logo
 サイト内検索

検索オプション
 ブログカレンダー
2010年 7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 ブログ カテゴリ一覧
 メインメニュー
 ブログ 片倉佳史の台湾体験

2010年7月14日(水曜日)

台湾料理と日本酒の競演

台湾料理と日本酒、夢の競演!
昨日、欣葉にご招待いただき、台北101にある欣葉101食藝軒で開かれた食事会に行って来ました。
ここは言うまでもなく、台北101の85階にあるレストランです。


まずはなんと言ってもこの眺めから・・・

欣葉101食藝軒は東側、北側、西側と、三面の眺めが楽しめます。夜景もなかなかの絶景です。

この日のテーマは台湾料理と日本酒のコラボレーション。
台湾料理の老舗「欣葉」と灘の酒蔵「福寿」がタッグを組み、
新しい切り口のグルメをプロモーションするというものでした。


まずは欣葉CEOの李鴻鈞氏のご挨拶。日本語もお上手です


続いて福寿の安福幸雄社長のスピーチ。日本酒のもつ奥深さをお話しされていました

日本酒と台湾料理のマッチングというのはあまり思いつかないようにも感じますが、
日本酒の風味を楽しみながら料理を味わうという意味では、
絶妙な組み合わせのように思いました。多くの方に親しんでもらえるのではないでしょうか。

http://www.shinyeh.com.tw
欣葉のホームページ

ソムリエの方のお言葉を借りるなら、
「料理と酒を結びつけるのが旨味」なのだとか。
台湾料理のもつ味わいは日本酒を引き立て、
日本酒のもつ風味が台湾料理をより味わい深くするということですね。

実は今、台湾は空前の日本酒ブームを迎えています。
ファンも確実に増えてはいるものの、日本酒のもっている奥深さに触れるという意味では、
まだまだのところがあると言われています。
今後、より多くの台湾の方々がそのおいしさに触れてくれることを祈っています。

福寿さんのウェブサイトはこちら ↓
http://www.shushinkan.co.jp/


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/594

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

21 queries. 0.043 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 アクセスカウンタ
今日 : 375375375
昨日 : 756756756
総計 : 2508048250804825080482508048250804825080482508048

Copyright © 2000-2011 片倉 佳史 KATAKURA Yoshifumi All Rights Reserved.台湾特捜百貨店