logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2017年 7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2017年7月20日(木曜日)

封印された日本軍の功績 (別冊宝島 2606)


2017年6月14日(水曜日)

台湾の葡萄(ブドウ)はなかなかのお味です


2017年3月26日(日曜日)

媽祖の巡礼

カテゴリー: - katakura @ 10時58分40秒


2017年1月6日(金曜日)

渓湖糖廠に復活したDCをチャーター

渓湖,糖廠,ナローゲージ,524号,台湾

渓湖糖厰に復活したDCをチャーター!

レストアの終わった製糖鉄道のDC524号機のチャーター運転に参加させていただきました。
修復後、一般の旅客を乗せて走るのはこれが初めてだそうで、まさにお披露目といった感じでした。

渓湖,糖廠,ナローゲージ,524号,台湾

手配にご尽力いただいた許さん、山崎さん、ありがとうございました!
一年の最後に一年分の夢を見てしまった感じです(笑)


2017年1月5日(木曜日)

台湾高速鉄路、10周年

台湾高鉄,高鉄,高鐵,陳水扁

2007年の1月5日、
台湾高速鉄路が営業を開始しました。
当時の開業区間は板橋〜左営。

陳水扁,台湾高鉄,10周年,2007年1月5日

12月27日になってようやくGOサインが出たというのも今や懐かしい思い出です(笑)
こういったレポートは鉄道ダイヤ情報に記事を書きましたが、こちらもいい思い出。

なお、写真は開業当日ではなく陳水扁総統が
乗車するために仕立てられた特別列車の様子です。

大きな事故もなく迎えられた10周年。
これからも多くの人々の足として機能していってほしいですね。

高鐵,臺灣高鐵,板橋開業,2007年,陳水扁,台湾新幹線


2016年11月27日(日曜日)

【おすすめ動画】 さようなら・台中駅


2016年11月18日(金曜日)

【講演報告】 高槻高校

高槻高校,修学旅行,台湾研修,片倉佳史

2016年11月14日、
台湾を訪問中の高槻高校の皆さんを前に講演をしました。

皆さんとても熱心で、質疑応答を含め2時間というロングトークになってしまいました。
熱いまなざしが嬉しかったです。

今回は訪問地が台中ということで、
台湾高鉄で現地に赴いての講演でした。

台湾で多くのことを感じ、学んでほしいです!

片倉佳史,講演,高槻高校,台湾事情


2016年9月13日(火曜日)

台中ダンスフェスティバル・臺中國際踩舞祭

カテゴリー: - katakura @ 01時23分27秒

台中,YOSAKOI祭り

【台中国際ダンスパレードフェスティバル】

2016年9月15日 (木)から18日 (日)まで、
台中市政府広場と夏冀聾園で台中市主催のダンスイベントがあります。

台中,YOSAKOI祭り,雪希

この企画は台中と日本の交流を促進し、より深い関係を築けるようにと企画された大型イベント。
今回は台中版YOSAKOI祭りとして、日本からも名古屋や三重県、北海道のメンバーが台中にやってきます。

台中市観光旅遊局はダンスが紡ぐ新しい友好の形を多くの方に見ていただきたいとのこと。
イベントの各内容、スケジュールは以下の公式サイトをご覧ください。

http://www.tcdanceparade.com/index.php
公式サイトはこちら

https://www.facebook.com/tcdanceparade/videos/1578935715743372/?hc_ref=PAGES_TIMELINE&__mref=message_bubble
フェイスブックの公式ページ

なお、このイベントの司会は台湾でも活躍中のタレント雪希(ゆき)さんが担当します。
こちらも楽しみですね。
雪希さんはマルチに活躍するタレントさんで、
今回は日本語と中国語の両方でイベントを盛り上げてくれると思います。

https://www.facebook.com/%E9%9B%AA%E5%B8%8C%E3%81%AE%E5%8F%B0%E7%81%A3%E6%97%A5%E8%A8%98-267305523298017/?__mref=message_bubble
雪希(ゆき)さんのファンページ

https://www.youtube.com/user/makiintaiwan
雪希(ゆき)さんの台湾紹介動画のサイト

雪希,片倉佳史,台中


2016年8月9日(火曜日)

【拙著・拙稿】 『歴史通』の巻頭特集

【拙著・拙稿】 

現在発売中の雑誌『歴史通』(ワック出版)。
巻頭カラーで日本統治時代の台湾の姿を18ページで紹介しています。
拙著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)はおかげさまで順調に増刷を重ねていますが、
その中でも意義のあるカットを選び、同時に、前著では掲載しなかった古写真を多めに入れてみました。

また、数々の台湾本を手がけておられる翻訳家・天野健太郎さんとの対談記事があります。
こちらではちょっぴり深い台湾の魅力と、その意味合いについて語り合っています。

http://web-wac.co.jp/magazine/rekishi/
公式ウェブサイトはこちら

ご興味を感じていただける方、どうぞお手にとっていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

歴史通,ワック,片倉佳史,天野健太郎,台北,古写真,絵はがき


2016年8月8日(月曜日)

電子書籍版・『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)


2016年7月17日(日曜日)

増澤萬樹園経営者のご遺族にお会いしました

【取材メモ】

台湾中部の二水にあった増澤萬樹園。
ここの経営者だった増澤深治氏の子孫にお会いしました。
京都精華大学の講演にお越しいただき、お話をうかがうことができました。

増澤萬樹園は台湾最大規模と思われる農場でしたが、
なかなかその詳細を知ることができませんでした。
烏山頭ダムと嘉南大圳で知られる八田與一技師とのかかわりにも興味が尽きません。

引き続き、調査を続けたいと思います。
貴重なご縁に感謝です。

増澤萬樹園,二水,湾生,八田重義


2016年6月30日(木曜日)

台中の会議とかき氷

台中でちょっぴり大きなプロジェクトの会議をこなしてきました。
台北以上に蒸し暑い感じで、かき氷が美味しかったです。

台湾はかき氷ひとつにしても、土地柄が感じられて面白いですね。
このネタも名古屋の講演でお話ししたいと思います。


2016年6月28日(火曜日)

2016年7月9日、京都精華大学で講演します

【お知らせ・京都精華大学講演】

今年も京都精華大学の是澤範三先生からお招きいただき、講演をさせていただくことになりました。
テーマは「より深く台湾を知ろう!知っておきたい基礎知識」。

日時は2016年7月9日(土)。14:00-16:00です。
場所は京都精華大学本館3階の302教室。

片倉佳史,新刊,祥伝社,台湾,台北,日本統治時代

アクセスは以下をご覧ください。

http://www.kyoto-seika.ac.jp/about/files/2014/11/accessmap_A4b2.pdf
ご案内は上をクリック!

叡山電車の京都精華大学前駅が最寄り駅となりますが、
地下鉄国際会館駅の3番出口より右30mにスクールバス専用バス停があります。
10分おきに便があるので、こちらもご利用ください。

澎湖,片倉佳史

それではよろしくお願いいたします。
より多くの方と台湾の魅力を分かち合えると幸いです。

片倉佳史

片倉佳史,台湾,日本統治時代,台北,高雄


2016年6月25日(土曜日)

増刷報告・『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)

日本統治時代,台湾,祥伝社,片倉佳史,植民地

【増刷報告】 

2016年6月23日、
拙著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)の2回目の増刷が決まりました。
前回と同様、今回も1500部の増刷です。

この場を借りてご報告申し上げます。
ありがとうございました!心よりお礼申し上げます。

台南,日本統治時代,片倉佳史


2016年6月18日(土曜日)

台湾籍シベリア抑留者を訪ねる

【取材メモ】

台湾籍シベリア抑留者の取材。
千葉県在住の陳旺さんを訪ねました。

とても穏やかな方でしたが、
その生き様を語る声色には何とも言えない力強さがみなぎっていました。

今回は4時間ほどの取材でしたが、
お話をうかがいながら、さまざまなことを教わったように感じます。

台湾人シベリア抑留経験者は現在、三名がご健在です。
引き続き調査を続け、講演活動などでお話ができればと思っています。

陳旺,シベリア,ソ連,渓湖,台湾,戦争体験


2016年3月29日(火曜日)

渓湖糖廠の観光さとうきび列車

渓湖,福井食堂,製糖鉄道

先日訪れた台湾中部彰化県の渓湖糖廠(製糖工場)。
観光列車として再整備された製糖鉄道を久しぶりに楽しんできました。

複線区間が長く、郊外路線のような雰囲気がありますね。
ただ、車窓はちょっぴり単調かな?

渓湖糖廠,五分車,福井食堂,片倉佳史,木川泰弘


2015年10月26日(月曜日)

台湾高鉄の新駅が11月4日から一般公開

高鉄彰化,高鐵彰化站
高鉄彰化駅(台湾高速鉄路提供)

【鉄道ネタ・速報】

12月1日に開業予定の台湾高鉄の三駅(苗栗、雲林、彰化)。
10月23日のプレスリリースによると、11月4日から見学が可能になるそうです。

毎日8:30から17:30までで、コンコースは自由に参観できます。
構内に関しては、9:30、11:00、14:00、15:30にガイドツアーがあるそうです。
要予約(02-4066-3000)。

高鉄苗栗駅,高鐵苗栗站
高鉄苗栗駅(台湾高速鉄路提供)

ただし、自力で行こうとするとアクセスがかなり不便ですので、ご注意ください。
それぞれの駅舎にはコンセプトがあって、ちょっと面白そうです。

写真はいずれも高鉄提供のカットです。

高鉄雲林,高鐵雲林站
高鉄雲林駅(台湾高速鉄路提供)


2014年6月18日(水曜日)

CT273、台湾のC57の晴れ姿

C57,CT273,台湾,台鐵,花壇,蒸気機関車

台湾で大復活を果たしたC57。
CT273と呼ばれるこの機関車は1943年、川崎車輌製。
引退から約30年の歳月を経て、奇蹟の復活です。

C57,CT273,台湾,台鐵,花壇,蒸気機関車,彰化,二水

この日は台湾の鉄道情報誌『鐵道情報』の古庭維編集長やカメラマンの米屋こうじさん、
張志文さん、四国在住の鴨田青さんとともに、「貴婦人」を追いかけました。

CT273,C57,台湾,台鐵,二水,蒸気機関車
この角度もまた、良い感じです

CT273,C57,台湾,台鐵,花壇,蒸気機関車
花壇駅を出て行く特別列車。チケットはまさに瞬殺状態だったようです


2014年6月10日(火曜日)

CT273、台湾で復活したC57「貴婦人」

CT273,C57,台湾,台鐵,花壇,蒸気機関車

CT273型が大復活を遂げました。
日本統治時代に持ち込まれたC57形蒸気機関車。
このたび、鉄路節(鉄道記念日)に合わせ、正式な復活を遂げました。

天気にも恵まれ、晴れ姿を収めることができました。
この日は多くの知り合いやカメラマン、記者たちと会いましたが、
皆、大興奮の面持ちで、いい表情でした。

花壇駅にて。2014年6月9日。

CT273,C57,台湾,台鐵,花壇,蒸気機関車


2014年5月6日(火曜日)

台中の名物かき氷・豊仁冰

豊仁冰,台中,かき氷,台湾,台中名物

台中の名物かき氷を賞味。
日本ではあまり知られていませんが、台中っ子なら知らない人はいないと言われるほどメジャーな存在。
その名は「豊仁冰」。

いつもは台中第一高級中学に近いお店に行っていたのですが、
今回、初めて本家(創始店といいます)のほうに来てみました。

豊仁冰,陳豊仁,創始店,双十路,台中,かき氷,台湾,台中名物
由来が書いてあります。創始者は陳豊仁さんというお方です

口にしてみると、これが絶品中の絶品。
まさに「逸品」という以外に表現が見つからないほどの美味しさでした。
私がこれまで食べてきたかき氷の中でもトップ3に入る味と言ってもいいほどでした。
台中第一高級中学の前にあるお店よりもこちらのほうが格段、美味しいように思います。
できれば両者を食べ比べて見てください(笑)

シャッターを押したら、眩しいくらいに輝いていました(笑)

台中市北区雙十路二段15号。
駅からタクシーで(余裕をもって)15分くらいかかりますが、ぜひ足を運んでみてください!
台中市立体育館の向かいです。

豊仁冰,陳豊仁,創始店,双十路,台中,かき氷,台湾,台中名物


2014年4月11日(金曜日)

媽祖巡礼を体験! 媽祖遶境

新港,媽祖,大甲媽祖,巡礼,神輿

台湾最大の宗教行事と言われる大甲媽祖の巡礼。
「媽祖遶境」と呼ばれて親しまれていますが、片道170キロを媽祖のご神体を担いだ信徒たちが歩き抜きます。
行程は全9日間、参加者数はのべ100万に達すると言われています。

新港,媽祖,大甲媽祖,巡礼,奉天宮
新港奉天宮。ここが媽祖巡礼の折り返し地点です

倰轎腳,媽祖,新港,巡礼,大甲
倰轎腳

中でも強烈な印象として心に刻まれたのが「倰轎腳(ぬんきょおかー)」と呼ばれるもの。
媽祖様の御神輿に跨がれると幸福になれるとされています。延々と道路に寝そべった人々の列が続きます。

新港,媽祖,大甲媽祖,巡礼,奉天宮
巡礼者にスイカを配る少女

沿道では人々が巡礼者に食べ物や飲み物を配り歩いています。
トイレや洗面所も貸してくれますし、シャワーを貸してくれる人も少なくありません。
まさに助け合いの場です。道のりは相当ハードですが、それを支えてくれる人々も熱いです。

http://www.dajiamazu.org.tw/content/news/news02_01.aspx?sid=74
大甲媽祖遶境進香(スケジュールがわかります)

新港,媽祖,大甲媽祖,巡礼,奉天宮
とにかく歩き歩き歩きます


2014年4月1日(火曜日)

復興航空の機内誌に媽祖巡礼の記事

【拙著;拙稿から】
 
復興航空(トランスアジア航空)の機内誌に片倉真理が記事を書いています。
テーマはこの時期恒例の「媽祖巡礼」についてです。

機会のある方、どうぞお手にとってみてください。よろしくお願いいたします。

媽祖,大甲,新港,復興航空,トランスアジア


2014年3月15日(土曜日)

旧豊原神社の遺構

豊原神社,石灯籠,遺蹟


2014年3月10日(月曜日)

虎尾糖廠

虎尾糖廠撮影記録。
この列車は精製された砂糖を倉庫に運び出す列車。
さとうきびの運搬列車に目が向いてしまいますが、こちらもまた、いい感じです。

虎尾,製糖鉄道,五分車,さとうきび列車,台湾糖業公司,ナローゲージ


2014年2月3日(月曜日)

台中神社の遺蹟(NNA連載より)

台中神社,台湾雑感,NNA,神社遺蹟


2014年1月10日(金曜日)

台中港線の貨物列車

先日、台中港線を撮影してきました。
この日は普段は入らない埠頭にも列車が入り、
貴重なカットを収められました。


2013年12月30日(月曜日)

コスモス畑と製糖鉄道

雲林県虎尾の製糖鉄道。
昨年まではなかったはずのコスモス畑の脇を走るシーン。
これが撮影したくて、二日ほど半徹夜状態に耐えました(笑)

台湾最後のさとうきび運搬列車。


2013年10月30日(水曜日)

正式発表となった台中MRTの車両

ようやくリリースされた台中市のMRT(都市交通システム)の車両。
ちょっぴり個性的な顔だちが印象に残ります。シンボルマークはイルカで、外観もこれをイメージしているそうです。
2両編成ですが、車体が22・17メートルと長いのが特色。川崎重工業製。

http://www.traffic.taichung.gov.tw/news/index-1.asp?Parser=9%2C4%2C20%2C%2C%2C%2C2183
詳しくはこちら・・・

画像は2枚とも台中市政府提供です。


2013年8月30日(金曜日)

台中武徳殿

台中武徳殿,武徳殿,台中

台中武徳殿。
私がここを最初に訪れたのは1999年のこと。
当時は、外省籍軍人の家屋になっており、荒れ果てていました。
この建物の中に4家族がくらしていました。

その後、歴史建築の認定を受け、大規模な改修工事が施されました。
現在は郷土史蹟として大切に扱われています。

館内もしっかり整備され、イベントスペースとなっているほか、
剣道教室も開かれているそうです(柔道場はなくなっています・・・)


記念撮影を楽しむ若者たち


裏庭もきれいです(これは日本統治時代にはなかったもの)


2013年8月19日(月曜日)

和美公学校校内神社狛犬

和美,神社,公学校,片倉佳史,戎光祥出版,祥伝社,狛犬

彰化県の和美国民小学。
日本統治時代に和美公学校として開設されました。
その校内神社の狛犬が今も残っています。
詳細は拙著『台湾に生きている日本』(祥伝社)で紹介させてもらいました。
ご興味のある方、どうぞご覧ください。


2013年4月24日(水曜日)

初代台中神社の遺構

NNAの隔週連載記事の142回目。
台中市内に残る神社の遺跡をご紹介しました。

台中神社,日本統治時代,台中,台中公園


2013年3月4日(月曜日)

「銀河の鉄道」で列車撮影(員林)

みんなで楽しく列車撮影。
台湾中部彰化県。「銀河の鉄道」景観餐廳にて。

バスなどは出ていないので、員林駅からタクシーを使うのが便利。
平日は夕方以降の営業なので、撮影を楽しむ場合は週末に訪問しましょう。夜景もきれいです。

彰化県社頭郷協和村後路巷27-1号

このカフェ、食べ物がもう少し美味しければいいのですが・・・


2012年12月30日(日曜日)

虎尾糖廠、2012年冬

台湾中部の雲林県。
虎尾糖廠に行ってきました。
ここには台湾最後のサトウキビ運搬列車が走っています。

今回は日台両国の鉄道ファンが思い思いに集まり、
至福の時間を過ごしました。やはり趣味に国境はありません(特に日本と台湾の間には!)

途中、脱線というハプニングも・・・
結構大きな事故でダイヤが大きく乱れました。

サトウキビ運搬列車は来年三月頃までの運行です。
撮影はお早めに・・・


台湾高鉄との夢の競演は今回は幻に終わりました・・・


2012年8月26日(日曜日)

渓湖のSL

カテゴリー: - katakura @ 12時21分53秒

渓湖糖廠(製糖工場)の蒸気機関車。
前著『台湾 鉄道の旅』(JTBキャンブックス)ではたくさんのお便りをいただきましたが、
その中でもとりわけ関心を集めていたものの一つがここ。
台湾中部の渓湖というところにある観光用製糖鉄道です。
石炭炊きのホンモノですので、音、匂いともに蒸気機関車の雰囲気をまとっています。
アクセスほか、詳細はイカロス出版の『台湾鉄道の旅・完全ガイド』に詳しい情報が載っています。


2012年6月4日(月曜日)

『HERE PLUS 玩全台中』に記事を書かせていただきました

台湾で発行されている情報誌「HERE PLUS 玩全台中」に記事を書かせていただきました。
この雑誌は台灣東販さんが出しているもので、さすがに濃密な台中情報が掲載されています。
全く知らないお店も多く、次の台中取材では参考にさせてもらいたいと思いました!

今回、私が担当したのは「海線に残る日本統治時代の木造駅舎」という企画で、
本文は中国語に翻訳されていますが、写真が多いので、見るだけでも楽しんでいただけるのではないかと思っています。
全4頁となっています。ちなみに表紙は人気アイドルの羅志祥さんです。

書店やコンビニで見かけたら、どうぞご覧ください。

よろしくお願いいたします。

          


2008年3月28日(金曜日)

台湾新幹線、夜景

銀河の鉄道

やや単調になりがちな台湾高鉄の撮影ですが、
今回は趣向を変えて、こんな撮影を楽しんでみました。


87 queries. 0.230 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 161161161
昨日 : 132132132
総計 : 1964228196422819642281964228196422819642281964228

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店