logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2018年 1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2018年1月12日(金曜日)

片倉佳史の台湾便り  2018.1.12発行 第116号 発行部数2025部

カテゴリー: - katakura @ 12時31分11秒

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
片倉佳史の台湾便り  2018.1.12発行 第116号 発行部数2025部
                        http://katakura.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

+‥目次‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
1.講演のお知らせ 台北・友愛グループにて
2.「台湾特捜百貨店」のアカウント、200万アクセス

■動画で台湾■
■拙著・拙稿から■
●今後の講演予定●
○あれこれ○

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

新年あけまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

私は新年を迎える余裕が全くなく、あっという間に2018年を迎えてしまいました。

 2017年は皆さんにとって、どんな一年でしたでしょうか。
 昨年のご報告ですが、おかげさまで、計41回の講演機会をいただきました。地方講演も増え、また、修学旅行生を対象にした講演や大学での講演、ゼミ旅行や社員旅行で台湾に来られた方への講演も増えました。また、台湾からの旅客誘致に関する講演も何度か行ないました。
 本業方面では、JTBパブリッシングから『台湾で日帰り旅』を出しました。片倉真理との共著で、久しぶりのガイドブック執筆になりました。この本は台北や高雄を拠点に、日帰りで台湾各地を旅行するというコンセプトで作りました。写真にこだわり、通常のガイドブックとは一線を画した仕上がりを目指しました。おかげさまでamazonの海外旅行部門で上半期6位にもなりました。
http://amzn.asia/d4Rzs4Y
また、六年目に入った台湾生活情報誌『悠遊台湾』も春に刊行しました。台湾暮らすという視点で作った一冊ですが、日本国内の通信販売も好調です。
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=2376
また、祥伝社の『台湾に生きている日本』ですが、電子書籍版が刊行となりました。これに合わせてデータのチェックとネタの洗い直しをしています。
http://amzn.asia/djhiYIt

そして、2017年の最大のトピックスと言えば、「台湾を学ぶ会(臺灣研究倶楽部)」の立ち上げです。昨年は全6回を開きましたが、多くの方にお越しいただき、嬉しく思っています。今年も積極的に勉強会を開いていきたいと思いますので、引き続き、ご指導ください。よろしくお願いいたします。

台湾を学ぶ会ですが、第五回は12月9日に開きました。旧制台北高校のOBにお話をうかがいました。この企画は高橋潤子さんとの共同開催でしたが、早々と満席になってしまいました。いろいろと、貴重なお話をうかがうことができました。
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=2683
また、翌日10日には第六回勉強会を開きました。ここでは比較的大きな会場を押さえたのですが、86名もの方にお越しいただき、ほぼ満席状態でした。竹中信子さんにはまだまだうかがいたいことがありますので、第二回、第三回を計画したいと思っています。
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=2684

今年は片倉真理の新刊を皮切りに、私も長年温めてきた企画を実現できそうです。ご期待いただければ幸いです。

片倉佳史

1.講演のお知らせ 台北・友愛グループにて

2018年1月20日(土曜日)に台北で講演をさせていただきます。私にとって、2018年最初の講演となります。美しい日本語を学ぶことを目的に集まった「友愛グループ」の会合でお話を致します。テーマは「古写真でたどる思い出の台湾」。古写真や古地図を見ながら、往年の台湾の姿を楽しみたいと思います。友愛会の会合の中で行なわれますが、どなたでも参加できます。講演そのものは無料ですが、食事代として一人550元かかります。日本語世代の先輩方に会える貴重な機会です。ご興味のある方、どうぞお越しください。

テーマ 古写真でたどる思い出の台湾
日時 2018年1月20日 12時〜(先に皆さんと食事をします)
場所 国王大飯店2階
http://www.emperorhotel.com.tw/location/
参加費 食事代として550元
お問い合わせ、お申し込みですが、
友愛会代表の張文芳さんまでお願いいたします。
shanghon@ms3.hinet.net

2.台湾特捜百貨店」のアカウント、200万アクセス達成

私のオフィシャルサイトである台湾特捜百貨店。おかげさまで、200万アクセスを達成しました。ご愛顧、ありがとうございます。これからも台湾について謙虚に学び、皆さんと台湾の魅力を分かち合えればと思います。

■動画で台湾■

★鉄道ファンの聖地として親しまれている福井食堂。オーナーの陳朝強さんを訪ねました。日本の皆さんのお越しをお待ちしていますとのことでした。http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress3/index.php?p=1021

■拙著・拙稿から■

★日本台湾交流協会の機関誌『交流』の「片倉佳史の台湾歴史紀行」。第5回は「高雄(5)高雄市郊外山岳部の歴史とサアロア族」について書いています。
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=2509
★辰巳出版から出た『台湾旅行最強ナビ』。台湾ライターの阿多静香さんとベテラン編集者の山田静さんが手掛けた一冊ですが、片倉真理がグラビアとコラムをお手伝いさせていただいています。グラビアでは馬祖と台南、本文記事では台湾の木造駅舎、ユニークな廟、金門の個性派民宿、台湾の温泉、台湾産コーヒー豆、カバランウイスキーについて書いています。
http://amzn.asia/duLCJDr
★『な〜るほどザ台湾』誌で片倉真理と担当させていただいている観光記事の連載ですが、以下を書かせていただきました。片倉真理が文章を担当、私が写真を担当しています。
古き良き風情が漂う小さな都市 〜宜蘭県頭城・礁渓
特集・台湾と日本人
郷愁溢れる木造駅舎と海辺の絶景ー台湾鉄路・海岸線(海線)の旅
オレンジ色に輝く金針花と神社の遺跡ー花蓮・玉里への旅
「台中で楽しむ庶民派グルメ」 2017年5月
https://naruhodo.com.tw/台中で楽しむ庶民派グルメ/
「マンゴーの郷、台南市玉井を訪ねる」 2017年6月
https://naruhodo.com.tw/マンゴーの郷、台南市玉井を訪ねる/
を書かせていただきました。
★経済誌NNAの隔週連載「片倉佳史の台湾雑感」。残念ながら、購読者限定記事なのですが、一部の過去記事を拙サイト内で公開しています。
「サドウソ」と暮らしていた先祖たち〜ブヌン族の伝説
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?cat=28
絶品のライチ(レイシ)を味わう
新富町文化市場〜文化空間となった公設市場
プユマ族の村で出会った「相撲大会」
天母と天母教の歴史
★エバー航空(長榮航空)の機内誌『enVoyage』。2017年10月号に『魅力あふれる台湾鉄路で旅をしよう』という記事を書かせていただきました。

●今後の講演予定●

1月20日 友愛グループ(台北)「古写真でたどる台湾」
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=2704
1月31日 片倉真理講演(日本人会婦人部)「台湾のデザート事情」※非公開
2月11日 高雄講演「高雄の歴史〜建築物と都市計画からみる日本との関わり」
2月 台湾を学ぶ会in大阪(予定)
2月 台湾を学ぶ会in東京(予定)
2月 青田七六講演(台北)

○あれこれ○

★ 秋田県小坂での講演。日本の地方都市と台湾の関わりをお話しするのは思いの外、楽しいもの。下調べはたいへんだが、充足感あり ☆ 中華航空のプレミアムエコノミー。座席を倒しても他人に影響なしというのも嬉しい ☆ 拓殖大学での講演。台湾と拓殖大学の繋がりを紹介。前身は台湾協会学校 ☆ 2017年に出国した台湾人は1449万人。人口2355万を考えるとすごい数 ☆ 台湾ファミマの塩味サツマイモスティック。美味しいのだが量は少ない ☆ 台北101の年越し花火。なぜか周囲は日本人ばかりだった ☆ JR九州の関係者とのお食事会。鉄道会社のシビアな現実を思い知る ☆ 宋美齢女史とやりとりのあった老画家を訪問。貴重なお話を聞く ☆ 八戸線に初乗車。がらがらの観光列車「リゾートうみねこ」でのんびり往復 ☆ 毎年恒例の日台ウルトラ忘年会に初参加。近藤綾さんの台湾語講座がおもしろかった ☆ 第六回台湾を学ぶ会のゲストは竹中信子さん。蘇澳冷泉の経営事情をきく ☆ 嘉義名物の火鶏肉飯。シンプルながらも店によって味が違う ☆ CS日テレの『鉄道発見伝』。台鉄の協力で秀逸な仕上がり。台湾での再放送もあるかも・・ ☆ 台湾高鉄のグリーン車では台湾式ポップコーン(無料)がおすすめ。ただし、あるときとないときがある ☆ 片倉真理の新刊原稿を出し切ってひと段落。続けて自分の新刊準備。悔いのない一冊になればと思っています ★

///////////////////////////////////////////////////////////////////
★配信の解除はこちらから
http://www.katakura.net/cgi-bin/magazine/reg.cgi?reg=del&email=nwotaiwan@gmail.com

※このメールマガジンは名刺交換をさせて頂いた方々にも送信する場合が
 あります。ご不要の方はお手数ですが削除措置をご利用下さい。
※配信エラーとなりましたメールアドレスにつきましては、サーバーへの
 負荷軽減の為、登録を随時解除しております。解除されていなくても配
 信されない場合には、再登録をお願いします。
※本メールに直接返信されますと、管理人によるセキュリティ等のチェッ
 クを経た上で、数日以内に筆者に転送されます。
※記事の無断転載を禁止させていただきます。
 発行:台湾特捜百貨店 Copyright©2018 katakura.net
////////////////////////////////////////////////////////////////////


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/2767

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

21 queries. 0.063 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 403403403
昨日 : 473473473
総計 : 2087095208709520870952087095208709520870952087095

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店