logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2019年3月15日(金曜日)

台湾の竹炭の文化に触れる

台湾は竹の産地として知られています。
今、私たちはこの台湾の竹の文化に興味を感じ、
取材を続けていますが、
今回は嘉義県大埔郷にある竹炭の製造工場を訪れました。

竹炭,大埔,嘉義県,片倉佳史

台湾における竹の文化は長い歴史を誇りますが、
意外にも、南投県や嘉義県で竹炭の製造が始まったのは、
比較的最近のことで、1999年9月21日の台湾中部大震災以降のこと。
被災地を復興させるための新たな地場産業として竹炭が注目され、
政府主導で研究開発が始まったのだと言います。

ここ「坪林竹炭」の林唐玄さんの工場も
林業試験所や林務局によって指導を受けて始まったもの。
日本からも技術者が2〜3ヶ月に一度訪れていたとのことです。

潘永祥,大埔,台湾産,台湾製造,臺灣製造,台湾取材メモ,片倉佳史,片倉真理,台湾体験,台湾の街角から,もっと台湾,剣道と台湾

台湾の竹炭は主に「孟宗竹」を用います。
伐採した後、約1メートルくらいにカットし、
亀裂が入らないように天日干しします。
その後、約一週間かけて弱火で焼いていきます。
火加減が強すぎると灰になってしまうのでコツが必要とのこと。
きれいに束ねて焼くと、
良質な竹炭ができるそうです。

台湾産,台湾製造,臺灣製造,嘉義県,片倉佳史,片倉真理,台湾体験,台湾の街角から,もっと台湾,地場産業

ちなみに、かまどの前には神様が置かれていました。

ここの竹炭はクオリティが高いことで知られています。
安全基準に達した「CSS認証」を擁しており、
この認証があるのは台湾全土でも4か所だけとのことです。

竹山,竹刀,台湾産,台湾製造,臺灣製造,竹山鎮,片倉佳史,片倉真理,台湾体験,台湾の街角から,もっと台湾,剣道と台湾

ここで製造された竹炭は
主に衣類の繊維に用いられています。
除臭、保温のほか、遠赤外線効果もあり、
血の巡りが良くなると言われています。

台湾竹炭,片倉佳史,片倉真理

そのほか、竹炭酢や竹炭チップ、
竹炭石けんなども販売しています。
さらに、台湾のお茶請けとして人気がある竹炭ピーナッツもあります。
竹炭でコーティングしたピーナッツはほどよい甘さで、
やみつきになる美味しさです。
台北のスーパーなどでも売っているので、
お土産に買って帰るのもいいかもしれません。

林唐玄,潘永祥,片倉佳史,片倉真理,台湾探見,台湾体験

参考までにここの商品の値段をアップしておきます。
フクロウ150元
竹醋液100元
竹炭チップ200元 大300元
竹炭粉250元/250g
竹炭石けん150元
タオル150元


潘さん、林さん、ありがとうございました。


2019年3月14日(木曜日)

台湾生活情報誌『悠遊台湾』の電子書籍版(2018-2019)

私と家内が毎年編集・執筆している台湾生活情報誌『悠遊台湾』。
その2018-2019年度版のKindle版のお知らせです。

本書は悠遊台湾(2018-2019年度版)の電子書籍ダイジェスト版です。
台湾で暮らす日本人のための生活便利帳というコンセプトで、
台湾の基礎事情から子育て事情や医療情報、家探しなどの生活情報、
さらに、同好会・サークル活動やグルメガイドまで、盛りだくさんの内容となっています。

書籍版(最新版)は春に発売になりますが、
これは台湾でのみ発売で、日本での通信販売は少し時期がずれます。
電子書籍版はダイジェストですが、値段も安いので、
ご興味を感じていただければ幸いです。

詳しくはこのページの上をご覧ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

片倉佳史・片倉真理


片倉真理の台北漫遊指南~中山捷運站

カテゴリー: - katakura @ 13時37分13秒


『&Premium』の4月号、片倉真理の連載「台北漫遊指南」、よろしくお願いいたします。


2019年2月16日(土曜日)

iphoneXRに乗り換えました

契約更改を待てず、新しくiphoneXRを購入しました。
こだわったのは色です。
このワインレッドはぐっと惹かれるものがありました。
それはなぜかというと、下の写真をみてください。

ワインレッドを選んだのは、
この鳥の色に合わせたかったため。

台湾中南部の山岳地帯に暮らす「高砂猿子(タカサゴマシコ)」です。
台湾固有種の美しい鳥です。

タカサゴマシコ,高砂猿子,合歓山,台湾固有種,武嶺,台湾体験,台湾探見


林東芳牛肉麺

店舗が新しくなりましたが、その美味しさは今も変わらず。
濃厚なのにさっぱりしている不思議な風味です。


欣葉の杏仁豆腐は奥が深い!

台湾料理の老舗として知られる人気店ですが、
ここの隠れた名物とも言うべきなのが杏仁豆腐です。
ツイッターやFBで書いたところ、
多くの方からメッセージとコメントをいただきました。

愛される深さを感じました。


2019年2月14日(木曜日)

林百貨店と李香蘭


2019年2月11日(月曜日)

農暦の新年、本年もよろしくお願いいたします(黒熊の片さん、きょんマリより)


2019年2月6日(水曜日)

電子書籍・台湾生活情報誌『悠遊台湾』の発売開始

悠遊台湾,台湾生活,台湾情報,片倉佳史,片倉真理,台湾探見,台湾体験,台湾の街角から

【お知らせ】

台湾生活情報誌『悠遊台湾』の電子書籍の発売が始まりました。
本書は台湾暮らしの生活便利帳で、
医療事情や通信事情、子育て、家探しのほか、
サークル活動やレストランガイドまでを網羅しています。

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=2894
台湾の生活情報を扱う(たぶん)唯一の書籍です

書籍版は280頁のかなり分厚い一冊ですが、
電子書籍はそのダイジェスト版になので、
定価は780円に押さえています。

悠遊台湾,台湾生活,台湾情報,片倉佳史,片倉真理,台湾探見,台湾体験,台湾の街角から

本誌は日本国内では通信販売と、
私が講演をする際の会場販売のみなので、
Amazon経由での販売は好評をいただいています。
ご興味を感じていただけるかた、どうぞよろしくお願いいたします。

https://amzn.to/2Soy0cI
Amazonのページはこちら

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

片倉真理・片倉佳史

悠遊台湾,台湾生活,嘉義,片倉佳史,片倉真理,ディープな台湾,高雄情報,台中情報


2019年2月4日(月曜日)

オリジナルカレンダー(国内向け通信販売のお知らせ)

【オリジナルカレンダー】

2019年は自作のオリジナルカレンダーを作りました。
日本のカレンダーを表に、台湾のカレンダーも裏に入れた日台両用カレンダーです。

これは日ごろからお世話になっている皆さんへプレゼントすることを目的に作ったのですが、
多くのリクエストをいただいたので、国内向けには通信販売をしています。

日台,日台両用,カレンダー2019年,オリジナルカレンダー,台湾探見,台湾体験,もっと知りたい台湾,片倉佳史,片倉真理,かたくら
日台両用を謳ったオリジナルカレンダーです

おかげさまで、すでに100部近くのオーダーを受けており、
嬉しい悲鳴状態です(ありがとうございます)

なお、2月17日、24日、26日(大阪)、3月3日(京都精華大学)の講演会場では
会場販売をしたいと思っています。

美しい台湾の風景をお手元においていただければ幸いです。
価格は送料込みで1000円となっています。
お申込みは、以下までメールをいただければと思います。
nwotaiwan@hotmail.com

どうぞよろしくお願いいたします。

台湾の祝日,日台両用,カレンダー2019,オリジナルカレンダー,台湾の街角から,台湾体験のススメ,もっと台湾トークライブ,台湾を学ぶ会,ランタン祭り,北竿島,芹壁村,片倉佳史,彰化県,寿山,廟口夜市,新埔,かたくら


2019年1月31日(木曜日)

拙稿・高雄市美濃の水蓮菜(野蓮)


2019年1月30日(水曜日)

南投県竹山、竹刀の製造を取材

台湾は「竹」に関する工芸品や地場産品がとても発達している土地。
また、良質の竹を多く産出し、
さらに絶品のタケノコ料理も味わえます。

今回はご縁をいただき、竹に関する取材をしてきました。
南投県竹山は農業の盛んな土地ですが、
同時に竹を用いた様々な産業が発達しています。

竹山,竹刀,南投県,地場産品,臺灣製造,竹山鎮,片倉佳史,片倉夫婦,台湾体験,台湾の街角から,台湾工芸,剣道と台湾

今回は「竹刀」の取材をさせてもらいました。
正直なところ、あまり知られていないのですが、
日本の剣道で使用されている竹刀の9割以上が海外産で、
その製造業者は台湾の会社です。

実際に工場があるのは中国とインドネシアなのですが、
その技術は疑いなく台湾のもの。そして素材は台湾産の竹です。
中でも台湾中部山岳地帯の「桂竹(けいちく)」は評価が高く、
これなしでは竹刀は存在せず、
日本の剣道界もなり得ません。

竹山,竹刀,台湾産,台湾製造,臺灣製造,竹山鎮,片倉佳史,片倉真理,台湾体験,台湾の街角から,もっと台湾,剣道と台湾
とにかく圧倒されてしまう竹刀の材料庫

まず驚いたのは、竹が山積みになった材料倉庫。
見上げるまでのその様子に圧倒されました。
そして、裏庭にはその竹が組まれた状態で干されていますが、
その様子も美しく、印象的な光景でした。

竹山,竹刀,台湾オリジナル,南投県,台湾限定,竹山鎮,片倉佳史,片倉真理,台湾探見,台湾街角,かたくら,剣道

そして、オーナーが誠心誠意、
竹刀造りに向かい合っていることに感動を覚えました。

「台湾なくして剣道なし」という状況ですが、
残念ながら、日本で出回る竹刀に「台湾」の文字はなく、
ほとんど知られていません。
しかし、すでに半世紀以上、
台湾の業者が竹刀の製造を担っています。

竹山,竹刀,台湾産,台湾製造,臺灣製造,竹山鎮,片倉佳史,片倉真理,台湾体験,台湾の街角から,もっと台湾,剣道と台湾

オーナーは
「もし中途半端なものを作ったら、とにかく危ない。
 子供たちに健全な剣道の精神が宿ってほしいので、
 私たちも気を抜かず、仕事に打ち込んでいます」
と語っていましたが、そういった気概に支えられ、
日本の剣道界は成り立っているんですね。

剣道家の皆さんにはぜひ知ってほしい事実だと思います。

南投県,竹刀,台湾中部,孟宗竹,臺灣製造,竹山鎮,片倉佳史,麻竹,台湾体験,片倉まり,桂竹,剣道と台湾


2019年1月29日(火曜日)

台湾名産のメンマの郷を訪ねる

ラーメンには欠かせない存在のメンマ。
その製造工場を訪問しました。

嘉義県の大埔にある「坪林果菜生産合作社」にお邪魔しました。

大埔
 
作業場に着いて驚いたのは、何といってもその独特な匂い。
いい香りなのですが、かなりのものでした。
巨大なポリバケツを用い、タケノコを発酵させている作業中でした。
このポリバケツも一見の価値ありです。

メンマに用いられる竹は香りや味が良い麻竹(マチク)です。
オーナーの林麗真さんによれば、
海抜600メートルあたりの中海抜に生えている竹は
繊維がきめ細かく、質が良いとのこと。

麻竹

この一帯では7月中旬から9月末にかけて、
タケノコの収穫が行なわれます。
この時期は毎朝作業場にタケノコが運ばれてくるそうです。

タケノコはまず等級別に分類され、
煮てから空気や水に触れないよう、しっかりと密封します。
そして、1週間くらいすると、発酵が始まるそうです。
発酵後はタケノコを手で裂き、塩を加えます。
 
メンマ
とにかくすごい迫力でした

その後、日本向けに出荷する分は5日間ほど日干しします。
日本人はシャキシャキとした食感を好みますが、
台湾の人たちはどちらかと言えばしっとりとした食感を好みます。
そのため、台湾向けのものは日干しをせず、
日本用のは凸凹の地面の上に置いて、水分を流し出します。
日干ししたタケノコは香りもよくなり、色も濃くなります。
ちなみに、日干ししないで軟らかい状態のままでは、
重さの問題もあって、輸出には向かないのだそうです。
同じ、台湾産であっても、台湾向けと日本向けでは
それなりに異なる味わいになっているというは興味深いところですね。

メンマ

白板には、「絲」、「片」、「角」という文字が書かれています。
これは台湾用のメンマの注文表です。
調理用方法によって、タケノコの用いる状態が異なります。
「絲」は細切りにした状態で、豚肉と一緒に炒めるのに用います。
「片」はスライスしたもので、タケノコの炒めやスープに用います。
「角」は細かく四角形にカットしたもので、発酵させないで、肉まんの中に入れます。

片倉佳史,片倉真理
手作業で丁寧に剥いていきます

余談ながら、日本向けのメンマは
台湾ではあまり必要とされないタケノコの尾の部分(底の部分)を使うとのことです。

私たちが取材をした工場は1990年からメンマの製造を始めたとのこと。
かつては台湾産が圧倒的なシェアを誇っていましたが、
現在、日本で食されているメンマは中国産が増えてしまったとのこと。
大埔のメンマの加工場も減ってしまいましたが、今もなお、評価は高く、
ファンは少なくありません。

皆さんもぜひ、台湾産のメンマを味わってみてください。

メンマ


2019年1月24日(木曜日)

オリジナルカレンダーの国内通信販売について(高砂電子出版)

【お知らせ】

日ごろからお世話になっている皆さんへプレゼントすることを目的に、
カレンダーを製作したのですが、その通信販売のお知らせです。

日台,日台両用,カレンダー2019,オリジナルカレンダー,台湾探見,台湾体験,もっと知りたい台湾,片倉佳史,片倉まり,かたくら

日台両用を謳ったオリジナルカレンダーですが、
高砂電子出版さんのご厚意で、
日本国内向けに通信販売をすることになりました。

お問い合わせをたくさんいただき、嬉しく思っています。
美しい台湾の風景をお手元においていただければ幸いです。

価格は送料込みで1000円となっています。
どうぞよろしくお願いいたします。

★申し訳ございません。高砂電子出版さん販売分は、
おかげさまで2日で完売となってしまいました。
ありがとうございました!(2019年1月25日)


2018年12月27日(木曜日)

創作饅頭バーガー「饅飽」(ManBao)


2018年12月24日(月曜日)

九州大学講演の思い出(2018年12月15日)

2018年12月15日の九州大学での講演。
講演後に台北駐日経済文化代表処の方のお招きで食事をご馳走になりました。

私も片倉真理も九州ではあまり講演の声がかからないので、
とても貴重な機会でした。

前原先生、エドワード・ヴィッカーズ先生、
お招きいただき、ありがとうございました!

写真は佐々木一光氏提供

九州大学,駐日経済文化代表処,台湾新聞,片倉佳史,前原志帆,エドワードヴィッカーズ,台湾講演,福岡講演,林泉忠,もっと知りたい台湾,台湾探見,台湾体験


2018年12月13日(木曜日)

九州大学の講演(西日本新聞記事)2018年12月15日です!


2018年12月6日(木曜日)

訃報・華阿財さん

訃報・華阿財さん。

パイワン族の長老・華さんが11月30日9時20分、
天国に旅立たれました。

私は華さんからパイワン族のクスクス社に伝わる十数篇の伝説・伝承を教えていただきました。
残念ながらこれらを本という形にすることはできないまま、
時間だけが過ぎてしまいました。とても残念です・・・

数年前にガンを患い、
最近はお会いできなくなっていましたが、
お電話では元気な声を聞かせてくれました。

本当に寂しいです・・。
安らかにお休みください。合掌。

華阿財,片倉佳史,もっと知りたい台湾,台湾を学ぶ会,台湾体験,パイワン族,台湾探見
片倉がご案内する台湾200%満喫ツアーの一コマ


2018年12月5日(水曜日)

建成小学校の同窓会にお邪魔しています


2018年12月2日(日曜日)

2019年4月20日〜5月5日、台北でイベントを企画します


2018年11月25日(日曜日)

2018年11月24日、台湾の選挙

2018年11月24日、台湾でおおがかりな地方選挙がありました。
すでにいろいろな評論、記事が出ていますので、
選挙についてはそちらをご覧ください。

私はツイッターとフェイスブックで情報を発信していました。
ただ、youtubeなどでライブ中継を見ながら、
リアルタイムで情報を追いかけている方も多かったようですね。

今回、私は新聞記者や政府関係者の方々とともに選挙の状況を追っていましたが、
いろいろな視点や情報をいただき、興味深いひとときでした。

大荒れの結果でしたが、
人々が選んだ政治家がどのような形で期待に応えていくのか、
そして、台湾の人々がどのような思いで選挙に臨んだのか、
注視していきたいと思います。

http://www.cec.gov.tw/mobile/zh_TW/index.html?fbclid=IwAR3MIvWSyoSzB23jVdWCYN8YPD8uoO7zO7G6T1CGYRS725J8TB2cg6mg3sk
中央選挙委員会のページ(公式結果はこちら)


2018年11月24日(土曜日)

ご挨拶 『&Premium』にて台北の連載『&Taipei』

カテゴリー: - katakura @ 17時39分30秒


あったかお団子デザート〜御品元


2018年11月21日(水曜日)

『 &Premium』(マガジンハウス)、新規連載のお知らせ(片倉真理)

【新規連載のお知らせ・片倉真理】

今月から『 &Premium』(マガジンハウス)で
片倉真理の新しい連載が始まります。

全6ページの企画で、今月号は「大稲埕・南」だそうです。
書店で見かけましたら、ぜひご覧ください。

『 &Premium』は台湾でも読者が多いので、
反響がちょっぴり楽しみだったりもします。

どうぞよろしくお願いいたします!

https://magazineworld.jp/premium/

カタクラマリ,片倉真理,連載,大稲埕,台湾探見,台湾体験,もっと知りたい台湾


2018年11月20日(火曜日)

サイシャット族のパスタアイ〜片倉真理


小琉球で海亀に出会う


2018年11月16日(金曜日)

クレアウェブ「片倉真理のときめく台湾土産」〜茶の実スキンケア


2018年11月10日(土曜日)

中山十八〜レトロそのままの木造家屋

日本家屋を用いたリノベ空間。
ここに入っている「海倫土司」の特製ココアはおすすめです。
ちょっぴり高いですが、その価値は十分にあります。


月を撮る〜パナソニックのFZ-85

カテゴリー: - katakura @ 02時21分00秒


2018年11月4日(日曜日)

宝塚の台湾公演〜高雄編(片倉真理)


2018年10月24日(水曜日)

2018年度 サイシャット族のパスタアイの日程

サイシャット族の祭典「パスタアイ」の日程。
2年に一度開かれる祭典ですが、
2018年度の日程が発表されました。

パスタアイ,サイシャット族,台湾原住民,南庄,片倉真理,片倉佳史,台湾探見

苗栗県南庄郷 11/16~18
新竹県五峰郷 11/17~19

小人(こびと)の精霊を祀るパスタアイ。
徹夜で行なわれるので、それ相応の準備と心構えが必要です。
正直なところ、かなり寒いです。

パスタアイ,サイシャット族,台湾原住民,南庄,片倉真理,片倉佳史,台湾探見

個人的には南庄のほうがいい雰囲気だと思います。
まずは南庄まで行き、
バスターミナル前から会場までシャトルバスが出ます。

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=1651
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=2305

パスタアイについては、
片倉真理の著作、
『台湾探見 Discover Taiwan〜ちょっぴりディープに台湾体験』に
詳しく書いていますので、こちらをご覧ください。

パスタアイ,サイシャット族,原住民,向天湖,南庄郷,ウェッジ,片倉佳史,台湾探険


2018年10月20日(土曜日)

原住民族の文化を伝えるブランド「花生騒」(片倉真理のときめく台湾土産)

クレア・ウェブの連載記事。
「片倉真理のときめく台湾土産」ですが、今回は、
タロコ族の青年が立ち上げた原住民族の文化を伝えるブランド「花生騒」を取り上げています。

どうぞよろしくお願いいたします。


2018年10月19日(金曜日)

台湾の若きクリエイターたち

カテゴリー: - katakura @ 16時07分59秒


2018年10月7日(日曜日)

澎湖風かき揚げ「炸粿」を食す

阿綢炸粿,回家炸粿,炸粿,澎湖美食,澎湖グルメ,台湾小吃

澎湖美食メモ。
地元っ子に愛されるおやつを探しに西嶼(魚翁島)に行ってきました。
今回のお目当ては澎湖風かき揚げの「炸粿」。
台湾本島にも似たものはありますが、澎湖のものはひと味違います。

「炸粿(ザーコエ)」は小麦粉の生地の中に、
キャベツやニンニクの芽、セロリなどの野菜のほか、
海産類などを入れた澎湖風かき揚げです。

阿綢炸粿,回家炸粿,炸粿,澎湖美食,澎湖グルメ,台湾小吃
阿綢は店主のおばさまの名前。五香粉や胡椒で味付けしています

揚げたては外側がパリパリ、中はしっとりとした食感で、
見た目よりも油っこさは感じられません。
台湾の中南部ではネギや牡蠣の入った「蚵嗲」というかき揚げ風のスナックがありますが、
これとはまた違った味わいです。

澎湖のものは小さなエビが丸ごと入っているのも特徴です。
ただし、店によって具材は異なり、私たちが取材した西嶼の外垵漁港近くの「阿綢炸粿」では
サメ肉が入っていました。

また、白沙郷の「講美」という集落にある「回家炸粿」のものは牡蠣がたっぷりと入っていました。
ここはバス停に近いので、途中下車をしてみるのをおすすめします。

澎湖,回家炸粿,炸粿,澎湖美食,澎湖グルメ,台湾小吃
中身はこんな感じ。

阿綢炸粿
西嶼郷外垵村171号
06-998-2293
11:30〜17:00(夏は〜18:30)

回家炸粿
白沙郷講美村122号之1
0918-133-630
13:00〜18:00

花枝丸,回家炸粿,炸粿,澎湖美食,澎湖グルメ,台湾小吃
回家は花枝丸(イカ団子)もおすすめです


2018年10月3日(水曜日)

キョンまりin澎湖。天人菊の咲く丘にて

新刊『台湾探見 Discover Taiwan〜ちょっぴりディープに台湾体験』(片倉真理著・ウェッジ)の刊行に
合わせて登場したオリジナルキャラクター「きょんマリ」。
きょんは台湾の低海抜山岳地域に暮らしている小さな動物です。

今は澎湖を旅しています。
イラストは台湾をテーマに活躍する奈美さん。


2018年10月2日(火曜日)

富錦樹 Fujin Tree Landmark


2018年9月29日(土曜日)

台湾黒犬のヴァトゥです。よろしくお願いいたします。

台湾の動物を用いたオリジナルキャラクター。
台湾黒犬(臺灣黒狗)の「ヴァトゥ」です。
私も多くのイヌ友達がいますが、
みんなとても気のいい奴で、親しくつきあっています。

ちなみに「ヴァトゥ」はパイワン語でイヌのことを示します。
デザインはnamiさんの手によるものです。


2018年9月25日(火曜日)

中秋節快樂!

中秋節快樂!

ザボンの季節がやってきました。
毎年恒例ではあるのですが、
拙宅にも大量のザボンと月餅が届いています。
ザボンはともかく、月餅は食べすぎが怖いです・・・

画像は黒熊の片さんときょんまりのザボンバージョンです。
デザイナーのnamiさん、ありがとうございます。

ザボンも月餅も、
食べすぎには注意しましょう。

片さん,きょんまり,奈美,nami,台湾黒熊,中秋節,中秋の名月,月餅,文旦,ザボン


2018年9月24日(月曜日)

廣枝音右衛門警部の慰霊祭ツアー


2018年9月12日(水曜日)

台湾を学ぶ会(臺灣研究倶楽部)〜藍昭光さんをお招きして

【お知らせ】

次回の「台湾を学ぶ会(臺灣研究倶楽部)」は台北で開きます。
9月21日(金曜日)の18:30からになります。
今回の会場はTCCU台灣文創訓練中心松江館です。
松江路と長春路の交差点にある六福ホテルの隣りで、
MRT松江南京駅の7番出口からすぐです。

今回のゲストは藍昭光さん。
以前からぜひお招きしたいと考えていた方です。

屏東藍家に始まり、建成小学校の思い出、台北第三中学、学徒動員、
敗戦の状況、戦後の混乱期と台湾脱出劇、京大進学など、
さまざまな話題を考えています。どうぞご期待ください。

ご興味のある方、ぜひお越しください。
https://kokucheese.com/event/index/537040/

台湾を学ぶ会in台北
日時:9月21日(金)18:30〜
ゲスト:藍昭光さん
定員:50名
資料代・会費:300元
会場:台北松江館 台北市中山區松江路131號7F-1
MRT松江南京駅7番出口から徒歩3〜5分
松江路沿いにあるビルで、六福客棧ホテルの隣りです。
https://kokucheese.com/event/index/537040/


2018年9月7日(金曜日)

新連載のお知らせ・片倉佳史&真理のもっと!台湾探見


2018年8月19日(日曜日)

「台湾で根を下ろした日本人」シリーズに片倉真理


2018年8月18日(土曜日)

クレアウェブの連載「片倉真理のときめく台湾土産」 台南の「彩虹來了」


115 queries. 0.300 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 5151
昨日 : 477477477
総計 : 2156768215676821567682156768215676821567682156768

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店