logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2017年 5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2016年8月25日(木曜日)

【拙著/拙稿】 ウェッジ・張栄発氏の追悼記事(ウェブ公開されました)

【拙著・拙稿から】

雑誌『ウェッジ』に記事を寄せた張栄発さんの追悼記事。
このたび、ウェブ公開されました。無料で全文を見ることができます。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7592
こちらからご覧になれます

エバーグリーン(長栄)グループの総裁として君臨した故張栄発氏ですが、
その精神性の根源にあるものは何だったのか、そこに迫ってみました。

また、東日本大震災の際、
10億円という巨額の義捐金を日本に送ってくれた人物としても知られていますが、
その際の様子にも触れています。

雑誌のほうは東海道新幹線のグリーン車の各席に用意されていますが、
一般書店でもお求めいただけます。定価500円です。

http://wedge.ismedia.jp/category/wedge
ウェッジの公式サイト

より多くの方にご覧いただければ幸いです。

ウェッジ,張栄発,片倉佳史,長栄,義捐金,エバー航空,台湾


2016年7月15日(金曜日)

【増刷報告】『古写真が語る台湾日本統治時代の50年』が3刷りになりました


2016年5月3日(火曜日)

【5月22日・講演のお知らせ】台湾・世界遺産候補地の旅

【講演のお知らせ】 台湾・世界遺産候補地の旅

2016年5月22日(日曜日)、東京虎ノ門の台湾文化センターで講演をさせていただくことになりました。
テーマは「台湾・世界遺産候補地の旅」。

台湾には現在のところ、いわゆる「世界遺産」に登録されているものはありませんが、
その候補地として自己推薦されているスポットは18箇所あります。
今回はそれらをご紹介したいと思います。

太魯閣,タロコ,台湾,世界遺産
絶景が楽しめる太魯閣峡谷。タロコ族の人々が暮らします

歴史建築や産業遺産、自然景観、原住民族文化、秘島、戦地遺跡など、
そのバリエーションは豊富です。
今回の講演もありきたりの観光スポットではなく、知られざる魅力を秘めたポイントばかり。
歴史や地域事情、郷土文化などに触れながら、ちょっぴりディープにご紹介したいと思います。

18のスポットについては詳しくは以下のサイトをご覧ください。

http://www.wh-taiwan.com/sekaiisan.html
世界遺産候補18のスポット

阿里山鉄道,シェイ,沼平

おかげさまで、私はここ数年、年に30回ほど講演やスピーチの機会をいただいていますが、
通常はなかなか取り上げられない土地やネタは少なくありません。
たとえば、金門島や馬祖列島などはじっくりお話しする機会がありませんでした。

また、原住民族についても、お話しする機会は少なく、
私自身、とても残念に思っていました。

今回の講演内容は旅行ガイドブックなどでは紹介されていないスポットが多いので、
新しい旅のヒントになってくれたらいいな・・・とひそかに思っています。

馬祖,世界遺産,建築,福正村

今回は前編後編と、二本立てとなっています。
間には「アール・アートチーム」による台湾原住民族の伝統芸能パフォーマンスが入っています。
こちらも貴重なチャンスだと思います。

なお、このイベントは無料ですが、事前のお申し込みが必要です。

パイワン族,台湾原住民,高砂族

講演 「台湾・世界遺産候補地の旅」

日時:平成28年5月22日(日) 13時30分から(開場13時)

会場:台湾文化センター
東京都港区虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル2階(TEL03-6206-6180)

アクセス:東京メトロ「虎ノ門駅」9番出口 徒歩 約1分、
「霞ヶ関駅」C2出口 徒歩 約3分、JR「新橋駅」 日比谷口 徒歩 約12分

http://jp.taiwan.culture.tw/content_32.html
地図はこちら ↑

参加費:無料

申込み:moctokyo@gmail.com (お名前・メールアドレス・人数・電話番号をお伝えください)

定員:100名(定員になり次第、締め切りとなります)

※なお、お申し込みの際は片倉の講演とアールのパフォーマンスのどちらかを明記してください。
もちろん、両方でもOKです。

スケジュール:
(13時開場)
13時30分 片倉佳史講演・第1部 「台湾の絶景と離島の文化に触れる」
14時50分 アール・アートチームによる台湾原住民の伝統的芸能のパフォーマンス
15時20分 片倉佳史講演・第2部「台湾の文化と歴史を探索」

お問い合わせは台湾文化センター(03-6206-6180)まで

より多くの方にお会いできることを楽しみにしております。
台湾好きのお友達や台湾に興味があるお知り合いなどがおられましたら、
ぜひお誘い合わせの上、お越しください。

ヒガシシナアジサシ,馬祖,世界遺産
個体数が100羽しかいないとされる珍鳥・ヒガシシナアジサシ


2015年12月3日(木曜日)

無念。澎湖取材、行きたかった・・・

カテゴリー: - katakura @ 08時35分10秒


2015年8月25日(火曜日)

【講演報告】 大阪・トークライブin関西

片倉佳史,トークライブ,大阪,台湾,秘境,馬祖,東沙,蘭嶼

【講演のご報告】

2015年8月23日、大阪での講演を無事に終わらせることができました。
台湾漫遊倶楽部さん主催で、「片倉佳史のもっと台湾トークライブ」と名付けられていますが、
今回は初の大阪遠征でした。おかげさまで100名を超える方々にお越しいただき、楽しくお話ができました。

ご来場いただいた皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

また、お会いできることを楽しみにしております!

片倉佳史,トークライブ,大阪,台湾,秘境,馬祖,東沙,蘭嶼


2015年8月20日(木曜日)

澎湖のご当地かき氷

【台湾のご当地デザート】

澎湖名物の「風茹草茶かき氷」。
以前、エバー航空のプレスツアーにご招待いただいた際、
地元の案内役の方にこっそり連れて行っていただきました。

ちょっぴり渋みもあって絶品でした!
甘いだけのかき氷には飽きた!という方におすすめ。

私は澎湖取材のたびに必ず寄り、
私がご案内するツアーでも必ずお連れしています。
バスターミナル近くにある家竹というお店です。

澎湖,馬公,家竹,かき氷,台湾


2015年7月1日(水曜日)

仙草玉冠嫩仙草

澎湖島で出会える絶品かき氷。
ハーブの「仙草」を液状のままで氷にしたもので、
馬公の名物デザートになっています。

お味の方はほんのりと苦みが感じられ、
甘いだけのかき氷に飽きてしまった大人たちにおすすめです。

馬公市内の「王冠」という店ですが、
地元っ子に愛されるご当地デザートです。

ぜひ多くの方に味わってほしい逸品です。

玉冠嫩仙草
澎湖県馬公市民福路32号
朝8時から深夜24時までの営業です。

澎湖,馬公


2015年5月16日(土曜日)

風茹茶・澎湖特有の飲み物文化の話

澎湖特有の飲食文化です。
NNAの連載記事より。

澎湖,風茹茶,センダングサ


2015年4月16日(木曜日)

第九回・台湾200%ツアーのお知らせ

澎湖,七美,片倉


2015年4月11日(土曜日)

澎湖の黒砂糖ケーキ

澎湖の名物デザート。
通称「黒砂糖ケーキ」。実は日本統治時代に沖縄からの移住者が伝えたものという歴史があります。

防腐剤を使っていないので、
購入から2日しかもちません。
日本へのお土産にはなりにくいのが残念ですね・・・

澎湖,馬公,デザート


2014年10月15日(水曜日)

澎湖点景・・・海苔を干す老婆

カテゴリー: - katakura @ 04時45分44秒

【澎湖点景】

海苔を干す。
とにかく暑い日でしたが、おばさんは手を休めず、
ひたすら作業を続けていました。
澎湖の海鮮は絶品揃いですが、
海苔もまた、台湾本島のものとは風味が異なります。

澎湖,通梁,海苔


2014年10月2日(木曜日)

【講演報告】 澎湖講演、無事に終わりました!

澎湖,講演,片倉佳史,観光局

ご報告です。
9月27日、東京ビッグサイトで開かれていた「ツーリズムEXPOジャパン」(旅博)で
講演をさせていただきました。

澎湖縣政府の依頼で、
澎湖諸島の魅力についてお話ししました。
短い時間でしたが、
多くの方にお集まりいただき、嬉しく思いました。

スペシャルゲストには旅行作家の阿多静香さん、澎湖体験45回の宮下さんをお招きしました。
ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!

終わった後に会場の外で食べたスリランカカレーがとてもおいしかったです!

片倉佳史,澎湖,講演,阿多静香,宮下幸利


2014年9月26日(金曜日)

9月27日、澎湖をテーマに講演をします

カテゴリー: - katakura @ 19時12分38秒

澎湖,片倉佳史,縣政府,講演

【講演のお知らせ】

明日9月27日、東京ビッグサイトで開かれる「ツーリズムEXPOジャパン」(旅博)で、
澎湖をテーマにミニ講演をさせていただきます。

澎澎灘,澎湖,片倉佳史

澎湖,戦跡,日本軍,片倉佳史

時間は14時30分から、台湾政府観光局のブースです。
今回は前後に時間があるので、お気軽にお声を掛けください!
講演の時はいつも慌ただしいのですが、今回は皆さんと雑談が楽しめそうです!

会場でお会いしましょう!

澎湖,サボテン


2014年9月18日(木曜日)

講演のお知らせ;9月27日、東京ビッグサイト

【講演のお知らせ;9月27日、東京】 
東京ビッグサイトで開かれる「ツーリズムEXPOジャパン」(旅博)。
このたび澎湖県政府からオファーをいただき、台湾観光局のブースでミニ講演をすることになりました。

9月27日の14時30分からです。
より多くの皆さんと澎湖の魅力を共有できれば幸いです!

前後は時間に余裕があるので、ご来場いただいた皆さんとゆっくりお話しできると思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

http://www.t-expo.jp/


2014年7月6日(日曜日)

桶盤嶼の旅(NNA連載より)

澎湖,桶盤,離島,NNA,片倉佳史


2014年5月14日(水曜日)

澎湖の巨大なガジュマル(NNA連載記事より)

澎湖(ぼうこ)でもっとも著名な観光スポット。
通梁のガジュマルです。NNAの隔週連載「片倉佳史の台湾雑感」から。

澎湖,ガジュマル,通梁,NNA,片倉佳史,台湾雑感


2014年5月11日(日曜日)

馬公魚市場の様子(光華雑誌より)

「光華」雑誌のウェブ連載「台湾の街角から」。
澎湖の海鮮を紹介してみました。
2010年09月に掲載された記事です。

澎湖,馬公,魚市場,海鮮


2014年5月2日(金曜日)

澎湖の絶品かき氷「風茹茶冰」

澎湖の絶品カキ氷。

独特な食文化を誇る澎湖(ぼうこ・ほうこ)ですが、
もともと茶葉の栽培ができない土地なので、人々はお茶を飲むかわりに、
風茹草(セリバノセンダングサ)を用いたハーブティーを常飲します。

これはその風茹草茶(風茹茶とも)をそのまま氷にしたという個性派かき氷。
氷もうっすらと色が付いています。
甘いだけでなく、ちょっぴり渋みを感じる風味が練乳と絡み合って、忘れられないお味です。
台湾かき氷の奥深さを思い知らされる逸品です。

澎湖訪問時は忘れずにお試しください。
4月にご案内した台湾200%満喫ツアーでも大好評でした。

風茹茶,澎湖,風茹草,風茹草冰,セリバノセンダングサ,かき氷


2014年4月22日(火曜日)

跨海大橋

カテゴリー: - katakura @ 17時19分05秒

海を跨ぐ澎湖跨海大橋。
一気に走ってしまうのが定番なのですが、できれば、途中で止まって海原を眺めたいところ。
自動車では無理なので、やはりオートバイが便利ですね。

跨海大橋,澎湖,通梁


2014年4月21日(月曜日)

サボテンシロップのかき氷を味わう

澎湖名物・仙人掌(サボテン)シロップをかけたカキ氷。
今回の200%ツアーでも絶対に見逃せない存在でしたが、
風味にちょっぴりクセがあるので、普通のカキ氷ではなく、シャーベットを用いた雪花冰で味わっていただきました。

この日は暑かったこともあり、より美味しくいただきました。
サボテンかき氷は澎湖出身者が多い高雄市でも味わえますが、やはり澎湖のほうが美味しいような気がします。

トッピング(ネタ)を5種類選んで50元でした。
安いのも魅力ですね。

サボテン,かき氷,澎湖,馬公,雪花冰


2014年4月20日(日曜日)

澎湖花火フェスティバル

カテゴリー: - katakura @ 21時54分32秒

澎湖,花火,観音亭,馬公,花火節

この時期、澎湖の夜空を彩る花火フェスティバル。
今回、台湾200%ツアー満喫の旅・澎湖編の初日にご案内しました。
このイベントは澎湖県と国家風景区管理処が力を入れており、今や、名実共に澎湖観光の一大イベントとなっています。

澎湖,花火,観音亭,馬公,花火節

花火は延々20分近くも続き、絶えることなく夜空を彩ります。
観音亭の橋もライトアップされ、彩りを添えています。
さすがに20分も花火が続くのは珍しく、圧倒されます。

今回のツアーでは絶対に組み込んでおきたかったイベントでした。
実際にツアー参加者の皆さんの満足度は高かったようで、嬉しく思いました。

花火節は6月19日までの毎週月曜日と木曜日に行なわれます。
週末でないのが残念ですが、とても人気があるので、週末ではパンクしてしまうからでしょうか・・・
場所は馬公の観音亭です。
たくさんの人が押し寄せますが、パニック状態にはならないのが嬉しいところです。

澎湖,花火,観音亭,馬公,花火節


2014年4月19日(土曜日)

台湾200%満喫ツアー、澎湖編、無事に終わりました!

澎湖,魚翁島,西嶼,線香,集落,天人菊,片倉佳史,ツアー

第七回目を迎えた台湾200%満喫ツアー。
今回は澎湖島を旅しました。

4月17日から19日までの2泊3日。
自然景観と歴史、美食、花火、文化、そして戦争遺跡と、盛りだくさんの行程を組んでみました。

参加者の皆さんにも恵まれ、楽しい旅ができました。
ありがとうございました!

澎湖,魚翁島,西嶼,天人菊,片倉佳史,ツアー


2014年4月17日(木曜日)

澎湖の戦跡・大山砲台

大山砲台,澎湖,戦跡,戦争遺跡,馬公

知られざる澎湖の戦跡。
日本軍が造営し、戦後も中華民国軍が使用してきた大山砲台。

現在、すで部隊は撤退しています。
仙人掌(サボテン)公園と呼ばれるエリアの敷地内にありますが、場所はわかりにくいです。

各地に点在する戦争遺跡もまた、澎湖の特色です。
明治年間に造営されたという歴史スポットでもあり、
澎湖で産出される玄武岩を多用しているところも興味深いところです。

大山砲台,澎湖,戦跡,戦争遺跡,馬公
高射砲があった跡地も残っています


2014年4月14日(月曜日)

澎湖ツアー。200%満喫の旅

馬公,中央老街,澎湖,歴史建築,散策

私が全行程をご案内する「台湾200%満喫の旅」。
第七回目は澎湖島を訪ねます。行程は4月17-19日まで。

私と家内はこれまでのべ35冊のガイドブックを手がけてきましたが、
しっかりとページを割いて澎湖を紹介することは叶わず、もどかしく思っていました。

3月には台湾漫遊倶楽部さん主催のトークライブで澎湖を語らせていただきましたが、
100名近い方にお集まりいただき、関心の高さを感じました。
現地ではお年寄りや学生との交流会も予定しています。

澎湖は厳しい自然環境のもと、独特な文化が形成された土地。
日本との関わりも含め、興味の尽きない土地です。

今、行程の最後の調整をおこなっています。
参加いただける皆さんに満足してもらえるよう、努力したいと思います。

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=1424
ツアーのご案内

天人菊,澎湖,花


2014年3月21日(金曜日)

トークライブ・澎湖編、無事におわりました

片倉佳史,澎湖,トークライブ,馬公,望安,七美,講演,台湾漫遊,片倉

3月21日のトークライブ。
おかげさまで無事に終えることができました。

多くの方にお越しいただき、嬉しく思っています。
今回は澎湖諸島をテーマとしましたが、
私自身、澎湖について記事を書いたりする機会は少ないこともあり、
楽しくお話ができました。

澎湖国家風景区,澎湖県政府,片倉
澎湖国家風景区や県政府のご協力をいただきました。パンフレットも好評でした

風茹茶,センダングサ,風茹草茶,澎湖
会場では澎湖名物「風茹茶(セリバノセンダングサ)のハーブティーを味わっていただきました

おかげさまで、今回は100名近い方々とお会いできました。
中には大阪や仙台からお越しになられた方もおり、嬉しく思いました。

今後、より多くの方と澎湖の魅力を共有できればと思っています。
ご来場いただき、ありがとうございました!

震洋,格納庫,海軍特攻,牛心湾,澎湖,戦跡
歴史スポットや戦跡もご紹介しました。海軍特攻兵器「震洋」の格納壕の様子

ご来場いただいた皆さん、スタッフの皆さん、
そして、当日、会場でお手伝いをしてくれた皆さん、ありがとうございました!
皆さんの「台湾体験」がより素晴らしいものになることを祈っています。

今、台湾はたいへんな時期に差し掛かっていますが、
台湾があるべき姿をめざし、生まれ変わっていくことを一人の外国人として祈っていきたいと思います。

澎湖,夕陽,観音亭,馬公,片倉佳史,トークライブ,台湾,漫遊,講演
ご来場、ありがとうございました!


2014年2月28日(金曜日)

台湾200%満喫の旅。澎湖編のご案内

【澎湖ツアーのご案内】

おかげさまで7回目を迎えた「台湾200%満喫の旅」。
今回は澎湖諸島を訪れます。
4月17〜19日で日程が確定しました(16日の晩と19日にオプショナルのミニトリップがあります)。

今回は澎湖に残る日本統治時代の遺構や戦争遺跡、歴史建築などを巡ります。
また、通常は入れない「某所」も現在、交渉中です。

より多くの方と澎湖の魅力を共有できることを楽しみにしております。

お申し込み、お問い合わせは以下にお願いいたします。

日本李登輝友の会:担当杉本さん
TEL:03-3868-2111 
FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp

お会いできることを楽しみにしています!

片倉佳史,澎湖,台湾ツアー,馬公,戦跡,員貝


2014年2月19日(水曜日)

台湾200%満喫の旅・澎湖諸島を旅しましょう!

澎湖,西嶼,台湾,魚翁島,片倉佳史

【ご案内】 台湾200%満喫ツアー・澎湖編

私が全体をコーディネートし、ご案内する「台湾200%満喫の旅」。
今回は4/17(木)〜4/20(日)の日程で、行き先は澎湖諸島に決まりました。

このツアーは第七回目を迎えます。
ディープに台湾の魅力を分かち合おう!というコンセプトで、
全行程、私が同行いたします。
地元の人々との交流会やご当地グルメもたっぷり楽しみます。

あまり知られていないスポットや、通常は入れない場所へも足を踏み入れる予定です。
まだ折衝中の部分もあるので、コース詳細は今しばらくお待ちください。

澎湖,夕陽,観音亭,馬公

お申込み先ほか、詳細は後日アップいたします。
多くの方と澎湖の魅力を分かち合えれば幸いです。

七美,澎湖,海鮮


2014年2月15日(土曜日)

花枝丸を澎湖で味わう

日本人旅行者の間ではイカ団子の名前で親しまれている「花枝丸」。
台湾ではとてもメジャーな料理ですが、どういうわけか澎湖で味わう花枝丸は絶品です。
歯ごたえ、風味、いずれも格別です。澎湖に行かれる方は必食です!

台北市内の澎湖料理店「平湖」にて。

花枝丸,澎湖,平湖海鮮


2014年2月10日(月曜日)

七美のダブルハート

澎湖


2014年1月26日(日曜日)

馬公の漁港を訪ねる

馬公漁港,澎湖,魚市場

澎湖取材。馬公の魚市場。
澎湖を訪れたら必ず訪ねてみたくなる場所です。
味はもちろんですが、やはりこの活気は強烈です。

2012年7月撮影。この日は早朝から暑かった・・

馬公漁港,澎湖島


2014年1月21日(火曜日)

桶盤嶼、澎湖離島の旅(NNA連載より)

桶盤嶼,NNA,澎湖,台湾雑感


2013年12月3日(火曜日)

12月1日、『台湾の世界遺産候補地』講演報告

世界遺産,台湾,候補地,講演,片倉佳史,馬祖,阿里山鉄道

12月1日、おかげさまで、台湾の世界遺産候補地についての講演を無事に終了しました。
おかげさまで多くの方にお越しいただきました。
早々と席が足りなくなってしまい、ご迷惑をおかけしました。もうしわけございません。

片倉佳史

今回は全18カ所ある候補地を紹介しましたが、
話したいことがたくさんありすぎて、
休憩をはさみ、2時間半のロングランとなってしまいました。
皆さん、お疲れ様でした(笑)

皆さんの熱いまなざしを感じ、
嬉しく思いました。
お越しいただいた皆さん、スタッフの皆さん、
ありがとうございました!

片倉佳史,講演,世界遺産
今回は日本統治時代の古写真や古はがきなども用いてみました

今年は12月23日に都内でもう一つ、講演があります。
これについては後日、お知らせいたします。

片倉,講演,片倉佳史,世界遺産,台湾
講演後は台湾の料理を楽しみながら、懇親パーティー


2013年4月1日(月曜日)

馬公観音亭の夕陽

澎湖の馬公市にある観音亭は日本統治時代から夕陽のスポットとして知られています。
訪れてみると、さすがに息をのむような絶景が!
ぜひ多くの方に訪れていただきたい場所です。

馬公,観音亭,夕陽,澎湖


2013年2月23日(土曜日)

望安島の夕暮れ

台湾海峡に浮かぶ澎湖の島々。

先日、現地の関係者とちょっとした打ち合わせをしてきました。

日本ではまだまだこの島の魅力は知られていませんが、
多くの方に触れてほしい、美しい景色がたくさんあります。

写真は望安島の夕暮れ。小高い天台山というところから撮った一枚です。
なお、このカットは2011年末に出した片倉真理著 『在臺灣,遇見一百分的感動〜片倉真理 旅の手記』の
新刊発表会のポスターにも用いました。

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=932
『在臺灣,遇見一百分的感動〜片倉真理 旅の手記』(夏日出版社)

望安,澎湖,片倉真理,片倉佳史,夏日出版


2013年2月19日(火曜日)

蒔裡の乾物製造風景

澎湖点景。
蒔裡地区の干物作りの様子。
いい香りが漂ってきました。


2012年7月10日(火曜日)

『女性自身』に澎湖特集があります

本日発売の『女性自身』。
ここに、ちょっぴり驚きの澎湖特集があります。

案内役はタレントのフォーリンラブのお二人。
カラーで6ページ、澎湖の魅力がたっぷり詰まった誌面です。
澎湖ならではの海鮮料理、サボテンアイス、かき氷など、様々な切り口から澎湖が紹介されています。

メジャー誌で澎湖が取り上げられることはとても珍しく、新しい台湾ファン層を開拓できるといいですね。
考えてみると、私自身、いわゆるメジャー女性誌に関わらせていただくのは初めての経験でした。

特別定価400円。
全国のコンビニ、書店でご覧ください。よろしくお願いいたします。


2012年2月12日(日曜日)

澎湖の「南瓜米粉(カボチャビーフン)」

台湾海峡に浮かぶ澎湖諸島。
ここには台湾本島では味わえない個性的な美食文化が存在しています。
その中で、地味ながらもきらりと光る絶品と言えばこれ。「カボチャビーフン」です。
中国語では「南瓜米粉」と表記しますが、ちょっぴり、ぱさぱさ感のあるビーフンと、
しっとりとした食感のカボチャがぴったり合って、独特な味わいを奏でています。

ビーフンもカボチャも台湾本島にはありますが、比較にならない美味しさと私は思っています。
澎湖訪問時には絶対に見逃したくない逸品です。


2011年11月19日(土曜日)

新刊 『在臺灣,遇見一百分的感動:片倉真理 旅の手記』

新刊のお知らせです。
片倉真理が台湾で本を出させていただくことになりました。

『在臺灣,遇見一百分的感動:片倉真理 旅的手記』 (夏日出版)
という一冊です。本文は中国語に訳されていますが、写真を多く用いています。

これまでの取材や旅行で体験してきたものをまとめた一冊です。
来週、台湾の書店店頭に並ぶので、
もし、機会がありましたら、どうぞお手に取ってみてください。

多くの方と台湾の魅力を共有できたらと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

片倉真理・片倉佳史

http://www.books.com.tw/exep/prod/booksfile.php?item=0010525330
中国語のサイト(割引購入もできます)

片倉真理,台湾,夏日出版,片倉佳史,講演


2011年10月1日(土曜日)

「震洋」の格納壕と弾薬庫を特別取材

澎湖取材に行ってきました。
今回は島内に残る旧日本海軍の基地を視察。
ほぼ完全な形で残っている弾薬庫と海軍特攻兵器として知られる「震洋」の格納庫を撮影させていただきました。

澎湖,戦跡,震洋
海軍特攻兵器「震洋」の格納壕

この基地は西嶼という島の牛心湾にあります。
まずは「震洋」の格納庫ですが、3つ残っています。
真ん中のものは崩れてしまっていますが、2つはその姿を留めています。
洞内はおよそ25メートル程度の奥行きがあります。
壕は山腹にあり、手前は海辺でしたが、現在は埋立てられています。


内壁に銅板が貼られた弾薬庫

弾薬庫はコンクリートの内壁を銅板で覆っており、鈍く光っていました。
戦後も中華民国軍に使用されていたこともあり、保存状態は良好です。
こういった銅板を貼るのは気密性を高めるためで、戦時中、各地で見られたと言います。


弾薬庫は計3箇所あります

これに関しては、共同通信の太安記者が7月に記事をアップしています。
今回、私もようやく撮影ができました。
現在、台湾政府はここを歴史遺産として保存を決めており、
一般公開を含め、どのような形で開放するかを検討しています。
私がここを訪れた日にも会議が行なわれました。

特に震洋艇の格納庫は貴重です。
私はこれまで、恒春(車城)と澎湖の望安島でその遺跡を探しましたが、
ここは特に保存状態が良好です。
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=778
車城の格納壕

澎湖,戦跡
震洋の格納壕の内部。ここまでしっかりと残っているのは稀です。

協力:台湾政府行政院新聞局・澎湖県政府文化局・中華民国海軍


2010年10月6日(水曜日)

台湾版「モーゼの奇跡」−奎壁山

ここは澎湖の奇観中の奇観。
言ってみれば「台湾版、モーゼの奇跡」。

干潮になると岩礁が現れ、徒歩で奎碧山まで行けます。
季節を問わず、毎日起きる現象ですが、島までの距離は500メートル。
事前にしっかりと干潮・満潮の時刻を調べておく必要があります。

日本人旅行者にはまだあまり知られていませんが、ぜひ訪れてみたい奇観です。


ちょっと引き潮過ぎたかな・・・・


2010年9月24日(金曜日)

澎湖料理・花菜干(台北店)に行く

澎湖では知らない人はいないとまで言われる名物レストラン。
しかも、澎湖でありながら、海鮮でないという変わり種。
その分店が台北市同安街にオープンしました。


まずは花枝丸(いか団子)。台北のものが食べられなくなります(笑)


そして名物の花菜干。一度天日にさらしたカリフラワーは意外にこりこりしています。


メニューは200ー300元程度と手頃。珍しい料理が多いです。

花菜干人文懐旧餐廳(台北店)←場所がややわかりにくい
台北市同安街84号
02−2369−0868


場所が分かりにくいのが難。丁州路から同安街を新店渓方面に進みます。


2010年9月17日(金曜日)

望安島を鳥瞰

望安,C130

C130から見た望安島と将軍嶼。


2010年9月5日(日曜日)

望安島の小さな風景

望安,天人菊

望安島の小さな風景。
天人菊の鮮やかな色合いがまぶしいかぎり。

どこにでもありそうな眺めですが、澎湖以外ではなかなか見られない、そんな風景です。


2010年9月3日(金曜日)

『な〜るほどザ台湾』にアオウミガメの記事

『な〜るほどザ台湾』の9月号。
今回は澎湖島のアオウミガメについて書いています。
これまであまり紹介されることがなかった望安島ですが、とても良い感じの場所でした。
多くの方に訪れてもらいたいおすすめの島です。

機会のあるかた、どうぞご覧ください。


2010年9月2日(木曜日)

天人菊と自転車

澎湖諸島の中の一つ、西嶼。
バスを降りて散策していると、こんな風景に出会いました。
天人菊は夏の澎湖の代名詞。
放置された自転車が花に埋もれていました。


2010年9月1日(水曜日)

寒天のかき氷

澎湖諸島の七美で食べた寒天のかき氷。
写真では全く寒天が見えないという使えない写真ですが、
天然の寒天は歯ごたえがしっかりしていて絶品でした。
澎湖に限らず、海岸沿いの屋台などでどこでも食べられますが、
台北市内ではほとんど見かけないのが不思議

黒砂糖のシロップがかかっているあたり、やはり澎湖は南台湾です。


2010年8月18日(水曜日)

イカを干す(七美漁港)

夏場の澎湖ではどこでも見られる光景ですが、
イカを干している様子です。
七美島の港で見かけました。よく見ると、イカも何種類かあって、奥がふかそうです。


2010年8月16日(月曜日)

望安島のビーチ

望安島にはこういった名も無きビーチが点在しています。
暑いためか、日中は泳ぐ人もいないので、ほぼ完全なプライベートビーチ状態。
ただし、日差しはかなり強いのでご注意。


2010年8月13日(金曜日)

澎湖島のバス停

澎湖らしさを感じるものの一つにバス停があります。
デザインがかわいいだけでなく、しっかりと時刻表が書いてあります。


美しいビーチで知られる山水のバス停


2010年8月11日(水曜日)

観音亭の夕陽

澎湖島の夕陽スポットといえばここ。
いくつか名所はありますが、馬公市内というロケーションの良さが嬉しいところです。
古くは日本統治時代から知られていた場所です(橋は新しいものですが)。


115 queries. 0.271 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 1313
昨日 : 164164164
総計 : 1950792195079219507921950792195079219507921950792

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店