logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2012年 8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2012年8月30日(木曜日)

台湾200%満喫の旅、学生割引を設定していただきました

カテゴリー: - katakura @ 09時30分03秒

9月15日と16日に実施される「台湾200%満喫の旅」ですが、主催者の共栄ツアーズさんにお願いし、
学生割引を設定していただきました。両日とも1万2千円となります。まだちょっぴり高い感じもしますが、どうぞご了承ください(バス代が意外に高くて・・・)。

語学留学をされているかたにもぜひご参加いただきたいと思っています。
ちょっぴり深めの台北、そして、知られざる新竹の旅をご一緒しましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

片倉佳史


2012年8月27日(月曜日)

第2弾・第3弾「台湾200%満喫の旅」お知らせ(9月9日修正済み)

9月15日と16日、日帰りミニツアーのご案内

このたび、共栄ツアーズさんの企画で、9月15日と16日の両日、それぞれミニツアーを行うことになりました。
6月にご好評をいただいた200%満喫ツアーのミニバージョンです。

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=1069
「台湾200%満喫の旅」、第一回目の様子

前回は2泊3日で台湾南部まで足を伸ばしましたが、
今回はより参加しやすいよう、日帰りツアーを二本、ご用意してみました。

15日は台北市内の歴史建築や日本との関わりの深いスポットを訪ね歩き、
16日はバスで新竹を訪れ、あまり知られてこなかった同市の魅力に迫ってみたいと思います。


歴史スポットを中心にひと味違った台北ツアーを考えています

このツアーは現地参加スタイルなので、台湾在住の方でもご参加可能です。
ガイドブックなどでは紹介されない一面や書きたくてもなかなか書けないポイント、取材秘話のようなものをお話しし、
皆さんと楽しいひとときを共有できればと思っています。
もちろん、片方でも両方でも参加可能です。
台湾旅行の途中で一日だけ参加というのも可能ですので、どうぞご検討ください。


知られざるスポットがいっぱいの新竹。新鮮な発見を楽しみましょう!

第二回・第三回 台湾200%満喫の旅

2012/9/15(土) 台北市内・歴史探索ツアー

2012/9/16(日) 新竹漫遊ツアー

両日とも台北駅に9時に集合。バスで各地を巡ります。
お昼ご飯は私がチョイスし、オーダーも私が行います。
なぜこの料理が美味しいのか、何が他店と違うのか、そういったポイントをお話ししながら、
台北グルメを堪能してもらいたいと思います。
コース詳細は現在、詰めています。通常では入れないところや参観を受け付けていないマニアックな場所を交渉中です。
どうぞご期待ください。

台北で17時に解散となりますが、別途夕食会もセッティングしていただきました。
こちらも私がアレンジをします。
ご参加いただいた皆さんと、ゆっくりお話しができればと思っています。

参加料金ですが、台北編についてはスポンサーが付いたため、値下げできました。
台北ツアー
10000円(台湾元でお支払いは3500元)となっています(昼食・スイーツ代込み)
夕食会 4000円(台湾元でのお支払いの場合は1400元)

新竹ツアー
15000元(台湾元でのお支払いは5300元・昼食とスイーツ込み)

お申し込みは開催前日までOKです。

お問い合わせとお申込みは、共栄ツアーズの杉本さん宛にお願いします。
tour@nt-kyoei.jp
電話:03-3868-2102
FAX:03-3868-2101

それではよろしくお願いいたします。
皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

片倉佳史


新竹で待ってま〜す!


2012年8月26日(日曜日)

渓湖のSL

カテゴリー: - katakura @ 12時21分53秒

渓湖糖廠(製糖工場)の蒸気機関車。
前著『台湾 鉄道の旅』(JTBキャンブックス)ではたくさんのお便りをいただきましたが、
その中でもとりわけ関心を集めていたものの一つがここ。
台湾中部の渓湖というところにある観光用製糖鉄道です。
石炭炊きのホンモノですので、音、匂いともに蒸気機関車の雰囲気をまとっています。
アクセスほか、詳細はイカロス出版の『台湾鉄道の旅・完全ガイド』に詳しい情報が載っています。


2012年8月23日(木曜日)

【取材報告】 楊鴻儒さん

白色テロの時代、えん罪で7年間の投獄生活を強いられた楊鴻儒さんを訪ねました。
以前、拙著『台湾に生きている日本』(祥伝社)では日本人軍事顧問団・白団との関わりで、取材させていただいたことがあります。

今回は軍事法廷でのやりとりのほか、八田與一に関する興味深いお話しも聞かせていただきました。
やはり、幼少時代、お祖父様やお父様から八田技師の功績について、常々聞かされていたそうです。
烏山頭水庫の造営については、楊さんの郷里である大内(おおうち)で産出される砂利と粘土が重要なポイントになっていました。

ちなみに大内は住民の8割が「楊さん」という田舎町です。


2012年8月20日(月曜日)

『新竹漫遊・散策ハンドブック』、刷り上がりました

ご報告です。
このたび、新竹市政府の依頼を受け、「新竹漫遊・散策ハンドブック」という小冊子を手がけました。
家内との共同執筆で、全24ページの冊子です。
時間的な制約が非常に厳しく、完全なできばえではなかったのですが、
日本統治時代の歴史建築や遺構を多めに紹介してみました。

今刷り上がったばかりですが、無料配布される予定です。
追って詳細をお知らせいたします。

         


2012年8月13日(月曜日)

台湾の鉄道趣味誌『鐵道情報』の販売場所

台湾で刊行されている鉄道趣味誌『鉄道情報』ですが、
最新版の販売場所リストをお知らせします。販売箇所が増えてますますお求めやすくなっています。

なお、今号の表紙は6月に台中港線を走った特別列車「まりも」号です!

売り切れなども予想されるので、お買い求めはお早めに・・・
中国語がわからなくても十分に見て楽しめるので、どうぞよろしく!

http://railnews.tw/
ウェブサイトはこちらです

台北駅  臺鐵便當の2号店: 台北駅地下一階
松山駅  松山駅の改札口の斜め前
台中駅  待合室内にある駅弁販売ブース
新左營駅 臺鐵便當本鋪: 新左營駅の7-11のななめ前
高鐵左營駅  高鉄左營駅のネット用切符売り場の脇


2012年8月6日(月曜日)

蓮池潭を訪ねる

NNA連載「片倉佳史の台湾雑感」より転載。

蓮池潭,台湾雑感


2012年8月4日(土曜日)

「台湾200%満喫の旅」、第二弾は9月に!

お知らせです。
6月に行った「台湾200%満喫の旅」はおかげさまでご好評をいただきましたが、その第二弾として、
9月15日と16日にそれぞれ台北市内と郊外のミニツアーを行なうべく、調整を始めました。

詳細は共栄ツアーズさんとお話し合い中ですが、歴史スポットを中心に日本と台湾の関わりについて触れられる行程を考えています。

なお、今回は参加しやすいように、日本発ではなく、現地(台北)参加タイプにしたいと思っています。
マイレージやほかのご旅行にくっつけられるようになります。もちろん、航空券も共栄ツアーズで扱えます。
台北在住の方もご参加いただければと思います。

詳細は追ってご報告します。
お問い合わせは共栄ツアーズの杉本さんまで。 
ntkyo-ei@tiara.ocn.ne.jp


2012年8月3日(金曜日)

阿忠冰店、新竹で絶品のかき氷を食べる

        

新竹の絶品かき氷を賞味。
昨日、新竹市政府の方々のご厚意で、阿忠冰店を取材してきました。
平日の日中でも行列ができているという人気ぶりに驚かされます。

このお店は昭文社の『新個人旅行・台湾』で紹介していますが、久しぶりの訪問でした。
おいしさの秘訣は、なんと言っても8時間かけて作るというパイナップルが原料のガムシロップ。
ほどよい甘さと酸味がまねのできない風味となっています。

場所は城隍廟の直ぐ裏手にあり、かき氷店でありながら、なんと五階建ての立派なビル。
訪れる際はぜひ眺めのよい五階席を!

「鳳梨冰(パイナップル氷)」(40元)のほか、
トッピングがどっさりとのった「総合冰」(45元)がおすすめです。
どれもボリューム満点で氷もトッピングもぎゅっと詰められています。

正直なところ、個人的にはマンゴーかき氷に匹敵するか、それ以上の興奮を覚えるかき氷です。
より多くの方に味わってもらいたいです!

阿忠冰店
新竹市東門街187号
03-525-9990


2012年8月1日(水曜日)

東沙(プラタス)島を走る高雄市営バス

東沙,プラタス,高雄,バス


35 queries. 0.089 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 8585
昨日 : 686686686
総計 : 3032464303246430324643032464303246430324643032464

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店