logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2019年3月16日(土曜日)

竹青庭人文空間と台西冰菓室

竹山の町の中心部に位置する台西客運のバスターミナルの跡地。
ここは現在、1階はアイスクリーム屋である「台西冰菓室」に、
2階の運転手の宿舎だった部分が
竹をテーマにしたレストラン「竹青庭人文空間」に生まれ変わっています。

台西冰菓室

レストランには竹を編んだ美しい柱が見られるほか、
竹製のスプーンや箸など、オリジナルの製品が用いられています。
ここでは竹を用いた料理を味わうことができ、美食スポットとしても人気があります。
まさに竹づくしの空間です。

竹青庭人文空間

料理は定食のスタイルで、
メインにはタケノコと豚角煮、タケノコと地鶏の煮込み、
タケノコと豚肉団子などがあります。

どれを選んでも、味わい深い竹山産のタケノコが存分に味わえます。
値段は250元から300元と、手頃なのも嬉しいところです。

台西冰菓室

「台西冰菓室」では抹茶味やドラゴンフルーツ味、
ベトナムコーヒー味、海塩味などの手作りアイスクリームが楽しめます。
ここの特色は竹製のアイスカップとスプーンを用いていること。
これは近くの「元泰竹藝社」で製造されたもので、
現代的な洗練されたデザインとなっています。
地球に優しいエコ商品であることも注目されています。

何培鈞
かなり手が込んだソフトクリームです


まさにバスターミナルでソフトクリームを味わいます

「竹青庭人文空間」と「台西冰菓室」を運営しているのは
「小鎮文創」という会社です。
代表の何培鈞さんは40代の青年実業家です。
大学生時代に登山をするためにこの地を訪れ、
美しい景色に魅せられたとのことです。

何培鈞.竹青庭,台西客運竹山站

日本でも自然を大切にし、
地域再生を目指す「里山」といった概念が注目されていますが、
何さんもこの考え方に共鳴し、10数年前に竹山へ移住してきました。
もともとは山間部で老家屋を利用した民宿を経営していましたが、
数年前から廃棄されたバスターミナルの再利用も手掛けるようになりました。

何培鈞,竹青庭

「古い建物を修復、保存し、この土地の文化を残していきたい」と言う何さん。
地元の青年実業家と協力し合い、
竹山という小都市をいかに盛り上げていくかを常に考えています。
今後の展開が楽しみな場所です。

竹青庭人文空間
竹山鎮竹山里菜園路27號2樓
049-2656-176
11:30〜17:00

台西冰菓室
竹山鎮中山里菜園路27號
10:00〜17:00

竹青庭人文空間


2019年3月14日(木曜日)

刷り上がりを待つ新刊『台北・歴史建築探訪〜日本が遺した建築遺産』


2019年3月6日(水曜日)

印刷所に入っていった新刊


2019年2月14日(木曜日)

林百貨店と李香蘭


2019年2月12日(火曜日)

講演のお知らせ。2019年2月24日、五反田で台湾の建築を語ります


2019年2月11日(月曜日)

新竹州の地図

日本統治時代の新竹州の地図。
『日本地理風俗体系』より転載。
昭和6年頃の様子です。
詳しくは拙著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)をご覧ください。


2019年2月8日(金曜日)

新刊『台北・歴史建築探訪』の表紙が決まりました


2019年2月7日(木曜日)

台北水源地。観音山蓄水池(浄水池)

農暦新年を迎えました。
今年の初取材は台北市民の暮らしを支えてきた水源地。
観音山の浄水池を撮影してきました。
一般公開されるのは初めてのケースでしたが、
私と家内は撮影の関係上、独自に内部を見せていただきました。

詳しくは次の新刊『台北・歴史建築探訪』(片倉佳史著・ウェッジ)で紹介いたします。


2019年2月1日(金曜日)

湯守観音を参拝~北投普済寺、日本統治時代の鉄真院


2019年1月18日(金曜日)

2019年2月24日、講演『台湾に残る歴史建築』のお知らせ(東京台湾の会〉


2019年1月9日(水曜日)

2019年6月1〜3日、昭和町会in台北


2019年1月2日(水曜日)

新年のご挨拶(きょんマリと片さんより)

新年快樂!

改めまして、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
きょんマリと黒熊の片さんからのご挨拶です。

このキャラクターは気鋭のイラストレーター・奈美さんに描いていただいています。
今年はこういったキャラクターの展開もしていきたいと思います。

それと、2月に台北市内の歴史建築を取り上げた新刊が出ます。
どうぞご期待ください。
詳しくは確定後にアップいたします。

きょんマリ,台湾黒熊,片さん,クロクマ,片倉夫婦,かたくら,katakura,台湾特捜,台湾キャラ,新刊のお知らせ,台北建築,歴史建築,日本統治時代


2018年12月31日(月曜日)

片倉佳史の台湾歴史紀行(第11回)〜日月潭、景勝地と電力開発。そして原住民族

【お知らせ】

日本台湾交流協会の機関誌『交流』。
そこに不定期で連載している「片倉佳史の台湾歴史紀行」。
2018年12月号はその第十一回。

今回は「日月潭〜景勝地と電力開発史、そして原住民族」という題で、
記事を寄せています。
以下のリンクから読むことができます。

サオ族やカハブ族についても触れています。
どうぞご覧ください。


2018年12月24日(月曜日)

九州大学講演の思い出(2018年12月15日)

2018年12月15日の九州大学での講演。
講演後に台北駐日経済文化代表処の方のお招きで食事をご馳走になりました。

私も片倉真理も九州ではあまり講演の声がかからないので、
とても貴重な機会でした。

前原先生、エドワード・ヴィッカーズ先生、
お招きいただき、ありがとうございました!

写真は佐々木一光氏提供

九州大学,駐日経済文化代表処,台湾新聞,片倉佳史,前原志帆,エドワードヴィッカーズ,台湾講演,福岡講演,林泉忠,もっと知りたい台湾,台湾探見,台湾体験


2018年12月5日(水曜日)

馬祖・福正村の伝統集落

馬祖,福正村,伝統家屋,もっと知りたい台湾,台湾体験,ディープ台湾,片倉夫婦,馬祖国家風景区,台湾を学ぶ会


聚珍臺灣。林小昇さんにお会いしました


2018年12月1日(土曜日)

台北機廠(台北鉄道工場)の取材

台北機廠,臺北機廠,鉄道工場,臺鐵,たいてつ,もっと知りたい台湾,台北歴史建築,台湾体験
台北機廠(旧台北鉄道工場)


2018年11月26日(月曜日)

斗六の行啓記念館

斗六,斗六老街,行啓記念館,行啓,片倉佳史,もっと知りたい台湾,台湾体験,台湾探見,片倉真理


2018年11月22日(木曜日)

善光寺台湾別院(台湾善光寺)を取材しました


2018年11月10日(土曜日)

中山十八〜レトロそのままの木造家屋

日本家屋を用いたリノベ空間。
ここに入っている「海倫土司」の特製ココアはおすすめです。
ちょっぴり高いですが、その価値は十分にあります。


三井物産株式会社台北支店の倉庫


2018年10月20日(土曜日)

ライトアップされた新竹駅


2018年10月12日(金曜日)

剥皮寮で萬華を体感

剥皮寮,萬華,万華,清国統治時代,八甲町,老松町,片倉佳史


2018年9月19日(水曜日)

建成小学校の同窓会にお邪魔しました

カテゴリー: - katakura @ 09時40分11秒

日本統治時代に設けられた台北建成小学校。
2018年9月19日、
その卒業生で組織されている「建成会」の会合にお邪魔しました。

皆さん、とてもお元気で、思い出話に花を咲かせていました。
私もいろいろな当時のエピソードをうかがうことができ、
貴重なひと時でした。

中心になって切り盛りしている鈴木千絵さん、姫島さん、
そして、もろもろお手伝いをなさっているスタッフの皆さん、
ありがとうございました!

なお、建成小学校については、
拙著で恐縮ですが、『台湾に生きている日本』(祥伝社)で紹介しています。
ご興味を感じていただける方、どうぞご覧ください。

台湾楽しや,建成小学校,建成会,建成國中,湾生,中田芳子,石井餅菓子店
最後は中田芳子さんを中心に「台湾楽しや」を大合唱

建成会,建成小学校,建成國中,台湾探見,湾生,日本統治時代の台湾


2018年8月30日(木曜日)

日本経済新聞にコメントしています

日本経済新聞の記事。
確かに日本統治時代の産業遺産や建造物を観光資源として扱っていくことは
台湾ではとても熱心に行われています。

こういったものも、少し深く考察を加え、
台湾の人々の精神、そして「気持ち」について、
偏りなく、考えていきたいものですね。


2018年8月18日(土曜日)

台北賓館〜旧台湾総督官邸


『Voice』の巻頭グラビア 岡山神社のお神輿


2018年8月6日(月曜日)

時空旅人に片倉真理が宜蘭の記事


台北賓館(旧台湾総督官邸)

カテゴリー: - katakura @ 15時42分59秒


2018年8月2日(木曜日)

京倫會所

カテゴリー: - katakura @ 13時01分10秒

市内を撮影中に偶然見かけた日本家屋。
全くノーマークだったので、驚きました。

後日、改めて取材に行ってきます。

京倫會所,日本統治時代,日治建築,日式宿舎


2018年7月4日(水曜日)

王長發商號〜花日見青

王長發,彰化散策,リノベカフェ,花日見青,王長發商號,

彰化のリノベカフェ。
王長發商號は彰化駅の近くにあるドリンク店。
王家はかつて、彰化随一の富裕を誇った一族です。

建物の修復には10年の歳月を要したそうです。
道路に面した部分は日本統治時代のものですが、
奧の部分は清国統治時代のもの。梁や煉瓦は当時のものが残っています。

王長發,彰化散策,リノベカフェ,花日見青,王長發商號,カタクラマリ,片倉真理
2階部分にも注目。文化イベントなども開かれるそうです

今回はオーナーの梁世賢さんと奥様、
そしてお父様にご案内いただきました。
彰化の駅から5分ほどなので、気軽に訪ねられます。
中正路をまっすぐ進んで左手にあります。

王長發,彰化散策,リノベカフェ,花日見青,台農18号,王長發商號,カタクラマリ,片倉真理

今回いただいたのは台農18号紅茶。
新鮮なレモンをたっぷり入れてもらい、
暑さを忘れました。
素材を厳選し、添加物や人口色素などは使用しないという
こだわりも嬉しいですね。

王長發,彰化散策,リノベカフェ,花日見青,王長發商號,カタクラマリ,片倉真理

【王長發商號】
彰化市中正路一段478号
10:00〜18:00
月曜休み
0900-194-888

王長發,彰化散策,リノベカフェ,花日見青,王長發商號,カタクラマリ,片倉真理


2018年6月5日(火曜日)

【講演・台湾歴史建築案内】 6月9日14時から

【講演・台湾歴史建築案内】 

講演のお知らせです。
6月9日14時から日台関係研究会さんにお招きいただき、
講演をさせていただきます。

今回は台湾に残る日本時代の建築物を取り上げ、
当時の社会事情や建築家たちが追いかけた夢と理想、
そして、現在も台湾の人々に守られ、保存される姿をご紹介します。

講演後、軽食と飲み物を交えて懇談し、
4時30分ころにお開きだそうです。

本来は会員限定なのだそうですが、
特別に外部来場者枠を15名いただきましたので、
ご興味ある方、私宛にメッセージをいただければ、私のほうで席を確保します。
nwotaiwan@gmail.com

片倉佳史,古写真,日台関係研究会

今回は小規模で、懇親会もあるので、
おしゃべりも楽しめればと思います。

参加費は2000円(学生1000円)です。

https://www.forum-8.co.jp/access
場所は渋谷フォーラム8です。

片倉佳史,古写真,日台関係研究会,林森北路,大正町


2018年5月2日(水曜日)

静修女子高級中学(旧静修女学校)

静修,女学校,台北,静修女学校,片倉佳史,台北レトロ


2018年4月25日(水曜日)

【良書紹介】 台湾に渡った日本の神々 〜金子展也 (著)


2018年4月11日(水曜日)

嘉義農林学校野球部、川原信男選手


2018年3月11日(日曜日)

『台湾に生きている日本』8刷りが並び始めました

台湾に生きている「日本」目次

序章
私を惹きつけた台湾
台湾に惹かれていった私
台湾の現状と日本
台湾が歩んできた道のり
一八九五年、日本統治時代がはじまる
古蹟探訪ブームに見る台湾人の郷土愛
庶民レベルで定着した郷土研究
歴史建築の保存とボランティアガイド
台湾で日本統治時代の遺構を訪ねる
本書について

第一部
台湾に生きている「日本」を歩く

▲台北市とその周辺

■台湾総督府
台湾統治のシンボル
台湾領有と台北入城
デザイン決定までの経緯
残された総督府庁舎
庶民に開かれた権力機関

■台湾総督府博物館
台北駅と鉄道ホテル
ドームを抱いた西洋建築
台湾、そして日本最古の蒸気機関車

■台湾総督官邸
閉ざされていた未知の空間
二〇〇六年、ついに一般公開が実現
白蟻に悩まされた建築家たち
瀟洒な室内空間と広大な庭園

■建成尋常小学校
歴史建築を用いた文化スペース
市内指折りの大型学校建築
戦後は長らく市政府(市役所)となっていた
●台湾に残る「日本」点景01―台北市内の歴史建築カフェ

■台北高等商業学校
経済界に人材を輩出した名門校
椰子の根元に埋まった石碑
●台湾に残る「日本」点景02―学校内に残る石碑たち

■「ホトク1」型特別客車
台湾で守られている木造貴賓車
装飾に川端玉章の蒔絵

■台北州立公共浴場
硫黄採掘で知られた温泉地
上野がモデルになった温泉公園
昭和天皇も皇太子時代に訪れた
郷土博物館として再生

■瀧乃湯
風情たっぷりの温泉銭湯
台湾の地名が付いた地質鉱物
庶民によって守られた石碑
台湾はいま、空前の温泉ブーム

▲台湾北部

■畜魂碑
読者に教えられた石碑の存在
いまも霊を慰め続ける石碑
●台湾に残る「日本」点景03―各地に残る畜魂碑と獣魂碑

■大渓武徳殿
武徳殿とは何か
憲兵隊が管理者となっていた
柔道・剣道が復活しつつある台湾
●台湾に残る「日本」点景04―台湾各地に残る武徳殿

■宜蘭飛行場跡 
台湾各地に設けられた軍事基地
宜蘭の飛行場跡を訪ねる
老人は特攻隊出撃の日を覚えていた
消えゆく滑走路

■十六份駅
台湾はいま、鉄道旅行がブーム
廃止となった木造駅舎が観光スポットに
南北を結ぶ大動脈だった縦貫鉄道
後藤新平が揮毫したプレート

▲台湾中南部

■和美公学校校内神社 
平埔族が暮らしていた土地
小さな狛犬が校庭を眺めていた

■琴山河合博士旌功碑
原始の姿を保った美林と日本
木立の中に眠る石碑
戦後、無尽蔵の森林資源も枯渇した
●台湾に残る「日本」点景05―阿里山森林鉄道の旅

■台南駅
古都台南の玄関口
七〇年前のライトアップと鉄道ホテル

■下淡水渓橋梁
日本最長と謳われた名橋梁
完成を見ずに世を去った日本人技師

■旗山駅
時速二〇キロのサトウキビ運搬列車 
移設保存の請願運動は実るか

■竹子門水力発電所
台湾南部最古の発電所
職員に守られてきた殉職碑
産業遺産として守られる発電所

■高砂族教育発祥之地碑
台湾最南端の地に残る石碑
原住民族を「教化」する
幻に終わった「教育の聖地」

▲台湾東部

■ハラパワン祠
コーヒー農園のあった集落
雑草に埋もれた「阿弥陀仏」

■旭村遙拝所 
台湾東部に定住した日本人移民
苦難が続いた移民村の暮らし
石灯籠が神社の存在を伝えていた
●台湾に残る「日本」点景06―移民村に残る遺構群

第二部
台湾人と日本人―日本統治時代の絆を訪ねて

■菁桐駅
渓谷美が美しいローカル線
終着駅の風情と木造駅舎
日本人医師と老婆の追憶

■義愛公
信仰の対象となった警察官
僻地に赴任した巡査の生涯
庶民信仰の対象として定着する義愛公
受け継がれていく日本と台湾の絆

■共栄診療所
リカボンという名の集落
村人の健康を守ってきた木造家屋
人生の一部分を重ねあわせた二人

■歌声となって残る小さな物語
蝶が舞う小さな村
山に育った少女・サヨン
愛国美談として映画化
国策映画『サヨンの鐘』の運命
再建された石碑と失われた鐘
今も唄い継がれる名曲の調べ

■白団
知られざる台湾と日本の戦後史
通訳を務めたパイワン族の青年
白団結成の背景とその過程
白団が伝えたものは何だったか
金門島における砲戦と白団
白団とその後の終焉

第三部
台湾の言葉となった日本語

複雑な台湾の言語事情
日本語起源の単語が台湾に残った背景
台湾に残る日本語の現況
本稿の執筆にあたって

台湾の言葉となった日本語辞典

付録・訪ねてみたい歴史建築と遺構100選

片倉佳史,新刊,祥伝社,台湾,台北,日本統治時代


2018年2月23日(金曜日)

総統府〜台湾総督府建築秘話

カテゴリー: - katakura @ 08時47分14秒


2018年2月4日(日曜日)

斗六の行啓紀念館

雲林県の斗六。
ガイドブックなどではあまり取り上げられず、
知名度は高くありませんが、訪れてみると、なかなか魅力的な土地です。

今回、片倉真理の新刊で取り上げられなかったことがとても残念です・・・

行啓紀念館,斗六,皇太子,皇太子行啓,行啓記念

台湾の街角から


2018年1月20日(土曜日)

嘉義の東市場、日本統治時代の市場建築


嘉義に残る天理教の布教所


2018年1月18日(木曜日)

天理教の布教所〜日本統治時代の建築巡り


2018年1月15日(月曜日)

【高雄で講演】2018年2月11日

【お知らせ・高雄講演】

2018年2月11日(日)に高雄市大東文化芸術中心で講演をさせていただきます。
テーマは「高雄の歴史をたどる〜建築物と都市計画からみる日本との関わり」。
主催は日本台灣交流協會高雄事務所、高雄市政府文化局、日本國際交流基金會で、
国際交流基金海外巡回展「ストラグリング・シティーズ−60年代日本の都市プロジェクトから」というイベントの特別講座として開かれます。

講演は日本語ですが、中国語の通訳が付きます。
台湾南部在住者の皆さん、お時間があればどうぞお越しください。

高雄,片倉佳史,講演,打狗

特別講座

日時:2018年2月11日(日)14:30〜16:30
場所:大東文化芸術中心「演講廰」(2階)
(高雄市鳳山区光遠路161号(MRT「大東駅」2番出口))
※申込み方法:日本台湾交流協会高雄事務所まで 
TEL:07-771-4008内線12 
Email:bunka-k1@ka.koryu.or.jp
(氏名及び人数を明記の上、お申し込みください)

テーマ1:「日本の古い建築物の特徴―高雄市と山口県を起点として―」
講師:川口智・宮本常一記念館地域交流員/室中伝・室中技研棟梁
内容:日本の古い建築の技術は、中国大陸から伝わってきました。
では、なぜ台湾に遺された日本統治時代の建築物は、中国建築と異なるのでしょうか。
高雄市や山口県などに遺された身近な建築物を手掛かりに、
日本の古い建築物の秘密に迫ります。日本の熟練大工さんの話も聞けます。
建築について学んだことがない方にもわかりやすいように、
写真をたくさん使いお話ししますので、ぜひ、ご来場ください。台日友好!
  
テーマ2:「高雄の歴史をたどる〜建築物と都市計画からみる日本との関わり」
講師:片倉佳史・台湾在住作家
台湾南部の中枢として機能する海洋都市・高雄。日本統治時代に築港され、
戦後も台湾最大の港として君臨してきた高雄港をはじめ、
先進的な都市計画に従って町並みが整備されてきました。
今回は高雄市の中心部に残る日本統治時代の歴史建築や産業遺産をいくつか取り上げ、
古地図や古写真なども用いながら、高雄という都市の歴史と成り立ち、
そして、日本との関わりについてお話ししたいと思います。

高雄,片倉佳史,講演,打狗


2018年1月4日(木曜日)

新年のご挨拶(古写真コレクターとレトロ台湾好きの皆さんへ)


2018年1月3日(水曜日)

新年のご挨拶(歴史建築好きの皆さんへ)


2017年12月20日(水曜日)

石井餅菓子店についての取材

日本統治時代の御成道路(現中山北路)にあった石井餅菓子店。
ここで育った石井勝さんを訪問し、日本統治時代の御成町界隈、
そして、当時の菓子製造業者やお菓子そのもののエピソードをお聞かせいただきました。

拓殖大学の講演を終え、その足でご自宅を訪問。
たっぷりとお話をうかがいました。

どんな時代であっても、
真剣に生き抜いてこられた先輩方の生きざまに触れ、多くのことを考えた一日でした。

石井餅菓子店,石井勝,御成町,大正町,勅使街道


2017年12月1日(金曜日)

林百貨

林デパートについては現在刊行準備中の新刊で紹介する予定です。
どうぞご期待ください。


2017年11月21日(火曜日)

台湾を学ぶ会、第6回は竹中信子さんをお招きします(2017年12月10日)

【お知らせ】

台湾を学ぶ会(臺灣研究倶楽部)の第6回を
12月10日、都内・錦糸町で行なうことになりました。

今回のゲストは竹中信子さんです。
台湾東北部にある蘇澳冷泉の発見者・竹中信景氏のご子孫で、
日本統治下における女性史の研究者でもあります。

竹中さんは非常に勉強熱心な方で、
私が心から尊敬する先輩です。
ご自身の勉強のみならず、引揚者で組織されている台湾協会の活動も長くしてこられ、
そういった横の繋がりから得た貴重なエピソードもたくさんご存知です。

竹中信子,中村信子,田端書店,女性史

今回は竹中さんの故郷である蘇澳(すおう)と、
竹中さんの研究テーマである日本統治下の女性たちについてお話をうかがいます。
貴重な機会だと思いますので、どうぞお越しください。

竹中信子,劉純心,中村信子

お申し込みは以下からお願いいたします。

http://kokucheese.com/event/index/497398/
【台湾体験と日本統治下の女性史・申込みフォーム】

蘇澳,南方澳,日本統治時代,竹中信子

【第6回台湾を学ぶ会(臺灣研究倶楽部)】
テーマ・台湾体験と日本統治下の女性史(竹中信子)
日時 12月10日(日)18:15 〜 20:30(開場18:00)
ゲスト 竹中信子(作家・女性史研究家)
聞き手・進行 片倉佳史(台湾を学ぶ会代表)
場所 すみだ産業会館(東京都墨田区江東橋3-9-10)会議室1 ※錦糸町駅前です
参加費 2000円(学生1000円)
定員 80名
主宰・台湾を学ぶ会(臺灣研究倶楽部) 協力・台湾漫遊倶楽部
申込みフォーム
http://kokucheese.com/event/index/497398/

蘇澳,南方澳,日本統治時代,竹中信子
皆さんのお越しをお待ちしています


第5回 台湾を学ぶ会、満席御礼、申込みを締め切りました


2017年11月19日(日曜日)

迪化街のティーハウス「ASW」

ASW Tea House
台北市迪化街1段34号2階
02-2555-9913
9時〜18時 無休

ASW,迪化街,ワトソン,リノベカフェ


2017年11月15日(水曜日)

台中の隠れ家カフェ「奉珈琲」

奉珈琲,忠信市場,台中市,台中散歩

古い市場の中にある隠れ家的存在のカフェ。
台中市忠信市場の中にある「奉珈琲」を訪ねました。

なかば廃墟となってしまったこの市場ですが、
若い世代によって、活力を注入されています。

オーナーの方さんは笑顔の絶えない好青年。
こだわりのコーヒーが味わえます。
しかし、コーヒーのみならず、この空間に漂う雰囲気は強烈な印象があります。
ぜひ、足を運んでみてください。

https://www.facebook.com/presentcafe/?hc_location=ufi
お店の詳細はこちらから

奉珈琲,忠信市場,台中市,台中散歩
方さんこだわりのコーヒーをどうぞ


115 queries. 0.166 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 154154154
昨日 : 458458458
総計 : 2155893215589321558932155893215589321558932155893

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店