logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2017年 6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2017年6月19日(月曜日)

【宜蘭県の魅力】 絶品の「蜜餞」を味わう〜橘之郷

宜蘭には名物が数多くありますが、「蜜餞」はその代表格の一つ。
今回、蜜餞の製造を行なっている業者の「橘之郷」を取材してきました。

蜜餞そのものは台湾全土で作られているのですが、
産地に直結したところというのはあまり見られません。

そういった意味では、宜蘭の蜜餞、特に金棗(キンカン)を用いたものは、
宜蘭のご当地産品と言っていいようです。

橘之郷,宜蘭美食,金柑,キンカン,金棗
実演販売コーナーもありますので、お土産探しもできます

橘之鄉蜜餞形象館
宜蘭市梅洲二路33号
03-928-5758
8:30〜18:00
宜蘭駅からタクシーで10分ほど(詳しくは下のウェブサイトをご覧ください)

http://www.agrioz.com.tw/
公式ウェブサイトはこちら

キンカン,宜蘭美食,金棗,橘之郷
ワッフルに切り刻んだキンカン。これもまた、程よい甘さの逸品でした


2017年6月17日(土曜日)

九份名物・芋圓(芋だんご)

観光客で溢れかえる九份。
『台湾で日帰り旅』(JTBパブリッシング)の取材で訪れましたが、
以前にも増して観光地化されていました(苦笑)

ただ、名物の芋団子は素朴な美味しさは変わることなく、
美味しくいただいてきました。

芋圓,九份美食,九份,台湾観光,jiufen


2017年6月14日(水曜日)

台湾の葡萄(ブドウ)はなかなかのお味です


2017年5月31日(水曜日)

【宜蘭県の魅力】 和平豆花。羅東のイチオシデザート

宜蘭県羅東の名物デザート。
まだまだ観光客には毒されていないので、いい感じです。
味ももちろん、ボリュームも特筆ものです。


巨大なスイカ


2017年5月30日(火曜日)

有時甘杯〜台南のリノベ茶芸館


2017年5月28日(日曜日)

【宜蘭県の魅力】 宜蘭の金棗「橘之郷」を取材

蜜餞,金棗,橘之郷,宜蘭,Yilan,キンカン

宜蘭と言えば「蜜餞」!
今回取材した「橘之郷」ではキンカン(金棗)を用いた軽食とデザートを味わいました。
ワッフルに金棗をのせて食べたり、ピザに金棗と葱(こちらもまた宜蘭名物)をのせていただいたりと、
さりげなく風味を添えることで味わい深さを演出していました。

中でもキンカンジュースが格別な美味しさで、やみつきになりそう・・・
おかわりするべきだったとちょっぴり後悔しています(笑)

ちなみにこの金棗の90%が宜蘭県で収穫されています。
名実ともに宜蘭の特産品です。

橘之鄉蜜餞形象館
宜蘭市梅洲二路33号
03-928-5758
8:30〜18:00
宜蘭駅からタクシーで10分ほど(詳しくは下のウェブサイトをご覧ください)

http://www.agrioz.com.tw/
公式ウェブサイトはこちら

橘之郷,キンカン,蜜餞,宜蘭美食,観光工場,金棗
ショッピングも楽しめます


2017年5月27日(土曜日)

羅東で絶品のデザートに出会う「和平豆花」

お店の名前にもあるように、看板商品は豆花ですが、
写真手前にある仙草も絶品でした。
きちんと草を煮込んで作る仙草は風味が異なります。


2017年5月19日(金曜日)

手艸生活 H’AND HERB Life。漢方ドリンク喫茶

椪餅,台南,片倉佳史,Hugo,手艸生活,H\'AND HERB Life

ありそうでいて、なかなか見られなかったもの。
ここの漢方ドリンクはまさにそういったものの一つです。

台南市にある個性派喫茶。
「手艸生活 H’AND HERB Life」は、
2015年にオープンした古民家リノベカフェです。

オーナーのHugoさんはご自身のお父様が漢方医師。
ドリンクはすべて創作もので、添加物もなしで無農薬。
また、砂糖ではなく、甜草を用いて甘味を出します。
かなり飲みやすいです。ホットが基本ですが、
暑い夏にはアイスがとりわけ美味しくなります。

私がおすすめなのは、
手艸薑奶(ジンジャーミルクティー)。
ジンジャーティーに黒糖とミルクをブレンドしたものです。
黒糖とミルクがショウガのクセを消しており、
びっくりするくらい飲みやすいドリンクです。
120元(アイスは130元)です。

片倉真理のおすめは川貝好漢果(160元)。
喉にいいそうです。家内はこれまでに何度か取材でお世話になっているのですが、
これがお気に入りのようです。


台南の郷土菓子「椪餅」をモチーフにした創作デザート

そして、ぜひ味わってみてほしいのが台南の郷土菓子。
「椪餅(ぽんぴや)」の創作デザート(120元)。
なんとも表現しにくいお味ですが、台北ではまず食べられない郷土菓子です。

https://www.facebook.com/pg/HandHerb/menu/?ref=page_internal
中国語ですが、メニューを見られます。

残念ながら、私と家内の最新作である
JTBの『台湾で日帰り旅』(JTBパブリッシング)では紹介ができませんでした・・・
ただ、P91の地図をご覧いただき、
無名豆花というデザート屋さんのすぐ近くです。

http://amzn.asia/2SLAYnr
『台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ』(JTBパブリッシング)

椪餅,台南,片倉佳史,Hugo,手艸生活,H\'AND HERB Life

場所はややわかりにくいのですが、それもまた、穴場的雰囲気を感じさせています。
訪ねる際には必ず事前にチェックしてから行ってみてください。
https://handherb.wordpress.com/2015/07/27/contact/

DATA
手艸生活 H’AND HERB Life
台南市裕民街72巷12号
0910-989-572
13:00〜21:00
月末にお休みをとるそうです(ご注意)
https://handherb.wordpress.com

椪餅,台南,片倉佳史,Hugo,手艸生活,H\'AND HERB Life
路地の中に少し入ったところにあります


2017年5月16日(火曜日)

漢方喫茶・手艸生活 (H’AND HERB Life)

拙著『台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ』(JTBパブリッシング)では紹介できなかったお店。
もう少し早く出会いたかった・・・

それにしても、漢方ドリンクって、ありそうでなかなか見られない存在でしたね。


2017年5月15日(月曜日)

台南の漢方ジュース


2017年5月6日(土曜日)

ドライ・ドラゴンフルーツ(赤)


2017年4月22日(土曜日)

ドライ・ドラゴンフルーツって珍しい


2017年3月24日(金曜日)

ドラゴンフルーツジュースin台南


2017年2月8日(水曜日)

基隆の廟口夜市にて


2017年2月4日(土曜日)

バナナチップス、やはり台湾のバナナは美味しい


2017年1月10日(火曜日)

タロイモ・シュークリームは絶品でした!

芋頭,米詩堤,九份,シュークリーム,タロイモ

【台湾美食メモ】 

観光客であふれかえる九份の知られざるデザート。
現在執筆中の書籍の取材で、味わってきました。

タロイモ・シュークリームは九份の若者三人が作りあげた創作デザート。
風味はもちろん、舌触りもグッド。
ジャンボサイズなので、一個で満腹になってしまいます(笑)

タロイモシュークリーム「芋頭泡芙」は一個60元。
タロイモを約40分間煮込んで作るペーストはなめらかな感じに仕上がっています。

お店の名前は「米詩堤」。
九份の「舊道」バス停から基山街を入ったところにあります。
また、台北駅の1階にも店を出していますので、
九份に行けないときはここで買ってみてください。

芋頭,米詩堤,九份,シュークリーム,タロイモ


2017年1月8日(日曜日)

『悠遊台湾』2016-17年度の電子書籍版の発売を始めました


2016年12月11日(日曜日)

高雄の絶品かき氷・Q陳古早味黒砂糖剉冰

Q陳古早味黒砂糖剉冰,かき氷,高雄,五福路

絶品の誉れ高いかき氷。
私がこれまでに味わってきた数々のかき氷の中でも指折りの美味しさです。
先週、現在執筆中の新刊の関係で、取材させていただきました。

このお店はゲストハウスあひる家のオーナー・佐々木さんに教えてもらったお店ですが、
すっかりファンになってしまって早10年の歳月が過ぎました・・。

台湾南部では黒砂糖かき氷がメインになりますが、
ここの場合、濃度にこだわった特製シロップを用います。
今回はその秘密を聞くことができました。

ほのかにキャラメルの風味が美味しさを添えてくれます。
トッピングも自家製で、5種類をチョイス。

手作りプリンをのせるのが私と家内のお気に入りです。

数年前に某ガイドブックでも紹介されてしまい、
結構有名になってしまいましたが、
いつまでもその美味しさを保っていってほしいですね!

Q陳古早味黒砂糖剉冰
高雄市苓雅区五福一路147号
07-226-2986  
12:00〜22:00
月曜休み

黒砂糖,黒砂糖かき氷,高雄,五福路


2016年12月10日(土曜日)

「無名豆花」という名の有名店


2016年12月7日(水曜日)

【拙著・拙稿】 CREAで台湾特集記事


2016年9月5日(月曜日)

【宜蘭県の魅力 南澳で「月見冰」を味わう


2016年8月22日(月曜日)

講演のご報告・2016年7月2日・名古屋「台湾グルメ 〜食文化から見る台湾の魅力」

片倉佳史,講演,名古屋,台湾,美食,グルメ,中日文化センター

日付が遡ってしまい、すみません・・・・

講演のご報告です。

2016年7月2日に行なった名古屋の中日文化センターでの講演。
今回は「台湾美食案内」と称して、台湾の食事情やグルメについてお話ししました。
リクエストがありましたので、以下に少しだけ話題にしたネタを記します。

★まずは考えたい「中華料理」の常識非常識

中国の料理に「4000年の歴史」はあるか
宋は「羊高豚低」の時代。それを嘆いた蘇軾(蘇東坡)が東坡肉を考案した。
北京ダックの歴史はいつから?
中国や香港、東南アジアに「中華料理」という言葉は存在するか?
接待では使われない四川料理
台湾で上海料理に人気が集まる理由
鼎泰豊の小籠包はどこの料理か?

★興味の台湾美食秘話

どの町に行っても名物がある 
台南人(府城人)のグルメ魂
日本料理レストランに変化の兆し 
「日式料理」を考える
レストランで最も儲かる料理は何? 

今回は満席にはなりませんでしたが、
その分、ゆったりとしていた感じがします。
名古屋の皆さん、また、お会いできることを楽しみにしております!

片倉佳史,講演,名古屋,台湾,美食,グルメ,中日文化センター


2016年8月1日(月曜日)

台東でカキ氷

台東市にある阿憲冰店。
台北ではトッピングは3〜4種なのですが、
地方都市では6種類ということが少なくありません。


2016年7月4日(月曜日)

雑誌ブルータスの台湾記事


2016年7月3日(日曜日)

名古屋講演、終わりました!


2016年6月30日(木曜日)

台中の会議とかき氷

台中でちょっぴり大きなプロジェクトの会議をこなしてきました。
台北以上に蒸し暑い感じで、かき氷が美味しかったです。

台湾はかき氷ひとつにしても、土地柄が感じられて面白いですね。
このネタも名古屋の講演でお話ししたいと思います。


2016年6月17日(金曜日)

特大かき氷「八宝冰」

特大かき氷。台北市萬華の龍都冰店。
昭和10年から続いているかき氷の老舗。


2016年4月1日(金曜日)

台湾南部のご当地デザート「清冰」

台湾南部に行ったら絶対に見のがしたくないものの一つ。
「清冰(チンピン)」と呼ばれるカキ氷は昔懐かしい味わいでやみつきになります。

写真は高雄市の旗山でいただいた清冰のあずきがけ。
有名だった「枝仔冰城」で味わったもので、お店は現在もありますが、
経営者が換わってしまったようで、ちょっぴり残念・・・。

清冰,旗山,枝仔冰城


2015年11月13日(金曜日)

台南市山上のご当地かき氷(ラジオ番組)


2015年11月11日(水曜日)

永康街の「芋頭大王」のかき氷

よくよく考えてみると、
この時期にかき氷を食べられるってすごいことかもしれませんね。


2015年11月10日(火曜日)

【新刊のお知らせ】高校生・大学生のための台北満喫ハンドブック

片倉,修学旅行,台湾,台北市政府

【ご報告】

このたび私と家内の共著で
『高校生・大学生のための台北満喫ハンドブック』(台北市政府発行)を刊行することになりました。

片倉,台北,美食

本書は修学旅行をメインに、教育旅行で台湾を訪れた若者に向けて作成したもので、
11月11日10時20分からは台北市政府主催の記者会見が和平高中(大安区臥龍街100号)で開かれます。
贈呈式と発表記者会見があり、私とデザイナーの太公良さんのスピーチもあります。

お時間の宜しい方、どうぞお越しください。

片倉佳史,台湾,日本統治時代,台北,フルーツ


2015年10月29日(木曜日)

旗山のご当地デザート・清冰

旗山,清冰,片倉佳史,NNA


2015年8月20日(木曜日)

澎湖のご当地かき氷

【台湾のご当地デザート】

澎湖名物の「風茹草茶かき氷」。
以前、エバー航空のプレスツアーにご招待いただいた際、
地元の案内役の方にこっそり連れて行っていただきました。

ちょっぴり渋みもあって絶品でした!
甘いだけのかき氷には飽きた!という方におすすめ。

私は澎湖取材のたびに必ず寄り、
私がご案内するツアーでも必ずお連れしています。
バスターミナル近くにある家竹というお店です。

澎湖,馬公,家竹,かき氷,台湾


2015年8月7日(金曜日)

マンゴースムージー、北義極品

【台湾デザート】

家内の取材リサーチにつきあってマンゴースムージーを賞味。
今年はマンゴーを用いたスムージーがひそかなブームとなっているようです。

ここは台北市南部にある北義極品というカフェなのですが、
マンゴースムージーが想像以上に大きくて驚かされました。
マンゴーを剥くところからしっかり手作業だったことが嬉しかったです。

今後、愛文芒果(アップルマンゴー)は旬を過ぎますが、
金煌マンゴーなどはこれからも収穫が続きます。
少々味は落ちますが、スムージーなら・・・という一つの戦略なのかもしれません。

マンゴースムージー,北義極品


2015年7月8日(水曜日)

スイカの100%ジュース、西瓜汁

台湾のファミマでデビューしたスイカの100%ジュース。
ポンカンジュースも絶品でしたが、こちらも見逃せない味です。
100%というところがすごいですね。
ファミマは新商品の開発にとても熱心です。


2015年7月1日(水曜日)

仙草玉冠嫩仙草

澎湖島で出会える絶品かき氷。
ハーブの「仙草」を液状のままで氷にしたもので、
馬公の名物デザートになっています。

お味の方はほんのりと苦みが感じられ、
甘いだけのかき氷に飽きてしまった大人たちにおすすめです。

馬公市内の「王冠」という店ですが、
地元っ子に愛されるご当地デザートです。

ぜひ多くの方に味わってほしい逸品です。

玉冠嫩仙草
澎湖県馬公市民福路32号
朝8時から深夜24時までの営業です。

澎湖,馬公


2015年6月20日(土曜日)

アメリカンチェリーの贈り物

某高層ビルの広報課の方からアメリカンチェリーを送っていただきました!
久しぶりに味わう風味と食感に、何とも言えない懐かしさを感じます。
身体にもとてもいいそうで、一個一個、噛みしめながらいただいています。


2015年6月1日(月曜日)

台東名産のシャカトウ(NNA連載)

NNA連載「片倉佳史の台湾雑感」より。
台東の名産品として知られる釈迦頭をご紹介しています。

台東,釈迦頭


2015年5月21日(木曜日)

【お知らせ】 屏東産のパイナップルとマンゴーが関西上陸!

【関西在住の皆さんへお知らせ】

絶品の誉れ高い屏東県産のマンゴーとパイナップル。
今回、関西初上陸となるそうです。これに合わせてイベントが開かれます。
 
5月23日と24日の両日、
スーパーマーケットのイズミヤの西宮ガーデンズ店で、
屏東県フルーツフェアが開かれるそうです(場所は一階食品売り場です)。
今回はコンテナ6個を確保したそうですが、即日完売もあり得そうです。

なお、これに合わせ、
23日の午後2時からは屏東県の潘孟安知事もご挨拶するそうです。
先日、お会いしてきましたが、気さくな人柄でとてもいい感じの方でした。
屏東県の魅力をより多くの方に知ってもらいたいと熱っぽく語っておられました。

潘孟安,平埔族,屏東県,知事,屏東縣,水果
屏東県政府提供のカット。ちなみに屏東県は檸檬の産地でもあります

一番のウリは芯まで甘い絶品のパイナップル!
台湾では「金鑚鳳梨」の名で親しまれています。

また、マンゴーは今や台南産か屏東産のどちらが美味しいかで激しい議論が行われています!
試食会もあるそうなので、お近くの方、ぜひ足を運んでみてください!
バナナなどもあるそうですよ!

マンゴー,屏東,愛文芒果,車城
マンゴー畑は海に面しています。潮風を浴びて甘さが増すのだそうです

http://www.izumiya.co.jp/shop_info/notice/post_162.html
詳しくはこちらから(イズミヤさんのウェブサイト)

パイナップル,台湾,屏東,鳳梨
芯まで甘い台湾のパイナップル、ぜひ試食してみてください!


2015年4月11日(土曜日)

澎湖の黒砂糖ケーキ

澎湖の名物デザート。
通称「黒砂糖ケーキ」。実は日本統治時代に沖縄からの移住者が伝えたものという歴史があります。

防腐剤を使っていないので、
購入から2日しかもちません。
日本へのお土産にはなりにくいのが残念ですね・・・

澎湖,馬公,デザート


2015年3月22日(日曜日)

【お知らせ】 クレアのMOOK本『台湾でできること。』

【拙著・拙稿から】 

CREAのmook版『台湾でできること」が発売になっています。
片倉真理が関わらせていただいた昨年12月の台湾特集をコンパクトにまとめた一冊です。

定価は500円!
朝・昼・晩ごとに、台湾の楽しみがたっぷりと紹介されています。
内容は以下のとおり。

○朝できること
(1)まずは街に出て最高の朝ごはんを
(2)台湾はパンもすごいんです
(3)川べりサイクリングで腹ごなし
(4)使えるバッグをオーダーメイド
(5)レトロな台所用品買いまくり
(6)金運アップの神様(台北篇)
(7)恋愛の神様(台南篇)
(8)愛すべき電気がまを連れて帰る
(9)お昼前にシャンプーでさっぱり
(10)電車に乗るならがっつり駅弁
(11)北投のきれい温泉vs.ローカル温泉
(12)都会のオアシス四四南村へ

○昼できること
(13)食べて比べて小籠包
(14)お昼はやっぱりごはんと麺
(15)あったかスイーツvs.つめたいスイーツ
(16)眼鏡さんのおいしいカフェ
(17)毎日行きたいジュース屋さん
(18)なぜかブームの活版印刷
(19)超個性派ブックストアが楽しい
(20)お茶と家庭料理が学べる名店
(21)台湾人気分で器選び
(22)鄭先生の日常着を買いに
(23)ユースカルチャーを知りたいなら赤峰街
(24)台湾女子に学ぶ自分撮り講座
(25)とにかくでっかい!

○夜できること
(26)夜市の食べもの勝手にオーディション
(27)台湾来たらやっぱり鍋でしょ
(28)ちゃんと飲めるバー見つけました
(29)ゴッドハンドの必殺技
(30)夜景を見るなら象山ノボレ
(31)リノベホテルが素敵です
(32)ウワサのモコモコスイーツの真相
(33)胃もたれ解消スペシャルドリンク
(34)深夜喫茶でひたすらおしゃべり
(35)台南のレトロなデパートでショッピングナイト
(36)台北かけこみ土産図鑑
(37)台南ローカル土産を買おう!!
(38)台湾女子のごはん日記

○目的別で選べます
最高のレストランガイド28
みんなでごはん/ひとりごはん/深夜ごはん/豪華メシ/甘いもの

○やっぱりいいホテルに泊まりたい
台北&台南 最新ホテル案内

機会のある方、どうぞご覧ください!

片倉真理,CREA,クレア,台湾,台南,台北


2015年2月15日(日曜日)

台北生活情報誌『悠遊台湾2014-15年版』(Kindle版)発売中です

悠遊台湾,2014,生活情報誌,台北,台湾,片倉佳史,片倉真理,高砂電子出版

【お知らせ】

台湾生活情報誌『悠遊台湾』は刊行三年目を迎えました。
台湾で暮らす日本人のための生活便利帳として、おかげさまで、昨年からは5000部に部数を増やしました。

このたび、書籍版に加え、電子書籍版(ダイジェスト版)が高砂電子出版さんから刊行になりました。
amazonでご購入いただけます。
ダイジェスト版ということで、お値段は680円と押さえています。

ご興味のある方、どうぞご覧いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00T1M0LUM
アマゾンのページ

悠遊台湾,生活情報誌,台北,台湾,片倉佳史,片倉真理,高砂電子出版

台北生活情報誌『悠遊台湾』2014年度版 主な内容

◆台湾を知る

魅惑の島・台湾を旅する・台湾最新トピックス・エリアガイド・永康街と天母
台湾の概況とプロフィール・台湾の歴史を知ろう・台北のスポーツイベント
台湾の年中行事と祭り・台湾の三大節句
台湾で入手できる日本語の情報誌・フリーペーパー・物価の目安

◆台湾で暮らす

赴任前にしておきべきこと・事前準備・住宅情報・暮らしの案内
台湾暮らしの基礎事情・ビジネス・就労、雇用について
生活に必要なIT機器・国内交通・台湾の医療事情・交流協会
緊急事態への備えと対応・台湾での日本人子女教育・台湾の子育て事情
習いごととお稽古ごと・同好会・サークル・各種団体
お付き合いとマナーのQ&A・台北エリア別ガイド

◆台湾で買い物

台湾のショッピング事情・台湾の野菜&フルーツ
お土産品あれこれ・台湾茶の世界・台湾のコーヒー事情

◆台湾で味わう

台湾美食世界を探検!台湾料理・上海料理・四川料理
北京料理・広東料理小籠包・餃子類・客家料理
その他の中華料理と創作料理・庶民・屋台料理・麺料理
鍋料理・デザート・ヘルシー料理・日本料理・外国料理

◆台湾で楽しむ

台湾の楽しみ方いろいろ・台湾の各種レジャースポット
カラオケ・KTV・台北近郊のゴルフ場・変身写真
家族写真・ヘルシー&美容・マッサージ

◆台湾を旅する

旅行代理店と航空会社・厳選!台北の観光スポット
博物館・美術館・ワンデイトリップ・温泉天国台湾・湯めぐり旅
地方のおすすめスポット離島の旅(澎湖・緑島・金門・馬祖・蘭嶼)・ホテル事情

巻末 中国語会話の基本フレーズ

悠遊台湾,2014,生活情報誌,台北,台湾,片倉佳史,片倉真理,高砂電子出版


2014年12月14日(日曜日)

エッグフルーツ(仙桃)をご存知?

直興市場(日本統治時代の入船町市場)で珍しい果物を見かけました。
「カニステル」という名の果物で、漢字では「仙桃」と表記されます。

この果物はジューシーさが全くないという珍しい果物で、
食べると喉が渇くという不思議な存在(笑)

その食感からエッグフルーツとか、クダモノタマゴとも呼ばれています。
台湾産でありながら、ほとんど出回っていないという珍客中の珍客です。

仙桃,エッグフルーツ,クダモノタマゴ,カニステル,直興市場


2014年12月13日(土曜日)

片倉真理の新連載・CREAウェブ

CREAウェブで、片倉真理が「今、台湾で買うべきお土産BEST10」という連載を担当させていただいています。
第一回目は「とっておきのパイナップルケーキ」を取り上げています。

年末まで1日〜2日おきに更新される予定とのこと。
台湾土産を探す際の参考にしていただけると幸いです。

http://crea.bunshun.jp/articles/cover/6800
クレア・ウェブの連載ページ

パイナップルケーキ,片倉真理,クレア,CREA


2014年11月26日(水曜日)

11月下旬のかき氷

今日は少し涼しい台北です。


2014年11月13日(木曜日)

晩白柚(ばんぺいゆ)とチェブラーシカ

ご近所の呉さんから大きな白ザボンをいただきました。

これは鹿児島や熊本で親しまれている「晩白柚(ばんぺいゆ)」で、
台湾では白柚仔と呼ばれています。
これはザボンの一品種で、晩白柚の名は「晩(晩生)」、「白(果肉の色)」、「柚(丸い柑橘の総称)」に由来します。

晩白柚は保存性が高く、
1ヶ月くらい置いておいても大丈夫なので、
熟すのをしっかり待とうと思います。

その歴史を遡ると、1930(昭和5)年に台湾から鹿児島県果樹試験場に白柚(ぺいゆ)の株が持ち込まれ、
研究の結果、熊本県八代市で栽培されることになりました。
現在は八代市の特産品となっています。
現在、日本国内では晩白柚のの97%が熊本県で生産されているそうです。

柚子,ゆず,チェブラーシカ


2014年11月11日(火曜日)

新埔の干し柿作りを見学

干し柿,新埔,金漢,柿餅,新竹

新竹県の新埔郷を訪ねました。
ここは台湾最大の干し柿の産地です。
以前、何度か取材したことがあったのですが、
今回は初めて訪問する金漢柿餅という農園を訪ねました。

柿餅,新埔,金漢柿餅.干し柿

こういった観光農園はいくつかあるようですが、
いずれも人気があり、賑わっています。

干し柿も想像以上の美味しさで、思わず感動してしまいました。
11月の台湾を訪れた際は見のがしたくない風物詩と言えそうです。

http://www.naruhodo.com.tw/kanko/index.php?no=163
『な〜るほどザ台湾』誌に寄せた新竹の干し柿の記事(文・片倉真理、写真・片倉佳史)

新埔金漢柿餅
新竹縣新埔鎮旱坑里11鄰27號
03 589 2680

http://035883119.tranews.com
ウェブサイト(中国語のみ)

金漢柿餅,新埔,観光農園,新竹縣
オーナーの誇らしげな表情が良い感じです


2014年10月12日(日曜日)

冰讃のマンゴー雪花冰

双連駅に近い、「冰讃」。

すでにいろいろなところで紹介されている有名店ですが、
今年、最もおいしいと思ったマンゴーかき氷店です。

アップルマンゴーのシーズンはすでに終わっており、
この店でマンゴーかき氷が食べられるのは今月末までと家内から聞き、
思わず行ってきました。


2014年9月7日(日曜日)

台南産の釈迦頭(シュガーアップル)を賞味


115 queries. 0.277 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 125125125
昨日 : 303303303
総計 : 1958169195816919581691958169195816919581691958169

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店