logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2008年 1月
«   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2008年1月30日(水曜日)

台湾高鉄時刻表(旧正月版)のデザイン

カテゴリー: - katakura @ 12時55分00秒

なかなか個性的なデザインの台湾高鉄の時刻表。二月の旧正月バージョンはこんな感じです。
縁起のいい赤に切り絵風の模様が入っています。旧正月は多客期ということで、本数が多くなりますが、
人気の自由席はなくなります。つまり全列車全車指定席です。

果たしてどのくらいの乗車率になるのでしょうか。


2008年1月29日(火曜日)

迪化街のドライフルーツ

迪化街

歳末の買い出しで賑わう迪化街に行ってきました。
私はここのドライフルーツが好きなのですが、よくよく考えてみると、
フルーツよりも野菜が多いような気がします。
カボチャ、タロイモ、キャベツ、インゲンマメなどなど。
意外に美味しいのはキウイとパイナップル。袋をもらって好きなものを
好きなだけ詰めるというスタイルはわかりやすくていいですね。

それにしてもすごい人出です・・・


2008年1月23日(水曜日)

国分隼人さんにお会いしました『将軍様の鉄道』

カテゴリー: - katakura @ 10時35分52秒

『将軍様の鉄道・北朝鮮鉄道事情』の著者の国分隼人さんにお会いしました。
とても話題豊富な方で、どれだけ時間があっても足りない!という感じでした。
この一冊、ぜひ一読をおすすめします。緻密なデータに客観的な記述。刊行後一年が
過ぎていますが、全く色あせることなく、輝いている一冊です。

ちなみにこのサイン、まだ3人目とのこと。国分さん、ありがとうございました。

http://www.shinchosha.co.jp/wadainohon/303731/


2008年1月20日(日曜日)

日本統治時代の駅スタンプをまとめた一冊

日本統治時代のスタンプをまとめた一冊、編集作業が進行中です。
拙著の紹介になってしまいますが、現在、台湾の玉山社から出版準備中の
一冊が佳境に入ってきました。日本統治時代の各駅に置かれていたスタンプ
を題材に当時の様子を古写真や古葉書で紹介したものです。原稿は日本語
と中国語の併記となっています。刊行は2月末です。どうぞご期待ください。

写真は礁渓駅のスタンプです。


瑞芳駅の駅弁

瑞芳駅の駅弁です。
炭坑労働者の日常食をイメージしていると
聞きました。駅弁というのはかなり儲かるものらしく、
販売権の争奪戦は激しいそうです。これがあまりにも
激しくなってしまい、池上では著名業者が辞退すると
いうことまで起こってしまいましたが、ここ瑞芳は安泰の
ようです。
一個50元と格安です。


2008年1月19日(土曜日)

ブログ移行のお知らせ

カテゴリー: - katakura @ 23時34分12秒

お知らせ

このたび、新しいブログシステムに移行することになりました。
引き続き、ご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

片倉佳史


2008年1月18日(金曜日)

台湾のノービザ滞在が90日に!

カテゴリー: - katakura @ 16時03分00秒

ビッグニュースです!
昨日教えていただいた情報ですが、2月1日から台湾でのノービザ滞在期間が90日に変更になるそうです。
これで短期留学などは格段しやすくなります。
また、長期旅行者なども増えてくれるといいですね。

そして何より、これによって台湾の魅力がより深く浸透してくれることを願ってやみません。


台湾の鉄道ファンと集まる

カテゴリー: - webmaster @ 07時34分00秒

台湾の鉄道ファンと集まり、食事を楽しみました。
現在進行中の書籍の打ち合わせなのですが、改めて台湾の鉄道ファンの「濃さ」に圧倒されました。

今回は自らの撮った写真を持ち寄ってもらって拝見したのですが、
その力量には驚かされるばかりでした。

それにしても、やはり同じ趣味を持っている友人というのはありがたいもので、
心洗われる数時間でした。

街猫的鐵道網站(citycatさんの頁)
空中列車(rogerさんの頁)
路總部(lukeさんの頁)


2008年1月16日(水曜日)

ドキュメンタリー映画監督の林雅行さんにお会いしました

カテゴリー: - katakura @ 10時22分00秒

数々のドキュメンタリー映画を手がけてこられた林雅行さんとお会いしました。
林さんは九ふんを舞台として「風を聴く〜台湾・九份物語」という作品を手がけ、話題となった方です。
2月9日からは大阪で、3月には名古屋と東京で上映会があるそうです。
どうしても観光スポットとしての一面ばかりが強調されてしまう九分・金瓜石ですが、
こういった側面からも風土の個性を感じ取っていただければと思います。

http://www.roc-taiwan.or.jp/news/week/06/060727a.htm
↑台湾週報の記事
http://www11.ocn.ne.jp/~cr21/kyufun/kyufun.html
↑今後の上映会の予定


2008年1月15日(火曜日)

評論家の宮崎正弘さんにお会いしました

カテゴリー: - katakura @ 05時35分00秒

昨日、選挙取材のために訪台されていた宮崎正弘さんにお声をかけていただきました。
ご案内したのは中山堂近くの庶民派上海料理店「隆記」。
ちょっと料理をオーダーしすぎてしまいましたが、気に入っていただけたようでほっとしました。

今回は元東京新聞台北支局長の迫田勝敏さんと3人での食事でした。
私は今回の選挙に関して記事を書くことはありませんが、なかなか真実が漏れてこない台湾政界ですので、
興味深いお話しをたくさん耳にできました。
ここ半年、かなり詰まった毎日だったので、良い意味で刺激を受けました。

気合いを入れ直して、毎日を過ごしたいと思います(笑)


2008年1月13日(日曜日)

カメラ購入

カテゴリー: - katakura @ 05時43分00秒

ここ半年ほど、執筆が詰まってしまったり、
体調を崩したりと、あまり良いことがなかったのですが、
録音機材に続き、カメラも新調しました。
CANONのEOS40Dです。でも買ったと思ったら、なかなか撮影に出られなくなってしまい、ストレスがより高まりました。

うまくいかないものです・・・


2008年1月12日(土曜日)

台湾レトロ写真館、開設

カテゴリー: - katakura @ 03時26分00秒

私は日本統治時代に撮影された写真やはがきなどを集めていますが、
台湾好きの皆さんと共有できればと思い、ブログ形式でアップすることにしました。

個人的にお譲りいただいたものが多く含まれますので、
無断転載は避けて頂きたいのですが、どうぞアクセスしてみてください。

台湾レトロ写真館


2008年1月10日(木曜日)

魅惑の平渓線、記念乗車証

カテゴリー: - katakura @ 11時47分00秒

大成功に終わった12月28日の平渓線イベント。
問題点や反省点もあったものの、計300名を超える乗客が集まりました。
画像は当日配布された乗車証です。
この写真は彰化の機関区で撮らせてもらったものです。

台湾ではこういったものがあまり発行されないので、わずかながら注目されたようです。


2008年1月9日(水曜日)

タロコ号を撮る

カテゴリー: - katakura @ 16時42分00秒

タロコ号を少し珍しい角度で撮ってみました。なかなか書籍や雑誌ではつかいにくいカットではありますが・・・樹林市内にて。


2008年1月4日(金曜日)

吉野神社鎮座記念碑

花蓮県吉安郷はかつて吉野村と呼ばれる移民村でした。
ここには四国の吉野川流域の村々からの移民が多かったため、
「吉野」を名乗りました。

その神社跡地は何の痕跡も残っていませんが、
草むらの中を丹念に探してみると、鎮座記念碑が残っていました。
裏面には「明治45年6月8日」と刻まれています。


2008年1月3日(木曜日)

台北101の花火、その2

先日アップした台北101の花火の画像について、何通かお便りをいただきました。やはり関心が高いようですね。せっかくなので、もう一枚貼っておきます。改めて、本年もよろしくお願いいたします。


2008年1月2日(水曜日)

台北101の花火

カテゴリー: - katakura @ 02時37分00秒

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。昨年に続き、今年も年明けの瞬間は台北101の花火でした。撮影ポイントは民権大橋です


2008年1月1日(火曜日)

ご愛顧のお礼・新年のご挨拶

親愛なる読者の皆様

日頃よりお世話になり、ありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

私にとっての2007年は元旦の陳水扁総統の台湾高速鉄路同乗取材に始まり、
12月28日の平渓線の蒸気機関車イベントで終わりました。
この1年は鉄道関係の記事を書くことが多く、『鉄道ダイヤ情報』をはじめ、10月にはJTB時刻表の巻頭特集を担当させてもらいました。
また、年末の平渓線蒸気機関車イベントでは日本人向け冊子やスタンプ、記念乗車証の製作も請け負いました。

単行本に関しては、
2月に『まっぷるマガジン台湾07-08年版』(昭文社)、7月に『新個人旅行・台湾07年版』(昭文社)の改訂版、
4月に『台湾新幹線で行く台南・高雄の旅』(まどか出版)を刊行しました。
また、既刊の『観光コースでない台湾』(高文研)や『旅の指さし会話帳・台湾』(情報センター出版局)は順調に増刷を重ねることができました。

また、講演の機会をいただくことにも恵まれました。
2006年11月に兵庫県の北条町ロータリークラブの記念講演に招いていただいて以来、
7月まではほぼ毎月、各種講演をさせていただきました。
2008年もいくつかの講演が予定されていますので、ご期待ください。

2008年ですが、台湾の日本統治時代を訪ねるというテーマで新書が一冊決まっているほか、
昭文社の新刊が一冊、改訂版が一冊予定されています。
台湾でも日本統治時代の駅スタンプをテーマとした一冊と、
台北市内の歴史建築の写真集を予定しています。

詳細が確定したら、拙サイトでお知らせいたします。

それでは本年もよろしくご指導ください。
皆様のご多幸をお祈り致します。

片倉佳史


52 queries. 0.127 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 130130130
昨日 : 281281281
総計 : 3479106347910634791063479106347910634791063479106

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店