logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2017年 9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2017年8月9日(水曜日)

合歓山でタカサゴマシコ(高砂猿子)に出会う


合歓山登頂


2017年8月8日(火曜日)

合歓山にやってきました

合歓山にやってきました。
酷暑続きの台湾ですが、ここは気温14度の世界!
とても涼しく、肌寒いくらいでした。

台北との温度差は20度以上です。


2017年8月7日(月曜日)

萬大集落に来ています


2017年5月22日(月曜日)

台湾のタケノコ・NNA連載「片倉佳史の台湾雑感」より

片倉佳史,タケノコ,NNA,台湾雑感


2017年5月21日(日曜日)

2017年の蝶、埔里(ゲストハウス・プリ)

カテゴリー: - katakura @ 23時42分04秒


2016年10月18日(火曜日)

ワタナベアゲハ

カテゴリー: - katakura @ 12時28分23秒

台湾はまさに蝶の王国です。
台湾固有種も多く興味が尽きません。

写真は埔里郊外で8月に撮影した一枚です。
右手に見えるのは日本統治時代に渡邊亀作氏が発見したとされる「ワタナベアゲハ」です。

ワタナベアゲハ,台湾固有種,埔里,台湾


2016年8月25日(木曜日)

カンタバン事件について長老に聞く

ブヌン族の長老を訪問しました。
南投県の山岳部、埔里から自動車で二時間以上かかってたどり着きました。

ここ仁愛郷の萬豊村はブヌン族が暮らす集落で、
現地では「ココアド」を名乗っています。
日本統治時代はカンタバン社と呼ばれていました。

今回は今年91才になる長老を訪ね、
カンタバン事件についてお話をうかがいました。
この事件はブヌン族がセデック族を誘い出し、宴を用意して、
酔いが回ったところで惨殺したという事件です。

霧社事件を研究する上で欠かせない事件なのですが、
あまり広く知られていません。

集落は夏とは思えない涼しさでした。

カンタバン事件,ブヌン族,原住民,萬豊


2016年8月24日(水曜日)

ワタナベアゲハ(渡邊鳳蝶)に出会う

カテゴリー: - katakura @ 03時45分12秒

珍蝶ワタナベアゲハに出会いました。
台湾固有種の珍蝶に出会うことができて、大興奮です!

ワタナベアゲハは北埔事件の犠牲者・渡辺亀作が勤務中に発見したと言われているもの。
今度はメスに会ってみたいなと思いました。

Okuさん、ご教示ありがとうございます!

ワタナベアゲハ,埔里,渡邊鳳蝶,台湾,蝶,Papilio thaiwanus Rothschild


2016年8月23日(火曜日)

タイワンイチモンジ

カテゴリー: - katakura @ 00時25分42秒

タイワンイチモンジ。
その名の通り、羽の上には一文字の白模様が入っています。
両端部分にオレンジ色の斑点が見られます。

結構じっとしているので、撮影は容易でした。

2016年8月21日、埔里の彩蝶瀑布にて

タイワンイチモンジ,ヤエヤマイチモンジ,埔里,彩蝶瀑布,蝶,固有種


2016年6月25日(土曜日)

増刷報告・『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)

日本統治時代,台湾,祥伝社,片倉佳史,植民地

【増刷報告】 

2016年6月23日、
拙著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)の2回目の増刷が決まりました。
前回と同様、今回も1500部の増刷です。

この場を借りてご報告申し上げます。
ありがとうございました!心よりお礼申し上げます。

台南,日本統治時代,片倉佳史


2016年5月31日(火曜日)

ご報告・李登輝友の会千葉県支部、満員御礼、ありがとうございました!

李登輝,片倉佳史,李登輝友の会,千葉支部

講演のご報告です。
2016年5月28日の李登輝友の会千葉県支部主催の講演を無事に終えました。
おかげさまで100名もの方にお集まりいただきました。
満員になってしまい、補助いす対応になってしまった方もおられたようで恐縮です。

片倉佳史,李登輝

今回は「取材者の目で見た台湾〜より深く台湾を学ぶ」というお題でお話ししました。
より深く台湾を学んでいく面白さを主軸に据え、
少し掘り下げた内容にしてみました。
新聞記者でも学術関係者でもない目線と感性で接する台湾の歴史、文化、現地事情をお話ししてみました。

多くの方と台湾の魅力を分かち合うことができて、
嬉しく思いました。皆さんの熱いまなざしが嬉しかったです。

アップルマンゴー,片倉佳史,台湾

せっかくなので、
今回お話しした内容を以下に挙げておきます。

★年々盛んになる日台相互の交流〜若者たちは日本を目指す。その背景にあるもの

★激増傾向にある台湾への修学旅行〜その魅力はどこにあるのか

★80年前の卒業生、母校を訪ねる〜建成小学校の里帰り訪問記

★サアロア族の伝説から考える〜原住民族文化に触れる楽しみ

★カハブ族をご存じ?〜部族認定を願い、文化興隆を目指す人々

★サオ族の土地収奪問題〜小さな民族のたどった歴史と今

★台南美食の魅力を探る〜独自の世界を誇る府城美食。台南の料理はなぜ美味しいのか?

★パイナップル農場訪問記〜絶品のパイナップルを支える人々の話

★アップルマンゴー開発秘話〜人気のマンゴーはどのようにして生まれたか

★八田與一技師の精神〜ロータリークラブ入会時のスピーチ原稿に見えるもの

★台南銀座と若き建築家たちの話〜台南銀座には電線がなかった!

★台湾新時代。新政権の誕生と建築保存を考える

李登輝,片倉佳史,李登輝友の会,千葉支部

ご来場いただいたみなさん、嶋田支部長、そしてスタッフのみなさん、
もろもろのお心遣い、ありがとうございました!

今、多くの方からメッセージとメールをいただいております。
これからも台湾の魅力をわかちあっていきたいですね!
心よりお礼申し上げます。

台湾,講演,台北,片倉佳史


2016年1月18日(月曜日)

戦争体験者を訪問。埔里在住の劉英輝さん

劉英輝,台湾籍日本兵,ラバウル,戦後補償,ニューブリテン島,埔里

昭和18年、台湾第3回特設勤労団として
ニューブリテン島に渡っていた劉英輝(日本名・金村英輝)さんを訪ねました。

埔里,台湾籍日本兵,ラバウル,補償問題

劉さんは1922(大正11)年8月23日生まれ。
昭和18年4月25日に台湾中部の埔里から戦地に向かいました。
ニューブリテン島では第八方面軍南海派遣団7129部隊ココボ103兵站病院に配属されたそうです。

敗戦を迎え、
戦後は日本人が優先的に引き揚げたため、
台湾人は放置状態となり、昭和21年4月まで、
約8ヶ月にわたって餓死寸前の日々を送ったそうです。

劉英輝,台湾籍日本兵,ラバウル,戦後補償,ニューブリテン島,埔里

また、戦争体験のみならず、戦後の補償問題についてもうかがいました。

周知のように日本政府の対応は誠意が感じられず、時間だけが過ぎていきます。
台湾籍日本軍人・軍属の方々にどう向かい合うか、
日本人として深く考えさせられるところです。

劉英輝,台湾籍日本兵,ラバウル,戦後補償,ニューブリテン島,埔里

私自身を含め、日本人は表面的で明るい一面ばかりを見て日台関係を語ってしまう傾向がありますが、
今後も引き続き、取材と調査を続けていきたいと思います。

ご紹介いただいたbaukeさん、
そして、流ちょうな日本語でサポートしていただいた劉敏さん、ありがとうございました。

劉英輝,台湾籍日本兵,ラバウル,戦後補償,ニューブリテン島,埔里


2015年7月13日(月曜日)

サオ族の文化に触れるイベント(7月17日と18日)

【お知らせ】 台湾人口希少民族文化フォーラム〜サオ族

台湾原住民の研究をされている石丸さんからお知らせをいただきました。
台湾の原住民族、中でもサオ族についてのイベントです。

サオ族は2014年現在、人口が752名、
政府の認定を受けた原住民族の中では人口が最少と言われています。

サオ族はレイクリゾート・日月潭の湖畔に住んでいますが、
近年は激増する中国人観光客の影響で観光開発が過度に進み、
固有文化を維持するのに大きな影響が出ています。
 
その文化に触れ、文化や習俗、そして日本統治時代の様子とその影響、
さらに現状や言語まで幅広く体験できる無料イベントです。
より多くの方に参加していただきたいですね。

◎活動時間: 2015年7月17日 13:00 〜、7月18日 08:30〜
◎活動地点:南投県魚池郷日月村イタサオ集落
◎参加費用:無料。ただし宿泊は御自身で手配。
◎直前なので、参加申込みとお問い合わせは担当の石丸さんにご連絡ください。
Email: saviki@hotmail.com 電話:0955-862-428

※日本語通訳は石丸さんが担当してくれるそうです。

◎到着手続きと集合場所
1. 台湾高鐵でお越しの方は7月17日(金)午前12:00に新幹線台中烏日駅のバスステーションに集合。
2.自家用車または長距離バスでお越しの方は7月17日(金)午後13:00に埔里仁愛公園の正門前にお集まりください。

◎スケジュール
一日目 2015年7月17日(金)
13:30 埔里仁愛公園正門前から出発、バスに乗って日月潭へ。
14:00〜15:00 サオ族の祭祀を見学。
15:00〜17:00 
日月潭遊覧船に乗ってZintun(日月潭)湖畔の地名のサオ語、イタ・サオ集落を紹介
17:30〜19:00 サオ族風味ディナー料理
19:30〜22:00 各人口希少民族との交流のゆうべ

二日目 2015年7月18日(土)
08:30〜到着手続き(会場:埔里老人会館)
09:00〜12:00 人口希少民族のカミングアウト――民族代表による紹介と現状報告
12:00〜13:00 郷土料理
13:00〜14:30 人口希少民族との対話と交流

★おすすめの宿泊施設(ご自身で手配ください)

ゲストハウス・プリ(埔里背包客之家)
宿のオーナーは渡部さんという男性で、親切にしてくれると思います。
http://www.guesthousepuli.com/ch/index.html
携帯電話:0931-347432
所在地: 南投県埔里鎮東栄路303巷6号

 


2015年7月9日(木曜日)

サオ族の文化イベント(台風のため日程が変更になりました)

【お知らせ】 台湾人口希少民族文化フォーラム〜サオ族

台湾原住民の研究をされている石丸さんからお知らせをいただきました。
台湾の原住民族、中でもサオ族についてのイベントです。

サオ族は2014年現在、人口が752名、
政府の認定を受けた原住民族の中では人口が最少と言われています。

サオ族はレイクリゾート・日月潭の湖畔に住んでいますが、
近年は激増する中国人観光客の影響で観光開発が過度に進み、
固有文化を維持するのに大きな影響が出ています。

サオ族,日月潭
  
その文化に触れ、文化や習俗、そして日本統治時代の様子とその影響、
さらに現状や言語まで幅広く体験できる無料イベントです。
より多くの方に参加していただきたいですね。

※台風襲来で日程が変更されています。ご注意ください。

◎活動時間: 2015年7月17日 13:00 〜、7月18日 08:30〜
◎活動地点:南投県魚池郷日月村イタサオ集落
◎参加費用:無料。ただし宿泊は御自身で手配。
◎参加申込みとお問い合わせは担当の石丸さんまで。
Email: saviki@hotmail.com
電話:0955-862-428

※日本からの参加、台湾在住の方、大歓迎とのこと!
※日本語通訳は石丸さんが担当してくれるそうです。

サオ,日月潭

◎到着手続きと集合場所
1. 台湾高鐵でお越しの方は7月17日(金)午前12:00に新幹線台中烏日駅のバスステーションに集合。
2.自家用車または長距離バスでお越しの方は7月17日(金)午後13:00に埔里仁愛公園の正門前にお集まりください。

◎スケジュール
一日目 2015年7月17日(金)
13:30 埔里仁愛公園正門前から出発、バスに乗って日月潭へ。
14:00〜15:00 サオ族の祭祀を見学。
15:00〜17:00 
日月潭遊覧船に乗ってZintun(日月潭)湖畔の地名のサオ語、イタ・サオ集落を紹介
17:30〜19:00 サオ族風味ディナー料理
19:30〜22:00 各人口希少民族との交流のゆうべ

二日目 2015年7月18日(土)
08:30〜到着手続き(会場:埔里老人会館)
09:00〜12:00 人口希少民族のカミングアウト――民族代表による紹介と現状報告
12:00〜13:00 郷土料理
13:00〜14:30 人口希少民族との対話と交流

★おすすめの宿泊施設(ご自身で手配ください)

ゲストハウス・プリ(埔里背包客之家)
宿のオーナーは渡部さんという男性で、親切にしてくれると思います。
http://www.guesthousepuli.com/ch/index.html
携帯電話:0931-347432
所在地: 南投県埔里鎮東栄路303巷6号

 
日月潭


2015年7月5日(日曜日)

サオ族の文化に親しむイベント、7月17日と18日

※台風の影響で日程変更になりました(7月17日と18日)

【お知らせ】 台湾人口希少民族文化フォーラム〜サオ族

台湾原住民の研究をされている石丸さんからお知らせをいただきました。
台湾の原住民族、中でもサオ族についてのイベントです。

現在、原住民族については台湾政府から16の部族が認定されていますが、
今回はサオ族の文化に親しむイベントです。

サオ族は2014年現在、人口が752名、
政府の認定を受けた原住民族の中では人口が最少と言われています。

サオ族はレイクリゾート・日月潭の湖畔に住んでいますが、
近年は激増する中国人観光客の影響で観光開発が過度に進み、
固有文化を維持するのに大きな影響が出ています。
  
その文化に触れ、文化や習俗、そして日本統治時代の様子とその影響、
さらに現状や言語まで幅広く体験できる無料イベントです。
より多くの方に参加していただきたいですね。

◎活動時間: 2015年7月10日 13:00 ~ 2015年7月11日 14:00
◎活動地点:南投県魚池郷日月村イタサオ集落
◎参加費用:無料。ただし宿泊は御自身で手配。
◎参加申込みとお問い合わせは担当の石丸さんまで。
Email: saviki@hotmail.com
電話:0955-862-428

※日本からの参加、台湾在住の方、大歓迎とのこと!
※日本語通訳は石丸さんが担当してくれるそうです。

◎到着手続きと集合場所
1. 台湾高鐵でお越しの方は7月10日(金)午前12:00に新幹線台中烏日駅のバスステーションに集合。
2.自家用車または長距離バスでお越しの方は7月10日(金)午後13:00に埔里仁愛公園の正門前にお集まりください。

◎スケジュール
一日目 2015年7月10日(金)
13:30 埔里仁愛公園正門前から出発、バスに乗って日月潭へ。
14:00〜15:00 サオ族の祭祀を見学。
15:00〜17:00 
日月潭遊覧船に乗ってZintun(日月潭)湖畔の地名のサオ語、イタ・サオ集落を紹介
17:30〜19:00 サオ族風味ディナー料理
19:30〜22:00 各人口希少民族との交流のゆうべ

二日目 2015年7月11日(土)
08:30〜09:00 到着手続き(会場:埔里老人会館)
09:00〜12:00 人口希少民族のカミングアウト――民族代表による紹介と現状報告
12:00〜13:00 郷土料理
13:00〜14:30 人口希少民族との対話と交流

★おすすめの宿泊施設
ゲストハウス・プリ(埔里背包客之家)
宿のオーナーは渡部さんという男性で、親切にしてくれると思います。
http://www.guesthousepuli.com/ch/index.html

携帯電話:0931-347432
所在地: 南投県埔里鎮東栄路303巷6号 

主催:
公益財団法人小米(粟)穂原住民文化基金会
台湾平埔原住民族文化学会、社団法人台湾原住民族学院促進会、
南投県魚池郷サオ族文化発展協会


2015年4月19日(日曜日)

ブヌン族の八部合唱

NNAのウェブ連載「片倉佳史の台湾雑感」より。
ブヌン族の八部合唱「パシブブ」について紹介した記事です。

ブヌン族,八部合唱,片倉佳史,NNA


2015年3月27日(金曜日)

【お知らせ】 楽天トラベルのウェブ記事「集集線&日月潭」


【お知らせ】 楽天トラベルのウェブ不定期連載「台湾旅行・台湾パワーチャージの旅へ!」で片倉真理が集集線&日月潭を紹介しています。どうぞご覧ください。http://travel.rakuten.co.jp/event/ad/taiwan/others/

Posted by 片倉佳史&片倉(石野)真理 on 2015年3月4日

2015年3月5日(木曜日)

楽天トラベルで「集集線&日月潭の旅」

集集線,片倉真理,楽天,大衆爺,集集

【お知らせ】 

楽天トラベルのウェブ不定期連載「台湾旅行・台湾パワーチャージの旅へ!」で
片倉真理が集集線&日月潭を紹介しています。

この連載は不定期ですが、台湾各地のスポットを紹介していくものです。
なお、新調した魚眼レンズで撮った写真もこの連載から使っていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

http://travel.rakuten.co.jp/event/ad/taiwan/others/
楽天トラベルのページ

日月潭,楽天,片倉真理,片倉佳史,向山,南投県


2014年12月25日(木曜日)

クレアWEBの記事、絶品のキノコチップス

鹿窯攣,クレア,CREA,片倉真理

【拙著・拙稿から】 

片倉真理がクレアWebさんで担当させていただいている連載企画。
毎回、台湾で今、もっともアツいお土産品を紹介していますが、
今回は鹿窯攣のキノコチップスを取り上げています。

http://crea.bunshun.jp/articles/-/6886
クレアWebのサイトはこちら

これは前回の台鉄展望車貸切ツアーでも一番人気でした。
おすすめ度がとりわけ高い逸品です。

http://www.luyao.com.tw/eng/
鹿窯攣のウェブサイト

誠品生活 松菸店
所在地 台北市信義区菸廠路88號3階
電話番号 02-6636-5888
営業時間 11:00〜22:00
定休日 無休

そのほか、誠品書店信義旗艦店3階、
セレクトショップ「好、丘」の各店舗などでも販売されているそうです。

片倉真理,CREAウェブ,クレア,キノコチップス


2014年7月8日(火曜日)

稲穂の緑とディーゼルカー

西部幹線の花壇駅付近を疾走するDR1000。
軽快な走りを見せながら、走り去っていきました。

DR1000,集集線,稲穂,花壇駅


2014年1月10日(金曜日)

ブヌンの混声合唱

ブヌン,南投県,パシブブ,布農,混声合唱


2013年3月14日(木曜日)

塗姆埔里小吃

 塗姆埔里小吃,埔里,天母,埔里小吃

「塗姆埔里小吃」を取材してきました。
ここでは台湾中部、埔里一帯にしかない野菜料理の数々が味わえます。
台北市の北郊・天母地区にあり、グルメを自称する人たちが通い詰める名物レストラン。

塗姆埔里小吃
今回特に感激したのがこれ。骨まで食べられるというトンソク


ビンロウの花弁の部分をカニなどと炒めた創作料理。個人的にお気に入りのメニューです

このほか、金針ユリの花を豚肉のリブとともにスープにした「金針排骨」や、
サトウキビの炒め物や、ユリの根と牛肉の炒め物などが人気メニューだそうです。


かなり食通なお客様がいらした際にお連れするお店です

メニューは日本語のものがあります。予算は4人で行って、1人500元くらいです。

塗姆埔里小吃
台北市天母東路8巷65号
02−2875−6552
11:30〜14:00・17:00〜20:30
毎月最終週の火・水

塗姆埔里小吃,蔡先生,埔里,美食
オーナーの蔡さん夫妻


2012年10月18日(木曜日)

エバー航空の機内誌『enVoyage』に凍頂烏龍茶の記事

エバー航空(長榮航空)の機内誌『enVoyage』。
その10月号に片倉真理が記事を寄せています。

「凍頂烏龍茶の郷・鹿谷を訪ねて」というタイトルで南投県鹿谷郷をレポート。
見開きだけの記事ではありますが、機内で見かけたら、ページをめくってみてください。
よろしくお願いします。

           


2012年2月15日(水曜日)

新刊・『台湾に残る日本鉄道遺産』(交通新聞社)

                

このたび交通新聞社から『台湾に残る日本鉄道遺産』という1冊を出させていただきました。
本書は台湾に残された日本統治時代の鉄道遺産を取り上げてみました。
木造駅舎やターミナル建築、石碑、隧道の扁額、橋梁など、その内容は多岐にわたります。
いずれも「鉄道遺産」と呼ぶにふさわしいものばかりですが、
本書では、そういったものを台湾の人々がどのようにとらえ、扱っているかという一面に触れたいと思ってみました。

http://shop.kotsu.co.jp/shopdetail/003000000042/order/
交通新聞社のサイト(ご購入も可能です)

ご存じのように、台湾は戦後長らく続いた言論統制の時代を経て、自由な時代を迎えました。
これと同時に、かつてタブー視されていた郷土研究が盛んになり、鉄道文化についての関心も高まりました。
歴史建築の保存については日本を上回るほどに熱心です。

前著『台湾鉄路と日本人』では台湾の鉄道史を紹介していますが、
本書は実際にこの本をもって旅に出られるよう、様々な工夫を施してみました。
第4章では日本統治時代の駅スタンプを紹介し、巻末には「台湾の鉄道遺産一覧」を付けています。

皆さんの旅のお供になれることを著者として祈っております。

全国の書店店頭でお手にとっていただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

片倉佳史

『台湾に残る日本鉄道遺産』目次

台湾鉄道全図
日本統治時代の台湾鉄路

第一章 日本が残した鉄道遺産
 
 彰化機務段―産業遺産となった扇形車庫
 舊山線―観光鉄道として復活した山越えの道
 糖廠―台湾を支えた精糖事業と観光列車
 阿里山森林鉄道の旅
 太平山の森林鉄道と観光列車

第二章 台湾で行き続けるターミナル建築
 
 新竹駅―戦前、もっとも美しいと言われた名駅舎
 台中駅―大正の名建築と絶賛された駅舎
 嘉義駅―昭和時代初期のターミナル建築
 台南駅―ホテルを擁したコロニアル風駅舎建築
 高雄駅旧駅舎―帝冠様式の壮麗な建築

第三章 日本統治時代の木造駅舎
 
 海線旅情―海岸沿いに続く木造駅舎群
 菁桐駅―炭鉱の町に残る木造駅舎
 香山駅―かつては海水浴場で知られた駅
 集集駅―復興の象徴となった木造駅舎
 北門駅―往年の駅前風景が残る木造駅舎
 後壁駅―温泉郷の玄関口として賑わった駅
 林鳳営駅―南国仕様の老駅舎を訪ねる
 保安駅―観光名所となった木造駅舎
 竹田駅―日本語図書室を併設する駅

第四章 訪ねてみたい鉄道遺産

 山佳駅―洋風駅舎が残る小さな駅
 舊泰安駅―復活した駅舎と震災復興記念碑
 二水駅―昭和期に見られた地方駅舎
 斗南駅―日本統治時代最後の駅舎建築
 阿里山の山林に眠る石碑
 切り倒された神木―阿里山のシンボルは今
 打狗鉄道故事館―鉄道ファンが支える老駅舎
 旧台東駅―芸術空間として整備された廃駅舎
 鉄真院―鉄道員によって開かれた仏教寺院

第五章 日本統治時代の駅スタンプ

 台湾版駅スタンプの歴史
 魅力的なスタンプの世界
 台湾に駅スタンプはいくつ存在したか
 戦争とともに終焉を迎えたスタンプ文化
 スタンプ紹介

付録 台湾の鉄道遺産一覧

http://shop.kotsu.co.jp/shopdetail/003000000008/order/
前著『台湾鉄路と日本人』のご案内はこちらです


2011年12月8日(木曜日)

片倉真理がエバー航空の機内誌に記事を出しています

現在、機内に掲載されているエバー航空機内誌に片倉真理が記事を出しています。
テーマは「南投県の工芸文化」。大きな記事ではありませんが、エバー航空にご搭乗される方、ぜひお手にとってみてください。
どうぞよろしくお願いします。


2011年11月19日(土曜日)

新刊 『在臺灣,遇見一百分的感動:片倉真理 旅の手記』

新刊のお知らせです。
片倉真理が台湾で本を出させていただくことになりました。

『在臺灣,遇見一百分的感動:片倉真理 旅的手記』 (夏日出版)
という一冊です。本文は中国語に訳されていますが、写真を多く用いています。

これまでの取材や旅行で体験してきたものをまとめた一冊です。
来週、台湾の書店店頭に並ぶので、
もし、機会がありましたら、どうぞお手に取ってみてください。

多くの方と台湾の魅力を共有できたらと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

片倉真理・片倉佳史

http://www.books.com.tw/exep/prod/booksfile.php?item=0010525330
中国語のサイト(割引購入もできます)

片倉真理,台湾,夏日出版,片倉佳史,講演


2010年9月25日(土曜日)

佐々木蔵之介さんの番組(本日)

佐々木蔵之介,片倉佳史,台湾,南投県,鹿谷

テレビ番組のお知らせです。本日、ABC朝日放送の番組に家内と出演します。
俳優の佐々木蔵之介さんの番組「LIFE〜夢のカタチ〜」です。
今回は台湾のお茶文化がテーマで、佐々木さんとご一緒し、日月潭や南投県の鹿谷をおとずれました。
私と家内は前半を中心に出演し、後半は凍頂烏龍茶の修行を積んでいる好青年・浦山さんが登場します。

午前9:55〜10:25の30分。
機会のある方、どうぞチャンネルを合わせてみてください。


2010年9月23日(木曜日)

佐々木蔵之介さんの番組に出ます

佐々木蔵之介,片倉佳史,LIFE〜夢のカタチ〜

近畿圏限定ですが、佐々木蔵之介さんの「LIFE〜夢のカタチ〜」に出演します。
大阪朝日放送の番組で「LIFE〜夢のカタチ〜」というもの。俳優の佐々木蔵之介さんが台湾を訪れ、台湾のお茶世界を探険します。
私と家内は前半を中心に出演します。放映日は9月25日(土曜日)の午前9:55〜10:25。

           佐々木蔵之介,片倉,LIFE〜夢のカタチ〜

私は顔の状態がまだ完全でない状態でしたが、佐々木さんをはじめ、スタッフの皆さんに支えられながら、こなすことが出来ました。

どうぞよろしくお願いいたします。


2010年9月19日(日曜日)

明け方の日月潭

未明の日月潭。
大阪朝日放送のテレビ番組の収録で訪れた際、
こっそりと5時起きして撮影しました。やはり未明の日月潭は格別な美しさですね。

佐々木蔵之介さんの番組「LIFE〜夢のカタチ〜」は9月25日の放送です。

佐々木蔵之介,日月潭,片倉佳史,朝日


2010年9月9日(木曜日)

南投県鹿谷郷。凍頂烏龍茶、秋茶の収穫

台湾の中部、南投県の鹿谷(しかたに)郷は凍頂烏龍茶の産地。
先日、秋茶の茶摘み風景を撮影してきました。
秋茶そのものはマイナーな存在ですが、天候にも恵まれて、いいカットがとれました。


2010年9月7日(火曜日)

交通部観光局頼局長のスピーチ

日月潭の雲品酒店でおこなわれた観光局主催のパーティ。
女性局長の頼さんのスピーチシーン。


2010年7月1日(木曜日)

集集線に今年も蒸気機関車

今年も集集線に蒸気機関車が走ります。
現在、集集以遠が改良工事で運休中の集集線ですが、
二水駅と龍泉駅間を今年もCK124(C12)が走ります。

運転日は7月11日、18日、25日、8月1日、8日の計5日。
いずれも日曜日です。午前・午後に各一便あるのですが、
一般客の乗車はできず、南投県内の宿泊施設に泊まった人が
無料で乗車できるというスタイルになっています。

時刻は午前便が二水発9:22、濁水で4分停車後、龍泉に9:56着。
帰路は龍泉発10:43発、同じく濁水で3分停車後、二水に11:12着。

午後便は二水発14:25で濁水停車後、龍泉に14:47着。
帰路は龍泉発16:00で同じく濁水停車後、二水に16:31着。

運転区間が短く、撮影スポットは限られますが、
かえって効率良く撮影できるようにも思います。

なお、音鉄の皆さんは源泉駅の出発シーン(龍泉行き列車)が録音の狙い目です。

詳しくはウェブサイト(中国語のみ)をご覧ください。

http://travel.nantou.gov.tw/2010doodoo/pages/bb.html


皆さん、現地でお会いしましょう!


2009年10月21日(水曜日)

埔里の町を見おろす

台湾中部の小都市・埔里。
ここは台湾島の中央に位置し、「台湾のへそ」とも言われています。
その町並みを俯瞰するべく、虎頭山にやってきました。ここはかつて神社があった場所。
今も石灯籠の一部が残っています。10年前に来たときは転がっていただけで、発見したときの喜びは大きかったのですが、
今や立派な保存対象になっています。

埔里,片倉佳史
埔里の町並み

埔里,神社,能高神社,遺跡
石灯籠

なお、埔里にあった神社は能高神社を名乗り、石灯籠や狛犬は郊外の醒霊寺という寺院にも残っています。


2009年9月25日(金曜日)

埔里の郷土料理「金都餐廳」

台湾の中部、南投県の埔里は個性的な郷土料理を誇る美食の町。
オリジナリティあふれる料理がずらりと並びます。創作料理ではありますが、やはり独自の食材に興味が惹かれます。

               

その埔里を代表する金都餐廳のシェフを取材する機会をいただきました。
今回は日本ではなかなか見られない食材を集めてもらいました。
中でも絶品だったのが、「牧草芯(アルファロファの芯)」。アスパラガスに似た食感でやみつきになりそうです。


2009年9月2日(水曜日)

週末の集集駅

今、南投県政府の依頼を受けて県の公式ガイドブックを作っています。
日月潭と並んで重要な観光資源とも言える集集線ですが、週末の混雑具合はかなりのもの。
週末だからといって増発されるわけでもなく、すし詰め状態です。
改善が待たれます。


集集駅で出発を待つ列車。遅れることも頻繁です


2009年7月14日(火曜日)

CK124、今年も集集線を走ります

今年もまた、CK124(C12)が集集線を走ります。
10日に台北駅構内でイベントのお披露目がありました。

今年の運転日は7月19、25,26日、8月1、2、8、9、15、16、22、23日の計11日間。
それぞれ午前午後と各一便。走行区間は濁水駅から車埕駅まで。
チケットの購入は濁水駅、集集駅、水里駅の三カ所に設けられた特設カウンターにて。

http://travel.nantou.gov.tw/dodo/
詳しくはここをご覧ください。


記者会見の様子


2009年6月19日(金曜日)

國立暨南國際大學の講義、終えました

台湾中部の南投県埔里鎭にある國立暨南國際大學にお呼びいただき、講演をさせていただきました。
慣れない中国語のスピーチでかなり疲れましたが、なんとか終えることができました。
「歴史建築からみた日本統治時代の半世紀」というテーマでしたが、無事終えられてほっとしています。
國立暨南國際大學のみなさん、ありがとうございました。

國立暨南國際大學,片倉佳史,埔里,講演


2009年5月31日(日曜日)

南投武徳殿

南投市の中心部にある旧武徳殿。
言うまでもなく、戦前、大日本武徳会によって運営されていた武道教練場です。
戦後は長らく公務員用の購買部になっていましたが、現在は郷土資料館として使用されています。
昭文社の『新個人旅行・台湾』で紹介しています。そちらもご覧ください。

南投武徳殿,武徳殿,南投市,新個人旅行


2009年5月22日(金曜日)

清境農場を探索

日本人にはあまり馴染みがないものの、台湾の方々には絶大な人気を誇る景勝地。
南投県の清境農場は日本統治時代に軍馬の飼育を目的に開かれた見晴農場が前身です。

ここは羊の放牧で知られていますが、ここには1960年頃にやってきた中国雲南地方の少数民族も暮らしています。
詳しくは『な〜るほどザ台湾』の2009年4月号に石野真理が記事を寄せていますので、そちらをご覧ください。

http://www.naruhodo.com.tw/kanko/index.php


2009年5月3日(日曜日)

日月潭で昼食を

台湾中部の日月潭は台湾最大の湖です。
そして、水力発電所建設時、貯水池機能を持ち合わせた半人造湖です。
ここにしかいない魚類などもあり、美食面でも注目されています。

中でも「総統魚」と呼ばれる中央の魚は名物とされていますが、そのほか、潭蝦、奇力魚など、ご当地ものがいっぱいです。
写真は湖に面したホテルのレストランですが、美しい眺めを楽しみながらのお食事はいかがでしょうか。


2009年5月2日(土曜日)

廬山温泉

暴風雨でホテルが倒壊したりして悲惨な状況となった台湾中部、南投県の廬山温泉。
今回は天気に恵まれましたが、その傷跡はかなりのものでした。


廬山のシンボルとなっている吊り橋。たもとにはファミリーマートがあって興ざめです・・


倒壊したホテルのあった場所。ちなみにこのエリアにはあまたのホテルがありますが、建築的に「合法」となっているのはわずか2軒のホテルのみです

ここは日本統治時代末期に電力会社の職員によって発見された温泉で、台湾最高所にあることから、
富士温泉と呼ばれていました。しかし、戦後に蒋介石のお気に入りになったことで、中国の景勝地にちなんで「廬山」という名に改められました。


富士温泉開拓の由来が記された日本統治時代の石碑。考えてみれば、「富士」なんて名前もまた、統治者の身勝手で付けられた名ですね


2009年4月28日(火曜日)

ブヌンに伝わる口琴を聴く

今日は南投県の山岳部、信義郷にあるカリブアン(漢字名は望郷)という村に入っていました。
ここではブヌンに伝わる歌曲を収録するべく老人を訪ねましたが、運良く、口琴の達人に出会うことができました。
後日、「柯徳三さん、NHKを語る」が終わった後に、台湾音紀行のブログで公開したいと思っています。
どうぞご期待ください。

http://www.voiceblog.jp/ktkr2/
台湾音紀行〜片倉佳史の取材日記

ブヌン,ゴンゴン,望郷村,伝統音楽


2009年4月23日(木曜日)

豊栄客運のレトロ風バス

埔里や日月潭周辺に路線網をもつ豊栄客運。
台北線などの長距離路線には大型の車両が入っていますが、路線バスにはこういったレトロ風バスが走っています。
なかなか愛くるしいデザインで、個人的にはかなり好きな車両です。


2009年4月13日(月曜日)

雲南料理を台湾の山岳で味わう

台湾中部の山岳地帯。
清境農場一帯では雲南料理を味わうことができます。

ここは日本統治時代に見晴(みはらし)牧場として開かれ、軍馬の育成などが行われていましたが、
戦後、中華民国によって接収され、現在に至っています。

現在、ここには雲南地方から連れてこられた人々が集まって暮らしています。
珍しいのは少数民族の人々が多いことで、単なる雲南地方料理にとどまらないのが興味深いところです。
今も老人などは部族特有の言葉を話していることがあるようで、料理もいわゆる漢人の雲南料理とは一線を画します。

交通はやや不便ですが、ちょっぴりマニアックな美食世界に触れてみたいものです。


2009年4月12日(日曜日)

竹山神社の遺跡

南投県竹山にある神社の遺跡。
現在、神苑跡は公園となっています。

石灯籠と狛犬が移設されており、一応保存対象となっています。
拙著『台湾日治時代遺跡』(玉山社)で紹介していた社務所は
残念ながら、取り壊されていました。


2009年4月11日(土曜日)

九族文化村

台湾中部にあるテーマパーク、九族文化村。
言わずと知れた台湾原住民族を紹介しているテーマパークなのですが、
台湾の人々には遊園地として人気があります。

ご存じのように、台湾の原住民族は14部族が認定を受けていますが、
ここは9族時代にオープンし、名称変更は行なっていません。ただ、入園時にもらえるパンフレットには
クバラン族やサキザヤ族、セデック族などについても紹介されています。

http://www.nine.com.tw/
九族文化村のウェブサイト


ミニ汽車も走っています


2009年4月10日(金曜日)

埔里のご当地グルメ

埔里は台湾の中でも個性豊かな食材を誇る街。
独自の郷土料理で知られています。
ここ金都餐廳はその代表格で、日本のガイドブックでも結構紹介されています。
今回はそのメインシェフとオーナー夫妻にお話しをうかがう機会を得ました。

食材が豊かというよりも、ここでしかとれない野菜が多く、かなり驚かされますが、
同時にとても研究熱心で、美味しさはこういった努力に支えられているものなんだなと改めて思い知らされました。


埔里名物、マコモダケ。常温でいただきます


「牛蕃茄」と呼ばれる種類のトマト。甘酸っぱくて絶妙な味わい!台北では見たことがありません


2009年4月2日(木曜日)

埔里特産、マコモダケを味わう

マコモダケの山地として知られる埔里盆地。
ここで味わったのがマコモダケ入りの水餃子。
しゃきっとした食感が絶妙で、思わずぱくぱく食べてしまいます。


やはりとれたては絶品です

ちょっと驚いたのはマコモダケの栽培されている様子。
なんと下の写真のように水田のようなところに植えられていました。
ちなみに食べているのは根の部分。ちょっと想像が付きませんでした。


2009年4月1日(水曜日)

知られざる客家の郷、国姓でイチゴを買う

南投県にある国姓郷は知られざる客家の郷。
独自の訛があることで研究者たちは注目しているとのこと。

私は初めての訪問でしたが、ここの名物はなんといってもイチゴなのだとか。
栽培地の撮影を済ませ、味見してみようと思って購入。


小さいながらも味わい深く、しかも安い!この量でなんと200元(約600円)!


ちょっと量が多すぎる・・・ような気もします(笑)


115 queries. 0.282 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 9
昨日 : 276276276
総計 : 1981690198169019816901981690198169019816901981690

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店