logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2020年 1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2020年1月22日(水曜日)

基隆港の黒鳶(トンビ)〜台湾探鳥日記

黒鳶,トンビ,鳶,基隆港,台湾探鳥,バーディング,台湾の鳥

こちらも合わせてご覧ください。
https://taiwanktkr.blogspot.com/2020/01/blog-post_24.html
台湾特捜ブログ

黒鳶,トンビ,鳶,基隆港,台湾探鳥,バーディング,台湾の野鳥,野鳥


2020年1月21日(火曜日)

台湾の鳥本〜台湾探鳥日記

カテゴリー: - katakura @ 01時36分07秒

今回購入したのは黄一峰さんの『鳥類不簡単!」。
手元に置いておきたい一冊です。

温州街のブックカフェ「欒樹下書房」で購入しました。

欒樹下,ブックカフェ,台北書店,黄一峰,台湾探鳥,台湾本,野鳥観察


2020年1月17日(金曜日)

ミドリカラスモドキ〜台湾探鳥日記

ミドリカラスモドキ。
高雄の中都濕地公園にて。

不気味な風貌で知られる鳥ですが、
確かに赤い鋭い眼はちょっぴり怖いかも。
緑に光るボディなので、光線具合に気を遣います。


高雄の中都濕地公園にて〜台湾探鳥日記

高雄の中都濕地公園にて。

ジャワハッカ、ハッカチョウ、ミドリカラスモドキ、インドコムクドリ。
縄張り意識の強い鳥たちですが、この仲間ではあまりケンカをしないようです。
ちなみにハッカチョウ以外は外来種で、結構、台湾の生態系を破壊しています・・・

ミドリカラスモドキ,ハッカチョウ,インドハッカ,ジャワハッカ,インドコムクドリ,中都湿地公園,台湾探鳥,外来種,高雄の鳥,台湾の鳥


2020年1月16日(木曜日)

高雄の中都濕地公園でシマキンパラに出会う

シマキンパラ,縞金腹,台湾探鳥,斑文鳥,台湾の鳥,バードウォッチング,

高雄でバーディング。
中都濕地公園には初めて行ったのですが、
いろいろな友達に会うことができて、大満足でした。

ちなみにこの鳥は別名「アミハラ」。
中国語では「斑文鳥」と呼ばれています。

アカハラ,斑文鳥,縞金腹,シマキンパラ,中都濕地公園,高雄の自然,高雄,台湾体験,台湾探見


ベニサンショウクイに出会う

台湾探鳥日記。

早朝5時起きで向かった烏来。
ベニサンショウクイに逢いたい!という熱い願いが届きました。

台湾の神様、ありがとうございます。

ベニサンショウクイ,烏来,台湾探鳥,台湾の鳥,珍鳥,台湾固有種,烏來,片倉佳史,もっと知りたい台湾,片倉真理
オスは鮮やかな赤

ベニサンショウクイ,烏来,探鳥日記,台湾の鳥,珍鳥,固有種,烏來,片倉佳史,もっと知りたい,野鳥撮影
メスはきれいな黄色


2020年1月11日(土曜日)

ゴシキドリも台湾の「未来」を信じています

カテゴリー: - katakura @ 01時43分18秒


2020年1月9日(木曜日)

金門島でクビワガラスに出会う

クビワガラス,首輪烏,首輪鴉,玉頸鴉,金門島,台湾探鳥日記,準絶滅危惧種,台湾の鳥,片倉佳史

金門探鳥日誌。

カラスはカラスでも
白いマフラーを羽織ったような「クビワガラス」。
中国語では玉頸鴉と表記されます。
準絶滅危惧種です。

中国西南部ではよく見られる鳥ですが、
台湾島ではほとんど見ることがありません。
それが、金門島なら見られます。

こちらでは留鳥として、季節を問わず、見られます。
ちょっぴりエレガントな雰囲気ですね。

2019年12月4日撮影。
金門北山集落にて。

クビワガラス,金湖,金沙,首輪烏,カラス,首輪鴉,玉頸鴉,金門島,台湾探鳥日記,準絶滅危惧種,台湾の鳥,片倉佳史


2020年1月7日(火曜日)

かわいいカワセミ〜台北植物園にて

カテゴリー: - katakura @ 10時55分20秒


2020年1月5日(日曜日)

鳥撮(とりさつ)はじめ2020 台湾探鳥日記

カテゴリー: - katakura @ 12時52分49秒


台北植物園のバン

カテゴリー: - katakura @ 12時50分44秒

台北植物園で野鳥撮影。

バンは台湾でも非常によく見られる鳥さんです。
クイナの仲間で、水かきがなく、意外にも泳ぎは上手ではありません。

年間を通じてみることができます。
子連れの様子がかわいいのですが、この日は単独でした。

バン,クイナ,台湾の鳥,クイナ科,台湾探鳥,バードウォッチング,植物園


2019年12月26日(木曜日)

クロヒヨドリ〜台湾探鳥日記

カテゴリー: - katakura @ 11時11分17秒


2019年12月23日(月曜日)

カワビタキ〜台湾探鳥日記

カテゴリー: - katakura @ 11時12分15秒


2019年12月13日(金曜日)

金門島でヤツガシラ(戴勝)に出会う〜台湾探鳥日記


2019年12月12日(木曜日)

日本台湾交流協会発行の雑誌『交流』に阿里山の記事


2019年12月9日(月曜日)

ハッカチョウに出会う〜台湾探鳥日記

金門の冬は寒く、鳥の多くがまん丸になっていて、
とてもかわいかったです!

ハッカチョウは多分、金門島で最も普通に見られる鳥と言っていいでしょう。


2019年12月7日(土曜日)

アオショウビンと出会う〜金門探鳥の旅

日本ではなかなか見ることのできないアオショウビン。
今回の金門島取材でも見られたのは一度だけでした。
動きが素早く、撮影は非常に難しいのですが、
「早く撮ってね!」と言わんばかりに目の前に来てくれました!

金門島北西部・慈湖付近にて撮影。


2019年12月2日(月曜日)

ヒメメジロとの出会い〜台湾探鳥日記

カテゴリー: - katakura @ 07時03分45秒

台北市内でこんな様子が撮影できるなんて、
なんだか嬉しくなりますね。

台北植物園にて。

ヒメメジロ君、どこにいるか、おわかりですか?


2019年11月28日(木曜日)

ソリハシセイタカシギ (反嘴鷸)に出会う〜台湾探鳥日記

台湾探鳥日記。

台南市西部は海鳥の宝庫として知られますが、
この時期は越冬する渡り鳥たちで、おおいに賑わいます。

今回アップしたのはソリハシセイタカシギ (反嘴鷸)。
その名も示すように、嘴が柔らかく、自在に曲がるという珍しい鳥です。
嘴を水や泥に付け、顔を左右に振りながら歩いています。


2019年11月22日(金曜日)

ヤマムスメ(藍鵲)と台北市立動物園で出会う

カテゴリー: - katakura @ 11時51分24秒

ヤマムスメ。
この鳥に出会うときは、どういうわけか、
何かに呼ばれているような気がしてなりません。
そして、振り向いたその先に彼らはいます。

もちろん気のせいなのですが、
幻聴ではないような気もしていて、興味が尽きません。

このカットは台北市立動物園の敷地内で撮ったもの。
鳥のコーナー近くで、ヤマムスメに頻繁に出会えます。
ちょうど鳥園前の広場なのですが、個体数も多く、撮影が楽しめます。

ただ、私は夕方に撮ったので、
閉園時間に追われてしまい、ちょっぴり残念でした。
再訪してきたいと思います。

ヤマムスメ,臺灣藍鵲,台湾の野鳥,臺灣賞鳥,台北市立動物園,taipeizoo,野鳥観察
ヤマムスメは中国語では「藍鵲」と表記します


2019年11月18日(月曜日)

ミサゴ(オスプレイ)を撮る!

カテゴリー: - katakura @ 15時29分48秒

台湾の最南端。恒春半島にある龍巒潭でミサゴの撮影に行ってきました。
龍巒潭自然中心の建物からじっくり撮影できます。
ここは12月に入ると、渡り鳥の聖地になりますが、
まだ早かったようで、ちょっぴり残念でした。

それにしても、ミサゴは精悍な顔つきで、魅力的でした。
英語では「オスプレイ」なのだそうです。


2019年11月16日(土曜日)

カワビタキに会う

カテゴリー: - katakura @ 23時03分54秒

大安森林公園は気軽に行けるバードウォッチングスポット。
今、新しく購入したニコンのP1000というカメラに慣れるべく、時間を見ては撮影に出ています。

カワビタキ(鉛色水鶇)に台北の中心部で出会える機会は非常に少なく、驚きました。
オスはもっときれいなのですが、これは以前、烏来で撮影しました(遠いのですが)。

カワビタビ,台湾の鳥,烏来,台湾の野鳥,鉛色水鶇,臺灣賞鳥


2019年11月3日(日曜日)

実家のベランダからヒヨドリ

新調したNikonのP1000を試し撮りしています。
望遠3000ミリは世界観が変わりますね。


2019年10月24日(木曜日)

リュウキュウツバメ(琉球燕)に出会う

カテゴリー: - katakura @ 10時11分56秒


2019年10月22日(火曜日)

カンムリオオタカに出会う〜台湾野鳥観察日記

カテゴリー: - katakura @ 08時40分22秒

台湾野鳥観察日記。
期待に胸を膨らませて赴いた墾丁国家公園だったのですが、
お目当てだった鷹には完全にフラれてしまいました(号泣)
アカハラダカは時期的に無理かなと思っていたのですが、サシバも見られず・・・
事前情報を集めることができない状態での撮影は本当に難しいですね。

ただ、絶対にあきらめません(笑)
鷹はベトナムやニューギニア方面で越冬した後、3月頃に台湾に帰ってきます。
その時を狙い、撮影したいと思います(撮影地は彰化県)

もう今から春先には大きな仕事は入れず、待ち構えるしかありませんね。
写真は台湾固有亜種のカンムリオオタカ(鳳頭蒼鷹)。

今回は高雄在住の蔡医師にお世話になりました。ありがとうございました!

カンムリオオタカ,老鷹,台湾野鳥観察日記,片倉佳史,恒春,社頂,野鳥撮影,台湾の鳥,ディープ台湾,台湾探見,台湾旅人地図帳


2019年10月15日(火曜日)

ヤマムスメ(臺灣藍鵲)に出会う

台湾の国鳥とも称されることがあるヤマムスメ。
目立つ色合いではあるのですが、やはり茂みの中にいると、探すのがたいへんです。
台湾では「藍鵲(ランチュエ)」と呼ばれています。

この日は烏来に「賞鳥」に行っていたのですが、
なかなか出会えず、諦めかけていました。
しかし、最後、そろそろ帰ろうかなと思ったところで出会えました。
想定外の至近距離でした。

重い機材を抱えて5キロほど歩き、
くたくたになりましたが、ヤマムスメに元気をもらいました。
体力的にも疲れましたが、集中力を持続させていると精神的にも疲れますね。

ヤマムスメ,臺灣藍鵲,台湾の野鳥,臺灣賞鳥,烏来,ウライ,野鳥観察


2019年9月28日(土曜日)

やぶ鳥に出会う。大平山

カテゴリー: - katakura @ 23時12分48秒


2019年7月30日(火曜日)

バン(紅冠水鶏)を台北植物園に追う

カテゴリー: - katakura @ 01時43分20秒


クロヒヨドリを台北植物園で撮影

カテゴリー: - katakura @ 01時38分52秒


2019年7月25日(木曜日)

もっと台湾トークライブin錦糸町、ありがとうございました

「片倉佳史のもっと台湾トークライブin錦糸町」、ご来場ありがとうございました。

今回は「夏の台湾」についてお話ししました。
台湾の果物や「旬」へのこだわり、海水浴と台湾人、
澎湖のサボテン秘話、歩いて登る3417mの山、馬祖の珍鳥、
原住民族の豊年祭、ライチ農家訪問、海亀の話などをお話ししました。

たくさんの方にお集まりいただき、ありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


2019年7月1日(月曜日)

五色鳥(ゴシキドリ)を追って・・・

台北植物園は野鳥の宝庫。
ゴシキドリ(五色鳥)を撮影してきました。

親鳥を待つゴシキドリの子供の撮影ができたのは本当にラッキーでした。
もう数日したら巣から旅立っていくようですが、
その顔はあどけなさもあり、同時に精悍でもありました。

暑さを忘れてしまう感動がありました。


2019年6月14日(金曜日)

陽明山(草山)でヤマムスメに出会う


2019年6月2日(日曜日)

台湾固有種〜台湾の野鳥を描いたノート


2019年2月16日(土曜日)

iphoneXRに乗り換えました

契約更改を待てず、新しくiphoneXRを購入しました。
こだわったのは色です。
このワインレッドはぐっと惹かれるものがありました。
それはなぜかというと、下の写真をみてください。

ワインレッドを選んだのは、
この鳥の色に合わせたかったため。

台湾中南部の山岳地帯に暮らす「高砂猿子(タカサゴマシコ)」です。
台湾固有種の美しい鳥です。

タカサゴマシコ,高砂猿子,合歓山,台湾固有種,武嶺,台湾体験,台湾探見


2018年11月24日(土曜日)

ズグロミゾゴイ〜台湾の野鳥観察

カテゴリー: - katakura @ 10時58分09秒

台湾野鳥観察日記。
台北帝国大学(現・国立台湾大学)の昆虫学研究室を訪問した際、
「ズグロミゾゴイ」に出会いました。

ちなみに拙宅前の公園にもいます。
とにかく動きが鈍いです。


2018年7月10日(火曜日)

馬祖のヒガシシナアジサシ、神話之鳥


2018年6月30日(土曜日)

神話の鳥〜ヒガシシナアジサシ

馬祖,神話之鳥,北竿島,野鳥観察,アジサシ,ヒガシシナアジサシ


2017年8月27日(日曜日)

ヤブドリ・台湾の固有種

カテゴリー: - katakura @ 22時47分44秒

もう一度、逢いたい台湾の野鳥。

ヤブドリは台湾固有種です。
かわいらしい顔をしていますよね。

2014年、太平山にて撮影。
台湾の野鳥の撮影もじっくり楽しんでみたいと思っています。
まずは金門かな?

ヤブドリ,太平山,台湾固有種


2017年8月9日(水曜日)

合歓山でタカサゴマシコ(高砂猿子)に出会う


2017年5月16日(火曜日)

サシバ、台湾の鷹

カテゴリー: - katakura @ 12時19分59秒


2015年8月14日(金曜日)

馬祖・ヒガシシナアジサシ


2013年8月20日(火曜日)

馬祖でアジサシに出会う(NNAの連載より)

【拙著・拙稿】 

経済誌NNAの隔週連載「片倉佳史の台湾雑感」に馬祖で楽しむバードウォッチングについて寄稿しました。
アジサシと呼ばれるカモメ科の鳥なのですが、
中には頭部の毛が黒く、しかも逆立っているものもおり、パンク・ファッションのような風貌で、かわいいです。

ヒガシシナアジサシ,片倉,NNA,台湾雑感,馬祖,北竿


2013年8月11日(日曜日)

アジサシの撮影に挑む

馬祖取材。
アジサシの撮影に挑む。
馬祖列島は知られざる渡り鳥の聖地。
今回は「神話之鳥」と称されるヒガシシナ・アジサシを狙いました。

まずはこのカットから(ヒガシシナアジサシはいません)


2013年8月7日(水曜日)

光華雑誌の記事「南竿島の北海坑道」

台湾で刊行されている光華雑誌の日本語ウェブページ。
ここに馬祖の北海坑道について書いています。どうぞよろしくお願いいたします。

馬祖,北竿,ヒガシシナアジサシ,バードウォッチング,光華


103 queries. 0.165 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 140140140
昨日 : 645645645
総計 : 2321013232101323210132321013232101323210132321013

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店