logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2012年 12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2012年12月31日(月曜日)

新年のご挨拶

カテゴリー: - katakura @ 23時51分13秒

新年あけましておめでとうございます!!
皆さんの2012年はどんな年でしたか。本年もどうぞよろしくご指導ください。

おかげさまで、私もいろいろなことがありましたが、無事に過ごすことができました。
以下、私の昨年の動きをご報告させていただきます。

著作ですが、昨年は4冊の新刊を送り出すことができました。

まずは2月の『台湾に残る日本鉄道遺産』(交通新聞社)。
前著『台湾鉄路と日本人』に続く、台湾の鉄道史を取り上げた一冊です。

6月には台北生活情報誌『悠遊台湾』が出ました。
本書は後半部分のみの担当でしたが、2013年度版は私と家内が全体を統括し、より良い物に仕立てたいと思います。

そして、李登輝先生の著作『日台の「心と心の絆」〜素晴らしき日本人へ』のお手伝いもさせていただきました。
本書は李登輝元総統の講演録や論考をまとめた1冊で、
私は全体の構成と整理、インタビューを担当させていただきました。

連載については、日本語情報誌『な〜るほどザ台湾』のトラベル記事が10年目を迎え、
NNAの隔週連載、「片倉佳史の台湾雑感」も連載開始から6年目に入りました。
さらに、交流協会の機関誌『交流』の隔月連載「台北の歴史を歩く」が15回、
台北駐日経済文化代表処のウェブ連載「台湾の街角から」は今年で8年目に入りました。

講演については、大小合わせて32回、スピーチの機会をいただきました。
2011年の講演回数が20回だったので、かなり増えていますね。
今年は大学やシンポジウムにも数多くお招きいただきました。
母校・早稲田大学で講演や、講演内容をしぼった台湾漫遊倶楽部さんのトークイベントなどがとりわけ感慨深かったです。

また、私がご案内役を務めるツアーやミニトリップもおかげさまで好評となりました。
今年もいくつかオファーをいただいております。どうぞご期待ください。
これらについては、随時、メールマガジンなどでお知らせさせていただきます。

それでは今年もどうぞよろしくご指導ください。

片倉佳史


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/1171

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

21 queries. 0.050 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 539539539
昨日 : 840840840
総計 : 3303837330383733038373303837330383733038373303837

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店