logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2020年 3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2020年3月12日(木曜日)

藍腹鷴(サンケイ)を撮る〜台湾探鳥日記

藍腹鷴,サンケイ,台湾特有種,台湾固有種,大雪山,大雪山森林遊樂區,スウィンホー,台湾探鳥,台湾の鳥,台湾野鳥

台湾が誇る美しい鳥。
サンケイは台湾の鳥の中でも際立った美しさを誇る鳥さんです。
中国語では「藍腹鷴(ランフーシュエン)」と呼ばれています。

今回、台中市の山岳部、大雪山森林遊楽區を訪ね、
数多くの鳥たちに会ってきました。
その中でもメインの位置づけがこのサンケイでした。

サンケイ,台湾特有種,固有種,大雪山林道,大雪山森林遊樂區,スウィンホー,藍腹鷴,台湾の鳥,野鳥観察

私はこれまでこの鳥を見たことがなく、
まさに憧れの存在。
一時期は絶滅危惧種にも指定されていましたが、
ここ数年で生態保護が成功し、それなりの頻度で見られるようになっています。

サンケイ,特有種,台湾固有種,大雪山野鳥,大雪山森林遊樂區,台湾鳥,台湾探鳥,台湾の鳥,台湾バードウォッチング

台北を深夜に出て、未明に大雪山の入口に到着。
23・5キロ地点でサンケイに出逢える確率が高いということで、
期待に胸をふくらませて、カメラを構えたのですが、
残念ながら早朝は見ることができず。
大雪山森林遊楽區にはたくさんの鳥がいますので、
先を急ぎました。

撮影ができたのは帰り道。
すでに日が暮れかかっており、理想的な撮影環境ではなかったのですが、
サンケイに会うことができました。
ミカドキジ(帝雉)にも感動しましたが、
やはりサンケイの美しさは息を呑むほどで、
シャッターを押す手が震えました(笑)

今回はベストな撮影ではなかったのですが、
またの機会、会いに行きたいと思います。

ここは残念ながら、交通が不便なので、
日本人旅行者が気軽に行けるという感じの場所ではないのですが、
現在の肺炎騒ぎが落ち着いたら、
ツアーなどを組んで訪れてみてもいいかな?と思っています。

藍腹鷴,サンケイ,野鳥撮影,台湾秘境,台湾体験,大雪山森林遊樂區,台湾探見,ディープ台湾,もっと知りたい台湾,野鳥観察


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

21 queries. 0.081 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 547547547
昨日 : 392392392
総計 : 2463233246323324632332463233246323324632332463233

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店