logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2010年 10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2010年10月31日(日曜日)

台北松山空港、羽田線就航セレモニー

10月31日、台北松山空港で行なわれた羽田線就航セレモニーに行って来ました。
主催者は交通部と外交部(←これ、あまり見られないタッグです)。

盛大ではありましたが、台湾人職員の不当リストラ問題がくすぶっているJALへの抗議もあり、混乱シーンも。

なお、中華航空は非常に積極的で、初便搭乗日帰りキャンペーンを実施。
30人を招待したそうです。そのうちの12名は松山さん、羽田さんでした(笑)
なお、この「日帰り台湾ツアー」、応募総数は6000!中華航空、なかなか頑張っていますね!


名字が松山さん、羽田さんの方がご招待されていました

お祝いムードはかなり演出されていたものの、台湾メディアのとらえ方はやや否定的でした。
ターミナルは小さく、全工程の三分の一しか完成していないのにこんなに急ぐのはおかしいとか(←五大都市選挙と花博を見据え、某党の意図が働いている?)、
標示に日本語表記が入っていないとか(そこまでしなくていいと思います)、報道は総じて冷ややかでした。

式典会場では何人かの読者の方から声をかけてもらいました。
皆さん、やはり第一便を意識して、この日を狙って駆けつけていたそうです(←熱い!)


最後は主催者と来賓によるお決まりの記念撮影(←結局、これが大事なんですね)

また、台湾人職員の不当リストラ問題で揺れている日本航空への抗議隊も大挙押し寄せていました。


確かに台湾では日本アジア航空時代から大儲けさせてもらってきましたよね


到着ゲート経由でセレモニーに乱入してきた方も・・・

警備はものものしく、ゲートはちょっと緊張した雰囲気でした。


2010年10月30日(土曜日)

日台プロレスファンの集い、終了しました

10月30日、おかげさまで第二回目となった日台プロレスファンの集い、無事、終了しました。
今回は雨が降ってしまったり、学生さんたちのテスト期間だったりして、前回よりも寂しい「入り」となってしまいました。
それでも、熱いファンに支えられ、盛り上がりのある3時間イベントでした。


プレゼントがあたるじゃんけん大会


歓談会後の記念撮影、みなさん、ロングラン、おつかれさま!

ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。
明日から、またがんばりましょう!


2010年10月29日(金曜日)

蘇貞昌候補のおもしろグッズ

結構強烈なインパクトを感じる蘇貞昌候補のグッズ。
ほしくなるかどうかは別にして、縁起よさそう・・・


2010年10月28日(木曜日)

臨済宗護国禅寺

              

MRT圓山駅の目の前にある寺院。
このお寺は第4代台湾総督の児玉源太郎によって臨済宗の布教が斡旋され、開かれたという経緯を持ちます。
開基は1900年。本堂は1911年に完成し、翌年6月20日に入仏式が挙行されたそうです。
現在は修復工事も終わり、自由に拝観できます。

門としては使われていませんが、鐘楼が門を兼ねているのは珍しい作り。
仁愛路と林森南路の交差点にある曹洞宗の台北別院も同じです。


2010年10月26日(火曜日)

『台湾風景印』の増刷が決まりました

増刷報告です。
台湾で出版した『台湾風景印』ですが、おかげさまで、ようやく増刷が決まりました。

この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました!

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/tinyd1/index.php?id=12
日本統治時代の駅スタンプと風景印を紹介した一冊です


2010年10月25日(月曜日)

台湾老兵の慰霊祭

高雄市にある戦争與和平紀念公園(戦争と平和記念公園)にいってきました。
10月23日。高雄市關懷老兵文化協會が主催し、年に二回実施されている慰霊祭です。


台湾老兵について展示された記念室があります

台湾には戦前、そして戦後も戦地にかり出されていった方々がおられます。
日本統治時代に出征し、戦後は中華民国兵となり、中には、中国で捕虜となって、人民解放軍に編入されてしまったという方もいます。
そして、後に台湾では国民党政府の手で投獄されたり、中国では共産党政府によって「労働改造」に遭わされたりするというケースもみられました。
そういった方々の霊を慰めるための慰霊祭でした。


「台湾無名戦士」と刻まれた石碑


展示室には豊富な展示物があります。より多くの日本人に知ってほしい(知るべき)場所です

この公園と展示室に尽力された許昭栄さんは2年前に現政権、高雄市当局・議会に抗議し、自尽されました。
その経緯についてはここでは記しませんが、台湾老兵の通ってきたあまりにも厳しい道のりを丹念に調査し、ご自身もまた、つらい思いを胸に秘めておられた方でした。

私自身は生前の許さんに深くお話しをうかがうことができませんでしたが、この場所に来るたびに、胸が詰まります。

http://taiwan-soldier.blogspot.com/2008/10/blog-post_14.html
↑許さんの生涯について、石戸谷慎吉さんが文章を寄せておられます


許さんにも手を合わせました

高雄市關懷台籍老兵文化協會の総幹事をつとめるのは荘盛晃さん。
より多くの方に台湾老兵の悲劇を知ってほしいと熱心に活動を続けておられます。


戦死した方々、そして高齢でお亡くなりになった方々への献花

この公園は観光客もよく訪れている旗津にあります。
鼓山からフェリーで旗津へ渡り、レンタサイクルなどでも行けます。
ぜひ訪れてみてください。

戰爭與和平紀念公園
高雄市旗津二路701号
07-571-9973

            


2010年10月24日(日曜日)

旧高雄港駅が鉄道文物館に!

高雄に鉄道文物館がオープンしました!
2010年10月24日、旧高雄駅が鉄道文化協会のメンバーの手により、文物館にリニューアル。
その名も打狗鉄道故事館。打狗とは高雄の旧名です。


館長の謝明勲さん。切符収集家としても知られていますね


セレモニーは10月24日11時から催されました。このホームの屋根や柱も日本統治時代のもの!

今回はいつもお世話になっている鄭銘彰さんに声をかけてもらいご招待いただきました。
それにしても数多くのファンが駆けつけ、盛りあがっていました。台湾の鉄道ファンは熱い!
ちなみにこの「10月24日」は102年前、縦貫鉄道の開通式が行われた日です。

http://takao.railway.tw/
公式ウェブサイトはこちら。結構おしゃれなページです


長らく貨物駅だったため、日本統治時代の荷札入れなども存在感を示しています

実はこの駅舎、10年前に初めて訪問し、この荷札入れに驚嘆したのを覚えています。
残っていてよかった!屋号についてはまだすべてを解明できていません。
お詳しい方、ぜひぜひご教示いただければと思います。


かなり細かいところですが、机をよく見ると、台湾総督府鉄道部時代の刻印も!!

打狗鉄道故事館は月曜定休で、11時から夜20時までオープン。
MRT西子湾駅の2番出口の目の前にあります。

新しい観光スポットの誕生に胸が熱くなりました。


ライトアップされる夕暮れ以降もいい雰囲気


2010年10月22日(金曜日)

八田夫妻の木像

Twitterでも書きましたが、官田の慈聖宮という廟の二階に八田夫妻の木像を安置した展覧室があります。
八田夫妻と鄭成功時代の陳栄華将軍の木像が並んでいます。


展示室の様子。二階にあります。

過去、東京新聞ですでに報道されたことがあるようですが、
篤志家(40代の医師2人)が奉納したそうです。廟そのものは新しく、教えていただかなければ全くわからずじまいでした。

台南官田慈聖宮
06-6901900
台南県官田郷官田村20鄰官田357號


総幹事のお二人。突然の訪問で失礼しました・・・


パパイヤの生命力・・・

西門町にて。
かつての西本願寺跡地は現在、公園となっていますが、
そこには木造家屋が修復されない状態で残され、廃虚趣味者を喜ばせています。

日本統治時代の木造家屋を敢えてこういった状態で晒すことは「台北市文化局の姿勢が見え隠れしている」として、
批判の声があがっていますが、これもまた、一つの街角風景なのかもしれません。

それにしてもパパイヤの生命力と言ったら!
定点撮影をしておけばよかったと思います(笑)


2010年10月20日(水曜日)

玉井のマンゴーアイス

         

マンゴーの郷として知られる台南県の玉井ですが、そこで食べたアイスクリーム。
かき氷が有名ではありますが、この時期はさすがに涼しすぎるような気がします。
そこでおすすめなのが、アイスクリーム、かなり濃厚な味わいで、おすすめです。
意外にも情人果アイスが甘酸っぱくて美味。ぜひお試しください。


2010年10月19日(火曜日)

台湾高鉄700Tの運転席

今となっては撮影の機会はもらえないだろうと思う一枚(たぶん)。
台湾高鉄開業前の特別取材で許された貴重なカットです。


2010年10月18日(月曜日)

秋恵文庫

前号のメールマガジンでも紹介した信義路の秋恵文庫。
古きよき時代の風情たっぷりのカフェです。
オーナーが集めてきた生活骨董がいっぱい!

ここ数日、来客があるたびに行っています(笑)

http://www.katakura.net/cgi-bin/mailmagazine/backnumber.cgi?id=12853157113995

住所は台北市信義路2段178号3階(02-2351-5723)
入口がややわかりにくいので、御注意ください。


2010年10月17日(日曜日)

旧台湾総督府医院

現在は国立台湾大学附設医院旧館となっているかつての総督府医院。
病院としてだけではなく、熱帯病理学の権威にもなっていました。
設計は西門紅樓と同じく近藤十郎です。

        

こんな階段も残っています。
自由に参観できるので、ご興味のあるかたはぜひ!
228公園の脇、MRTの出口もすぐです。


2010年10月15日(金曜日)

木柵の畜魂碑

木柵に残る畜魂碑。
言うまでもなく、家畜処理場に設けられていたもので、
食肉加工されていく動物たちの霊を慰めるための設けられたものです。
すでに加工場は移転しており、石碑も道路拡張で移されていますが、
放置状態でいたいたしいかぎりです。


2010年10月14日(木曜日)

偶然の一致?金門のセブンイレブン

金門島にもセブンイレブンが南店舗がありますが、このお店の住所に注目。
偶然でしょうか?それとも狙ったものでしょうか?


2010年10月13日(水曜日)

総統府を真横にみる

以前、司法大廈(旧台北高等法院)の屋上に上がらせていただきました。
普通に考えるとまず入れない場所なので、こういったチャンスは貴重です。

写真は司法大廈の屋上から真横に総統府をみたカットです。

なお、司法大廈は戦後に屋上部分に増築が施されています。

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/tinyd3/index.php?id=36
詳しい解説はここに書いています。


2010年10月12日(火曜日)

台北101の夜景

                      

夕焼けから夜間にかけての時間帯を狙って台北101を撮影。
この場所、ビルの建設が決まっているので、撮影チャンスはあとわずか。
先日オープンした統一阪急デパートから東に徒歩3分くらいの場所です。
ぜひ行ってみて下さい!


2010年10月11日(月曜日)

孔子廟の祭典

孔子廟の祭典の様子。
全国の優秀な学生がたたえられます。
ただ、一般庶民のテンションは低く、関心も薄い様子。


古楽器はそれなりにいい音色。録音対象としてはいいかも。


2010年10月10日(日曜日)

新化で絶品の雑炊に出会う

          

大坑休稜西譴和翔邯新化鎮にある農場直営レストラン。
ここで絶品の雑炊に出会いました。
かわいらしい女性シェフの蔡佳儒さんにお話しをうかがいました。

この雑炊は「竹筍野菜粥」といい、
タケノコをはじめ、自家製の野菜がたっぷり入っています。
もともとは突然お客さんがやってきてしまった際、裏山から山菜を取ってきてお粥に入れてだしたというのがきっかけ。
豚肉やエビ、揚げたネギ、しいたけなども入っていて、奥深い味わいとなっています。

交通がやや不便で、バスなどで行くことが出来ないのですが、
こういったところに寄るバスツアーなど、あったらおもしろいですね。

大坑休稜西
台南県新化鎮大坑里82号
06-594-1555


仲良しオーナー家族、笑顔がいいですね!


2010年10月9日(土曜日)

行政院主催のパーティ「品味台湾」

昨晩は行政院新聞局のにお招きいただいて、パーティに出席しました。
名目は「品味台湾」という外国向けドキュメンタリーフィルムの公開記念。

台湾大学の校友會舘が会場。
リニューアル振りに驚かされました。こんなにすごい建物が建っていたとは!

主賓としては立法院長の王金平氏。
国交のある国の外交官が数多く招待されていました。
なぜか日本人はほとんどいない状態(尖閣列島の騒ぎで取材に行っていたのでしょう)

パーティはかなり盛大で、上手に台湾美食をアピールしていってもらいたいと思いました。
個人的には取材歴のあるお店がたくさん出ていて、そういった意味でも興味を感じました。


2010年10月8日(金曜日)

花蓮のナローSL・試運転

かつて台東線(花東線)を走っていたナローSL・LDK59が試運転を行ったそうです。
蘇奕肇(citycat)さんから画像の提供をいただきました。ありがとうございます。

当日はトラブルもあったそうですが、一刻も早く、その雄姿を見たいものです。


2010年10月7日(木曜日)

シラヤ族の夜祭り・吉貝要集落

シラヤ族の夜祭り。
文化的独自性とアイデンティティを失って久しいと言われるシラヤ族ですが、伝統文化再興の努力は今も続いています。
今月11日には台南県東山郷の吉貝要集落で夜祭りが催されます。

場所が非常にわかりにくいのですが、「公廨」と呼ばれる集会所が会場になります。
夕方から始まり、22時頃から盛り上がり、午前3時頃に終わります。
また、12日の13時半からも祭典が行われます。行ける方、ぜひ訪れてみてください。

http://www.siraya-nsa.gov.tw/sub.aspx?a=0006122
シラヤ国家風景区のサイト内に紹介がありました


阿立母神は少しだけ高い場所に祀られます。公廨は土足厳禁です


2010年10月6日(水曜日)

台湾版「モーゼの奇跡」−奎壁山

ここは澎湖の奇観中の奇観。
言ってみれば「台湾版、モーゼの奇跡」。

干潮になると岩礁が現れ、徒歩で奎碧山まで行けます。
季節を問わず、毎日起きる現象ですが、島までの距離は500メートル。
事前にしっかりと干潮・満潮の時刻を調べておく必要があります。

日本人旅行者にはまだあまり知られていませんが、ぜひ訪れてみたい奇観です。


ちょっと引き潮過ぎたかな・・・・


10月23日、「台湾兵」を偲ぶ

高雄市戰爭與和平紀念公園主催のイベントです。
10月23日(土曜日)15時から高雄市旗津にある戰爭與和平紀念公園で慰霊のイベントがあります。
日本統治時代、そして、戦後も戦地にかり出されていった台湾兵の方々の霊をなぐさめるためのイベントです。
老兵の方々、そして許昭栄さんを偲びましょう。
当日は陸軍、海軍に分けて献花が行われるそうです。

場所は高雄市旗津にある戰爭與和平紀念公園。
旗津のフェリー乗り場からレンタサイクルでも訪問できます。

詳細は上の画像か、以下まで。

高雄市関懐台籍老兵文化協会
07-571-9973
tw.war.what@gmail.com


2010年10月5日(火曜日)

玉井の有間冰舗でゴマかき氷

台南県玉井と言えば、なんと言ってもマンゴーですよね!
残念ながら、人気のアップルマンゴーの時期は終わっていますが、カイトという種類のマンゴーを用いて、
今もマンゴーかき氷は味わえます。

今回はこの町ではかなり知られたかき氷店「有間冰舗」を取材。
台湾で出ている雑誌などではよく見かけるお店です。

まずはオーナーさんのご登場です。

          

このお店は決して大きなお店ではないのですが、
しっかりとウェブサイトをお持ちです。

http://065747130.emmm.tw/


玉井はマンゴーのみならず、様々なフルーツが採れるので、こんなぜいたくなものまで

で、今回の取材目的は、これまでにない、新しいかき氷を紹介したいということでした。
その名も「ゴマかき氷」。
ちょっぴりびびりますが、ゴマ風味を上手に氷に染みこませ、その上にヤシの果肉をシャーベットにしたものが乗っています。

気になるお味ですが、甘さが手頃で絶品。
ゴマがなんとなく上品な風味を醸し出しており、初体験の甘さでした。

ただ、オーナーによると、なかなか納得のいく味が出せず、この味を作り出すのに数ヶ月かかってしまったのだとか。

玉井を訪れた際はぜひご試食ください。後悔はしないはずです。

片倉佳史


2010年10月4日(月曜日)

牛乳鍋、意外なる絶品

新営から出ている製糖鉄道に揺られて30分。
八老爺は牧場で知られる土地です。
観光用に整備された製糖鉄道は楽しい乗り物ですが、
残念ながら、八老爺での折り返し時間は30分!
これでは食事もできません。土休日ならぜひ一本遅らせて食事を楽しみましょう。

ここには旧型客車を再利用したレストランがあり、牛乳鍋を味わえます。
これがなかなかの絶品で、同じく人気が高いという南瓜火鍋(カボチャ鍋)もかなりの高評価でした。


意外にも具だくさんです

こういった知られざる場所に隠れた小さなグルメを捜し歩くのも、台湾旅行の楽しみですね。


2010年10月3日(日曜日)

J-WAVE に出ました

昨日の早朝、ジョンカビラ氏がDJをつとめるラジオ番組に出ました。
朝早い時間だったにもかかわらず、思いのほか反響があってびっくり。
出演はわずか5分程度だったのですが、すでに20人くらいのかたからE-MAILをいただきました。

意外にラジオの影響力ってあるんですね。

片倉佳史


2010年10月2日(土曜日)

シラヤ族の夜祭り

shiraya,西拉雅,シラヤ族,平埔族,夜祭,台南,大内

2004年に台南県大内郷で行われたシラヤ族の夜祭りの様子。
会話はすべてホーロー語(台湾語)でしたが、歌はシラヤ語でした。ただし、その意味を知る人はいません。

いくつかの場所に壺が置かれています。
ここに太祖と呼ばれる神が宿ると言われています。

今年の日程は情報が入り次第、このブログでアップします。


2010年10月1日(金曜日)

シラヤ族の公廨

台南県左鎮で訪れたシラヤ族の集会所「公廨」
現地では「kuwa」と呼ばれていたそうです。倒木したマンゴーの樹の根もとに設けられています。
やはり壺が祀られており、タバコ、ビンロウ。米酒が備えられています。


73 queries. 0.134 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 1785178517851785
昨日 : 848848848
総計 : 2995408299540829954082995408299540829954082995408

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店