logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2013年 3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2013年3月6日(水曜日)

天母教教団に祀られていた媽祖像

日本統治時代の教派神道系教団・天母教に祀られていた媽祖像。
台北市士林区天母の三玉宮のご協力で、そのご神体をついに特定できました。

開祖である中治稔郎は自ら福建の湄洲へ赴いて媽祖のご神体を持ち帰ったとされていますが、
終戦によって天母教が解散の憂き目に遭った際、
地元の人々によって三玉宮(先代)に移されていました。

しかし、三玉宮には媽祖像が全部で7尊あり、
どれが天母教のものだったのか、不明でした。

天照大神と媽祖を同一視するという奇抜な教義をもった天母教。
その全容は文献・史料も少なく、謎に包まれていましたが、
媽祖像は台湾の人々の手でしっかり守られてきました。
そして何より、「天母」という地名にその名を残した天母教。
ここまで、思いのほか時間がかかってしまいましたが、その分、歓びもひとしおです。

引き続き、調査を続けたいと思います。


中治稔郎によって福建湄洲より分霊された媽祖のご本尊


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/1218

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

21 queries. 0.034 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 127127127
昨日 : 953953953
総計 : 2528751252875125287512528751252875125287512528751

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店