logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2017年 3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2017年3月24日(金曜日)

ドラゴンフルーツジュースin台南


2017年3月2日(木曜日)

【新刊のお知らせ】 『台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ』(JTBパブリッシング)

台湾で日帰り旅,片倉佳史,JTB,片倉真理,新刊,台湾

【新刊のお知らせ】

このたび、『台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ』(JTBパブリッシング)を刊行させていただきました。
私と家内の共著で、撮影は私が担当させていただいています。

本書は台北や高雄を拠点に日帰りで小さな街を訪ねるというコンセプトの一冊で、
私にとっては『新個人旅行・台湾』(昭文社)以来のガイドブックになります。

http://amzn.asia/h3Vcp7E

高雄,JTB,片倉佳史,片倉真理,あひる家

本書の最大の特色は地方都市の紹介を重視していることで、
台北市内の紹介は一切出てきません。
個性的な一冊に仕上がったのではないかという自負はあります。

また、本書では台湾のカメラマンが撮影した台湾鉄路の絶景を4ページにわたって掲載しています。
そして、拙著『旅の指さし会話帳・台湾』以来、親しくさせていただいているおおのきよみさんのイラストページもあります。

鐵路迷,張志文,古庭維,陳威旭,JTB
台湾のカメラマンが切り取った鐵路絶景

おおのきよみ,台湾旅ノート,JTB,oonokiyomi,片倉佳史
おおのきよみさんが切り取った台湾の街角

なお、グルメに関しては少人数旅行に対応したかったので、
駅前グルメや屋台料理、デザート類、鉄道のテーマ食堂を重視しました。

特に、高雄や台南、台中などは
その筋に詳しい案内人とやりとりをしながらお店を選びました。
台湾本が立て続けに出版されている昨今ですが、
この部分は本書のウリになっていると思います。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001075.000005912.html
プレスリリース

高雄,JTB,片倉佳史,片倉真理,あひる家

【本書で取り上げた都市】

《九份》 一度は見たい絶景を求めて坂の町へ
《金瓜石》 日本統治時代に開かれた小さな鉱山都市
《十分・平渓線》 渓谷路線に乗って「天燈」の里へ
《基隆》 台湾の門戸と称された港町で夜市を楽しむ
《宜蘭線》 渓谷と山並み、そして海 車窓に釘付けの絶景路線
《花蓮》 台湾東部を代表する自然に抱かれた町
《太魯閣峡谷》 雄大な自然の造形美 神業と言うべき大峡谷
《花東線》 のどかな田園風景と多様な文化

《淡水》 夕陽の美しさで知られるエキゾチックな河港都市
《北投温泉》 名湯で知られる台湾最大の温泉地
《猫空》 スリル満点のロープウェーで山の上の茶芸館へ
《新竹》 歴史ある都市で名物料理を食べ歩き
《北埔》 東方美人茶の郷へ 客家文化と「擂茶」を体験
《内灣線》 山間の素朴な町と客家文化を訪ねる
《海線》 海を感じながら木造駅舎めぐり

《台中》 駅周辺の今どき最新グルメ!
《彰化》 鉄道遺産・扇形車庫が残る町化へ
《鹿港》 古都に古きよき時代の香りを訪ねる
《集集線》 緑まぶしい南国路線で林業の町へ
《嘉義》 阿里山観光の拠点 台湾南部第三の都市
《阿里山と阿里山鉄道》 世界三大山岳鉄道とご来光観賞

《台南》 文化発信基地の古都で正統派台湾料理を満喫
《安平》 歴史が詰まったかつての港町を散策
《玉井》 路線バスに揺られてマンゴーの郷を訪ねる

《高雄》 台湾南部最大の都市で港街歩き
《屏東線・南廻線》 台湾で最も美しい絶景路線

JTB,片倉佳史,片倉真理,鉄道
どうぞよろしくお願いいたします!


2017年2月4日(土曜日)

バナナチップス、やはり台湾のバナナは美味しい


2017年1月12日(木曜日)

馬祖ベーグル?継光餅


2017年1月10日(火曜日)

タロイモ・シュークリームは絶品でした!

芋頭,米詩堤,九份,シュークリーム,タロイモ

【台湾美食メモ】 

観光客であふれかえる九份の知られざるデザート。
現在執筆中の書籍の取材で、味わってきました。

タロイモ・シュークリームは九份の若者三人が作りあげた創作デザート。
風味はもちろん、舌触りもグッド。
ジャンボサイズなので、一個で満腹になってしまいます(笑)

タロイモシュークリーム「芋頭泡芙」は一個60元。
タロイモを約40分間煮込んで作るペーストはなめらかな感じに仕上がっています。

お店の名前は「米詩堤」。
九份の「舊道」バス停から基山街を入ったところにあります。
また、台北駅の1階にも店を出していますので、
九份に行けないときはここで買ってみてください。

芋頭,米詩堤,九份,シュークリーム,タロイモ


2016年12月30日(金曜日)

台湾干し柿。味衛佳柿餅觀光農場を訪問


2016年12月11日(日曜日)

高雄の絶品かき氷・Q陳古早味黒砂糖剉冰

Q陳古早味黒砂糖剉冰,かき氷,高雄,五福路

絶品の誉れ高いかき氷。
私がこれまでに味わってきた数々のかき氷の中でも指折りの美味しさです。
先週、現在執筆中の新刊の関係で、取材させていただきました。

このお店はゲストハウスあひる家のオーナー・佐々木さんに教えてもらったお店ですが、
すっかりファンになってしまって早10年の歳月が過ぎました・・。

台湾南部では黒砂糖かき氷がメインになりますが、
ここの場合、濃度にこだわった特製シロップを用います。
今回はその秘密を聞くことができました。

ほのかにキャラメルの風味が美味しさを添えてくれます。
トッピングも自家製で、5種類をチョイス。

手作りプリンをのせるのが私と家内のお気に入りです。

数年前に某ガイドブックでも紹介されてしまい、
結構有名になってしまいましたが、
いつまでもその美味しさを保っていってほしいですね!

Q陳古早味黒砂糖剉冰
高雄市苓雅区五福一路147号
07-226-2986  
12:00〜22:00
月曜休み

黒砂糖,黒砂糖かき氷,高雄,五福路


2016年12月7日(水曜日)

【拙著・拙稿】 CREAで台湾特集記事


2016年11月17日(木曜日)

台東の原住民族カフェ「KITURU」

KITURU,パイワン族,台東糖廠

台東の馬蘭にはかつて製糖工場がありましたが、
ここに「KITURU」というカフェ・レストランがあります。
製糖工場はすでに操業をやめており、敷地は公共空間となっていますが、
いくつかの家屋にアートギャラリーやショップ、レストランなどが入っています。

ここKITURUはパイワン民族のオーナーが切り盛りするカフェ・レストラン。
一階はパイワン族のグッズが販売されており、ここでもお茶を飲むことができますが、
二階がカフェ・レストランのスペースとなっています。

KITURU
台東市中興路二段191號(台東糖廠內)
※台東駅からタクシーで約15分。廃線跡を用いたサイクリングロード走ることもできます
営業時間:11:00〜19:00(食事は11:30〜18:00)
火曜休み

KITURU,パイワン族,台東糖廠
パイワン族風のリゾットも味わえます


2016年10月9日(日曜日)

講演のお知らせ 「台湾美食案内〜現地在住作家が語る台湾の食文化」


2016年9月5日(月曜日)

「月見冰」を南澳で味わう


2016年8月22日(月曜日)

講演のご報告・2016年7月2日・名古屋「台湾グルメ 〜食文化から見る台湾の魅力」

片倉佳史,講演,名古屋,台湾,美食,グルメ,中日文化センター

日付が遡ってしまい、すみません・・・・

講演のご報告です。

2016年7月2日に行なった名古屋の中日文化センターでの講演。
今回は「台湾美食案内」と称して、台湾の食事情やグルメについてお話ししました。
リクエストがありましたので、以下に少しだけ話題にしたネタを記します。

★まずは考えたい「中華料理」の常識非常識

中国の料理に「4000年の歴史」はあるか
宋は「羊高豚低」の時代。それを嘆いた蘇軾(蘇東坡)が東坡肉を考案した。
北京ダックの歴史はいつから?
中国や香港、東南アジアに「中華料理」という言葉は存在するか?
接待では使われない四川料理
台湾で上海料理に人気が集まる理由
鼎泰豊の小籠包はどこの料理か?

★興味の台湾美食秘話

どの町に行っても名物がある 
台南人(府城人)のグルメ魂
日本料理レストランに変化の兆し 
「日式料理」を考える
レストランで最も儲かる料理は何? 

今回は満席にはなりませんでしたが、
その分、ゆったりとしていた感じがします。
名古屋の皆さん、また、お会いできることを楽しみにしております!

片倉佳史,講演,名古屋,台湾,美食,グルメ,中日文化センター


2016年7月5日(火曜日)

ドラゴンフルーツ農場

台南市郊外にドラゴンフルーツ(火龍果)の農場を訪ねました。
台湾では定番の白、人気の赤が知られていますが、
現在はまだほとんど市場に出回っていない。紫いろの果肉のドラゴンフルーツがあります。
台湾に戻ったら、ここを取材する予定です。

ドラゴンフルーツ、農場


2016年7月4日(月曜日)

雑誌ブルータスの台湾記事


2016年7月3日(日曜日)

名古屋講演、終わりました!


2016年6月30日(木曜日)

台中の会議とかき氷

台中でちょっぴり大きなプロジェクトの会議をこなしてきました。
台北以上に蒸し暑い感じで、かき氷が美味しかったです。

台湾はかき氷ひとつにしても、土地柄が感じられて面白いですね。
このネタも名古屋の講演でお話ししたいと思います。


2016年6月19日(日曜日)

【台湾美食メモ】 My灶で個性派台湾料理を味わう

【台湾美食メモ】

My灶は知る人ぞ知る名店として注目されている店です。
店名の「灶」とは台湾語で「厨房」という意味で、
独自の味わいを保つ個性派レストランとなっています。

供される料理はいずれも昔ながらの味わいで、
他店ではなかなかお目にかかれないものも見られます。


魯肉飯。これが美味しいかどうかで店のレベルがわかります

特に魯肉飯は脂っこさがなく、
思わずおかわりしてしまう逸品。
台湾料理の定番から創作料理まで、幅広く味わえます。
予算は一人500元程度。
店構えは小さいですが、
レトロな趣きが魅力となっています。

左宗棠鶏
甘辛風味の鶏肉炒め「左宗棠鶏」もおすすめです

松江路100巷9号1
02-25222-2697
11:30〜14:00、17:30〜21:00、月曜休み


店長のbenさんは日本語OKの好青年です


2016年6月17日(金曜日)

特大かき氷「八宝冰」

特大かき氷。台北市萬華の龍都冰店。
昭和10年から続いているかき氷の老舗。


2016年4月1日(金曜日)

台湾南部のご当地デザート「清冰」

台湾南部に行ったら絶対に見のがしたくないものの一つ。
「清冰(チンピン)」と呼ばれるカキ氷は昔懐かしい味わいでやみつきになります。

写真は高雄市の旗山でいただいた清冰のあずきがけ。
有名だった「枝仔冰城」で味わったもので、お店は現在もありますが、
経営者が換わってしまったようで、ちょっぴり残念・・・。

清冰,旗山,枝仔冰城


2016年のマンゴーは・・・・

台南市玉井は言わずと知れたマンゴーの郷。
先ほど、農協の方と話をしていたのですが、2016年は例年にない寒波襲来の影響で、
出荷が遅れ、しかも減産になるだろうとのこと。
5月中旬には出回っているはずだとのことですが、気になりますね。

玉井,アップルマンゴー,台南,愛文芒果,2016


2016年1月27日(水曜日)

【良書紹介】  『台湾行ったらこれ食べよう!駅弁・鉄道旅編』 誠文堂新光社

駅弁,台湾,誠文堂新光社

【良書紹介】
『台湾行ったらこれ食べよう!駅弁・鉄道旅編』 誠文堂新光社・台湾大好き編集部編。

台湾の駅弁の魅力をあますことなく紹介した一冊です。
台鉄や高鉄の弁当だけでなく、地方の食堂や企業が独自に手がけるご当地駅弁、
さらに、コンビニとコラボした駅弁なども登場します。

台湾,駅弁

作りがとてもきれいで手元に置いておきたくなる一冊です。
台湾鉄道旅行のガイダンスもあり、親切な作りなので、実用性も大きいです。
ライトな鉄道ファンとディープな台湾好き、そして鉄道ファンをも満たせる数少ない一冊だと思います。

www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=4814
出版社のオフィシャルサイト

駅弁,鉄道,台湾

台湾の駅弁はここ数年でバリエーションが増えてきました。
ご当地ものもあるので、食べ歩きを楽しんでみたいですね!

台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編
台湾大好き編集部 編
発売日: 2015-11-09
160頁 定価:本体1,400 円+税

駅弁,台湾


2016年1月23日(土曜日)

阿彰の美味しい話 その1 賣麺炎仔金泉小吃店

メールマガジン「片倉佳史の台湾便り」より

阿彰の美味しい話 その1 賣麺炎仔金泉小吃店

観光客に人気がある迪化街にとても近い。
80年以上の歴史があり、極めて台湾らしい料理を出す食堂。
特にメニューはなく、店員さんに何があるのかを直接聞き、自分が食べたいものは何かを伝える。

ホーロー語を母語とする住民の多い地域、大稻[土呈](トアテューティア=大同区西南地域)らしく、
多くのお客さんはホーロー語で注文する。
鯊魚煙(ソアヒィエン/サメの燻製)と紅燒肉(アンショウバァッ/紅麹で赤くした衣付き豚肉の揚げ物)が人気のようだ。

これらは台湾らしい食堂や屋台の多くで販売されるものだが、
私個人はこの店のが台北市内で一番好きだ。
一般的にパサついた食感のある鯊魚煙と紅燒肉だが、この店のはしっとりとした食感がある。
 
他にも麺類や鶏肉料理、豚の内臓料理などもあり、
一人だいたい50元から200元ぐらいで台湾らしい食事ができる。

賣麺炎仔金泉小吃店
台北市安西街106號

※文章中の読みは台湾華語(台湾式北京語)ではなく、ホーロー語(台語)によるものです

プロフィール
内海彰(UTSUMI AKIRA)/グラフィックデザイナー。
1980年代後半から台湾に強い関心を持ち始め、
19年前に台湾へ移住。著書に『台北美味しい物語』(まどか出版)


2015年12月22日(火曜日)

台南美食「飯卓仔」

【台湾美食メモ】

府城美食「飯卓仔(ぷんとあー)」。
台南特有のグルメスタイルで、言ってみれば、小料理を出す郷土料理食堂。
自慢の料理が並び、それを選んで食します。

11月に台南をご案内したツアーの皆さんにはこういった場所で台南美食の世界に触れてほしかったです。

福泰飯卓
台南市中西區民族路二段240號
電話番号 06 228 6833
営業状況 明日 7:00〜14:00(営業時間にご注意!)
月曜日休み
場所は赤崁楼の近くです。

飯卓,府城,台南美食


2015年11月13日(金曜日)

台南市山上のご当地かき氷(ラジオ番組)


2015年10月29日(木曜日)

客家料理〜家庭内で食されている料理が気になる・・・


旗山のご当地デザート・清冰

旗山,清冰,片倉佳史,NNA


2015年9月3日(木曜日)

メールマガジン・片倉佳史の台湾便り97号

メールマガジン「片倉佳史の台湾便り」97号を配信しました。
今回から新連載で「片倉真理の取材メモ」というコーナーを設けました。

第一回目は「早起きした朝は蒸包を味わう」を掲載しました。
家内は女性誌や機内誌、旅行雑誌などに記事を書いたり、
コーディネートをしたりしていますので、
そういった取材体験からネタを引っ張ってきてもらおうと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


2015年8月20日(木曜日)

澎湖のご当地かき氷

【台湾のご当地デザート】

澎湖名物の「風茹草茶かき氷」。
以前、エバー航空のプレスツアーにご招待いただいた際、
地元の案内役の方にこっそり連れて行っていただきました。

ちょっぴり渋みもあって絶品でした!
甘いだけのかき氷には飽きた!という方におすすめ。

私は澎湖取材のたびに必ず寄り、
私がご案内するツアーでも必ずお連れしています。
バスターミナル近くにある家竹というお店です。

澎湖,馬公,家竹,かき氷,台湾


2015年7月8日(水曜日)

スイカの100%ジュース、西瓜汁

台湾のファミマでデビューしたスイカの100%ジュース。
ポンカンジュースも絶品でしたが、こちらも見逃せない味です。
100%というところがすごいですね。
ファミマは新商品の開発にとても熱心です。


2015年6月25日(木曜日)

台湾満喫ツアー、初日

第九回を迎えた「片倉佳史さんと行く台湾200%満喫ツアー」。
今回は台南と屏東をディープに巡りました。

初日のディナーは台南の郷土料理を食べましたが、
地元の方々をお招きし、地元愛をたっぷり披露してもらいました。


2015年6月4日(木曜日)

【お知らせ】 6月6日10時からテレビ朝日で大和田兄弟の台湾旅番組

【テレビ番組のお知らせ】 

6月6日、10時から、
テレビ朝日で「大和田兄弟ぐるり鉄道旅!魅惑の台湾…美味と感動、絶景百景」が放映されます。
前回に比べると少し鉄道ネタは薄めですが、
旅番組としてはディープなつくりになっています。

台湾好きの皆さんに喜んでいただけそうな番組なので、
ぜひご覧ください。
前篇に続き、監修をさせていただいています。

http://www.tv-asahi.co.jp/pr/contents/20150606_01544.html
番組のウェブサイトはこちらです


2015年6月1日(月曜日)

台東名産のシャカトウ(NNA連載)

NNA連載「片倉佳史の台湾雑感」より。
台東の名産品として知られる釈迦頭をご紹介しています。

台東,釈迦頭


2015年5月22日(金曜日)

黒マグロの季節

屏東県東港は黒マグロで知られた漁業基地。
古くは日本統治時代に始まった遠洋漁業ですが、

この時期は何と言っても黒マグロです。
私は以前から黒マグロの水揚げシーンを撮影したいと願ってきましたが、
ようやくその夢が叶いました。

黒マグロ,東港


2015年5月21日(木曜日)

【お知らせ】 屏東産のパイナップルとマンゴーが関西上陸!

【関西在住の皆さんへお知らせ】

絶品の誉れ高い屏東県産のマンゴーとパイナップル。
今回、関西初上陸となるそうです。これに合わせてイベントが開かれます。
 
5月23日と24日の両日、
スーパーマーケットのイズミヤの西宮ガーデンズ店で、
屏東県フルーツフェアが開かれるそうです(場所は一階食品売り場です)。
今回はコンテナ6個を確保したそうですが、即日完売もあり得そうです。

なお、これに合わせ、
23日の午後2時からは屏東県の潘孟安知事もご挨拶するそうです。
先日、お会いしてきましたが、気さくな人柄でとてもいい感じの方でした。
屏東県の魅力をより多くの方に知ってもらいたいと熱っぽく語っておられました。

潘孟安,平埔族,屏東県,知事,屏東縣,水果
屏東県政府提供のカット。ちなみに屏東県は檸檬の産地でもあります

一番のウリは芯まで甘い絶品のパイナップル!
台湾では「金鑚鳳梨」の名で親しまれています。

また、マンゴーは今や台南産か屏東産のどちらが美味しいかで激しい議論が行われています!
試食会もあるそうなので、お近くの方、ぜひ足を運んでみてください!
バナナなどもあるそうですよ!

マンゴー,屏東,愛文芒果,車城
マンゴー畑は海に面しています。潮風を浴びて甘さが増すのだそうです

http://www.izumiya.co.jp/shop_info/notice/post_162.html
詳しくはこちらから(イズミヤさんのウェブサイト)

パイナップル,台湾,屏東,鳳梨
芯まで甘い台湾のパイナップル、ぜひ試食してみてください!


2015年5月20日(水曜日)

屏東県のレモン農家

屏東県竹田は実は檸檬の産地。
今回、屏東県政府のお計らいで、初めて檸檬農家を取材させていただきました。
特に「台湾香檬」と呼ばれる小さな品種(沖縄のシークワサー)は爽やかな味わいで絶品でした。

写真は採れたての檸檬。

レモン,香檬,竹田,屏東,檸檬


小さな小さなバナナ

ちなみに台湾では「蛋蕉」と言います。


2015年5月16日(土曜日)

風茹茶・澎湖特有の飲み物文化の話

澎湖特有の飲食文化です。
NNAの連載記事より。

澎湖,風茹茶,センダングサ


2015年5月14日(木曜日)

台南美食・・


2015年5月7日(木曜日)

【講演報告】 5月6日の講演、無事に終わりました!

片倉佳史,講演,李登輝友の会,千葉県支部,南沙,東沙

5月6日の講演会、おかげさまで無事に終わりました!
今回は台湾の現地事情として、
日台関係や食情報、激増する中国人旅行者、東沙・南沙諸島問題、飛虎将軍廟に奉納された日本のお神輿、東日本大震災の話など、
幅広くお話ししてみました。ご来場いただいた皆さん、そして、スタッフの皆さん、ありがとうございました!

今回お話ししたネタは以下のものです。

 台湾人気の秘密を探る〜昨今の台湾ブームの背景
 赤マル急上昇の「修学旅行」〜台湾を訪れるメリットはどこに?
 台湾と中国を考える 故宮博物院について考える
 東沙(プラタス)諸島と南沙(スプラトリー)諸島
 学生運動と首長選挙に見る現代台湾人気質
 オタク文化興隆の背景〜鉄道、プロレス、アニメ、アイドル
 日本から贈られたお神輿の話〜台南飛虎将軍廟
 東日本大震災から4年〜今こそもう一度考えてみたい日台の絆

100名もの方にお集まりいただき、満席状態だったので、少し息苦しかったかもしれませんね。
また、お会いできることを楽しみにしております!

片倉佳史,講演,李登輝友の会,千葉県支部,南沙,東沙


2015年4月27日(月曜日)

馬祖で生のダイコンを食べる

知られざる馬祖の名物。
北竿島でとれるダイコンをいただきました。

なんと、なまで食べても全く辛みがなく、甘かったことに驚きました。
ただ、栽培量が非常に少なく、冬場のみの味覚だそうです。

これは驚きの食文化誌です。

馬祖,ダイコン,北竿


2015年4月11日(土曜日)

澎湖の黒砂糖ケーキ

澎湖の名物デザート。
通称「黒砂糖ケーキ」。実は日本統治時代に沖縄からの移住者が伝えたものという歴史があります。

防腐剤を使っていないので、
購入から2日しかもちません。
日本へのお土産にはなりにくいのが残念ですね・・・

澎湖,馬公,デザート


2015年2月8日(日曜日)

絶品の阿里山コーヒー(CREAウェブより)


2015年1月20日(火曜日)

馬祖美食・鼎邊糊

鼎邊糊,馬祖,南竿,美食

馬祖、美食の旅。
南竿島にある獅子市場は馬祖列島最大の市場ですが、
ここの2階にある「阿妹的店」で「鼎邊糊」を味わいました。

鼎邊糊は日本のすいとんにちょっと似たもので、
もともとは福州の名物料理ですが、
馬祖でも味わえます。台湾では基隆夜市などで見られる屋台料理です。
ちょっぴり魚の香りが強いという印象ですが、
これがまた、食べ始めるとクセになります。

鼎邊糊,馬祖,南竿,美食,阿妹的店

阿妹的店
連江縣南竿鄉介壽村獅子市場2樓
電話:083623675
朝は6時前からやっていますが、
売り切れ次第、店を閉めてしまいます・・・
昼過ぎには店を閉めてしまうようです。

お値段は65元。
馬祖の食べものはどこも量が多いですね!

獅子市場,阿妹的店,鼎邊糊
ワンタンもおすすめです


2015年1月13日(火曜日)

【拙著・拙稿】 台湾生まれの「金魚形ティーバッグ」

片倉真理,CREAウェブ,クレア,金魚,台湾

片倉真理が担当させていただいているCREAウェブの連載。
「愛くるしいフォルムにうっとり! 台湾生まれの「金魚形ティーバッグ」というものですが、
初めて家内が買ってきたときには思わず見入ってしまいました(笑)
結構リアルでかわいいです。
ありそうでなかなかない面白アイテムとも言えそうです。

http://crea.bunshun.jp/articles/-/6964
記事はこちらから

片倉真理,CREAウェブ,クレア,金魚,台湾


2014年12月25日(木曜日)

クレアWEBの記事、絶品のキノコチップス

鹿窯攣,クレア,CREA,片倉真理

【拙著・拙稿から】 

片倉真理がクレアWebさんで担当させていただいている連載企画。
毎回、台湾で今、もっともアツいお土産品を紹介していますが、
今回は鹿窯攣のキノコチップスを取り上げています。

http://crea.bunshun.jp/articles/-/6886
クレアWebのサイトはこちら

これは前回の台鉄展望車貸切ツアーでも一番人気でした。
おすすめ度がとりわけ高い逸品です。

http://www.luyao.com.tw/eng/
鹿窯攣のウェブサイト

誠品生活 松菸店
所在地 台北市信義区菸廠路88號3階
電話番号 02-6636-5888
営業時間 11:00〜22:00
定休日 無休

そのほか、誠品書店信義旗艦店3階、
セレクトショップ「好、丘」の各店舗などでも販売されているそうです。

片倉真理,CREAウェブ,クレア,キノコチップス


2014年11月24日(月曜日)

NNA連載記事 屏東県で名物トンソクを味わう

屏東県萬巒郷のご当地グルメ「トンソク」について書きました。
NNA連載「片倉佳史の台湾雑感」より

萬巒,トンソク,猪脚,屏東


2014年11月13日(木曜日)

晩白柚(ばんぺいゆ)とチェブラーシカ

ご近所の呉さんから大きな白ザボンをいただきました。

これは鹿児島や熊本で親しまれている「晩白柚(ばんぺいゆ)」で、
台湾では白柚仔と呼ばれています。
これはザボンの一品種で、晩白柚の名は「晩(晩生)」、「白(果肉の色)」、「柚(丸い柑橘の総称)」に由来します。

晩白柚は保存性が高く、
1ヶ月くらい置いておいても大丈夫なので、
熟すのをしっかり待とうと思います。

その歴史を遡ると、1930(昭和5)年に台湾から鹿児島県果樹試験場に白柚(ぺいゆ)の株が持ち込まれ、
研究の結果、熊本県八代市で栽培されることになりました。
現在は八代市の特産品となっています。
現在、日本国内では晩白柚のの97%が熊本県で生産されているそうです。

柚子,ゆず,チェブラーシカ


2014年11月11日(火曜日)

新埔の干し柿作りを見学

干し柿,新埔,金漢,柿餅,新竹

新竹県の新埔郷を訪ねました。
ここは台湾最大の干し柿の産地です。
以前、何度か取材したことがあったのですが、
今回は初めて訪問する金漢柿餅という農園を訪ねました。

柿餅,新埔,金漢柿餅.干し柿

こういった観光農園はいくつかあるようですが、
いずれも人気があり、賑わっています。

干し柿も想像以上の美味しさで、思わず感動してしまいました。
11月の台湾を訪れた際は見のがしたくない風物詩と言えそうです。

http://www.naruhodo.com.tw/kanko/index.php?no=163
『な〜るほどザ台湾』誌に寄せた新竹の干し柿の記事(文・片倉真理、写真・片倉佳史)

新埔金漢柿餅
新竹縣新埔鎮旱坑里11鄰27號
03 589 2680

http://035883119.tranews.com
ウェブサイト(中国語のみ)

金漢柿餅,新埔,観光農園,新竹縣
オーナーの誇らしげな表情が良い感じです


2014年11月3日(月曜日)

新埔の干し柿作り

2014年10月号の『な〜るほどザ台湾』で片倉真理が記事を書いています。


2014年8月30日(土曜日)

『な〜るほどザ台湾』に地方都市で味わう個性派かき氷


115 queries. 0.248 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 6262
昨日 : 257257257
総計 : 1936305193630519363051936305193630519363051936305

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店