logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2012年 6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2012年6月29日(金曜日)

明日、第二回「もっと台湾トークライブ」

明日開かれる第二回「もっと台湾トークライブ」。
今日は会場下見と台湾漫遊倶楽部さんとの最終打ち合わせに行ってきました。

今回は拙著の販売のほか、日本では入手できない自費出版本や台湾の鉄道雑誌『鐵道情報』、
美しい日本語を学ぶ台湾老人のサークル友愛会のエッセー集、また、私と片倉真理が制作に関わった台湾生活情報誌『悠遊台湾』などのほか、
奈美さんデザインの台湾原住民族のポストカードの販売もいたします。

テーマは「台南」。
すっかりお馴染みの都市ですが、今回はその歴史や人々の気質、最新の現地事情のほか、
歴史建築カフェや日本軍人を祀る飛虎将軍廟、八田與一技師、マンゴーなどのテーマでお話しする予定です。
ガイドブックには書きにくいネタを盛り込んでみたいと思っています。

すでに150名近い方々にご参加予定ですが、大きく盛り上がりたいものですね!
お問い合わせは以下まで。

http://www.junglegym.co.jp/taiwanmanyu/index.html
台湾漫遊倶楽部さんのサイト

それでは、目黒でお会いしましょう!

片倉佳史


2012年6月28日(木曜日)

飛虎将軍廟、日本軍人を祀る廟の取材

台南市郊外の飛虎将軍廟。
ここは戦時中に集落を避けるように墜落し、亡くなった日本人兵士を祀る廟です。

今回は四度目の訪問でしたが、昼と夜、時間を変えて訪れてみました。

どういうわけか、訪れるたびに周囲が発展しているように思います。
特に今回は、はす向かいに曜日限定の夜市まで出ていて驚き。

今回の訪問ではご縁をいただき、信者の方への聞き取りができました。
もろもろ奥深いお話しを耳にできましたが、地域信仰の中における杉浦兵曹長の位置づけや地元の人々が抱いているまなざし。
そして、あまり語られることのなかった廟の発展史など、興味深かったです。

確証のとれた部分のみとなりますが、
これらの取材結果は6月30日の「もっと台湾・トークライブ」でお話ししたいと思います。どうぞご期待ください。


ご厚意でご神体を出していただきました


2012年6月26日(火曜日)

「台湾200%満喫の旅」を振り返って〜旅の報告

共栄ツアーズさんの企画で実現した今回の旅。
台湾の魅力や奥深さを、より多くの方と共有したいというコンセプトで、
私がコースをアレンジし、全体をコーディネートさせていただきました。

おかげさまで、20名の方にお申し込みいただき、楽しく旅ができました。

今回のツアーでは、マンゴーの味比べや日本統治時代の遺構、
木造駅舎、建築探訪など、様々なネタを盛り込んでみました。
同時に、台湾の方々、特に日本語世代と呼ばれる老人たちとの語らいの機会を設け、
郷土への思い、そして、日本を見つめるまなざしに触れてもらいたいと思いました。

以下、ツアーを辿ってみたいと思います。

6月14日(木曜日)
初日はご挨拶をかねて広東式のローストダックを賞味しました。
龍都酒楼は広東ダック専門のシェフを擁するレストランで、
今やどのガイドブックでも紹介される有名店。
振り返ってみると、2000年に刊行された昭文社のガイドブック以来、
私とのおつきあいも10年になります。
今回の食事は事前にスタッフと30分かけてメニューを検討しました。
その甲斐もあって、お食事はご満足いただけたようです(よかった!)。

6月15日(金曜日)
この日はまず国立台湾博物館へ。常設展示の台湾原住民族をご紹介しました。
各部族について展示がある数少ない場所ですが、
特別展示の阿里山鉄道と児玉源太郎と後藤新平の銅像秘話についても紹介したかったので、
手短かにお話ししました。

200%ツアー,片倉佳史

228紀念館では館内のご案内のほか、
ボランティアガイドの簫錦文さんにもお時間をいただき、お話しをいただきました。
お昼は京鼎楼で小籠包を味わい、午後の列車で台南へ。
台湾高鉄は往復ともグリーン車を利用しました。
高鉄台南駅から市内に向かう途中で、日本統治時代の木造駅舎が残る保安駅に寄り道。

夕食は赤嵌担仔麺で台南の郷土料理に舌鼓み。
ここはかつてテレビの企画で笑福亭笑瓶さんをご案内したお店です。
オーナーのご挨拶で食事は始まりました。
台湾歌壇の南部歌会の方にも同席していただき、
往年の台湾について自由に語っていただきました。
その後はライトアップされた夜の赤崁楼を見学。
ここでは今も敬愛される日本統治時代の台南市長・羽鳥又男さんの銅像を見ました。
許文龍さん寄贈の銅像ですが、今は二階に移されました。
開南大学の北島先生にお教えいただき、ここを訪ねました。

6月16日(土曜日)
この日はマンゴーの玉井と烏山頭ダムへ。
その前に前日に取材を受けた中華日報をコンビニで購入。
ちょっとした記念になりました。

玉井ではマンゴーの味比べ。
これは今回、ぜひともやりたかった企画です。
マンゴー農家や農協の協力を得て、14種類のマンゴーが並びました。
私自身、初めて見た種類も多く、ちょっとした感動を覚えました。
オーナーから参加者一人一人お土産にドライマンゴーをいただき、
青果市場を散策してからお昼ご飯。昼食は地鶏や山菜料理を味わいました。

食後のデザートはマンゴーかき氷。
特製マンゴーシャーベットで作ったかき氷を美味しくいただきました。
この有間冰舗というお店は個人的にもイチオシのお店です。

ここからバスで移動して烏山頭へ。
八田與一技師をはじめ、職員たちが暮らしていた宿舎群に住んでいたという老人を訪ね、
ダムへ向かいました。
嘉南水利会のご協力で、八田技師銅像の母型(おもがた)を特別に見せていただきました。
西拉雅国家風景区からはDVDとキーホルダーをお土産にいただきました。

大雨が心配でしたが、なんと、烏山頭では青空も見えるほどでした。
ちょっぴり慌ただしい感じも否めませんでしたが、烏山頭をあとにして、高鉄嘉義駅へ。
往路と同様、グリーン車はやはり快適でした。

6月17日(日曜日)
最終日はオプションの台北市内散策。
敢えてコースの内容をお知らせしなかったのですが、
まずは西門町の天后宮に祀られる弘法大師と日本統治時代のお地蔵さんを訪ね、
それから往年の目抜き通りの栄町通り(現衡陽路)の商店建築群をご案内しました。
この日にいたってはなんと快晴!旧台湾総督府をバックに記念撮影も楽しめました。
最後のお食事は茶葉を用いた創作料理・禅風茶趣にて。
店主自身が焙煎した台湾茶をお好みで購入し、ホテルへ戻りました。

おかげさまで雨にも降られず、無事に終わることができました。
スケジュールにもう少し余裕を持ちたかったのと、
ツアー参加者同士の交流の時間を設けたかったなど、いくつかの反省点がありますが、
台湾ならではの「空気感」を噛みしめていただければ幸いです。

ありがたいことに、共栄ツアーズさんでは第二弾、第三弾を検討しているそうです。
より大きな満足感を得ていただけるよう、今後も精進したいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

片倉佳史


みなさん、とてもいい笑顔。ご参加、ありがとうございました。


2012年6月25日(月曜日)

「若荷」、絶品のベジタリアン鍋をいただく

カテゴリー: - katakura @ 15時41分52秒

忠孝東路にあるベジタリアン鍋「若荷」。
昨日、オーナー夫妻とトラベルライターの友人と楽しく食事をしました。
スープは6種類の中から3つをチョイスしますが、特にカボチャで作ったというスープは絶品でした!
思わず、スープだけでも味わいたくなります。

ちなみにオーナーはこのスープを生み出すのに2年、研究を積んだそうです。
今回は薬膳スープとちょっぴり辛さを感じるプーアル茶で作ったスープを選びました。

海味昆布: 和風昆布だし
南洋風味: トムヤムクン風味
義式蔬菜: イタリアントマト風味
養生南瓜: カボチャ風味
御用薬膳: 薬膳風味
紅焼麻辣: 劇辛風味

ベジタリアンということで、野菜がメインですが、どれも鮮度がよく、好印象でした。


こちらはメニューにはない「宮保南瓜」。特別メニューだそうです。

若荷
台北市敦化南路一段160巷58号
(02)2752-0838
(土、日)11:00〜22:00、(月〜金)11:00〜14:30&17:00〜22:00
年中無休


2012年6月24日(日曜日)

台湾200%満喫の旅、烏山頭ダムへ行きました

   片倉佳史

『台湾200%満喫の旅』の3日目、烏山頭ダムでは八田與一技師をはじめ、
職員たちが暮らした宿舎群に住んでいたという老人を訪ね、お話しをうかがいながらダムへ向かいました。

ここでは嘉南水利会のご協力で、八田技師銅像の母型(おもがた)を特別に見せていただきました。
これはとても貴重な機会で、実現できてよかったと思います。
また、西拉雅国家風景区からはオリジナルDVDとキーホルダーをお土産にいただきました。


戒厳令下、八田技師の銅像を安置するのがどれほどのことだったか、考えさせられる遺構です

大雨が心配でしたが、なんと、烏山頭では青空も見えるほどでした。
私もここまでじっくりと八田技師や烏山頭ダムについてお話しする機会はほとんどなく、
地元の方々の思いや現在に受け継がれるストーリーなど、台湾の側から語られる八田技師についてお話しさせていただきました。

スケジュールが詰まってしまい、慌ただしい感じを否めませんでしたが、
烏山頭をあとにして、高鉄嘉義駅へ。往路と同様、グリーン車はやはり快適でした。
マンゴーの味比べに始まって、台湾史の現場、そして、日本統治時代の遺構。
密度の濃い一日だったのではないかと思います。

片倉


2012年6月22日(金曜日)

ちまきの季節、端午節

カテゴリー: - katakura @ 12時12分20秒

端午節ということで、ここ数日、ほとんど毎日のように台湾の方からちまきをいただいています。
しかも、いただく場合は一個とか二個ではないので、冷蔵庫はちまきでぎっしり。

台湾のちまきは大きく分けて、具を炒める北部式と蒸して作る南部式がありますが、
北部式をたくさんいただいています。外で食べるときは南部ちまきが圧倒的に多いのですが、この時期は各家庭てつくるため、
やはり北部式が多くなりますね。

それにしても毎度の食事でちまきを食べる。
太りすぎ(より太らないよう)に注意しなければ・・・。


2012年6月19日(火曜日)

ICD-TX50、新しい録音機材を購入

カテゴリー: - katakura @ 09時47分18秒

薄さわずか約6.4mmのカード型デザインのICレコーダー。
ソニーが出しているICD-TX50を購入しました。

この機材はその薄さ、小ささがウリになっていますが、急速充電が可能なことや、起動が速いことなど、いくつかの特色があります。
最大のメリットは胸ポケットに入れた状態で録音が可能なので、取材相手に緊張感を与えることなく集音が可能になることでしょうか。

ただ、残念なのは操作性が悪く、慣れる必要があることでしょうか。
また、風防については工夫がなく、どうしようもないという現実はあります。
取材時には威力を発揮しそうですが、屋外での音鉄趣味には難しそうです(車内録音ならOKかも)。

それにしても、こういった機材が一万円程度で購入できるというのはすごいことだと思います。

http://www.sony.jp/ic-recorder/products/ICD-TX50/
メーカーページ


2012年6月18日(月曜日)

中華日報で『台湾200%満喫の旅』が紹介されました

私が全行程をご案内させていただいた『台湾200%満喫の旅』。
6月16日の中華日報で今回のツアーを取り上げていただきました。

振り返ってみると、ちょっぴり慌ただしい行程でしたが、台北のみならず、台南の魅力がより多くの人々に伝わることを祈っています。
突然の取材ではありましたが、参加者の皆さんにちょっとした「お土産」ができたかな?と思っています。

2012/06/16中華日報記者羅玉如報導

台灣有哈日迷,日本也有台灣迷。旅台十五年的日籍旅遊作家片倉佳史揪團規劃深度之旅,
帶領二十一名日本朋友遊台灣,十五日夜宿台南,品嘗擔仔麵、肉圓等小吃,
今日前往玉井體驗愛文、金煌等芒果的香甜滋味。
團員包含鐵道迷、仙台市民,有人來台十五次,用行動感謝台灣人在三一一地震給予日本的愛與關懷。

出身神奈川縣的片倉佳史,一九九一年初次來台自助旅行,就被台灣濃濃的人情味吸引,一九九七年乾脆移居台灣,
十五年來成了台灣迷、台灣通。著作包括台灣鐵道之旅、搭高鐵遊台南、高雄、台灣土地日本表情、台灣風景印等,除旅遊指南,
也有許多記錄日治時期事物、日台關係的作品。

國語流利的片倉佳史表示,日本有不少熱愛台灣、追蹤台灣的台灣迷,但這些人不一定了解台灣人,
直到去年三一一強震,來自台灣的善心捐款突破一百八十億日幣,全球第一,日本人才見識到台灣富有人情味、友善的民族性。
為感念台灣人對日本的關懷與協助,片倉以在地日本人的角度揪團安排台灣感恩之旅,二十一名團員來自日本各城鄉,
有日據時代的老人家、年輕哈台族及震災區仙台朋友等。

四天的行程,先到北部吃廣東烤鴨、走訪國立台灣博物館、二二八紀念館,
十五日下午搭高鐵南下,展開一天一夜的台南之旅。

昨日傍晚六時許,片倉一行抵達下榻的台南大飯店,熟門熟路的他,放下行李立即帶領團員搭公車到赤崁樓園區,品嘗擔仔麵、肉圓等小吃,
晚餐後園區漫步,體驗古都夜間風情。片倉透露,自己最喜愛的台南小吃是蝦捲、蚵仔煎,除了珍珠奶茶,也很愛冬瓜茶。
今日將帶大家前往玉井,體驗愛文、邱瓠金煌芒果的香甜滋味,預計週日離台。


2012年6月17日(日曜日)

さまざまなマンゴーを玉井で食べ尽くす

カテゴリー: - katakura @ 17時01分22秒

共栄ツアーズ主催の『台湾200%満喫の旅』。
全体を私がコーディネートさせてもらった今回の旅ですが、台南市の玉井ではマンゴーを思い切り食べ尽くしました。

今回はせっかくの機会なので、いろいろなマンゴーを味わってもらうべく、行きつけのお店と交渉。
ここは2007年に刊行した『片倉佳史の台湾新幹線で行く高雄・台南の旅』(まどか出版)でも紹介しているお店です。
オーナーもやる気満々で農家や農協に掛け合って、この日の準備をしてくれました。

    

そして実現したマンゴーの味比べ。
全部で14種類のマンゴーがずらりと並ぶ様子はとにかく壮観でした(笑)

おかげさまでツアー参加者の皆さんは大満足の様子でした。
定番はもちろんのこと、珍種の類も多くて感激。
コーディネートした私自身、大感動の瞬間でした(笑)

ちなみに今回のツアーは20名で動いていますが、マンゴーは完食でした(笑)
おみやげにドライマンゴーもいただいて帰路につきました。

とにかく雨が心配だったこの旅ですが、天気にも恵まれました。
「マンゴーの神様」に感謝!旅はまだまだ続きます。


最後はみんなで記念撮影


2012年6月15日(金曜日)

『台湾200%満喫の旅』、広東ダックを味わう

『台湾200%満喫の旅』、ツアー初日の夕食は龍都酒楼で広東ダックを味わいました。
今回は事前にお店側とじっくり話し合いをし、日本人に最もウケると思われる料理を組み合わせ、メニューを決めました。

全12品を味わいましたが、やはり一番人気は広東式ダックでした。

なお、デザートは杏仁豆腐とタピオカココナツの二本立てにしてみました。
こちらもおかげさまで好評でした。

ツアー参加者の皆さんの自己紹介をはじめ、私も広東料理の特色、そしてツアーの概要をお話ししました。
豪雨が気になりますが、なんとか皆さんに素晴らしい「台湾体験」をお楽しみいただきたいものです。


温かい雰囲気の中でお食事を楽しめました


2012年6月14日(木曜日)

廣枝音右衛門氏の慰霊祭ツアーのお知らせ

カテゴリー: - katakura @ 16時18分40秒

第二次世界大戦中、フィリピンで部下を守り、自らの生命を絶った日本人警察官。
1945年、マニラにおいて台湾人青年の命を救った廣枝音右衛門氏の慰霊祭が9月22日(土)に苗栗県獅頭山で催されます。

この慰霊祭は当時の部下たちによって約30年前から行なわれてきましたが、
5年ほど前からは南庄郷在住の劉維添さんが唯一の一人の生存者となっており、
お一人で行なってきました。

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=202
2008年訪問の様子

http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=656
2010年訪問の様子

このたび、台北市でLinkBizを経営する渡邊崇之さんからご連絡をいただきました。
この慰霊祭を訪ねる日帰りバスツアー(台北発)のご案内です。

詳細は以下をご覧ください。
詳細なレポート、廣枝氏についての記事があります。

http://linkbiz.tw/latest-news/1-infom/463-2012-06-11-11-19-57

なお、当日は私と家内も参加致します。
席にかぎりがあるので、お申し込みはできるだけお早めに・・・


劉維添夫妻


2012年6月12日(火曜日)

新刊のお知らせ『悠遊台湾』、刷り上がり

新刊のお知らせです。

このたび、台湾の生活情報誌『悠遊台湾』の刊行を迎え、先日、刷り上がり見本ができました。
本書は台北を中心に、台湾で暮らす日本人のための生活便利帳です。
トラベルとグルメの部分を片倉真理とともに担当させていただきました。

近日中に台湾の紀伊国屋書店などで販売されます。
本書は今後、定期的に刊行されることになっていますので、よりいいものを作っていきたいと思っています。
どうぞご指導ください。よろしくお願いいたします。


2012年6月10日(日曜日)

E100型電気機関車、蘇る

カテゴリー: - katakura @ 23時33分31秒

台湾で最初に持ち込まれた電気機関車E100型。
すでに引退しており、現在は彰化機務段(機関区)で保存されています。
ただし、驚いたことにこれは動態保存。

2012年6月9日、JR北海道釧路支社の特別企画、台湾鉄路ツアーでその様子が見られました。
これだけでも十分に参加する価値があったと思います。


2012年6月9日(土曜日)

台湾を走った「まりも」

カテゴリー: - katakura @ 20時31分32秒

特別列車「まりも」、南国台湾を走る。
6月9日、台中港線を軽快に走りました。

JR北海道釧路支社の特別企画で実現した2012年6月の奇蹟!
ぞくぞくとする快感を覚えました。


七堵の車両基地を見学

カテゴリー: - katakura @ 02時17分09秒

JR北海道釧路支社の特別企画、2日目。
今日は七堵の車両基地をたっぷりと見学させていただきました。
EMU700の運転シミュレーターによる運転体験や昭和天皇が皇太子時代に乗車した貴賓車の見学もさることながら、
この運転司令室の見学は特に印象に残りました。
今回、台鐵の全面的な協力のもと、なかなか得難い経験をさせてもらっています。
明日は特別列車で海線を走ってきます!


2012年6月6日(水曜日)

第二回・「片倉佳史のもっと台湾トークライブ」のお知らせ(6月30日)

第二回・「片倉佳史のもっと台湾トークライブ」のお知らせです。

おかげさまで第一回は盛況のうちに終了しました(ありがとうございます!)。イベント終了後、数多くのお便りが寄せられ、嬉しく思いました。


第一回、もっと台湾トークライブの様子

そしてこのたび、6月30日土曜日、第二回目のトークライブが開かれます。
この企画はガイドブックや雑誌、書籍などでは語られない台湾情報をトークショーのスタイルでご紹介する試みです。

講演は前半と後半に分けていますが、まずは「片倉佳史の取材メモから」。
今回は台湾南部を沃野に変えた八田與一技師や旬を迎えた台湾のマンゴーの開発秘話など、3〜4つのテーマを選んでお話しします。

後半のワンテーマ講演は「古都・台南の町歩き指南」ということで、
人々の気質やご当地グルメ、街角の風情などについて、じっくりお話ししたいと思います。
台南ネタだけに絞ってお話しする機会は少ないので、私自身も楽しみです。

なお、お問い合わせ、お申し込みは以下からお願いいたします。

http://www.junglegym.co.jp/taiwanmanyu
台湾漫遊倶楽部

講演後には、参加者の皆さんが自由に歓談できるよう、会場を押さえてもらっています。台湾好き同士、友達作りを楽しんでください。今回はとっておきの台湾関連書籍の販売も行なう予定です。

第二回「特別企画!片倉佳史のもっと台湾トークライブ」詳細

★日時 2012年6月30日(土曜日) 13時半から16時半(同会場で懇親会あり)
★会場 目黒さつき会館 大会議室
★会費  2000円(資料代を含む)
★主催 台湾漫遊倶楽部
★進行(予定)
13時15分 開場
13時30分 開会
第一部 片倉佳史の取材メモから(70分程度)
休憩10分
第二部 ワンテーマ講演(60分程度)
講演後、同会場でフリータイム(自由に歓談。著作へのサインなど)
その後、有志希望者による懇親会あり。さらにじっくり会話を楽しみましょう。


2012年6月4日(月曜日)

『HERE PLUS 玩全台中』に記事を書かせていただきました

台湾で発行されている情報誌「HERE PLUS 玩全台中」に記事を書かせていただきました。
この雑誌は台灣東販さんが出しているもので、さすがに濃密な台中情報が掲載されています。
全く知らないお店も多く、次の台中取材では参考にさせてもらいたいと思いました!

今回、私が担当したのは「海線に残る日本統治時代の木造駅舎」という企画で、
本文は中国語に翻訳されていますが、写真が多いので、見るだけでも楽しんでいただけるのではないかと思っています。
全4頁となっています。ちなみに表紙は人気アイドルの羅志祥さんです。

書店やコンビニで見かけたら、どうぞご覧ください。

よろしくお願いいたします。

          


2012年6月2日(土曜日)

マンゴーの季節到来

台南市玉井の青果市場にて。
熟れたマンゴーは並んでいるだけでなんとも言えない芳香を漂わせていました。
今回、6月14〜17日の予定で実施されるツアーの打ち合わせで行ったのですが、
ずらりと並んだフルーツたちは、なんだか「迫力」のようなものをまとっていました(笑)
ツアー参加者の皆さん、どうぞお楽しみに。当日はいくつかの種類のマンゴーを食べ比べしていただきます。


2012年6月1日(金曜日)

パパイヤが山積み

どうしてもマンゴーに比べるとありがたみが薄くなってしまうパパイヤ(木瓜)ですが、
こちらもまた、絶品でした。それにしてもすごい量です(台南市玉井の青果市場にて撮影)


53 queries. 0.143 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 142142142
昨日 : 187187187
総計 : 2027387202738720273872027387202738720273872027387

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店