logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2015年 5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2015年5月26日(火曜日)

日本人兵士を祀る廟・屏東市鎮安宮

鎮安宮,屏東,山府千歳,山田

屏東市内にある鎮安宮を訪ねました。
ここに祭られている神像は山府千歳と呼ばれていますが、
昭和17年に屏東市内で起きた墜落事故で亡くなった日本人兵士です。

亡くなったのは山田さんという姓の方で、
パイロットだったそうです(下のお名前は不明です)。
祭壇の中央には山田さんのご神像が置かれ、
その前に二人の部下の像が置かれています。

山府千歳,屏東,鎮安宮
ごく普通の住宅の中にあります

今回は堂守の邱山士さんと奥様にお話しをうかがいました。
この廟は邱さんのお父様が開いたもので、もともとは自宅に祀っていたそうですが、
信者が多くなり、廟を設けたそうです。

昭和17年の事故については不明ですが、
市街地に墜落しそうだった飛行機が機首の向きを変え、
この付近に落ちたそうです(台南の飛虎将軍廟のエピソードにも似ていますね)。
人々は惨事から市街地を守ってくれたとして手を合わせるようになったそうです。
かつては墜落地点を通る際、人々は敬礼をして通り過ぎていたそうです。

鎮安宮,屏東,山府千歳,山田
下にはゼロ戦を模した飛行機模型が置かれています

国民党政府が独善的な政治体制を人々に強いていた時代、
かなりの嫌がらせを受けたそうですが、
そういった時代を経て、多くの信者がここに集っているそうです。

小さくてちょっぴりわかりにくい場所にありますが、
屏東を訪れた際は足を運んでみてください。
日本人の参拝者を歓迎してくれるそうです。

屏東潭墘里鎮安宮
屏東市大同北路61號

鎮安堂,山府千歳,邱山士,湯茗富,山田,邱守田
高雄紅毛港保安堂の洪さんと林さんも駆けつけてくれました!


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/1832

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

21 queries. 0.090 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 201201201
昨日 : 858858858
総計 : 2367296236729623672962367296236729623672962367296

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店