な写真、資料を見せていただきました。

近日中に出版予定があるので、そちらも楽しみです。

斎藤毅,台湾協会,引揚


2015年4月11日(土曜日)

飛虎将軍廟に奉納された御神輿、最新画像

飛虎将軍廟,杉浦茂峰,台南,御神輿

台南の飛虎将軍廟に奉納された御神輿。
講演家・中村文昭さんを中心に全国から寄付が集まり、3月9日に奉納されました。

昨日、現地から最新画像がとどきました。
デコレーションが凝っていますね。

飛虎将軍廟,杉浦茂峰,台南,御神輿

飛虎将軍廟では戦時中、
台湾の地で命を落とした杉浦茂峰氏が手厚く祀られています。

とにかく、ゼロ戦模型が眩しいですね。

4月30日には盛大なお祭りがあります。
ご都合のよろしい方、どうぞお越しください。

飛虎将軍廟,杉浦茂峰,台南,御神輿


2015年3月7日(土曜日)

石川県小松市在住の湾生・高木さんを訪ねる

日本統治時代の新竹高等女学校を卒業し、台湾銀行に勤めていた高木さんを訪ねました。
話が途切れることがありませんでした。
いつまでもお元気でいてほしいですね。


2015年3月2日(月曜日)

湾生・今林敏治さんを訪ねる。日本統治時代の台南


2015年3月1日(日曜日)

明治29年に刊行された台湾語会話本

この本を編纂したのは芝山巌事件で命を奪われた六士先生の一人、平井数馬です。
20才に満たない青年が手がけた渾身の一冊と言っていいでしょう。


2015年2月17日(火曜日)

台湾美食案内・風小路

風小路,台北,鉄板串焼き

【台湾美食案内】 風小路

ここは台北で唯一、鉄板串焼きが味わえる店。
日本人の若夫婦が切り盛りしています。
選び抜いた確かな素材を用い、調味料なども日本から取り寄せているそうです。

店内は落ち着いた雰囲気で、個室もあります。
予算はお一人800〜1000元くらい。MRT国父紀念館駅から徒歩5分くらい。
アルコール類も充実しています。

風小路
光復南路308巷32号
02-2771-0770
17:30〜23:00、日曜は〜22:00
月曜定休

風小路,台北,鉄板串焼き
オーナー夫妻


2015年2月14日(土曜日)

版画アートがひそかなブーム

カテゴリー: - katakura @ 00時29分13秒


2015年2月1日(日曜日)

台湾の未来をうかがう

カテゴリー: - katakura @ 12時54分37秒

今後の民主進歩党の動きは気になりますね。
もちろん、中国国民党の動きも気になりますが・・・


2015年1月29日(木曜日)

戦前の想い、和歌に託す

戦前、想い叶わぬままに別の道を歩んだ二人。
その心を今も和歌に託して書き連ねている女性の作品を拝見しました。

心打たれました。

和歌,竹南


2015年1月22日(木曜日)

岩筆模、台北版画アートのオリジナルカレンダー

岩筆模,赤峰街,台北,版画

先月取材でおじゃました台北・版画アートの発信基地「岩筆模mbmore」。
最近、アートエリアとして注目されている赤峰街にある小さなショップです。

ここのオリジナルカレンダーをいただきました。
しっかりとした作りで、とてもいい感じ。
台湾という「島」の日常と暮らしぶりをモチーフにしており、見ているだけで楽しめます。
定価は299元。プレゼントにも良さそうです。
数量限定販売とのことなので、ご興味のある方はお早めに・・・。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10152471246371720.1073741854.287472951719&type=1
詳しくはこちらをご覧ください(フェイスブックのページ)

岩筆模
台北市大同区赤峰街32-1号
0225583395
営業時間は午後1時から9時までです。

岩筆模,赤峰街,台北,版画,カレンダー


2015年1月21日(水曜日)

従軍看護婦・看護助士


115 queries. 0.189 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 9393
昨日 : 234234234
総計 : 1957834195783419578341957834195783419578341957834

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店