logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2020年 3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2020年3月30日(月曜日)

訃報。志村けんさん、台湾でも愛された「喜劇王」

志村けん,志村健,訃報,日本アジア航空,金城武,魯肉飯,コロナウィルス

志村けんさんの訃報を聞きました。
台湾でも絶大な人気を誇っていた志村さんだけに、
こちらのニュースでも大きく報道されています。

志村けん,志村健,訃報,日本アジア航空,金城武,武漢肺炎,コロナウィルス

私はあまり追悼文のようなものは書かないのですが、
一つだけ思い出を書き留めておきます。

今から20年ほど前、日本の某広告代理店と、
日本アジア航空のイメージキャラについて企画を詰めていました。
金城武はすでに決まっていたので、そのパートナーを探していました。
私は意見を求められ、
金城武が台湾を語る相手として、女性ではなく、あえて中年男性を選び、
しかも、芸風と人柄にギャップがあって新鮮感を与えられること、
そして、他人の話を静かに聞くタイプと思い、志村さんを提案させていただきました。

台湾でも志村けんさんは大人気で、
「志村けんのだいじょうぶだぁ」が一日のうち、
何度も繰り返し放送されていました(そのため、マーシーや石野陽子、松本典子なども知名度が高い)

志村けん,志村健,アジアエコー,日本航空,金城武,台北101,コロナウィルス

会議は東京だったのですが、
帰国する一週間ほど前、嘉義へ取材に出ており、
鉄道ファンの林政廷さんとの雑談の中、志村けんへの「思い」を熱く語られました(笑)
これはホントの偶然だったのですが、
台湾の人々に溶け込んだ存在として、志村さんが脳裏に焼き付きました。

東京の会議で志村さんを提案したところ、
企画はとんとん拍子で進んでいきました。
そして、周知のように、二人のペアは大好評を博しました。

なお、日本アジア航空といえば、
片倉真理は機内誌アジアエコーにほぼ毎月、記事を寄せ、
私もJALの「アゴラ」の日本アジア航空出稿ページで10年近く台湾記事の連載を担当しました。

今思うと、
志村さんと金城武、そして、日本アジア航空の存在は
台湾と日本を結びつける、実に大きな役割を演じていましたね。

今、志村さんの死をきっかけとして、
日本人が改めて一つになり、
武漢肺炎(新型コロナウィルス)とどう向かい合っていくか、
考えていきたいですね。

正直なところ、
寂しさと悲しさと、そして、何とも言えない怒りがこみ上げてきます・・・

志村さん、どうぞ安らかにお休みください。

合掌。

志村けん,志村健,訃報,日本アジア航空,金城武,武漢肺炎,コロナウィルス


2020年3月15日(日曜日)

台湾のマスク政策。高橋正成氏の記事〜東洋経済オンライン


台湾経済界の風雲児を偲ぶ〜張栄発さんの話

台湾漫遊倶楽部さん、ご紹介、ありがとうございます。


2020年3月12日(木曜日)

藍腹鷴(サンケイ)を撮る〜台湾探鳥日記

藍腹鷴,サンケイ,台湾特有種,台湾固有種,大雪山,大雪山森林遊樂區,スウィンホー,台湾探鳥,台湾の鳥,台湾野鳥

台湾が誇る美しい鳥。
サンケイは台湾の鳥の中でも際立った美しさを誇る鳥さんです。
中国語では「藍腹鷴(ランフーシュエン)」と呼ばれています。

今回、台中市の山岳部、大雪山森林遊楽區を訪ね、
数多くの鳥たちに会ってきました。
その中でもメインの位置づけがこのサンケイでした。

サンケイ,台湾特有種,固有種,大雪山林道,大雪山森林遊樂區,スウィンホー,藍腹鷴,台湾の鳥,野鳥観察

私はこれまでこの鳥を見たことがなく、
まさに憧れの存在。
一時期は絶滅危惧種にも指定されていましたが、
ここ数年で生態保護が成功し、それなりの頻度で見られるようになっています。

サンケイ,特有種,台湾固有種,大雪山野鳥,大雪山森林遊樂區,台湾鳥,台湾探鳥,台湾の鳥,台湾バードウォッチング

台北を深夜に出て、未明に大雪山の入口に到着。
23・5キロ地点でサンケイに出逢える確率が高いということで、
期待に胸をふくらませて、カメラを構えたのですが、
残念ながら早朝は見ることができず。
大雪山森林遊楽區にはたくさんの鳥がいますので、
先を急ぎました。

撮影ができたのは帰り道。
すでに日が暮れかかっており、理想的な撮影環境ではなかったのですが、
サンケイに会うことができました。
ミカドキジ(帝雉)にも感動しましたが、
やはりサンケイの美しさは息を呑むほどで、
シャッターを押す手が震えました(笑)

今回はベストな撮影ではなかったのですが、
またの機会、会いに行きたいと思います。

ここは残念ながら、交通が不便なので、
日本人旅行者が気軽に行けるという感じの場所ではないのですが、
現在の肺炎騒ぎが落ち着いたら、
ツアーなどを組んで訪れてみてもいいかな?と思っています。

藍腹鷴,サンケイ,野鳥撮影,台湾秘境,台湾体験,大雪山森林遊樂區,台湾探見,ディープ台湾,もっと知りたい台湾,野鳥観察


2020年3月11日(水曜日)

井原順之介(井原順之助)墓地〜六士先生

井原順之介,芝山巌,芝山公園,芝山巌事件,井原順之助,楫取道明,平井数馬,桂金太郎,中島長吉,台湾総督府

日本統治時代初期に起きた芝山巌事件。
日本が台湾を版図に組み込んだ翌年、
1896(明治29)年1月1日に悲劇は起こりました。

井原順之助,井原順之介,六氏先生,六士先生,片倉佳史

私もこれまで、いくつもの場所でこの事件について書いてきましたが、
楫取道明、関口長太郎、中島長吉、桂金太郎、井原順之助、
平井数馬が殉職しました。

山口県岩国市には当地出身の井原順之助(戸籍は介)のお墓があります。
場所はやや分かりにくいのですが、
山陽本線岩国駅を下車し、駅前を進んで国道188号線を左折します(柳井方面)。
駅からは約2キロほどですが、途中、岩徳線の踏切を越え、今津川を渡り、川下交差点の先にあります。
墓地は国道沿いにあります(クローバーハウスという老人ホームの向かい)。

墓地の中ほど、線路寄りに井原順之助の墓があります。
正直なところ、わかりにくいので、じっくり探す必要があります。
管理事務所や案内板などはありません。
墓碑には故台湾総督府学務部教員井原順之助墓とあります。
やや背が高い墓石です。
「岩国市川下3丁目」で検索してみてください。

井原順之介,芝山巌,芝山公園,芝山巌事件,井原順之助,楫取道明,平井数馬,桂金太郎,中島長吉,台湾総督府


2020年3月8日(日曜日)

基隆の仁愛市場〜台湾魅力探索MEMO


27 queries. 0.091 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 253253253
昨日 : 788788788
総計 : 2527924252792425279242527924252792425279242527924

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店