logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2017年 3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2016年7月5日(火曜日)

ドラゴンフルーツ農場

台南市郊外にドラゴンフルーツ(火龍果)の農場を訪ねました。
台湾では定番の白、人気の赤が知られていますが、
現在はまだほとんど市場に出回っていない。紫いろの果肉のドラゴンフルーツがあります。
台湾に戻ったら、ここを取材する予定です。

ドラゴンフルーツ、農場


2016年5月5日(木曜日)

八田與一技師が目指した「心」(NNA連載記事)

嘉南大圳の父、台湾南部を沃野に変えた八田與一技師。
その貴重なスピーチの記録です。
台北ロータリークラブに入会直後の食事会でおこなったものです。

NNAの連載「片倉佳史の台湾雑感」の第218回目の記事です。
2016年5月29日掲載の記事に加筆修正しています。

林士珍さん、李博信さん、ありがとうございました。

八田與一,嘉南大圳,烏山頭ダム,珊瑚潭,ロータリークラブ


2016年4月27日(水曜日)

【講演のお知らせ・6月9日(木曜日)】

プユマ,ピュマ,卑南族

【講演のお知らせ・6月9日(木曜日)】

6月9日(木)の14時から、
東京赤坂の旅行代理店グローバルユースビューローさんのサロンにて講演をさせていただきます。

今回は台湾の文化的多様性や人々の暮らし、
気質などに迫り、より楽しく台湾の旅が楽しめるよう、
いくつかのネタを織りまぜながらお話ししたいと思います。

片倉佳史,ツアー,台北,歴史,散策,城市散歩

平日の午後ではありますが、お時間のある方、どうぞお越しください。
参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。

テーマ 「懐かしさと温かさに溢れる台湾を語る」

日時:2016年 6月 9日(木) 14:00〜15:30

場所:グローバル東京本社内サロン
http://www.gyb.co.jp/reservation/map_tyo_new.html

費用:無料

お申し込み方法:お電話、Eメールにてお申し込みください。
TEL 03-3505-0055
Eメール gyb-inf@gyb.co.jp (担当:桃野さん・鶴さん)

鹿港,講演,片倉佳史,台湾


2016年4月1日(金曜日)

2016年のマンゴーは・・・・

台南市玉井は言わずと知れたマンゴーの郷。
先ほど、農協の方と話をしていたのですが、2016年は例年にない寒波襲来の影響で、
出荷が遅れ、しかも減産になるだろうとのこと。
5月中旬には出回っているはずだとのことですが、気になりますね。

玉井,アップルマンゴー,台南,愛文芒果,2016


2015年11月13日(金曜日)

台南市山上のご当地かき氷(ラジオ番組)


2015年11月6日(金曜日)

八田與一技師とロータリークラブ


2015年7月30日(木曜日)

JR九州、ツアー内講演のオファーをいただきました

【お知らせ】 

JR九州旅行さん主催のツアーで講演をさせていただくことなりました。
12月2日と9日出発の二本で、日本と台湾の歴史的関わりについて90分ほど、お話しいたします。

JR九州さんとは初めてお仕事させていただきます。

http://jrkyushuryoko.jp/ebook/tabizanmai/201508/#page=27
詳細はこちらから・・・

烏山頭水庫
烏山頭ダム。西拉雅国家風景区提供の画像。


2015年7月25日(土曜日)

【ツアー報告】 白駒妃登美 和ごころ塾IN台湾2015

【ツアー報告】

「博多の歴女」として親しまれている白駒妃登美さんと行く「和ごころ塾 in 台湾」。
感動の連続だった四日間が無事に終わりました。

今回は3泊4日のスケジュールで台湾の魅力を噛みしめました。
日本時代を知るお年寄りにお話しをうかがったり、歴史スポットを巡ったりして、
日本と台湾の歴史的結びつきをたどりました。

台南では鄭成功を祀る延平郡王祠(旧開山神社)をご案内し、
翌日には烏山頭ダムを訪問。
この地で生まれ育った古老にお話しをうかがいました。

烏山頭水庫,八田與一,顔雲鴻
八田技師について熱っぽく語ってくれた顔雲鴻さん

翌日は日本人兵士を祀る飛虎将軍廟を参拝。
講演家中村文昭さんが中心になって寄贈した純日本式の御神輿を見て、
廟の管理委員会の方にお話しをうかがいました。

飛虎将軍廟,杉浦茂峰,台南,御神輿

嘉義では映画『KANO』で知られる嘉義農林学校の卒業生を訪問。
近藤監督の教え子でもある蔡清輝さんを訪ねました。
野球のみならず、台湾の歴史などについてもお話しをいただきました。
我々のためにリメイクしたKANOのユニフォームで登場してくださいました。

kano,魏徳聖,近藤兵太郎,嘉義,蔡清輝
蔡さんのスピーチの様子

また、マンゴーかき氷をどうしても味わっていただきたく思い、
現地の方におすすめを聞いて大椀公というお店を訪問。
マンゴーカキ氷を味わっていただいた後、
みんなでジャンボカキ氷を楽しみました。
改めて、すごい大きさでした!

大椀公,嘉義
とにかく大きさに圧倒されますね・・・

台北に移動後は老台北こと蔡焜燦さんのご講演をいただきました。
司馬遼太郎さんのお話しや台湾の歴史についてレクチャーをいただきました。

蔡焜燦,老台北,司馬遼太郎
蔡焜燦さん、ありがとうございました!

さらに松岡修造さんの心の師匠として知られる行徳哲男先生の特別講演。
私は今回、初めてお会いしたのですが、ぐっと惹きつけられる濃密なお話しでした。

行徳哲男,講演,台湾,白駒妃登美
行徳先生の特別講演

そして迎えた最終日、
日本でもご著作のある楊應吟・楊素秋兄妹さんのトークライブでフィナーレとなりました。
ランチは私は取材でお世話になっている徐州府で、珍しい徐州料理をあじわっていただきました。
ここは旅行代理店に任せず、オーダーはすべて私がオーナーと話し合いの上で決めました。
満足いただけたようで、ほっとしています。

楊應吟,楊素秋

今回はツアーの企画者は稲垣夫妻。
ご夫婦の献身的サポートに支えられました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
そして、また台湾でお会いしましょう!

白駒妃登美,片倉佳史,行徳哲男


2015年7月10日(金曜日)

湾生訪問、大阪


2015年6月7日(日曜日)

楽天のサイトに片倉真理が台南の記事を書いています


2015年6月2日(火曜日)

大学で使用されている英語教材に八田與一技師が!


2015年5月14日(木曜日)

台南美食・・


2015年3月16日(月曜日)

八田技師の銅像、烏山頭ダムを訪問


2015年1月10日(土曜日)

新化神社大鳥居

台南郊外にある新化の神社遺跡を訪ねました。
ここを最初に訪れたのは1997年。
こんなに立派な大鳥居が残っているとは夢にも思わず、衝撃を受けました。

ただ、何度かの訪問時に必ず訪ね、いろいろと思い出話をしてくれた老人は
皆いなくなり、寂しさに耐えなくてはなりません。

わかってはいても、時間の流れを恨めしく思ったりもします・・・

新化神社,台南,神社遺跡,台湾


2014年11月22日(土曜日)

証言、八田與一技師のこと


2014年11月13日(木曜日)

晩白柚(ばんぺいゆ)とチェブラーシカ

ご近所の呉さんから大きな白ザボンをいただきました。

これは鹿児島や熊本で親しまれている「晩白柚(ばんぺいゆ)」で、
台湾では白柚仔と呼ばれています。
これはザボンの一品種で、晩白柚の名は「晩(晩生)」、「白(果肉の色)」、「柚(丸い柑橘の総称)」に由来します。

晩白柚は保存性が高く、
1ヶ月くらい置いておいても大丈夫なので、
熟すのをしっかり待とうと思います。

その歴史を遡ると、1930(昭和5)年に台湾から鹿児島県果樹試験場に白柚(ぺいゆ)の株が持ち込まれ、
研究の結果、熊本県八代市で栽培されることになりました。
現在は八代市の特産品となっています。
現在、日本国内では晩白柚のの97%が熊本県で生産されているそうです。

柚子,ゆず,チェブラーシカ


2014年10月31日(金曜日)

飛虎将軍廟にお神輿が贈られる!

飛虎将軍廟,中村文昭,クロフネ,お神輿,片倉佳史

台南市にある飛虎将軍廟。
ここには零戦の操縦士だった杉浦茂峰兵曹長が祀られています。

今、この廟に日本からお神輿を寄贈する計画が進んでいます。
講演家・中村文昭さんを中心に寄金が集められ、純日本式のお神輿が製造中です。

10月28日、廟の管理委員会の皆さんをご案内し、
静岡県の宮大工さんを訪問。細部のチェックをしました。

現在進行形の日台の絆と言える存在になってほしいですね!
経過は改めて報告します。


三島名物のうなぎを食べながら細部を打ち合わせ


2014年10月23日(木曜日)

復興航空機内誌に台南紹介の記事があります(片倉真理)

台南,林百貨,復興航空,片倉真理


2014年6月15日(日曜日)

台南の新名所、ハヤシ百貨店(林百貨)

林百貨店,台南,ハヤシ,林方一,オープン,梅澤捨次郎,稲荷神社,台南銀座

ついにオープンした台南の新名所。
6月14日、「ハヤシ百貨店(林百貨)」がオープンしました。
日本統治時代に親しまれた台湾のシンボルが約70年ぶりの大復活です。
6月11日に開かれた記者会見にお招きいただき、取材をしてきました。

頼清徳,台南,ハヤシ,林百貨,台南市長
頼清徳台南市長もお祝いのスピーチ

館内は昔懐かしいデパートの雰囲気を見事に再現しています。
昭和らしい雰囲気がぷんぷん漂っており、台湾であることを忘れてしまいそう。
こういった雰囲気作りにもこだわりが感じられて、圧倒されてしまいます。
記者会見の様子はNHKなどでも大きく紹介されましたが、日本でもかなり話題になりそうです。

林デパート,林百貨,台南
空間の使い方がとても贅沢。写真は3階にあるカフェ

家内がかつてハヤシ百貨店で働いていたという老人を取材したのですが、
このデパートはまさに「台南の誇り」だったそうです。

台南,林百貨,デパート,台湾デザイン

館内では台湾の郷土グッズや農産加工品、
そして、台湾人デザイナーによるグッズが販売されています。
センスが光っているものが多く、お土産もの探しが楽しめます。
書店もあり、文房具なども充実しています。

林百貨,台南
お土産になりそうなものがいっぱい!

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=1515
オープン前の様子

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=1270
台湾200%満喫ツアー第五弾では特別見学をさせていただきました

郷土を愛する人々によって再生された老建築。
若い世代によって新しい息吹が吹き込まれた日本統治時代の遺構をより多くの方に触れていただきたいですね!

台南,ハヤシ百貨店,林百貨


2014年2月24日(月曜日)

クレア・ウェブに関子嶺温泉の記事

台湾南部の秘湯で美肌効果ばっちりのドロ湯を体験。
CREAWebに片倉真理が寄稿しています。

http://crea.bunshun.jp/articles/-/4563
クレア・ウェブのページ

関子嶺温泉,CREA,片倉真理,クレア


2014年2月22日(土曜日)

nippon.comに馬場克樹さんの記事・映画『KANO』

「映画『KANO』―甲子園大会で準優勝した台湾代表の物語」。
nippon.comにシンガーソングライターの馬場克樹さんの記事がアップされています。

http://www.nippon.com/ja/people/e00058/
nippon.comのウェブ記事

嘉義農林学校を舞台とした映画について、
魏徳聖さんと馬志翔さんをインタビューした記事です。

映画『KANO』の上映が待ち遠しいですね!


2014年2月14日(金曜日)

関子嶺温泉の歴史、聞き取り

関子嶺温泉の歴史は領台直後に遡り、
日露戦争の傷痍軍人の療養にも利用された温泉地です。
シラヤ国家風景区の計らいで、この土地で生まれ育った古老への聞き取りをさせていただきました。
日を改めて取材成果を発表したいと思います。

関子嶺,片倉


2013年8月25日(日曜日)

作家・有川真由美さんにお会いしました

有川真由美

高雄在住の女流作家・有川真由美さんとお会いしました。
有川さんは「女性の生き方」についての著作をたくさんお持ちのベストセラー作家。
数々の著作を出されておられます。

http://arimayuoffice.blogspot.tw/search/label/Book
有川さんのご著作

今、有川さんは高雄の大学院を出られ、南部台湾の情報を発信しておられます。
今回は家内と三人でお会いしたのですが、とてもチャーミングな方で、あっという間に時間が過ぎ去っていきました・・・

なお、ご一緒したことはなかったのですが、西拉雅国家風景区を紹介するお仕事もされています。

http://arimayu.blogspot.tw/
有川さんのブログ

ブログでは高雄や台南、屏東のネタも数多く紹介されているので、
要チェックです。有川さんの人柄もあるとは思いますが、台湾南部の「空気感」が伝わってくるブログです。

有川真由美,高雄,屏東,アリマユ


2013年7月23日(火曜日)

『HERE!Plus』で台湾鉄道特集、駅前グルメを紹介しています!

   片倉佳史,HERE,台湾東販

【拙著・拙稿】

台湾で刊行されている雑誌『HERE! Plus』(台湾東販)の第88号。
この号はなんと、台湾の鉄道旅行特集です。

この中で私がご案内している記事があります。
テーマは駅前グルメというもので、駅から徒歩5分前後で食べに行けるご当地名物を紹介しています。

今回ご紹介させてもらったものの中から、
いくつかをご紹介します。

南澳の月見冰(生卵がのった奇抜なかき氷)
七堵咖哩麵(日本統治時代の軍隊で振る舞われていたカレー麺)
汐止の清粥(炭焼きにこだわるお粥)

内湾の野薑花粽(ショウガ風味の珍しいちまき)
民雄の鵝肉(ガチョウ肉)
八老爺の牛乳鍋(ミルク風味の個性派鍋)

潮州の冷熱冰(トッピングが温かいという珍しいかき氷)
玉里の羊羹
後龍のおでん

台湾の方向けの雑誌なので、
本文はすべて中国語に翻訳されていますが、
写真が多いので、楽しんでいただけると思います。

コンビニなどでも購入できますので、どうぞお手にとってみてください。
よろしくお願いいたします!

http://www.tohan.com.tw/products/detail_2.php?p=3&p2=31&id=142&l=3
台湾東販さんのウェブサイト

片倉佳史,台湾東販,HERE


2013年6月5日(水曜日)

台南の林デパートを見学

hayasi,林百貨店,台南,片倉佳史

台南を代表する百貨店を特別見学させていただきました。
林(はやし)デパートは長らく廃墟となっていましたが、修復工事が施され、ほぼ完成した状態になっています。
今後はどこがこの建物の委託経営の権利を取るか、6月中旬に実施される入札を待つばかりです。

今回の見学は私がご案内する「台湾200%満喫ツアー第五弾」のコースに組み込んだもので、
台湾の武徳殿研究の第一人者・陳信安老師の手はずで実現したものです。
私自身、大興奮状態で撮影をさせてもらいました。

屋上には稲荷神社の遺跡や空襲時の弾痕が残されています。

公開前の特別見学ということでしたが、
今後の動きに注目ですね。台南散策の楽しみが増えました。

片倉佳史


2013年6月1日(土曜日)

飛虎将軍廟を訪問

第5回目を迎えた共栄ツアーズ主催の「台湾200%満喫ツアー。
その初日となった今日は台南郊外にある飛虎将軍廟を参拝しました。

信徒の方、廟の管理人の方、ボランティアスタッフの方に温かく迎えていただきました。
「神様になった日本人」という一面もさることながら、
現在進行形の台湾人の信仰スタイルに触れることができ、
ツアー参加者の皆さんも喜んでいただけたようでよかったです。


呉さんが伝統人号激で使用する木偶を見せてくれました

ひと味違った奥深い台湾体験を皆さんと共有できればと思っています。
明日は烏山頭ダムを見学。戦後に八田技師邸に暮らしていたという老人を囲んで
お話しをうかがいます。

飛虎将軍廟,台南,200%ツアー


2013年5月31日(金曜日)

桶仔鶏を食す

桶仔鶏。豪快に食べる鶏肉料理。
ドラム缶のような大きな釜で丸ごとニワトリをローストします。

写真は関子嶺温泉に向かう途中にある粗坑桶仔鶏というお店で撮影したもの。
台湾の田舎ならではの味わいです。

なお、台湾200%満喫ツアーでもここにご案内する予定です。
謝謝西拉雅国家風景区!


2013年4月26日(金曜日)

白河で味わう蓮料理

NNAの隔週連載「片倉佳史の台湾雑感」。

連載127回目で台南南部白河の蓮料理、蓮尽くしをご紹介しました。
冬場には味わえない郷土の味覚です。

白河,蓮花,美食,台湾雑感


2013年4月21日(日曜日)

「台湾200%満喫の旅vol.5 台湾南部編」のお知らせ

「台湾200%満喫の旅vol.5 台湾南部編」のお知らせ

5月31日〜6月3日に予定されている「台湾200%満喫ツアーvol.5」。
今回は「日本時代の絆を求めて」と題し、台南・高雄・屏東を巡ります。
全行程3泊4日、私がアレンジし、ご案内いたします。

今回のツアーのポイントは以下のとおりです。

◆知られざる八田技師の足跡をたどる
◆台南の人々に愛される庶民料理の世界を探検
◆飛虎将軍廟の信者に直接お話しをうかがう
◆マンゴーシャーベットを用いた特製かき氷を味わう
◆日本統治時代の軍人村を訪ねる
◆日本人形をご神体として祀る廟を訪問
◆パイワン族の長老にお会いする
◆神社の遺構もいくつか訪問します

現在も主催者である共栄ツアーズさんと細部を詰めています。
サプライズにご期待ください!

料金は成田発12万円、桃園合流8万9800円、台南合流の場合、7万9800円となります。
いずれもツイン利用です、現地合流の方もどうぞご参加ください。

ちょっぴり盛りだくさん過ぎる行程ですが、出し惜しみはしないというのがこのツアーのウリです(笑)
いずれも自力では行きにくい場所、訪ねにくいネタを考えています。

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=1069
第一回・台南ツアーの様子(2012年6月)
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=1111
第三回・新竹ツアーの様子(2012年9月)

ご興味を感じていただける方、ぜひスケジュールを空けておいてください!
じっくりお話しできること、私も楽しみにしております。

お申し込み、お問い合わせは共栄ツアーズ杉本さんまで。
電話03-3868-2102  tour@nt-kyoei.jp


2013年3月10日(日曜日)

玉山旅社珈琲

玉山旅社,阿里山鉄道,北門駅

阿里山鉄道の北門駅前にある玉山旅社珈琲。
日本統治時代の商人宿をそのまま用いた歴史建築カフェです。
言ってみれば、戦前の駅前旅館という雰囲気です。

建物はほとんど手を加えていない状態なので、
古さは否めませんが、歴史を雄弁に物語る貴重な空間です。

オーナーは嘉義市内で洪雅書房という郷土史や環境保護に関する書籍を集めた個性派書店の経営者、
余國信さんです。嘉義エリアの歴史文物や建築の保存に奔走している青年です。

この建物については、拙著『台湾に残る日本鉄道遺産』(交通新聞社新書)の中で紹介しています。
ご興味を感じていただければ幸いです。


ゲストハウスも兼ねており、格安で宿泊もできます。

玉山旅社咖啡
嘉義市共和路410号(阿里山鉄道北門駅前)
電話:05﹣2763269
営業時間は午後2時から夜9時まで(月曜定休)


2012年7月1日(日曜日)

第二回「もっと台湾トークライブ」、無事、終了しました!

台湾漫遊倶楽部さん主催、第2回「片倉佳史のもっと台湾トークライブ」。
昨日6月30日、無事に終了しました。
おかげさまで会場いっぱいの方にお集まりいただきました。

今回、申し込みがかなり早い段階で満員になってしまったのですが、
あれだけ多くの方と楽しい時間を共有できて本当によかったと思っています。
講演後も有志の皆さんと歓談でき、楽しかったです。

今回は台南をテーマにお話ししましたが、
またの機会、違ったテーマでお話しできることを楽しみにしております!

ご来場いただいた皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!!  
皆さんの熱い思いを感じ、こういった時間を共有できたことを嬉しく思いました。

またの機会、会場でお会いしましょう!

片倉佳史


2012年6月29日(金曜日)

明日、第二回「もっと台湾トークライブ」

明日開かれる第二回「もっと台湾トークライブ」。
今日は会場下見と台湾漫遊倶楽部さんとの最終打ち合わせに行ってきました。

今回は拙著の販売のほか、日本では入手できない自費出版本や台湾の鉄道雑誌『鐵道情報』、
美しい日本語を学ぶ台湾老人のサークル友愛会のエッセー集、また、私と片倉真理が制作に関わった台湾生活情報誌『悠遊台湾』などのほか、
奈美さんデザインの台湾原住民族のポストカードの販売もいたします。

テーマは「台南」。
すっかりお馴染みの都市ですが、今回はその歴史や人々の気質、最新の現地事情のほか、
歴史建築カフェや日本軍人を祀る飛虎将軍廟、八田與一技師、マンゴーなどのテーマでお話しする予定です。
ガイドブックには書きにくいネタを盛り込んでみたいと思っています。

すでに150名近い方々にご参加予定ですが、大きく盛り上がりたいものですね!
お問い合わせは以下まで。

http://www.junglegym.co.jp/taiwanmanyu/index.html
台湾漫遊倶楽部さんのサイト

それでは、目黒でお会いしましょう!

片倉佳史


2012年6月26日(火曜日)

「台湾200%満喫の旅」を振り返って〜旅の報告

共栄ツアーズさんの企画で実現した今回の旅。
台湾の魅力や奥深さを、より多くの方と共有したいというコンセプトで、
私がコースをアレンジし、全体をコーディネートさせていただきました。

おかげさまで、20名の方にお申し込みいただき、楽しく旅ができました。

今回のツアーでは、マンゴーの味比べや日本統治時代の遺構、
木造駅舎、建築探訪など、様々なネタを盛り込んでみました。
同時に、台湾の方々、特に日本語世代と呼ばれる老人たちとの語らいの機会を設け、
郷土への思い、そして、日本を見つめるまなざしに触れてもらいたいと思いました。

以下、ツアーを辿ってみたいと思います。

6月14日(木曜日)
初日はご挨拶をかねて広東式のローストダックを賞味しました。
龍都酒楼は広東ダック専門のシェフを擁するレストランで、
今やどのガイドブックでも紹介される有名店。
振り返ってみると、2000年に刊行された昭文社のガイドブック以来、
私とのおつきあいも10年になります。
今回の食事は事前にスタッフと30分かけてメニューを検討しました。
その甲斐もあって、お食事はご満足いただけたようです(よかった!)。

6月15日(金曜日)
この日はまず国立台湾博物館へ。常設展示の台湾原住民族をご紹介しました。
各部族について展示がある数少ない場所ですが、
特別展示の阿里山鉄道と児玉源太郎と後藤新平の銅像秘話についても紹介したかったので、
手短かにお話ししました。

200%ツアー,片倉佳史

228紀念館では館内のご案内のほか、
ボランティアガイドの簫錦文さんにもお時間をいただき、お話しをいただきました。
お昼は京鼎楼で小籠包を味わい、午後の列車で台南へ。
台湾高鉄は往復ともグリーン車を利用しました。
高鉄台南駅から市内に向かう途中で、日本統治時代の木造駅舎が残る保安駅に寄り道。

夕食は赤嵌担仔麺で台南の郷土料理に舌鼓み。
ここはかつてテレビの企画で笑福亭笑瓶さんをご案内したお店です。
オーナーのご挨拶で食事は始まりました。
台湾歌壇の南部歌会の方にも同席していただき、
往年の台湾について自由に語っていただきました。
その後はライトアップされた夜の赤崁楼を見学。
ここでは今も敬愛される日本統治時代の台南市長・羽鳥又男さんの銅像を見ました。
許文龍さん寄贈の銅像ですが、今は二階に移されました。
開南大学の北島先生にお教えいただき、ここを訪ねました。

6月16日(土曜日)
この日はマンゴーの玉井と烏山頭ダムへ。
その前に前日に取材を受けた中華日報をコンビニで購入。
ちょっとした記念になりました。

玉井ではマンゴーの味比べ。
これは今回、ぜひともやりたかった企画です。
マンゴー農家や農協の協力を得て、14種類のマンゴーが並びました。
私自身、初めて見た種類も多く、ちょっとした感動を覚えました。
オーナーから参加者一人一人お土産にドライマンゴーをいただき、
青果市場を散策してからお昼ご飯。昼食は地鶏や山菜料理を味わいました。

食後のデザートはマンゴーかき氷。
特製マンゴーシャーベットで作ったかき氷を美味しくいただきました。
この有間冰舗というお店は個人的にもイチオシのお店です。

ここからバスで移動して烏山頭へ。
八田與一技師をはじめ、職員たちが暮らしていた宿舎群に住んでいたという老人を訪ね、
ダムへ向かいました。
嘉南水利会のご協力で、八田技師銅像の母型(おもがた)を特別に見せていただきました。
西拉雅国家風景区からはDVDとキーホルダーをお土産にいただきました。

大雨が心配でしたが、なんと、烏山頭では青空も見えるほどでした。
ちょっぴり慌ただしい感じも否めませんでしたが、烏山頭をあとにして、高鉄嘉義駅へ。
往路と同様、グリーン車はやはり快適でした。

6月17日(日曜日)
最終日はオプションの台北市内散策。
敢えてコースの内容をお知らせしなかったのですが、
まずは西門町の天后宮に祀られる弘法大師と日本統治時代のお地蔵さんを訪ね、
それから往年の目抜き通りの栄町通り(現衡陽路)の商店建築群をご案内しました。
この日にいたってはなんと快晴!旧台湾総督府をバックに記念撮影も楽しめました。
最後のお食事は茶葉を用いた創作料理・禅風茶趣にて。
店主自身が焙煎した台湾茶をお好みで購入し、ホテルへ戻りました。

おかげさまで雨にも降られず、無事に終わることができました。
スケジュールにもう少し余裕を持ちたかったのと、
ツアー参加者同士の交流の時間を設けたかったなど、いくつかの反省点がありますが、
台湾ならではの「空気感」を噛みしめていただければ幸いです。

ありがたいことに、共栄ツアーズさんでは第二弾、第三弾を検討しているそうです。
より大きな満足感を得ていただけるよう、今後も精進したいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

片倉佳史


みなさん、とてもいい笑顔。ご参加、ありがとうございました。


2012年6月24日(日曜日)

台湾200%満喫の旅、烏山頭ダムへ行きました

   片倉佳史

『台湾200%満喫の旅』の3日目、烏山頭ダムでは八田與一技師をはじめ、
職員たちが暮らした宿舎群に住んでいたという老人を訪ね、お話しをうかがいながらダムへ向かいました。

ここでは嘉南水利会のご協力で、八田技師銅像の母型(おもがた)を特別に見せていただきました。
これはとても貴重な機会で、実現できてよかったと思います。
また、西拉雅国家風景区からはオリジナルDVDとキーホルダーをお土産にいただきました。


戒厳令下、八田技師の銅像を安置するのがどれほどのことだったか、考えさせられる遺構です

大雨が心配でしたが、なんと、烏山頭では青空も見えるほどでした。
私もここまでじっくりと八田技師や烏山頭ダムについてお話しする機会はほとんどなく、
地元の方々の思いや現在に受け継がれるストーリーなど、台湾の側から語られる八田技師についてお話しさせていただきました。

スケジュールが詰まってしまい、慌ただしい感じを否めませんでしたが、
烏山頭をあとにして、高鉄嘉義駅へ。往路と同様、グリーン車はやはり快適でした。
マンゴーの味比べに始まって、台湾史の現場、そして、日本統治時代の遺構。
密度の濃い一日だったのではないかと思います。

片倉


2012年6月18日(月曜日)

中華日報で『台湾200%満喫の旅』が紹介されました

私が全行程をご案内させていただいた『台湾200%満喫の旅』。
6月16日の中華日報で今回のツアーを取り上げていただきました。

振り返ってみると、ちょっぴり慌ただしい行程でしたが、台北のみならず、台南の魅力がより多くの人々に伝わることを祈っています。
突然の取材ではありましたが、参加者の皆さんにちょっとした「お土産」ができたかな?と思っています。

2012/06/16中華日報記者羅玉如報導

台灣有哈日迷,日本也有台灣迷。旅台十五年的日籍旅遊作家片倉佳史揪團規劃深度之旅,
帶領二十一名日本朋友遊台灣,十五日夜宿台南,品嘗擔仔麵、肉圓等小吃,
今日前往玉井體驗愛文、金煌等芒果的香甜滋味。
團員包含鐵道迷、仙台市民,有人來台十五次,用行動感謝台灣人在三一一地震給予日本的愛與關懷。

出身神奈川縣的片倉佳史,一九九一年初次來台自助旅行,就被台灣濃濃的人情味吸引,一九九七年乾脆移居台灣,
十五年來成了台灣迷、台灣通。著作包括台灣鐵道之旅、搭高鐵遊台南、高雄、台灣土地日本表情、台灣風景印等,除旅遊指南,
也有許多記錄日治時期事物、日台關係的作品。

國語流利的片倉佳史表示,日本有不少熱愛台灣、追蹤台灣的台灣迷,但這些人不一定了解台灣人,
直到去年三一一強震,來自台灣的善心捐款突破一百八十億日幣,全球第一,日本人才見識到台灣富有人情味、友善的民族性。
為感念台灣人對日本的關懷與協助,片倉以在地日本人的角度揪團安排台灣感恩之旅,二十一名團員來自日本各城鄉,
有日據時代的老人家、年輕哈台族及震災區仙台朋友等。

四天的行程,先到北部吃廣東烤鴨、走訪國立台灣博物館、二二八紀念館,
十五日下午搭高鐵南下,展開一天一夜的台南之旅。

昨日傍晚六時許,片倉一行抵達下榻的台南大飯店,熟門熟路的他,放下行李立即帶領團員搭公車到赤崁樓園區,品嘗擔仔麵、肉圓等小吃,
晚餐後園區漫步,體驗古都夜間風情。片倉透露,自己最喜愛的台南小吃是蝦捲、蚵仔煎,除了珍珠奶茶,也很愛冬瓜茶。
今日將帶大家前往玉井,體驗愛文、邱瓠金煌芒果的香甜滋味,預計週日離台。


2012年6月6日(水曜日)

第二回・「片倉佳史のもっと台湾トークライブ」のお知らせ(6月30日)

第二回・「片倉佳史のもっと台湾トークライブ」のお知らせです。

おかげさまで第一回は盛況のうちに終了しました(ありがとうございます!)。イベント終了後、数多くのお便りが寄せられ、嬉しく思いました。


第一回、もっと台湾トークライブの様子

そしてこのたび、6月30日土曜日、第二回目のトークライブが開かれます。
この企画はガイドブックや雑誌、書籍などでは語られない台湾情報をトークショーのスタイルでご紹介する試みです。

講演は前半と後半に分けていますが、まずは「片倉佳史の取材メモから」。
今回は台湾南部を沃野に変えた八田與一技師や旬を迎えた台湾のマンゴーの開発秘話など、3〜4つのテーマを選んでお話しします。

後半のワンテーマ講演は「古都・台南の町歩き指南」ということで、
人々の気質やご当地グルメ、街角の風情などについて、じっくりお話ししたいと思います。
台南ネタだけに絞ってお話しする機会は少ないので、私自身も楽しみです。

なお、お問い合わせ、お申し込みは以下からお願いいたします。

http://www.junglegym.co.jp/taiwanmanyu
台湾漫遊倶楽部

講演後には、参加者の皆さんが自由に歓談できるよう、会場を押さえてもらっています。台湾好き同士、友達作りを楽しんでください。今回はとっておきの台湾関連書籍の販売も行なう予定です。

第二回「特別企画!片倉佳史のもっと台湾トークライブ」詳細

★日時 2012年6月30日(土曜日) 13時半から16時半(同会場で懇親会あり)
★会場 目黒さつき会館 大会議室
★会費  2000円(資料代を含む)
★主催 台湾漫遊倶楽部
★進行(予定)
13時15分 開場
13時30分 開会
第一部 片倉佳史の取材メモから(70分程度)
休憩10分
第二部 ワンテーマ講演(60分程度)
講演後、同会場でフリータイム(自由に歓談。著作へのサインなど)
その後、有志希望者による懇親会あり。さらにじっくり会話を楽しみましょう。


2012年6月1日(金曜日)

パパイヤが山積み

どうしてもマンゴーに比べるとありがたみが薄くなってしまうパパイヤ(木瓜)ですが、
こちらもまた、絶品でした。それにしてもすごい量です(台南市玉井の青果市場にて撮影)


2012年5月23日(水曜日)

「台湾200%満喫の旅」、ささやかなサプライズを仕込んでいます・・・

6月14-17日にかけて実施される「台湾200%満喫の旅」。
締め切りまであとわずかになっていますが、今、いくつかのサプライズをご用意したいと思っています。

今回の旅は台湾の魅力や奥深さを、より多くの方と共有したいというのがコンセプトですが、
やはり台湾の方々と直接お話しする機会や老人たちが語る郷土への思いなどに触れていただきたいと思っています。

マンゴーや日本統治時代の遺跡、木造駅舎、建築探訪など、様々なネタを盛り込んでいますが、
やはり、台湾ならではの「空気感」のようなものを噛みしめていただければ幸いです。

今回は参加していただいた皆さんとの語らいの時間もありますので、じっくりとお話しを楽しみましょう!
台北からも参加可能です。

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=1034
ツアー詳細はこちら

お問い合わせは以下までお気軽にご連絡ください。
tour@nt-kyoei.jp
———————————————————————
『台湾の達人・片倉佳史さんと行く、台湾200%満喫の旅 Vol.1』
【日 時】 
6月14日(木)成田空港14:50発便で台湾へ。17日(日)桃園空港16:50発便で帰国
【料 金】 
成田空港発着:12万円、
現地(台北から)参加:7万5千円
いずれもツイン利用。全参加者に拙著のプレゼントが付きます。
【定 員】  30人まで
【申し込みフォーム】
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0116.reg
【主 催】 台湾200%満喫の旅委員会
【受 託】 共栄ツアーズ(東京都知事登録旅行業3-6208号)
【連絡先】 tour@nt-kyoei.jp または、FAX: 03-3868-2101


2012年5月22日(火曜日)

マンゴーかき氷の「永康15」が突如閉店

マンゴーかき氷で知られていた「永康15(旧名冰館)」がまたしても閉店!
前日までは普通に営業していたのに、突如、閉店してしまったということで、現場はかなり混乱していたようです。

5月22日朝、いきなり閉店の告知が出て、午前中には店舗(屋根やテントなど)の取り壊しが行なわれ、
午後3時頃に家内が事実確認に赴いた際には以下のような姿に!


前日までの賑わいは全くウソのような状態に!22日15時頃撮影

こういった突然の閉店劇は台湾ではよくある話なのですが、
全く事前に情報が流れず、ある日突然!ということが多いのはどうしてかな?

ちなみにこの報道を最初に行ったのはリンゴ日報でした。
この新聞はゴシップ誌というべきレベルの低い新聞で、私も以前、誤報で不愉快な目にあわされたことがあります。
しかし、こういったネタだけは、どこよりも早いですね(苦笑)


往年の賑わい。これが突然の閉店・・・

家内が近所で店を開いている知り合いに聴いてきた話によると、
今回の件、家主が無茶な家賃アップを要求してきたのが原因とのこと。
「冰館」が夫婦離縁の関係でつぶれた際、永康街の賑わいが消えるということで、
周辺の人々がオーナーにお願いして店を再開させたのが「永康15」でした。
それを考えると、オーナーは「何が何でも店を続けたい!」と思っていたわけではなかったようです。
で、今回、店舗の契約満了を機に廃業となったそうです。

以前はマンゴーかき氷といえば、「冰館(永康15)」の専売特許状態で、
私や家内もこれまで、ガイドブックや機内誌などで紹介してきました。

現在はマンゴーかき氷が食べられる店がたくさんあるので、以前ほどの価値はなくなっていました(130元と高いですし)。
これは個人的な推測ですが、オーナーは賢い方のようだったので、将来性に限界を感じていたのかもしれません(ただ、今後、東區に店舗出店の噂はあります)。

マンゴーかき氷ですが、伝統市場の周辺にあるフルーツ屋などで食べられたら、これがベストかと思います。
値段は80元程度、マンゴーの切り身がそのままのっています。
台湾の果物は「目利き」が重視されるので、プロが選んだ美味しいマンゴーだけを口にできます。

我が家の近くに二軒、おすすめがあるので、6月に入ったら、ここで紹介したいと思います。


今や台湾の名物・マンゴーかき氷(イメージカット)


2012年5月21日(月曜日)

駐日代表処芸文サロンの「八田與一展」(5/24まで)

台北駐日経済文化代表処の芸文サロン、「八田與一展」は5/24まで

台北駐日経済文化代表処の1階で開催中の「八田與一展〜台湾を愛した日本人〜」。
24日までの開催です。

私も現在の様子について撮影した写真を出しています。
烏山頭水庫(ダム)や銅像だけでなく、付近の様子や式典取材で撮影したものなど、
従来とは違った角度のカットを盛り込んでみました。

http://www.taiwanembassy.org/JP/ct.asp?xItem=270773&ctNode=1448&mp=202
写真展についてのご案内はこちら


八田技師を祀る廟やサクラの植樹式典の様子などの写真があります

【開館時間】10:00〜16:00(入場は15:30まで)入場無料

【会場】台北駐日経済文化代表処公邸1階「芸文サロン」東京都港区白金台5−20−2
(地下鉄南北線・三田線「白金台駅」1番出口より徒歩5分、JR山手線「目黒駅」東口より徒歩10分、バス「白金台5丁目」下車徒歩1分)

【主催】台北駐日経済文化代表処 (TEL: 03-3280-9717)


2012年5月15日(火曜日)

『な〜るほどザ台湾』に烏山頭水庫の記事を書いています

台湾で発行されている日本語情報誌『な〜るほどザ台湾』ですが、
今月号は烏山頭ダムについて書いています。

        

今やすっかり広く知られるようになっている八田與一技師のことや、
4月に行われた河津桜の植樹式典の様子など、ご紹介しています。

どうぞよろしくお願いいたします。


八田技師の座像


2012年4月30日(月曜日)

【ツアーのお知らせ】台湾200%満喫の旅

このたび、私がアレンジをした台湾ツアーが企画されました。
「台湾200%満喫の旅」というもので、台北市内と台湾南部を巡ります。

これは私が日頃の取材活動で探っている台湾の魅力や奥深さを、
より多くの方と共有したいという気持ちから生まれたもので、
歴史や地理、文化、グルメなど、幅広いネタを盛り込んでいます。

今回はガイドブックでは書けないことや歴史秘話、地域事情などをご紹介するとともに、
参加していただいた皆さんとの語らいの時間も取っていただきました。
なお、台北からも参加可能なので、地方在住の方もどうぞご参加ください。

以下、簡単にスケジュールをお知らせします。
日程は6月14日(木)から17日(日)までの全4日間。

初日はまず、広東式ダックを賞味。
食事が出てくるまではミニ講演という形で簡単なスピーチを行ないます。

翌日は国立台湾博物館などをご案内します。
ここでは建築や台湾原住民族の紹介、台湾の通史などもお話しできればと思います。
その後は台湾高鉄で台南へ向かいます。

3日目はマンゴーの郷、玉井を訪ねます。
ただ、食すだけではもったいないので、マンゴー畑を訪ねたり、
マンゴーを用いた創作料理などを味わいたいと思います(もちろん、マンゴーかき氷も)。
午後は烏山頭水庫(ダム)を訪問。
銅像や公園だけでなく、八田與一技師を祀る廟や近隣のスポットなどもご案内します。

最終日は終日フリーですが、オプションで台北の日本統治時代の建築物をいくつかご案内します。
最後の食事は創作料理を味わいます。

なお、台南までの往復はグリーン車を利用します。
より多くの方のご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

———————————————————————
『台湾の達人・片倉佳史さんと行く、台湾200%満喫の旅 Vol.1』
【日 時】 
6月14日(木)成田空港14:50発便で台湾へ。17日(日)桃園空港16:50発便で帰国
【料 金】 
成田空港発着:12万円、
現地(台北から)参加:7万5千円
いずれもツイン利用。成田空港からの場合は諸費用・燃油サーチャージを含む。
シングルご希望の場合、20,000円追加。全参加者に拙著のプレゼントが付きます。
【定 員】  30人まで
【締 切】  5月14日(月)
【申し込みフォーム】
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0116.reg
【主 催】 台湾200%満喫の旅委員会
【受 託】 共栄ツアーズ(東京都知事登録旅行業3-6208号)
【連絡先】 tour@nt-kyoei.jp または、FAX: 03-3868-2101
【その他】 オプションツアーあり。
6/15 台南市内、夜のミニ散歩ツアー(3,000円)
6/17 台北市内の史跡散策ツアー(10,000円)
http://katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=1016


2012年4月15日(日曜日)

八田與一記念公園でサクラの植樹

八田與一,烏山頭,シラヤ

4月14日、烏山頭水庫へ行ってきました。

周知のように、東日本大震災に際し、台湾から日本へ向けて200億円を超えるという義捐金が送られました。
それだけでなく、温かいメッセージや言葉を日本に送っていただいたのは記憶に新しいはずです。
これに感謝の気持ちを表そうと、日本から訪問団が訪れ、桜の植樹を行いました。

今回は行政院新聞局のプレスツアーに入れていただき、その様子を取材してきました。

今回のイベントは民間団体が企画したもので、約170人が台南市にやってきたそうです。
式典は八田與一紀念園区(記念公園)で行われましたが、約500人という参列者が集まりました。

交通部観光局の謝局長をはじめ、訪問団を代表して森喜朗元首相がスピーチ、
続いて台南市の頼清徳市長があいさつをしました。

今回植えられたのは「河津桜」で、台湾に自生する南洋桜に接ぎ木したもの。
公園の敷地脇に200本が植樹されています。

八田與一

森喜朗
記念公園内には森元首相揮毫の石碑も建てられました


2012年4月5日(木曜日)

【ツアーのご案内】 「台湾200%満喫の旅」

【ツアーのご案内】  「台湾達人・片倉佳史さんといく台湾200%満喫の旅」

◆ご案内

このたび、ご縁をいただきまして、私がご案内する台湾ツアーが企画されました。
これまでも台湾へ来られた団体をご案内することや特定スポットで講師をさせていただくことは多かったのですが、
コース設定から全体のアレンジをする機会は少なく、私自身、とても楽しみにしています。名付けて、「台湾200%満喫の旅」。

今回は私が日頃の取材活動で探っている台湾の魅力や奥深さをより多くの方と共有したいという気持ちで、コースを組んでみました。
歴史、地理、文化、グルメなど、幅広くネタを織り交ぜてみました。
今回のツアーでは書籍やガイドブックでは書けないことや歴史秘話、最新のネタをご紹介するとともに、
参加していただいた方との語らいの時間も取っていただいています。

多くの方にご参加いただき、台湾への思いを重ねることができたら幸いです。
なお、台北からの参加もできるようになっていますので、地方在住の方もどうぞご検討ください。

◆スケジュールについて

今回は6月14日(木)から17日(日)までの全4日間となっています。
初日はご挨拶とともに、広東式ダックを賞味。ここは私が「台湾通」の方がいらっしゃった際によく使うお店で、
ダック専門のシェフを擁しています。オーナーは香港人で、穏やかながらも厳しいお方。北京ダックと食べ比べて見てください。
食事が出てくるまではミニ講演という形で簡単なスピーチを行なう予定です。

          

翌日は国立台湾博物館と228紀念館をご案内する予定です。
ここでは建築秘話、歴史秘話のほか、台湾の原住民族各部族の紹介、台湾の通史などもお話しできればと思っています。
その後は台湾高鉄で台南へ。古都台南のグルメを堪能します。

3日目はマンゴーの郷、玉井を訪ねます。
ただ、マンゴーを食すだけではもったいないので、マンゴー畑を訪ねたり、マンゴーを使った創作料理などを味わったりしたいと思います。
もちろん、絶品のマンゴーかき氷もできれば二回くらい食べたいと思います(笑) 
午後は烏山頭水庫(ダム)を訪問。銅像や公園だけでなく、八田與一技師を祀った廟や知られざる近隣のスポットなどもご案内したいと思います。

片倉佳史

最終日は終日フリーですが、オプションで台北の日本統治時代の建築物をいくつかご案内します。
詳細はまだ明かせませんが、通常のルートでは入れないところを交渉しています。
最後の食事は芸能人や映画監督、プロレスラーなどが来台した際によくご案内するお店で創作料理を味わいます。

◆最後に

ちょっぴり密度が濃すぎるかな?という気もしますが、少し切り口を変えた台湾の魅力を皆さんと共有できたらと思っています。
なお、台南までの往復は私のリクエストで、グリーン車利用です。ゆったりとおくつろぎください。
より多くの方のご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

———————————————————————

『台湾の達人・片倉佳史さんと行く、台湾200%満喫の旅 Vol.1』
                     

【日 時】 
6月14日(木)成田空港14:50発便で台湾へ。17日(日)桃園空港16:50発便で帰国
【宿 泊】 
台北:華泰王子大飯店、台南:台南大飯店
【料 金】 
成田空港発着:12万円、
現地(台北から)参加:7万5千円
いずれもツイン利用。成田空港からの場合は諸費用・燃油サーチャージを含む。
シングルご希望の場合、20,000円追加。拙著のプレゼント付きです。
【定 員】 
30人まで(最少催行人数は15人)
【締 切】 
5月14日(月)
【申し込みフォーム】
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0116.reg
【主 催】 
台湾200%満喫の旅委員会
【受 託】 
共栄ツアーズ(東京都知事登録旅行業3-6208号)
【連絡先】
tour@nt-kyoei.jp または、FAX:03-3868-2101
【その他】 
オプションツアーあり。
6/15 台南市内、夜のミニ散歩ツアー(3,000円)
6/17 台北市内の史跡散策ツアー(10,000円)

片倉佳史


2012年3月6日(火曜日)

八田與一氏のミニ・アイテム

台湾南部を沃野に変えた功績で知られる八田與一技師。
現在もなお、台湾の人々に慕われている偉人です。

このたび、西拉雅(シラヤ)国家風景区のご案内で、撮影に行ってきましたが、
その際、すごいものを発見!

なんと八田與一技師のミニ座像です。
良くできており、表情などもしっかりしています。
烏山頭水庫の敷地内にある記念室で販売されています。
一体200元。


結構かわいいので思わず車内で撮影してしまった・・・

ただし、残念なことも・・・
なんと中国製なのです。別に中国製が悪いというわけではなく、
中国とのおつきあいもやりたい人が勝手にやればいいのですが、
時空を超えて日台を結びつける功労者の座像なのに、どうして台湾製にしないのか、残念でなりません。
少しくらい高くなってもいいのに・・・


こちらが本物の座像です


2011年12月14日(水曜日)

焼王船。嘉義県義竹にて

台湾南部の奇祭として知られる焼王船。嘉義県義竹郷の後鎮鎮安宮で攝影してきました。

船が廟を出てから燃え尽きるまでは約1時間。
参列者は皆、無言で歩を進めていきます。
しかし、そのかわりにものすごい数の爆竹が・・・

水辺に着いたら、一気に火を付けます。
無言で炎を見つめる信者たち・・・
とにかくあっという間に時間が過ぎていきました。

2011年10月攝影。


2011年11月28日(月曜日)

聯合報のウェブサイトに掲載された記事リンク一覧

このたび、家内・片倉真理が新刊を出させていただきました。
おかげさまで好調な出足となっているようです。この場を借りてお礼申し上げます。

先日、聯合報から取材を受け、それが記事になりました。
以下にリンクを貼らせていただきます。


台北紀伊国屋書店さんの店頭にて

http://travel.udn.com/mag/travel/storypage.jsp?f_ART_ID=46196
日本玩家書寫台灣 重新發現寶島之美〜片倉真理について


古老を訪ね、郷土に伝わるエピソードを聞く(金門島にて)

http://travel.udn.com/mag/travel/storypage.jsp?f_ART_ID=46195
採訪側記/片倉真理 台灣生活好自在〜片倉真理の台湾ライフ

http://travel.udn.com/mag/travel/storypage.jsp?f_ART_ID=46077
讓日本人懾服 體驗大甲媽遶境〜大甲媽祖の話


馬祖島にて。集落を見おろせる丘をさがす

http://travel.udn.com/mag/travel/storypage.jsp?f_ART_ID=46076
臺灣最後祕境 馬祖尋幽〜台湾最後の秘境?馬祖島の旅

http://travel.udn.com/mag/travel/storypage.jsp?f_ART_ID=46075
金瓜石漫步 鄉愁滿溢〜金瓜石と二宮尊徳の話


愛文マンゴーの美味しさの秘密についても探っています・・・

http://travel.udn.com/mag/travel/storypage.jsp?f_ART_ID=46074
感動台灣/日本人最愛的水果−芒果〜台湾マンゴーの郷、台南玉井を訪ねる

http://travel.udn.com/mag/travel/storypage.jsp?f_ART_ID=46079
新刊《在台灣,遇見一百分的感動:片倉真理 旅の手記》について

http://ladym64.exblog.jp/
片倉真理のブログはこちら・・・


どこまでも奥深い台湾の魅力を探っていきたいと思います


2011年11月19日(土曜日)

新刊 『在臺灣,遇見一百分的感動:片倉真理 旅の手記』

新刊のお知らせです。
片倉真理が台湾で本を出させていただくことになりました。

『在臺灣,遇見一百分的感動:片倉真理 旅的手記』 (夏日出版)
という一冊です。本文は中国語に訳されていますが、写真を多く用いています。

これまでの取材や旅行で体験してきたものをまとめた一冊です。
来週、台湾の書店店頭に並ぶので、
もし、機会がありましたら、どうぞお手に取ってみてください。

多くの方と台湾の魅力を共有できたらと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

片倉真理・片倉佳史

http://www.books.com.tw/exep/prod/booksfile.php?item=0010525330
中国語のサイト(割引購入もできます)

片倉真理,台湾,夏日出版,片倉佳史,講演


2011年8月9日(火曜日)

『悠遊西拉雅』は台北松山空港でもらえます

『悠遊西拉雅』〜シラヤ国家風景区・満喫ガイド。
西拉雅(シラヤ)国家風景区は台湾の南部にある国定公園で、
烏山頭水庫や関子嶺温泉、マンゴーの郷・玉井などが含まれます。

今年の2月、ご縁をいただき、私と石野真理が西拉雅国家風景区の日本語ガイド冊子を作成しました。
講演などの会場ではお配りしましたが、実は刊行以来、「どこでもらえるのか!」という問い合わせをたくさんいただきました。

日本では東京や大阪の政府観光局で配布されていますので、お問い合せください。
http://www.go-taiwan.net/

台湾の公的刊行物にはよくあるのですが、たとえ執筆者でもどこで配っているのかわからないことが多いのです(苦笑)

で、今回、読者の方から、松山空港の国際​線出口にある観光局旅遊服務中心でもらえるという情報をいただきました。
無料配布されていますので、どうぞご覧になってみてください。多くの方に見ていただけることを祈っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

西拉雅,siraya,シラヤ,悠遊シラヤ,片倉佳史,片倉真理


2011年8月3日(水曜日)

マンゴーかき氷「有間冰舗」が7日まで台北進出中!

耳よりなお知らせです。
台南市玉井にある名物マンゴーかき氷店「有間冰舗」。
ここが期間限定で台北に登場しています。
場所は信義新光三越のA11 6F文化館で、8月7日まで。
台南グルメフェスティバルの中に出店しています。

台北在住の方、旅行者の方、ぜひ足を運んでみて下さい。
産地のマンゴーの美味しさは格別です。

http://ladym64.exblog.jp/
LadyMの台湾探検


これまた氷りの部分が見えない見事なマンゴーかき氷です


115 queries. 0.284 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 6363
昨日 : 257257257
総計 : 1936306193630619363061936306193630619363061936306

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店